PICK UP
PickUp
「様々な世界の学園を描く」ことをコンセプトに、2015年7月に結成されたBLaiveが、2月10日に待望の1st Single『パノラマノイズ』をリリースする。
2016年は、初のインストアイベントや主催ツアーなども決定しており、今後の活躍が楽しみなバンドだ。
ViSULOG初登場となる今回は、バンドのイメージ通りの明るく楽しいインタビューとなった。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「偶然、同じお店で働いてたんです(笑)」
Blaive
――ViSULOG初登場となりますので、バンド結成のいきさつから教えてください。
ヨウ:僕とレイが元々知り合いだったのがきっかけです。
――2人はどこで知り合ったんですか?
ヨウ:ゴールデンボンバーの歌広場さんがやられている「オータムリーフ」で知り合いました。
レイ:偶然、同じお店で働いてたんです(笑)。そこから仲良くなって、その時は別々のバンドで活動していたんですけど、それぞれのバンドが終わったタイミングで「一緒にやろうか」って。
――愁さんとwayuさんはどこで知り合ったんですか?
ヨウ:愁とも元々面識があって、wayuだけ友達に紹介してもらいました。ヴィジュアル系をやろうっていうことだけは決まっていましたけど、それ以外は何も決まっていない状態で曲作りから始めました。
――BLaiveのバンドコンセプトを教えてください。
ヨウ:結成当初のコンセプトからはかなり変わりまして……。
レイ:ずっとフラフラしてたんですけど、最近ようやく「学生モノでいこう!」ってことになりまして、“様々な世界の学園を描く”ことをコンセプトに活動しています。
ヨウ:例えば、悪魔学園だったら悪魔をテーマに、アイドル学園だったらアイドルをテーマに、そうすればテーマに合わせた曲も作りやすいですし、色んなことができるかなと思って。
――アーティスト写真からは楽しそうな雰囲気が伝わってきました。
レイ:そうですね。暗い感じのバンドではなく、明るくポップな感じのバンドで、わりと何でもありな感じのバンドです(笑)。
――バンド名の由来を教えてください。
ヨウ:「“brave”=勇敢な」という意味と、「“rave”=熱狂的な、褒め称える」という意味があって、“live”の造語でもあるんですけど、そこから、「勇敢で熱狂的で褒め称えられるようなライヴバンド」という意味が込められています。
「ライヴでも楽しめる歌モノを意識しました」
Blaive
――1st Single『パノラマノイズ』ですが、どんなコンセプトで制作されたんですか?
レイ:一発目なので、「これから勢い良く頑張って行こう!」というコンセプトで、リリースのために書き下ろしました。
ヨウ:表題曲「パノラマノイズ」の歌詞には、凝り固まっていたところの殻を破るみたいな意味合いが込められていて、基本的にはバンドのことを歌ってはいるんですけど、生活していく上で、仕事や学校生活など、いろんなところで悩むことってあると思うんですよね。でも、どういった状況でもこの歌詞を読んでもらえればきっと前向きな気持ちになれると思います。失敗してもいいから、それを失敗と思わずに突き進んでいこうというメッセージです。
――タイトルの「パノラマノイズ」というのは?
ヨウ:僕らはまだ完成してないけど、これから一緒に作り上げて行こうっていう意味と、広い視野で見ていきたいと思ったので、最初は「未完成パノラマ」っていうタイトルだったんです。そこから……なんで「パノラマノイズ」になったんだっけ?
一同:(笑)。
レイ:未完成だから、今は綺麗なパノラマじゃなく、ノイズがかかってたりするんじゃないかなって思って、“未完成”よりも“ノイズ”の方がしっくりきたので「パノラマノイズ」にしました。
――最初にこの曲を聴いた時、どんな印象を受けましたか?
wayu:僕たちの始まりの曲っていう印象で、「これからやっていくよ!」っていう意識が感じられました☆
:最初に聴いたときは、真っ直ぐな曲っていう印象が強かったですね。そこに歌詞がのってさらに力強さが増して、自分たちの気持ちがしっかり入った強い曲になりました。
――すでにライヴでも披露されているそうですがお客さんの反応はいかがですか?
レイ:もう少し浸透しないと……(笑)。
ヨウ:聴かせる要素が多いので、これからもっと良くなっていくと思います。
――「パノラマノイズ」の聴きどころを教えてください。
レイ:BLaiveの絶対譲れない部分として、“歌モノ”っていうのがあるんですけど、歌モノになり過ぎてもライヴでつまらないと思われてしまうので、ライヴでも楽しめる歌モノっていうのを意識して、かなり歌も聴きやすいですし、ライヴでも盛り上がれると思います。あとは今まで使ったことのない3拍子のリズムを使ったり、急に世界が変わったりもするので、そういう部分も聴きどころかなと思います。
wayu:僕も3拍子のところはやってて楽しかったですね。あとは大サビがすごく気に入っているのでたくさん聴いてほしいです♪♪♪
:いざ叩いてみたら意外とフレーズが細かいことに気がついて、なかなか大変だったんですけど、曲全体のアレンジにはかなりこだわってやりました。
ヨウ:歌詞を聴いてほしいですね。サビに英語の部分があるんですけど、曲って何回も同じフレーズを繰り返した方が耳に残ると思ったのであえて強調してみました。
――MUSIC VIDEOはどんな映像に?
レイ:全体的にはカッコいい映像なんですけど、さっき言った3拍子の部分だけ、みんなニコニコしてたりします。
wayu:象にまたがったりね♡
ヨウ:前のMVは普通に演奏してるだけだったんですけど、今回は演奏シーンでも色んなエフェクトがかかってたりしているので、すごく面白いなと思いました。
――見所を教えてください。
ヨウ:可愛い表情もカッコいい表情も、みんなの色んな表情が見れるところですね。個人的には、椅子に乗ってグルグル回されて、実際に目が回ってるところです(笑)。
レイ:全体的には暗い雰囲気なんですけど、みんなの表情は明るく見えるっていうちょっと不思議な感じが印象的です。見所は笑顔ですね。特に象にまたがってるときは満面の笑みで普通に楽しんでました(笑)。
wayu:前回のMVは演奏シーンが多かったので、あまり表情が見えなかったんですけど、今回はかなり見えるのでたくさん見てもらいたいな♪その中でも、3拍子のメルヘンなところは特に楽しんでいただけるんじゃないかなって思います☆
:「パノラマノイズ」の楽曲自体もそうなんですけど、MVの映像としても、僕たちの名刺代わりになるような作品になったと思っていて、メンバーのいろんな表情が楽しめると思うんですけど、僕だけはひたすら男らしく、鬼気迫る顔で叩いているので、その一生懸命さを見てもらえたらなと思います。
――MVのオフショットにはどんな映像が入っているんですか?
レイ:悪ふざけしてるショットがたくさん入ってます(笑)。
ヨウ:すごく素の部分が見れる映像だと思います。
「初めてなので様々なハプニングを期待してください(笑)」
Blaive
――C/W「カナリアカース」はいかがでしょうか。
レイ:これは曲と一緒に歌詞が降りてきたので、もうこの歌詞じゃないと合わないと思って、そのまま一気に書きました。
――曲調としては「パノラマノイズ」に近い印象を受けました。
レイ:「パノラマノイズ」よりもちょっと激しくて、メロディはガツンとパンチがあると思います。
――曲と一緒にふってきたという歌詞はどんな内容だったんですか?
レイ:僕が書く歌詞ってどうも小難しくなっちゃうんですよね。あるテレビドラマの内容からインスピレーションを受けてるんですけど、それ自体には全然カナリアは出てこないんです。でもなぜか僕はその主人公をカナリアに置き換えてしまったんですよね。歌詞の内容は人それぞれに捉えてもらいたいので、「こういうことを言いたいのかな?」って推測してもらえると嬉しいですね。自分の中では言いたいことがあるんですけど、そこはあえて言わないでおこうと思います。
――「カナリアカース」というのは?
レイ:あまり深い意味はないんですけど、カナリアの呪いみたいな意味合いです。タイトルにしておきながらなんですけど、そこはあんまり関係ないです(笑)。
ヨウ:僕も同じドラマを見ていたので言いたいことが分かるんですけど、もし見てなかったら「何これ?」ってなってたと思います(笑)。
――それは何というドラマなんですか?
レイ:あえて言わないでおきます(笑)。
ヨウ:僕らのSNSを良く見てる人なら分かると思いますけどね(笑)。
レイ:知らない方が面白いと思います。
――C/W「燦々乱舞」は、雰囲気が違いすぎてビックリしました。
レイ:BLaiveは色んな曲をやれるバンドなので(笑)。でも、こういう曲がライヴではメインになっています。
――お祭り感のある曲ですね。
レイ:料理してたら急に祭りがやりたくなったんです(笑)。分かりやすく盛り上がれる楽曲なので、イベントでもやりやすいですね。
――歌詞は愁さんですが、これはレイさんからの指名ですか?
レイ:和風なお祭りっぽいのを書いてくれそうだなと思ってお願いしました。
:世には出てないんですけど、過去にも書いた経験があったので書いてみました。デモのタイトルが「祭」だったので、ふんどしでわっしょいみたいな荒々しいのをイメージしてたんですけど、BLaiveでやるには違うなと思って、1人の町娘が夜は踊りを舞って民衆を湧かすみたいな、ちょっと古風な感じを意識して、昔ながらの美しい日本語を意識して書きました。
――C/W「針奏」は何と読むんですか?
ヨウ:“しんぞう”と読みます。人の生と死をテーマに作ったので、針で奏でると書いて「針奏」にしました。
――すごくJ-POPですね。
レイ:そうですね。たぶんこの曲を作る時に、たくさんJ-POPを聴いてたからだと思います(笑)。
――今回はどんなテーマの作品になりました?
レイ:「ヴィジュアル系の学園」ですね。でも、あくまでもたくさんあるBLaiveの中の一つなので、次作はまた別のものになると思うので楽しみにしていてください。
ヨウ:でも、『パノラマノイズ』がドカーンと売れたらこれが中心になると思いますけど(笑)。
レイ:お客さんがこれでいいというのであればこれでいきます。
一同:(笑)。
Blaive
――各地でインストアイベントがあります。
ヨウ:そうですね。レイレイの回は終わっちゃったんですけど、メンバーが2月10日、23日と誕生日が近いこともあるので、そういうことも含めたインストアイベントになる予定です。
:BLaiveとしては初のインストアイベントなんです。
ヨウ:初めてなので様々なハプニングを期待してください(笑)。
:3月19日にはアコースティックライヴもやるのでそちらもお願いします。
――そして、2月26日からは、『パノラマノイズ』発売記念主催ツアーが始まります。BLaiveはどんなライヴを展開してるんですか?
:明るく楽しいライヴです。
レイ:激しさっていうのはあんまりないかもしれないですね。ニコニコして、キラキラして、曲調によっては攻めな時もあります。
――主催ツアーはどんなツアーにしたいですか?
ヨウ:僕らが盛り上げるのは絶対なんですけど、他の出演者さんがすごく有名な方たちなので、僕らを見に来ていただかなかったとしても、一緒に楽しくイベントを作り上げられたらなと思います。ファイナルがホワイトデーなので、ステージ上でホワイトチョコを投げるかもしれないですね。うまい棒かもしれないですけど……(笑)。
:あとは素敵な発表ができると思います。
ヨウ:BLaiveのシーズン2がね。
――ViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
レイ:結成して半年なんですけど、ようやく準備段階が終わったということで、2016年からは本格始動していきたいと思っているので、これを機に見てくれて知ってくれた方は、是非ライヴに足を運んでくれたり応援していただけると嬉しいです。
wayu:今年から色々と見てもらえる機会も増えると思うので、MVとか曲を聴いてもらって、いいなと思ってもらえたらライヴにも足を運んでほしいですʕ•̫͡•ིʔྀ♡*:.✧
:とにかくBLaiveというバンドは、メンバーもそうなんですけど、明るくて楽しいっていうことを大事にしてるバンドです。そういう雰囲気がライヴはもちろん、映像だったり色々なコンテンツで垣間見えると思うので、是非一度BLaiveに触れてみて、楽しい気持ちになってくれたらなと思います。
ヨウ:YouTubeにMVや振り付け動画があるので、それを見て振り付けを覚えてもらって、みんなで一緒に楽しいライヴ空間を作り上げていけたらなと思っています。是非、楽しい空間を一緒に作りましょう。
トップへ戻る
RELEASE
1st MAXI SINGLE
「パノラマノイズ」

2016.02.10 Release!!

Blaive
初回限定盤
CD+DVD
GLK-026
¥1,800(+税)

[CD]
01. パノラマノイズ
02. カナリアカース

[DVD]
01. パノラマノイズMV+オフショット



Blaive
通常盤Atype
CD ONLY
GLK-027
¥1,500(+税)

[CD]
01. パノラマノイズ
02. カナリアカース
03. 燦々乱舞



Blaive
通常盤Btype
CD ONLY
GLK-028
¥1,500(+税)

[CD]
01. パノラマノイズ
02. カナリアカース
03. 針奏

SCHEDULE
BLaive 1st MAXI SINGLE
『パノラマノイズ』発売記念主催TOUR

02.26(金)大阪MUSE
02.27(土)HOLIDAY NEXT NAGOYA
03.14(月)高田馬場CLUB PHASE



02.10(水)高田馬場AREA
02.12(金)心斎橋VARON
02.13(土)名古屋ell.SIZE
02.15(月)池袋EDGE
03.06(日)高田馬場AREA
03.16(水)名古屋ell.SIZE
03.17(木)大阪FAN-J
04.01(金)池袋EDGE 
04.09(土)大阪MUSE

PROFILE
Blaive

Blaive Vo:ヨウ
Birthday: 03.19
Blood type: A
Blaive Gu:レイ
Birthday: 12.25
Blood type: A
Blaive Gu:wayu
Birthday: 02.23
Blood type: A
Blaive Ba:愁
Birthday: 02.09
Blood type: O

オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

BLaive | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。