COLUMN

第八話

こんにちは、ごきげんよう。

AKことベルの明弥です。

このコラムもついに8回目となりました。

コラムを始めてからより一層映画を見るようになった気がします!

では今回紹介するのはこちら!




「アメリカンスナイパー」です。

まぁーよかった!満足度でいうと90%以上ですね。


2014年公開。監督クリントイーストウッド、主演ブラッドリークーパー。


実際にいたクリスカイルという人をモデルとした映画でイラク戦争に参加して、160人も敵兵を射殺した軍人の物語です。


大まかなストーリーとしては正義感の強いクリスはアメリカ同時多発テロが起きて、アメリカ軍に入隊。
厳しい特殊部隊シールズにて訓練に明け暮れ、ついにイラクへの派兵が決まる。
イラクにて最強のスナイパーとして敵兵にも恐れられ活躍するも、テロ組織の方にもスナイパーがいてそのスナイパーと激戦を繰り広げる。
何度かアメリカに戻り家族と過ごす時間もあるものの、頭の中は戦場のことしか浮かばず、家族とも溝が出来ていく。

戦場では仲間も次々と殺され、クリスと敵スナイパーとの戦いは熾烈を極め、とうとうその決着が訪れるのであった。



とここからネタバレがあるのでこんな感じで。


戦争映画にしては珍しく近年の戦争っていうことがポイントですよね。

アメリカ同時多発テロやイラク戦争は僕も学生の頃で記憶に新しい。

けど実際の状況だったりどんな悲惨なものかっていうのは知らなかったんですよね。

申し訳ないけど他国と他国の戦争のことだし、この時は戦争って嫌だなーってくらいにしか思ったなかったです。


しかしこの映画を見ることによってそんな生半可な気持ちではいられなくなりました。
途中民間人の子供が巻き込まれるシーンがあるのですがそのシーンは絶句です。
こんな悲惨なことが行われてたのかと思うと言葉も出なくなります。

そんな戦争の悲惨さはもちろん、この映画では軍人として戦った一人の人の苦悩も描かれます。

いつ攻撃されるかわからない、いつ死ぬかわからない、そんな恐怖。
そして自分の判断と行動で仲間さえ失ってしまうかもしれない。

主人公カイルもそんな心の病に侵されて戦争PTSDになってしまいます。


アメリカでは英雄と称されるも、一人の人間であり、親でもあります。


戦争は勝っても負けても人を狂わせてしまうんですね。。。



ここからはネタバレで。










最後の最後のシーンは衝撃だった!ってか結末があまりにもって感じなのでびっくりしすぎてここでも言葉を失った。


無事帰国したカイルはその後戦地に行くことはなく自分の病と向き合いつつ、家族を平凡で幸せな毎日を過ごしていた。
そして退役軍人の社会復帰プログラムの仕事を始めるわけですがそこで同行した男性に射殺されてしまうんですね。


え!えーーーー!っていう。

ところがどっこい。
これ実話なので実際にそういう事件があったそうです。


こうしてカイルの生涯は閉じてしまうわけですがなんとも悲しく。


最後は悲しい終わりでしたがそれもまたこの映画の締めくくりにふさわしいのかなと思いました。


全体的に暗い、そしてテーマが重いです。

けど見応え十分。

ぜひご覧になってはいかがでしょうか。


ではまた!

AK


BACK NUMBER

RELEASE

2019年02月20日 Release!!
ニューミニアルバム「続々・鐘が鳴ったら事件が起きる」

【A type】
S.D.R-343-A / ¥3,024 (税込)
[CD]
01. 続々 鐘が鳴ったら事件が起きる
02. 自我の水槽
03. 夜行列車
04. 再定義
05. やってないわ
06. ルイスキャロル
07. サクラグラフィー
[DVD]
・自我の水槽 MV+メイキング


【B type】
S.D.R-343-B / ¥2,700 (税込)
[CD]
01. 続々 鐘が鳴ったら事件が起きる
02. 自我の水槽
03. 夜行列車
04. 再定義
05. やってないわ
06. ルイスキャロル
07. 三丁目ブルース
08. サクラグラフィー

LIVE INFORMATION

ハロ生誕記念公演 「今も揺蕩う夢の中で僕らは希望に手を伸ばす。」

2019年05月18日(土) 池袋EDGE


2019年04月03日(水) HOLIDAY NEXT NAGOYA
2019年04月04日(木) 心斎橋VARON
2019年04月16日(火)渋谷REX
2019年04月23日(火) 池袋EDGE
2019年05月12日(日) 四日市CLUB CHAOS
2019年05月30日(木) 仙台MACANA
2019年06月02日(日) 大阪RUIDO
2019年06月03日(月) 名古屋HOLIDAY NEXT
2019年06月09日(日) 高田馬場AREA

ベル PROFILE

ベル
  • Vocal:
    ハロ
    Birth:
    05.05
    Blood:
    B

  • Guitar:
    夢人
    Birth:
    09.22
    Blood:
    AB

  • Bass:
    明弥
    Birth:
    02.03
    Blood:
    A

  • Drums:
    正人
    Birth:
    12.03
    Blood:
    B


アーティストタグ

ベル | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。