PICK UP
PickUp
2015年1月より始動したアンフィル。R&Bなどの幅広い音楽ジャンルを取り入れ、歌を重視したキャッチーなメロディが印象的な5人組だ。
そんなアンフィルから早くも1st Full Album『LUNAR PHASE』が届けられた。「これまでの全てを詰め込み、2年目の可能性を見せられた作品」と翔梧が語るように、1年目の集大成となる作品に仕上がっている。
そんなアンフィルの5人に話を訊いた。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「音楽を通じて、人との絆を作っていきたい」
アンフィル
――ViSULOG初登場となりますので、バンド結成のいきさつから教えてください。
未月:前のバンドが解散して、上手いヴォーカルを探している時に、動画投稿サイトで翔梧が自分の歌をUPしているのを見つけて、すぐに惚れ込んでSNSで声を掛けたのがきっかけです。
翔梧:みんなが同時期に、その時やってたバンドが解散していたこともあったので、タイミング的にはばっちりでした。
未月:そこからはお互いに惹かれ合うようになっていったという感じです。
翔梧:その時の未月くんの情報は、顔だけしかなかったんですけど、とにかくその時の写真がカッコよくて、個人的に好きな顔というか、欲しい顔だったんです(笑)。
――その後はどういう流れで?
翔梧:ハル、yukito、棗と「一緒にやろう」って話をしていて、下手ギターが欲しいというときに、ちょうど未月が舞い降りてきました。
未月:わりとすぐにこの5人が集まったので、メンバー探しには全く苦労しなかったです。
――「こういうバンドにしよう」っていうコンセプトやテーマはありました?
翔梧:歌だったり歌詞だったりで、とにかく良いものを届けたいってことだけでした。
:翔梧の声を最大限に活かしたかった。
翔梧:あとは、R&Bが好きっていうのもあるんですけど、音楽的なジャンルに縛られたくなかったので、楽曲面でのコンセプトはあえて考えないようにしていて、音楽を通じて、人との絆を作っていけたらいいなって。そんな壮大な夢を描いています。
――R&Bはみんなが好きなんですか?
翔梧:僕だけですね。物心がついた頃には、歌が好きでずっと歌っていたんですけど、海外の本場のR&Bではなくて、EXILEさんとか、日本人の耳に優しい感じが好きだったんです。なので、自分が歌う時も和製R&Bっぽさを意識しています。
――「アンフィル」というバンド名の由来は?
翔梧:気持ちを大事にして、何かを感じるようなライヴをしていきたいっていう気持ちがあって、常に気持ちが寄り添うようにという意味で、“and feel”っていう単語を思いついたんです。そこからいろいろ探していったら“アンフィル”という言葉と出会って、意味を調べたら、フランス語で“糸”という意味だったので、赤い糸とか、人間同士の絆とか、僕たちの思い描いているイメージにピッタリな素敵な言葉だなと思ってつけました。カタカナ表記にしたのは、パッと見てわかるし、読めないことがないようにっていう未月のアイデアです。
――各々から見た“アンフィル”ってどんなバンドですか?
:メロディラインがすごく良いバンドですね。自分の中で本当にツボなんですけど、それがいろんな方々に評価されているのがすごく嬉しいです。
ハル:アンフィルは、けっこう変わり者の集まりだと思います。何かひとつはすごく特化してるけど、それ以外は全部ダメみたいな(笑)。それをお互いにうまく補いながら活動してます。
――ちなみにハルさんは何に特化してるんですか?
ハル:くだらないことを言うことですね。
――ムードメーカー的な役割なんですね。
翔梧:良く言えば……(笑)。
――ではyukitoさんから見たアンフィルとは?
yukito:一番はジャンルにとらわれたくないバンドですかね。お客さんの事を考えたりして、同じようなノリや曲調になってしまうのがすごく嫌で、どれだけ自分らしさを出しつつ、ヴィジュアル系の中に溶け込んでいけるかっていうところを常に考えています。
未月:僕もyukitoさんが言ってた事とわりと近いんですけど、曲の面では、「当たり前の事をやっちゃいけない」っていう風習があって、例えばBメロでハーフテンポになる曲を作ってもっていっても、「ちょっとありがちだからもうちょっとパンチ加えたいよね」って。だから毎回、曲作りにはすごく苦労します(笑)。
翔梧:アンフィルは、仲がいいバンドですね。本当に「仲良し!」って感じのバンドです(笑)。
「やれることを全て詰め込みつつ、2年目の可能性も見せられた作品」
アンフィル
――11月18日に1st Full Album『LUNAR PHASE』がリリースされますが、どうしてこのタイミングでアルバムを出そうと?
翔梧:1周年ワンマンまでにはアルバムを出したかったんです。
未月:あと3ヶ月くらいで結成1年なんですけど、この1年間のアンフィルを作品にして、「こういうバンドだ!」っていうのを知ってもらいたかったんです。
――1年間の集大成的な作品なんですね。
翔梧:そうですね。現状でやれることを全て詰め込みつつ、2年目の可能性も見せられたらなって。
――タイトル『LUNAR PHASE』というのは?
翔梧:“月相”という意味なんですけど、コンポーザーが4人いて、いろんなタイプの曲が作れるっていうのが持ち味のひとつでもあるので、まずはそこを見せたかった。月が同じ月でもいろんな表情を見せるように、アンフィルも「いろんな表情を見せますよ」という意味合いを込めました。
――リード曲「暁月」は、アルバムタイトルの『LUNAR PHASE』にかけて作ったんですか?
翔梧:アルバムタイトルよりも先に「暁月」というのは決まっていて、リード曲が「暁月」なら、アルバムタイトルも“月”に絡めたタイトルにしたいってことで、『LUNAR PHASE』だったんです。
――歌詞の内容としてはどんなことを?
翔梧:今までのシングル曲では、ストレートなメッセージ性の強いものが多かったんですけど、今回は情景が浮かぶような曲だと感じたので、物語性があって、リスナーにも景色が浮かぶような歌詞を書きたくて、曲調も明るくはなかったので、恋愛の“別れ”をテーマにしました。サビでは、現代風の竹取物語のようなイメージで、女の人が自分から決意をして離れていくような内容なんですけど、月の満ち欠けによって月の呼び名が変わるので、そこも絡めて変わっていく女心を表現しています。女性目線の歌詞なので、歌い方もしなやかさを意識しています。
――作曲はyukitoさんですね。
yukito:制作段階で一番凝った曲で、音楽理論とかもフル活用しながら、どちらかというとギターよりもピアノをメインに考えて構築していきました。サビのメロディもこれまでのアンフィルにはないような、ジワジワくるキャッチーさを意識しました。
――聴きどころやこだわったポイントを教えてください。
未月:2回目のAメロで、各パートが掛け合いをしてるところがあるんですけど、そこがロックバンドっぽくて好きです。
yukito:ギターソロで3段階くらい転調しているんですけど、そこでいかに世界観を作り出せるかっていうのがポイントだったので、かなりこだわりました。
ハル:ドラムはあまり難しい事は考えず、曲の雰囲気を壊さないように歌を活かしたドラミングを心がけました。
:僕もわりとシンプルですね。ピアノがフィーチャーされているので、ベースは潔い感じのフレーズにしました。なかなかいい感じに弾けたんじゃないかと思います。
アンフィル
――では、お1人ずつ今作の中から推し曲を教えてください。
未月:僕は、「geek nerd neek」(通常盤のみ収録)という曲を作ったんですけど、打ち込みのシーケンスの音がメインになっています。最初はシーケンス無しで、生楽器のみで作っていたんですけど、この曲の歌詞が、引きこもりだったり、家でゲームをやっている人。やりたいことがあるのに最初の一歩を踏み出せない人の曲だったので、歌詞の世界観に合わせて、ゲームっぽい同期音だったり、シーケンスを入れてみました。
――作詞も未月さんなんですね。冒頭からインパクトがありますね。
未月:けっこう毒がありますよね(笑)。
――自分の曲は自分で詞を書くというのは、師匠(ユナイト)の影響から?
未月:そうですね。“作曲者が曲の世界観を一番わかってるから、作曲者が歌詞を書く”っていうのを、ViSULOGさんのインタビューで読みまして、「これだ!」って。
――ありがとうございます(笑)。
翔梧:ちなみにこの曲は、ゲームっぽさを出そうと思い、Bメロがケロケロボイスになっているので、聴いてみてください。
――yukitoさんの推し曲を教えてください。
yukito:自分的に完成度が高いというか、やりきった感のある「冬桜」ですね。翔梧の意見で、サビにアコギを入れたり、冬の桜をイメージして琴を入れたり、情景が浮かぶように仕上げました。
翔梧:歌詞は、仮タイトルが「冬桜」だったので、そのままのイメージです。サビでいい感じの歌詞がふっと浮かんできたので、そこからどんどん膨らませていきました。これも恋心的な内容になっていて、冬に咲く桜もあるんですけど、今回はそっちではなくて、寒い冬を耐えて春を待つ桜をイメージしています。
――歌い方が少し違いますよね?
翔梧:レコーディングでかなり悩んで、ディレクターの方と話し合いながら、できるだけ声を細くして、細すぎてヨレヨレになってもあえてそのままにして、Cメロと大サビで爆発させる歌い方にしてみました。
ハル:僕は「charming love」ですね。翔梧さんの曲なんですけど、全部が打ち込みで、アレンジにも翔梧さん以外は誰も関わっていないんですよ。自分たちの曲なのに、レコーディングが終わって初めて聴いたので、いちリスナーと同じ気持で聴いてもいい曲だなって思いました。特にCメロのハモリのところからサビまでの流れは鳥肌ものでした。
未月:あのハモリは本当にすごいよね。何声になってるの?
翔梧:5声とささやきが入ってる。
アンフィル
――大絶賛ですね。
翔梧:初めて言われました(笑)。
――タイトルがすごくキャッチーですね。
翔梧:“charming”っていうのは、日本語のかわいいって意味のチャーミングじゃなくて、人を魅了するって意味の“charming”で、セクシーな感じの意味ですね、エロカッコよさを意識しました。
:僕は自分で作った「モノポリー」です。ベース推しで、作った時も苦労したし、今も苦労しているんですけど、だからこそ、すごく思い入れのある曲です。元々は翔梧から「こういう曲を作って欲しい」って言われて作ったんですけど、そのコンセプトが、“Bメロない曲”だったんです(笑)。
――珍しいコンセプトですね。
:そうなんですよ。でも、最終的にはBメロが入ってるんですけどね(笑)。いろいろと試行錯誤しながら作ったんですけど、アンフィルって、大人っぽいオシャレな曲が多くて、ライヴ曲がそんなになかったので、どうせなら「ライヴ曲にしちゃおう!」ってことでさらに練っていきました。
翔梧:二転三転して、最終的には「最初ので良くない?」って(笑)。その甲斐もあって、今ではライヴの鉄板曲になりました。
――歌詞はどんなことを?
翔梧:ゲームの「モノポリー」を題材にしていて、他人の財産を全て奪って全員を破産させたら勝ちっていうすごいゲームなんですけど、あらためてモノポリーの意味を調べたら“独占権”というような意味で、自分が夢に向かってのし上がっていくことよりも、他人を蹴落として相対的に自分が上にいるみたいな感じの流れが最近はすごく多いと思って、それが嫌だっていうことと、自分の人生の独占権は自分にしかないんだから、他人に左右されたくないっていうことをゲームに絡めて書きました。
――翔梧さんの推し曲を教えてください。
翔梧:「本懐」ですね。循環コードを使った曲を作ってみたくて作ったんですけど、メロディをつけるのがすごく難しくて、循環コードだから同じような感じになっちゃうし、サビ感を出すのにすごく苦労しました。でも、循環コードだとメロディもギターも自由度が増すので、ライヴでも自由にやれると思うし、やりたかったことがやれた曲ですね。
「始動ライヴの映像を久しぶりに見たら、すごくカッコ悪かった(笑)」
アンフィル
――アルバム発売記念の主催ツアー「#月面着陸。」が、仙台、名古屋、大阪、東京で開催されますが、こちらはどんな主催ツアーになりそうですか?
未月:曲数が増えてセットリストのバリエーションも増えたので、いろんな箇所でいろんなアンフィルを見せられたらなと思います。
翔梧:一緒に回ってくれるバンドさんと仲良くなりたいですね。
未月:せっかく一緒に回ってくださるので、共演者の方々にも感謝しつつ、いいツアーになればいいなと思います。
――そして、来年1月31日には、アンフィル 1st Anniversary ONEMAN LIVE 「gratitude & feel.」が控えています。
ハル:1年の集大成をしっかり出したいですね。
翔梧:1周年ならではの仕掛けとかもできたらいいなと思います。
ハル:楽しみにしてて!
――それでは最後にViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
未月:この前、始動ライヴの映像を久しぶりに見たんですけど、すごくカッコ悪かったんですよ(笑)。そこから1年が経つので、1周年記念のワンマンと見比べるのを楽しみにしたいです!
yukito:曲のクオリティーだったり、ステージングだったり、盛り上げ方だったり、セットリストの中での流れとか、いろんな部分で成長できていると感じているので、自分でも1周年ワンマンがどうなるかが楽しみですし、今後はさらに楽しみです。
ハル:それなりにライヴをしてきまして、少しながら成長していると思います。そんな姿を観に来ていただけたら嬉しいです。
:安定した姿を見せつつ、「まだまだ可能性があるんだぞ!」っていうところを示していけたらと思います。あとは、自分も楽しみつつ、お客さんも楽しませて楽しい時間を共有できたらと思います。
翔梧:アルバムのリリースから1周年ワンマンまでは本当にライヴが多くて、初の試みも含め、イベント盛りだくさんなので、年末年始はアンフィル色に染めていただいて、アルバムをたくさん聴いて、覚えてもらって、1周年ワンマンに遊びに来てくれたら嬉しいです。
トップへ戻る
RELEASE
1st Full Album
「LUNAR PHASE」

2015.11.18 Release!!

アンフィル
初回盤
CD+DVD
ANF-006
¥3,500(tax out)
[CD]
01. lunar phase (S.E)
02. 暁月
03. trigger
04. モノポリー
05. unfil
06. 虹色絵本
07. 本懐
08. Red&Black
09. L.O.L.S
10. 冬桜
11. HANG iN THERE.

[DVD]
01. 暁月 MV
02. 暁月 MV Making


アンフィル
通常盤
CD
ANF-007
¥3,000(tax out)

[CD]
01. lunar phase (S.E)
02. 暁月
03. trigger
04. モノポリー
05. geek nerd neek
06. unfil
07. charming love
08. 虹色絵本
09. 本懐
10. Red&Black
11. L.O.L.S
12. 冬桜
13. HANG iN THERE.

SCHEDULE
アンフィル 1st Anniversary ONEMAN LIVE
「 gratitude & feel. 」

01.31(日)高田馬場AREA



11.24(火)仙台MACANA
12.03(木)名古屋ell.size
12.04(金)大阪RUIDO
12.05(土)SHIBUYAREX
12.14(月)高田馬場AREA
12.18(金)HOLIDAYOSAKA
12.23(水)新横浜NEWSIDEBEACH!
12.30(水)渋谷REX
12.31(木)新宿RUIDOK4
12.31(木)渋谷REX
01.09(土)TSUTAYAO-WEST
01.23(土)名古屋ell.SIZE
01.24(日)心斎橋FANJ
01.30(土)高田馬場AREA
03.06(日)高田馬場AREA
03.19(土)新潟GOLDENPIGSREDSTAGE
04.03(日)HEAVEN'SROCK宇都宮VJ-2
04.09(土)大阪MUSE
04.10(日)名古屋E.L.L

PROFILE
アンフィル

アンフィル Vo:翔梧
Birthday: 10.05
Blood type: AB
アンフィル Gu:yukito
Birthday: 10.27
Blood type: A
アンフィル Gu:未月
Birthday: 09.30
Blood type: A
アンフィル Ba:棗
Birthday: 11.02
Blood type: AB
アンフィル Dr:ハル
Birthday: 07.15
Blood type: O

オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

アンフィル | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。