PICK UP
PickUp
前バンドLiPSが不本意な形で活動ができなくなり、そこから新たに結成された新バンド、ギザがViSULOGに初登場!
インパクトのあるタイトルとは裏腹に、切ないメロディーと等身大の歌詞が印象的な「俺がモテないのはパリピが原因に違いない!!」を9月7日にリリースするギザの4人に話を訊いた。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「売れる売れないの前に長く続けられるメンバーが良かった」
ギザ
――ViSULOG初登場となります。まずは、ギザ結成のいきさつから教えてください。
キヨト:まず、前にやっていたLiPSのリーダーが脱退して活動休止状態になってしまったんですね。バンドが売れるにはある程度の時間がかかるのは当たり前だと思ってるんですけど、途中でバンドよりも他を優先するメンバーが多くて、そういうメンバーでやろうって言って集まったはずなのに、全然そういうスタートじゃなかったし、そういう終わり方でもなかったんです。だから、僕の中では全然やりきれていないというか、やりきった感がなく終わってしまったから、やり切るまではしっかりやりたいなって。ドラムの陣くんとはLiPSの時から一緒なので、陣くんに、「どうしますか?」って聞いたら、同じ考えだったらから一緒にやろうって。
:そうだね。
キヨト:もう1人、LiPSのサポートをしてくれていた変な人がいるんですけど、その人にも一応話を聞いてみたら、やりたいってことだったので、大前提として性格的に問題がない人たちでバンドを組もうってことで組みました。
――YUSUKEさんはどういう経緯で?
YUSUKE:前に対バンしたことがあったんです。
キヨト:変なバンドだったんですけど、そのバンドが解散するってことで誘ったんですけど、売れる売れないの前に長く続けられるメンバーが良かったので、辞めない人前提で探していたので、メンバーを探してる時は音楽性も何も決めてなかったんです。
――メンバーが決まってから音楽性やコンセプトを定めたと。
キヨト:そうですね。まずはお客さんが振り向いてくれないとしょうがないので、嫌な言い方で言ったらウケやすいものというか、まずは自分達が楽しくないとお客さんも楽しくないだろうと思ったし、自分達が楽しんでいれば、お客さんも楽しんでもらえると思うので、“楽しい”を前に出してた曲を作っていったら、LiPSとは良い意味で違う曲が増えてきたので、LiPSの良いところは残しつつ、間口の広いバンドをやりたくて、曲を聞いたらライヴが見えるようなバンドにしようと思ったんです。
――“楽しい”以外もありますか?
キヨト:“ギザギザハートの子守唄”ですね。基本的には歌謡とか少し懐かしい感じが好きっていうのと、ライヴって元気になりたい人が来てることが多いと思うので、そういう落ち込んでる人の子守唄じゃないですけど、ライヴや曲を聞いて、「また頑張れる」っていう気持ちにできたらいいなって思ってます。
――ジュエリー寺西さんはどうして“ジュエリー”なんですか?
ジュエリー寺西:ステージ上で輝くために決まってるじゃないですか!
:不二家でキヨトに勝手に決められてたじゃん(笑)。
キヨト:たぶん僕が決めたと思うんですけど、バンドとしてのパンチが足りないと思ったので、1人ぐらいはそういうおかしな人も必要かなってことで考えてたんです。話を聞くとローリー寺西さんにすごく影響を受けてるってことだったので、その場で“ジュエリー寺西”っていう名前を思いついて、「どう?」って聞いたら、大体の人は嫌がると思うんですけど、「見えてきましたね」って(笑)。それで決まったんです。
――“ギザ“というバンド名の由来は?
キヨト:“解散”という言葉を使いたくなかったので、LiPSのままでいくかどうかはすごく悩んだんですけど、陣様が変えるべきだと言うから変えることになって、候補にあがったのが、ギザと陣様が考えたリベンジャーズだったんです。たぶんその時の陣様の頭の中が「アベンジャーズ」だったからだと思うんですけどね(笑)。
:自分で言いながらダサすぎて笑ってましたけどね。
キヨト:でも、そういう名前が実は良かったりすることもあるので、一瞬、「いいかも!」って思ったんですけど、落ち着いて考えたらやっぱりやめようってことで、ヴィジュアル系バンドしか付けなさそうな名前にしたくてギザになりました。
「同じ境遇の人がこれを聞いたらきっと救われると思います」
ギザ
――2nd Single『俺がモテないのはパリピが原因に違いない!!』は、タイトルからしてインパクト抜群ですね。
キヨト:世の中の人って無理してると思うんですよ。やっぱり華やかなものに憧れるし、特に上京してくる人はみんなそうだと思うんですよ。僕らのメンバーもどちらかと言えばあまり社交的じゃないですし、僕も無理してるんですけど、無理じゃない人みたいに見られちゃうことが多いので、歌詞を読んで、自分達も共感できる内容にしたかったんです。最近は言葉遊びがカッコいいバンドとかオシャレなバンドが増えてると思うんですけど、例えばギターフレーズがオシャレなだけでは胸を打たれることがないんですよ。やっぱり歌と歌詞とメロディーで感動すると思うんですよね。だから、気持ち的にはパンクバンドの感覚なんです。
――分かりやすくてストレートな歌詞と曲を意識しているんですね。
キヨト:そうですね。この歌詞を書いたのも、夏はパリピが調子に乗るなって思ったのがきっかけなんですけど、僕らはモテないバンドマンなので、ライヴ後に一軒目酒場とかでよく飲むんですね。なぜ一軒目酒場かというとジュエリー寺西がお金を持ってないからなんですけど(笑)、そんな感じでお酒を飲んで、ほろ酔い気分で電車に乗って帰る時に、パリピが溜まってたりするとウザいなって思うことがあったり、特に若者は徒党を組むと急に調子にのりはじめることがあるので、こっちもお酒が入ってることもあっていつもよりもイラッとするんですよね。そういうところから連想していきました。
――誰もが経験ありますよね。
キヨト:ジュエリーなんかは、いつも女の子を目で追ってるんですけど、「なんであんな男に」ってちょっと思ってると思うんですよ。ジュエリーって、スッピンはカッコいいんですけど、ナヨナヨしてるからか全然モテないんですよ。話し合った結果としては、リードしてくれる感じがしないから童貞臭が消えないんだってなったんですけど、そういう部分はパリピに学ぶべきだと思って。
ジュエリー寺西:歌詞を読んだ時は共感だらけでしたね(笑)。自分と同じ境遇の人がこれを聞いたらきっと救われると思います。
YUSUKE:僕もモテない側の人間なのですごく共感しましたね。
:俺は結構チャラいんでパリピの気持ちはよく分かるな。
一同:(笑)。
キヨト:この人、酔っ払うとツイートしだすんでやめてほしいんですけど、急に1人パリピするとか言って1人で飲んでたりするんですよ。酔っ払わないと行動しないっていう欠点もあるんですけど、突然、家に来るのだけはやめてもらいたい。
一同:(笑)。
――聴きどころを教えてください。
ジュエリー寺西:歌詞もすごく面白いんですけど、メロディーもサビで高くなったりするので魂に響きます。
キヨト:サビで「北斗の拳」ぐらいのインパクトが欲しかったので、歌いながらここまではいけそうだなってところまで高くしました。
YUSUKE:普段はあまりしないんですけど、パリピ感を出そうと思ってスラップをやってます(笑)。
:ドラムはいたってシンプルなんで、楽でいいっす。
キヨト:陣様のキャラ的に大丈夫?
:ど、どうしよう……。
キヨト:この前Twitterで誰が一番“様”が似合うかって質問したら、陣様が一番になったのに、まだキャラが迷走してるんですよ(笑)。
「今度は『チャレンジャーズ』っていうワンマンができたらいいですね」
ギザ
――MVも面白いですね。
キヨト:前作のMVで演技にチャレンジしたんですけど、結果的にダメダメだったんですね。こっちは真面目にやってたのにいろんな人から、「面白かったよ」って言われちゃったので、今回はそれを超えなきゃいけないっていうのと、周りからいろんな意見をもらったんです。そこで今回は、メンバーはある程度ヴィジュアル系を保ちながら、他の人に汚れてもらうというか、面白いことをやってもらおうってことで、他の人の力をたくさんお借りしました。
――出演してるのはお友達?
キヨト:そうです。知り合いに協力してもらって、「パリピってホストクラブ行くよな」って思って、知り合いの知り合いのホストクラブをやってる人にお店を貸してもらって、本物のホストに出演してもらってたり、女の子はどうしようかなって考えてた時に、メルヴェルのギターの人にタクシー代出すからって来てもらったり、本当に他力本願とはこのことだなって。
――MVの見所を教えてください。
:自分たち以外の方の演技とメンバーがカッコつけだしたところかな。
キヨト:カッコつけてるのは自分だけでしょ。
:YUSUKEさんもですよね?
YUSUKE:いや別に……。
一同:(笑)。
YUSUKE:僕はジュエリーさんの動きがツボなんですよね。
ジュエリー寺西:どういう動きですか?
YUSUKE:ギターリフの後の変な動きとか好きです。
ジュエリー寺西:僕はYUSUKEさんのステージングですね。惚れ惚れするぐらいカッコいいんですよ。
キヨト:怪盗戦隊-A-の朝倉プトンっていう子も出演してくれてるんですけど、その子が結構ヤバくて全部持っていかれた感が半端ないんですよ。そういう意味では、どこかが引っかかってくれたら嬉しいですね。
――ギザのライヴはどんなライヴなんですか?
ジュエリー寺西:楽しいっていうのが大前提ですね。
キヨト:自己満足できなきゃダメだと思うので、自分たちが楽しんでお客さんを巻き込んでいく感じですね。そうやって考えたらやってることパリピですよね。
YUSUKE:ステージ上ではパリピなのかもね。
キヨト:輝いてる人もいるからね。
ギザ
――10月は、Neverland vs Sick2 『ねじまきトリックスター』全国ツアーのO.Aとして初の全国ツアーが控えています。
キヨト:メンバーの中では、どこで何を食べるかっていうことぐらいしか考えてないと思うんですけど……。
一同:(笑)。
キヨト:そのツアーを終えた成果を出したいから、前のワンマンが「リベンジャーズ」っていうタイトルだったので、今度は「チャレンジャーズ」っていうワンマンができたらいいですね。
:ダサい!
――それでは最後にViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
ジュエリー寺西:ViSULOGをご覧の皆さん。どうもジュエリー寺西です。ギザはとにかく楽しいライヴをやっています。ライヴ動画とかもUPしてるのでそれでライヴの楽しさが少しは伝わったかなと思うんですけど、本当の楽しさはライヴに来てもらわないと分からないので、是非ライヴに足を運んでほしいです。
YUSUKE:こんなジュエリーさんがいるバンドなので、是非ライヴを見に来てほしいです。
:ライヴは……。
キヨト:あれ?陣様髪切った?
一同:(笑)。
:昨日切った。で、ヴィジュアル系のライヴはやっぱり楽しいものだと思うんですけど……。
キヨト:髪も染めたでしょ?
:染めたよ! ていうか何で今聞くのさ(笑)。それで、やっぱりバンギャの方って自分を含めて病んでる方が多いと思うので、その時だけでも沈んだ気持ちがなくなればいいなと思ってライヴをしてます。
一同:……。
キヨト:「してます」って作文かよ(笑)。
:あと、後で書き足してほしいんですけど、PVのところでジュエリーが、「PVってポルノビデオですか?」って言ったことにした方がよくない?
キヨト:お前は一体何の話をしてるの?
一同:(笑)。
キヨト:カッコいいバンドになりたい気持ちはありますけど、僕らが飽き性っていうのもあるので、お客さんも飽きさせないようなライヴ展開とか曲に関してもいろいろやっていけたらいいなって思いますね。簡単に言うと、これから頑張っていくので、二人三脚でファンもバンドも一緒に上がっていけるようなライヴをしていきたいですね。
:ようは、「精神安定剤になろうぜ!」ってことでしょ?
一同:……。
トップへ戻る
RELEASE
2nd SINGLE
「俺がモテないのはパリピが原因に違いない!!」

2016.09.07 Release!!

ギザ
お試し盤
CD
PCM-195A
¥500+税

[CD]
01. 俺がモテないのはパリピが原因に違いない!!


ギザ
初回盤
CD
PCM-195B
¥2,000+税

[CD]

01. 俺がモテないのはパリピが原因に違いない!! 02. お・や・す・み

[DVD]

01. 俺がモテないのはパリピが原因に違いない!!

ギザ
通常盤
CD
PCM-195C
¥1,500+税

[CD]
01. 俺がモテないのはパリピが原因に違いない!!
02. お・や・す・み
03. 拝啓、明日をくれた君へ

SCHEDULE
Dream Agent presents Neverland vs Sick2 『ねじまきトリックスター』
10.03(月)梅田Zeela
10.05(水)広島セカンドクラッチ
10.06(木)福岡DRUM Be-1
10.08(土)神戸ART HOUSE
10.09(日)名古屋ハートランド
10.10(月)浜松FORCE
10.15(土)札幌Crazy Monkey
10.16(日)札幌Crazy Monkey
10.18(火)仙台HooK
10.19(水)新潟CLUB RIVERST
10.23(日)新宿RUIDO K4



09.11(日)高田馬場AREA
09.13(火)心斎橋soma
09.14(水)HOLIDAY NEXT
09.19(月)新宿Zirco Tokyo
09.24(土)高田馬場CLUB PHASE
11.17(木)渋谷REX

PROFILE
ギザ

ギザ Vo:キヨト
Birthday: 12.08
Blood type: AB
ギザ Gu:ジュエリー寺西
Birthday: 01.24
Blood type: -
ギザ Ba:YUSUKE
Birthday: 03.04
Blood type: -
ギザ Dr:陣
Birthday: 11.02
Blood type: A

オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

ギザ | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

ギザ | 関連MOVIE

関連動画はありません。