芸能 PR

【2024現在】シューカイチェンは結婚している?歴代彼女は6人で熱愛報道を一覧で紹介!

シューカイチェンは結婚している?歴代彼女は5人で熱愛報道を一覧で紹介

俳優として活躍されているシューカイチェンさん。

ドラマやバラエティー番組に出演し、人気を独り占め。

そんなシューカイチェンさんの歴代彼女や結婚観について調べてみたいと思います。

【2024現在】シューカイチェンは結婚して嫁はいる?

シューカイチェンは結婚している?歴代彼女は5人で熱愛報道を一覧で紹介

シューカイチェンさんの結婚観について調べてみましたが、現在は独身のようです。

ただ、コレまで多くの女優と浮き名を流してきたという噂も。

それでは引き続き、シューカイチェンさんの歴代彼女として噂された方を確認していきましょう。

【2024現在】シューカイチェンの歴代彼女は6人!

シューカイチェンさんの歴代彼女と言われた人物はこちらです。

  1. ヤン・シンイン
  2. フーイーシュエン
  3. チャン・ティエンアイ
  4. グーリーナーザー
  5. シンフェイ
  6. チャオルースー

それぞれ確認していきましょう。

シューカイチェンの歴代彼女①ヤン・シンイン

  • 氏名:ヤン・シンイン
  • 生年月日:1994年11月6日
  • 出身地:上海市

2人の熱愛の噂が出た理由はこちら。

SNSに匂わせ写真をあげていたのをファンが発見

背景が似ている写真を、2人がSNSにあげているとファンの間で噂に。

しかし、よく見ると似ても似つかない写真で、デマ確定だったんだとか。

そのため交際していたという事実はございません。

シューカイチェンの歴代彼女②フーイーシュエン

  • 氏名:フーイーシュエン
  • 生年月日:1995年1月31日
  • 出身地:中国雲南省

2人の熱愛の噂が出た理由はこちら。

ドラマ(我在大理寺当寵物)で共演し恋人同士の役だったため

ドラマの役で恋人同士だったのですが、とてもお似合いだったそう。

現実でも付き合ってほしいとの視聴者からの願いでしたが、実際にはお付き合いはしていないそうです。

シューカイチェンの歴代彼女③チャン・ティエンアイ

  • 氏名:チャン・ティエンアイ
  • 生年月日:1988年10月28日
  • 出身地:中国ハルビン市

2人の熱愛の噂が出た理由はこちら。

ドラマやバラエティー番組で共演

実際に付き合っていたそうです。

同じホテルに帰宅するところや、宅配便を受け取るところを写真に撮られています。

本人たちも認めていました。

シューカイチェンさんは、チャン・ティエンアイさんを現場まで迎えに行ったりと、ラブラブでした。

そんな2人ですが、とあることがキッカケで破局をすることになります。

その原因となったのが、歴代彼女4人目のグリーナーザーさんとの浮気でした。

シューカイチェンの歴代彼女④グーリーナーザー

  • 氏名:グーリーナーザー
  • 生年月日:1992年5月2日
  • 出身地:新疆ウルグル自治区ウルムチ市

2人の熱愛の噂が出た理由はこちら。

ドラマで共演後、お泊りの報道が出た

ドラマの共演で意気投合し、よくお酒を飲みに行っていたんだそう。

その後に、シューカイチェンさんはグーリーナーザーさんの自宅に2回もお泊りに行ってしまったんだとか。

この報道を聞きつけた3人目の彼女であるチャン・ティエンアイさんは激怒。

その後、シューカイチェンさんはチャン・ティエンアイさんと破局。

更に、グーリーナーザーさんにも振られました。

シューカイチェンの歴代彼女⑤シンフェイン

  • 氏名:シンフェイン
  • 生年月日:1994年10月1日
  • 出身地:内モンゴル自治区

2人の熱愛の噂が出た理由はこちら。

ドラマ(花溪记)で共演し、お似合いだったから

ドラマで共演し、キスシーンが話題になったそう。

とても素敵なキスシーンばかりで、実際にも付き合っているのではとファンの間で噂が流れたようです。

しかし、そのような事実はありませんでした。

シューカイチェンの歴代彼女⑥チャオルースー

  • 氏名:チャオルースー
  • 生年月日:1998年11月9日
  • 出身地:中国四川省成都市

2人の熱愛の噂が出た理由はこちら。

ドラマ時代劇「国子監は花ざかり」で共演し、お似合いだったから

ドラマを見た視聴者が「お似合いのカップル!」「実際もつきあっているのでは?」等、噂になりました。

実際には恋愛報道はなく、仲の良い仕事仲間だと言えそうです。

まとめ

今回は、シューカイチェンさんの歴代彼女や結婚観を調べてみました。

禊を済ませたシューカイチェンさんの今後に注目していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。