PICK UP
PickUp
6月6日にバンドのWEBサイトを開設すると同時に、存在を表に描き出したMIZTAVLA (読み:ミズタブラ)。
「ヴィジュアル系の原点回帰」をコンセプトに結成。その姿勢を示す音楽性。そして、これまで待ってくれていたファンたちや、これから出会う人たちへ向けての想いを、MIZTAVLAは『Dear:from...』という楽曲に詰め込んだ。
同楽曲は、6月6日の始動と同時に無料配布という形で広く市場に拡散される(詳細はWEBへ)。気になるのが、「これまで待っていてくれたファンたち」という言葉……。
MIZTAVLAは、リウキ(Vo)を中心に、光(Gu)、氷龍(Gu)、yuri(Ba)、史弥(Dr)らが集まり、結成したバンドだ。
正式な始動は、9月3日(土)池袋EDGEを舞台に行なうMIZTAVLA始動単独公演「カゲロウ」からになる。いきなりワンマン公演から幕を開けるのも、彼らの積み重ねてきた実績や、これから怒濤の展開を描く大きなスタートダッシュを図るため。8月には、1stミニアルバムのリリースも決定。まさに、怒濤の展開をこれからMIZTAVLAは繰り広げようとしている。
ここに、結成から始動に至るまでの展開についてのメンバーの言葉をお届けしよう。

取材・文:長澤智典
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「そこで事件がね(笑)」
MIZTAVLA
――今のメンバーが出揃うまでにも、いろんなドラマがあったとお聞きしています。まずは、このメンバーが揃うまでの経緯から教えていただけますか?
リウキ:もともとは、僕が前のバンドでの活動を終え、メンバー探しも兼ねつつソロのような形態を持って活動を始めたところから、MIZTAVLA誕生に至る前の母体作りが始まりました。活動の中、一番最初に出逢ったのが若手ギタリストの光でした。彼との出会いは「若いのに実力派なギタリストがいる」という紹介を受けたことがきっかけ。直接会って話をしたところ、彼の生きざまを含め意気投合。「一緒にバンド活動を始めようか?」と声をかけたら、すぐに返事をくれたことから、まずは光と一緒に本格的なバンド始動へ向けて動き出しました。
:僕は一期一会を大切にしている性格なせいか、リウキさんからバンド加入の誘いをいただいた時点で、迷いなく「一緒にやりましょう」と返しました。
リウキ:光は楽曲も書けるので、メンバー探しを進めながら一緒に楽曲の制作作業も行ないつつ。その頃に、知り合いのつてで「ドラマーなら彼がいいでしょ」とドラムの史弥を紹介してもらいました。彼に関しては、以前のバンドの頃から面識だけはあったんですけど、込み入った話をしたことがなかったこともあり、一度、「一緒に呑みに行きましょう」と決め、2人で呑みに行ったんですけど……。
史弥:そこで事件がね(笑)。
リウキ:お互い、最初は「固い人なのかな?」みたいな印象だったんですけど、何故か僕がはっちゃけすぎまして。正直「これはもう嫌われたな…」「メンバーとして乗ってこないだろうな…」と諦めかけていたら、「ぶっ壊れたノリがいいよね」と、そこが逆にアピールのポイントになっていたようで(笑)。
史弥:正直、最初は雰囲気的に「怖い人?」と思っていたんですけど。呑んでるときの壊れた姿を見て人間味と言うのかな?熱い奴なんだな、と。実は、最初の印象では合わないかもなと感じていたんですけど、その壊れた一面を見たことから、逆に「こいつとだったら面白いことが出来る」と確信しました。それで加入を決めたわけなんです。だから、もしあの時リウキが壊れていなかったら、ここにはいなかったかも知れない(笑)。
リウキ:その頃は、ベーシストが決まっては変わってと何度も入れ換えを行なっていた時期。その時に知り合ったのが氷龍。彼が前に演っていたバンドとも対バンをしていた経緯から顔は知っていたんですけど、改めて紹介を受け、その時に「一度セッションでいいからやろうよ」と声をかけたのがきっかけだったよね。
氷龍:そう。「一度セッションでいいから一緒にライブしない?」と声をかけられ、自分でも単純にライヴを演りたかったし、一度きりのセッション感覚で参加したんですけど……。
リウキ:その時に、お互いに「ええやん」となり。
氷龍:でも、一番の決め手は、熱心に誘いをかけてくれたこと。最終的には気持ちの部分で加入を決めた面が大きかったですね。
リウキ:で、最後にyuriが決まったんだけど。yuriは、史弥が知り合いから紹介を受けたということで連れてきたんですが、最初は「こいつ、とんでもなく変な奴だな…」と(笑)。でも、一度スタジオに入って音を合わせたらベースのセンスに長けるものがあり、yuriも「是非とも」ということだったので、加入を決意し、ようやくこの5人がまとまった形になりました。
――まさにこのバンドは人として繋がったメンバーたちなんですね。
リウキ:そこを大切にしたかったんですよね。長くバンドをやっていくうえで、そこは大事になること。しかも、メンバーみんな「これを人生を賭ける最後のバンドにしたい」という意識で加入を決めてくれたのも大きかった。もちろん人である以上、良いところも悪いところもあると思う。そこも踏まえつつ長く付き合っていけるメンバーでいたかったんで。
――今のメンバーが集まるまでに、どれくらい時間をかけたんですか?
:結果的に2年くらいはかかってるんじゃないですかね?
リウキ:光や史弥とは出会ってから1年以上は経ってたんで気心は知れていたんですけど、氷龍やyuriとは、出会ってからの期間の違いによる温度差が最初は産まれていました。そこの溝を埋めていくのが大変だったし、時間も必要だった。そのために準備期間としてバンド名をproject team『RE/V』と名乗り、ライヴ経験を重ねることを通して、バンド内を一つにまとめあげてゆくこともしてきました。
「始まる前に解散するんじゃないかな?という状況もあった」
MIZTAVLA
――正式にMIZTAVLAとして動こうと決めたのは、いつ頃だったんですか?
リウキ:昨年末頃に今のメンバーが揃ってそれから間もなくだから、今年のはじめ頃かな?
史弥:この5人で集まり、一緒に演奏した時点で、みんなの中に「このメンバーだな」という意識はありました。あとは、何処でどういう風に始めるのかを決めるだけだったので。ただ、「このバンド、始まる前に解散するんじゃないかな?」という状況もあったけどね...。
リウキ:このバンド、始まる前に“解散の危機”という修羅場を乗り越えてきているので、今後何があってもある程度の苦境なら乗り越えていけるんじゃないかな?
――バンド活動を表明する前に、そこの壁を乗り越えられているのが強みじゃないですか?
リウキ:そうなんですよ。バンド活動を始めてからその修羅場が生まれると、そのタイミングでバンド自体が崩壊してしまうのは多々あること。それを正式活動前に乗り越えられたからこそ、あとは攻めてくだけという意識になれたのも、具体的な展開を決めてゆく引き金になりました。
――MIZTAVLAは「ヴィジュアル系の原点回帰」をコンセプトに掲げています。
リウキ:メンバーの世代がうまいことバラバラだったように、同じヴィジュアル系でも影響を受けた年代や世界観に異なる差異が生まれていた。ならば、それをすべて上手く包括していこうと。それもあって、今の時代のテイストも反映しつつ、90年代や2000年代のヴィジュアル系バンドが持っていた世界観も上手く取り入れながら攻めています。
――光さんは、ファンたちと非常に世代の近い人。昔のヴィジュアル系黎明期のスタイルについて、どんな感想を覚えました?
:僕は中学生の頃、その当時のヴィジュアル系に物凄く衝撃を受け、ヴィジュアル系の世界にどっぷりハマってしまい(笑)。更に遡ってヴィジュアル系のルーツを掘り下げるたび、その魅力にどんどん夢中になっていきました。
リウキ:ヴィジュアル系という音楽スタイルの強みって、そこなんですよ。もちろん、最近のバンドたちの音楽性に触発されてヴィジュアル系を好きになるのは当たり前ですけど、過去へ遡って聴いても「好き」と共鳴してくれる。MIZTAVLAの音楽性は、いろんな時代のヴィジュアル系の血が混ざり合ったスタイルだけに、そこは幅広く、世代を超えて楽しんでもらえるんじゃないかと思っています。中でも、始動のタイミングで無料配布する音源に収録した『Dear:from...』でもそれは感じてもらえるんじゃないかと。
氷龍:自分なんかは、90年代から今の時代まで、世代を超えてヴィジュアル系全般の音楽へ夢中になっているんですけど、MIZTAVLAは、「ヴィジュアル系の音楽的な歴史を凝縮したような音楽」を表現しているように、自分が一人のリスナーだったとしても、絶対にライヴヘ足を運んで騒いでるだろうなと想像できますからね。
:MIZTAVLAは、本当に音楽性的な幅も広いと思います。
リウキ:むしろ今は、音楽性を固めてしまうには早すぎるんで。と言いながら、むやみやたらに広げすぎても「一体何をやりたいの?」となってしまうので、しっかりとMIZTAVLAとしての軸を貫いたうえで、そこのバランスは上手く取っていこうと思ってます。それでも、まずはライヴハウスを舞台に活動をする“ライヴバンド”としてのインパクトをしっかり与えていくつもりなので、歌物でありながらも激しめな表情を中心に据えていこうとは思ってます。
――でも『Dear:from...』のような、大きな会場で聴いてこそ似合う表情だって大切にしていきたいところだ。
リウキ:目の前のことばかりをつい見過ぎてしまいますけど、しっかりと軸を持って、先々を見据えた活動をしていきたいと思っています。
「重い、うざい、変な奴。もう最高の個性よ(笑)」
MIZTAVLA
――メンバー自身は今、MIZTAVLAの特色をどのように捉えているのでしょうか?
リウキ:僕個人で言えば、「自分」という視点での歌詞を綴ることで、同じ物事でも「自分だからこその視点や想い」を強く投影している。それは、他のメンバーにも言えること。メンバーそれぞれが「自分なりの視点」で捉えた音楽をぶつけ、それを融合したものが、今のMIZTAVLAの音楽性にもなっている。もちろん、いろんなヴィジュアル系世代のヴィジュアル系も上手く取り込んで、という面も、そこには加わってのことですが……。
史弥:ヴィジュアル系って個性のぶつかりあいみたいなところがあるじゃないですか。言ってしまえば「何でもあり」。メンバーそれぞれが「自分らしさ」を表現していく中、それを巧みに組み合わせながら一つ一つ楽曲を作りあげてゆく。そこに楽しさを覚えています。
yuri:そこは、僕も一緒です。僕自身で言えば、重たいヴィジュアル系の楽曲が好きなので、そういう好みも含めたうえで展開してゆく音楽性や世界観をMIZTAVLAには投影しています。自分の場合、メンバーに言わせると性格も重たいみたいです。
リウキ:重い、うざい、変な奴。もう最高の個性よ(笑)。
史弥:言ってしまえば、yuri自身が「個性を発揮してこそヴィジュアル系」を体現してるのかもね(笑)。
yuri:それ、嬉しいですね。
――MIZTAVLAが正式に活動をスタートさせるのは、9月3日(土)に池袋EDGEを舞台に行う始動単独公演「カゲロウ」からになるんですね。
リウキ:そこからがMIZTAVLAとしてのライヴ活動のスタートになります。その前に、8月には1stミニアルバムをリリースし、始動公演へ向けての勢いをつけてゆく展開も決めています。
――いきなり単独公演というのが凄いですよね。
リウキ:シビアに現実を見たら、敷居の高いスタートかも知れない。ただ、無料配布音源に収録した『Dear:from...』にも想いを詰め込んだように、どんなに時代が変遷していこうと、オーディエンスとバンドが共に支えあいながら進んでゆく姿勢をMIZTAVLAは大切にしていきたい。その意志をしっかり表明する意味でも、最初からMIZTAVLAの持つすべてを曝け出し、まずは見てくれる人たちに受け止めて欲しかった。そのためにも、ワンマンという形を通してMIZTAVLAのリアルを受け止めてもらう道を選んだわけなんです。そこからは、一気に怒濤のイベント構成を仕掛けていきますから。
「自分でハードルを上げていかないと自分の限界だって超えられなければ、良いものだって生み出せない」
MIZTAVLA
――みなさん無料配布音源『Dear:from...』を、今はどんな感じで受け止めていますか?
yuri:MIZTAVLAの持つ叙情的な面とヘヴィな要素が混じり合いながら。歌メロや歌詞がストレートに伝わってくる楽曲になったように、とても耳に馴染みやすいと思います。
史弥:タイトルへも示したように、『Dear:from...』はMIZTAVLAに触れてくれる人たちに向けた想いを詰め込んだナンバー。「俺らは、こういう想いを胸に抱いているし、こういう気持ちで音楽をみんなへ届けたいんだ」という、俺らの心の本音を感じてもらえたら嬉しいなと思います。
:この曲は、MIZTAVLAとして一番最初に生まれた楽曲なんですよ。それこそ、まだリウキさんと僕しかメンバーがいない頃、2人で籠もっては作り上げ、MIZTAVLAとしての軸を見いだした楽曲でもあって、始まりの音源を一番最初に自信を持って出せることがすごく嬉しいんです。だからこそ、聞いた人たちの気持ちの何処かに、何かしら突き刺さってくれたら嬉しいなと思っていますし、その自信もあります。しかも『Dear:from...』は、MIZTAVLAの歩みと常にリンクしていく楽曲にもなりそうです。
氷龍:『Dear:from...』はMIZTAVLA一発目の音源になるんで、アー写とのギャップも上手く出しています。そこをどう狙ったのかも、ぜひチェックしてください。
リウキ:すでに、8月にリリースを予定している1stミニアルバムの制作にも入ってるんですけど。『Dear:from...』と聞き比べてもらえたら、また異なるMIZTAVLAの魅力を発見できる作品に仕上がりそうなので、そこも楽しみにしていて欲しい。あえてひと言だけ伝えるなら、1stミニアルバムは「黒く攻めて」います。ライヴに直結した形でね……。
――9月3日に行う始動単独公演についての意気込みも、ぜひ聞かせてください。
:僕は、このバンドが人生で初めて組むバンドになるので、そのバンドの最初のライヴがそのワンマンであることが、もう楽しみでしかたないんです。とにかく、MIZTAVLAが恰好いいバンドである自信はあるので、早くみんなに見てもらいたい。今はその気持ちです。
史弥:やはり、単独公演だからこそ表現できるものってあると思うんですよ。正味30分もないステージでは、どうしても「俺たちはこういうバンドなんだ」という全貌を伝えるには厳しい面がある。ましてMIZTAVLAの場合、最初からステージの組み方などいろんな面で明確に見えているものがあるので、だからこそまずは、最初に「MIZTAVLAとはこういうバンドなんだ」というすべてを提示したかったんですよ。
氷龍:そうだね。今や、始動ワンマンというのも珍しいことではないのかも知れないけど。それでも、敷居の高いスタートだなとは自分たちでも感じていること。最初のライヴで何処まで提示出来るかはわかりませんが、「MIZTAVLAはこういう音楽性を持ったバンドであり、こういうステージングを行う」という姿を、この日の単独公演に凝縮して伝えようという意気込みでいますから。
yuri:今のMIZTAVLAが見せたい音楽性の何処までをこの日に表現出来るのか、今はまだ未知数です。でも始動までの限られた時間の中、もっともっとレベルアップしながら良いライヴを見せていきますし、魅せたい自分自身の姿も投影してやるつもりです。
リウキ:おっ、いきなりハードルを上げてきたね。
yuri:それくらい言っておかないと……。
史弥:きっと、僕らも知らないyuriの姿を始動単独公演では見れるらしいです。
yuri:魅せます!そうやって自分でハードルを上げていかないと自分の限界だって超えられないし、良いものだって生み出していけないので。
氷龍:頼もしいね、その言葉!
「自分らでも“カッコいい”と宣言してゆく自信はある」
MIZTAVLA
――9月3日の始動単独公演以降はガツガツ攻めてゆく形になるのでしょうか?
リウキ:そのつもりでいます。自分たちでもMIZTAVLAの未来に期待をしていると同時に、実際に封を空けてみないことにはわからないことも多いのでドキドキもしているのが現状ですけど。すでに、楽曲が生まれるたびにバンドの伸びしろを感じているので、自分たちでも先の展開が楽しみというのが一番ですね。
――最後に、伝えておきたい想いがあればお願いします。
史弥:俺らカッコいいよって、言っておく?
yuri:史弥さんが言ったように、「俺たちカッコいいよ」と自信を持って言える意識でMIZTAVLAへ向かっているので、そういう所も含めて見て欲しいし聴いて欲しいです。
リウキ:自分らでも「カッコいい」と宣言してゆく自信はある。まずは、全力を尽くして走っていきたいなと思っています。
トップへ戻る
RELEASE
0th Single
「Dear:from...」

2016.06.06より無料配布開始!!

MIZTAVLA

01. Dear:from...

※Not for Sale
無料配布・ダウンロードについて
http://miztavla.com/download/



1st Mini Album
2016.08.XX Release!!

SCHEDULE
始動単独公演 「カゲロウ」
09.03(土)池袋EDGE
[OPEN/START]
17:00/17:30
[出演]
MIZTAVLA
[前売り/当日]
※全てペアチケット
¥3,500/¥3,800(D代別)
[チケット発売日]
e+ プレオーダー受付期間 6/12 12:00 - 6/19 18:00
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002192420P0030001
e+ 一般 7/2 10:00~
[主催]
MIZTAVLA
[企画]
MIZTAVLA
[制作]
rivabook
[問]
EDGE IKEBUKURO
TEL:03-6907-1811

PROFILE
MIZTAVLA

MIZTAVLA Vo:リウキ
Birthday: 09.05
MIZTAVLA Gu:光
Birthday: 05.10
MIZTAVLA Gu:氷龍
Birthday: 10.10
MIZTAVLA Ba:yuri
Birthday: 05.18
MIZTAVLA Dr:史弥
Birthday: 09.20

オフィシャルサイト


アーティストタグ

MIZTAVLA | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。