COLUMN

第三話

みなさま今月もAKシネマ倶楽部の時間がやってきました!ベルの明弥でございます。

10月はベル4周年ということでツアーで忙しい日々でしたがツアーファイナルも無事終え、新たな気持ちで5年目を歩んでいこうと思っています。

これからもよろしくー!


ではそんな忙しい日々の中で今月改めて見た作品を。


第三回に紹介する映画はこちら!


「シザーハンズ」です!


もう超有名作品なので見た方も多いのでは?

監督ティムバートン、主演ジョニーデップ、ウィノナライダー。


ざっくりと説明しますと、発明家の博士によって生み出された手がハサミの人造人間、エドワード(ジョニーデップ)。
博士が死んでしまい孤独に町の外れのお城に住んでいましたがある日を境に人間と生活を始めることとなります。
ハサミ人間ということで町の人に驚かれつつも、徐々にみんなからも愛され生活していくのですがそこで恋にも落ち、逆に悪い人間からも利用されてしまい、、ファンタジー、コメディタッチ、恋愛、そしてちょっとシリアスな展開。

沢山の要素が詰まった素晴らしい作品です。

こんなにも沢山の要素を詰めても映画自体は長くないですし、退屈な展開もないし、スムーズに見れます!

この映画に初めて出会ったのはまだ俺が小学生の時ですが、未だに大好きですね。

この映画にインスパイアされて歌詞も書きました。ベルで「カルマ」という曲なので気になった方はそちらも是非。笑


ではここからはネタバレですが激推しポイントや解説を!


エドワードが町のみんなに愛されてるシーンはすごく優しさに満ち溢れてます。
普通手がハサミの人間なんてみたら化け物扱いして誰も近づかないと思うんですけど、エドワードの心の優しさもあって、みんなに受け入れらるんですね。

ただ、とある事件をきっかけに手のひら返しされてしまいます。

エドワードが恋するキム(ウィノナライダー)のボーイフレンドのジムにそのハサミを利用して盗みを働かされてしまいます。エドワードはハサミを使っていろんな鍵を開けることができるからです。

キムからのお願いだったので断れなかったエドワードだったけど結局捕まってしまい逮捕されてしまいます。

このジムという男めちゃくちゃ悪いやつ。笑


ここら辺からエドワードは町の人から不審な目で見られ始めるんですね。

人間ってのは集団で一人をいじめるんだなー

嫌な生き物だなー

そんな気分になってきます。エドワードは悪者じゃないのに!


けど、ここら辺から片思いだったキムだけはエドワードのことを愛していくんですね。

ここのシーンが圧倒的に好き。

二人が抱き合うシーンも、ハサミで傷つけてしまうから抱けないというエドワード。

切ないですね、、切なすぎる。

それでも受け入れるキムの表情、そして抱き合うシーン。

心温まるーー!そして圧巻の演技!

全体を通してのジョニーデップの演技力は当たり前にすごいけどこのヒロイン役のウィノナライダーも素晴らしいんですよね。


終盤では悪者扱いされたエドワードが人間たちに追われるも、警察官の方が逃してくれるんです。(このポリスはめっちゃいい人)

まぁ中にはわかってくれる人間もいるよ!っていう監督の気持ちですかね。
ちょい役だけどこのポリスさんの行動もなんか心温まります。

しかし!ここからシリアスな展開。


ここで終わらないのが先ほどのジムという悪いやつ。
拳銃持ってエドワードを撃ってきます!

必死に止めるキム。そんなキムにも手をあげるジム。

いよいよエドワードの怒りは頂点へ。

自らの手でジムを刺し、部屋の外へ投げ、ジムは死んでしまいました。

うん、まぁでも見てるこっちとしてはすっきり。笑

ここら辺はダークなシリアスなシーンですね。

展開を飽きさせない。さすがティムバートンうまいなぁーって思います。


シュールだなぁって思ったのはそのジムの死体を放置して、追ってきた町の人たちみんな帰っちゃうとこね。笑

いや、誰か呼びなさいよ!っていう。笑

まぁそんなツッコミもありますが、最後はハッピーエンドなのかなー?

殺人を犯してしまったエドワードをみんなの前に出すわけにはいかないのでエドワードも死んだということにしてキムとエドワードはここでお別れするのですが。

最後のシーンでは時を超えておばあちゃんになったキムが孫娘にこのファンタジーなお話と雪が降り続けているのは彼がまだいるからというお話をして幕が閉じるのです。


最後の締めくくり方もとても綺麗ですね!

例え人造人間と人間とは言えそこに生まれた純粋な恋の気持ちはいつまでも続いていくよというメッセージではないでしょうか。ちょっと綺麗すぎな感じはしますがそこはファンタジーなので!


だいぶ長くなってしまいましたが!笑


それだけ見どころ満載の映画です。

何も難しいことはないので老若男女に愛される作品に違いないでしょう。

見たことはある人はそんなAKポイントを踏まえつつ見て見たり、まだ見たことない人は是非見てみてね。

それでは今回はこれで。

また次回もお楽しみに!


AK.


BACK NUMBER

RELEASE

2018年06月20日 Release!!
9th single「夏風」

【Atype】
CD+DVD
S.D.R-333-A / ¥1,800 (税抜)
[CD]
01. 夏風
02. 星の葬列
[DVD]
01. 夏風MV+メイキング映像


【Btype】
CD
S.D.R-333-B / ¥1,500 (税抜)
[CD]
01. 夏風
02. 星の葬列
03. カルマ


【Ctype】
CD
S.D.R-333-C / ¥1,500 (税抜)
[CD]
01. 夏風
02. 星の葬列
03. 正直者は馬鹿をみる

LIVE INFORMATION

ベル4周年記念ワンマンツアー『ベルTHEヒットパレード』

2018年11月05日(月) 札幌COLONY
2018年11月06日(火) 札幌COLONY

ベル ミニワンマンLive & 4周年ワンマンツアーダイジェスト上映会 「秋の夜長に鐘が鳴る」

2018年11月09日(金) 東高円寺二万電圧

正人バースデーワンマン筑豊魂2018inTOKYO

2018年11月30日(金) 池袋EDGE

SPEEDDISK PRESENTS 『THE忘年会』

2018年12月13日(木) 高田馬場AREA

ベル×アンフィル 東名阪2マンツアー 「詩う潮騒、冬の風鈴。」

2019年02月23日(土) 名古屋ell.SIZE
2019年02月24日(日) 心斎橋アメリカ村CLAPPER
2019年03月03日(日) ZircoTokyo


2018年11月01日(木)高田馬場AREA


2018年11月15日(木) 新宿Wildside Tokyo
2018年11月21日(水) 高田馬場AREA
2018年11月24日(土) 仙台HOOK
2018年11月26日(月) 札幌KRAPSHALL
2018年11月27日(火) 札幌KRAPSHALL
2018年12月03日(月) 福岡Drum Be-1
2018年12月04日(火) 福岡Drum Be-1
2018年12月06日(木) 大阪RUIDO
2018年12月07日(火) 名古屋E.L.L
2018年12月09日(日) 長野CLUB JUNKBOX
2018年12月10日(月) TSUTAYA O-WEST
2018年12月27日(木) 大阪MUSE
2018年12月28日(金) 名古屋E.L.
2018年12月29日(土) 名古屋ReNY Limited
2019年01月17日(木) TSUTAYA O-WEST
2019年01月28日(月) 高田馬場AREA

ベル PROFILE

ベル
  • Vocal:
    ハロ
    Birth:
    05.05
    Blood:
    B

  • Guitar:
    夢人
    Birth:
    09.22
    Blood:
    AB

  • Bass:
    明弥
    Birth:
    02.03
    Blood:
    A

  • Drums:
    正人
    Birth:
    12.03
    Blood:
    B


アーティストタグ

ベル | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。