PICK UP
PickUp
2014年5月に始動したマーブルヘッドから、1st Single『君の育ち…僕の育ち…。 ほら、そこに落ちてるものは君以下でもない、 僕以下でもない。とても楽しいよ、とっても。 ~区別差別のない此処から遠くへ~』がリリースされる。
ViSULOG初登場となる今回は、バンド結成のいきさつから今作について、“曲者”の彼らに訊いた。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「ここは全てフラットに区別するような場所ではない。そこから遠くへ行きたい」
Love it
――ViSULOG初登場となりますので、まずはバンド結成のいきさつから教えて下さい。
錬撕:3人とも前のバンドが一緒で、最初はギターの蝶と2人でメンバーを探していて、何人かと会ったりはしたんですけど、やはり彼(玉城総司)の存在が忘れられなく、「もう一度一緒にやらない?」と言って、この3人に固まりました。
――バンドのコンセプトとして“曲者”とありますが、これは前のバンドの時と同じスタイルなんですか?
錬撕:全然違いますね。今やってるスタイルは微塵もなかったです。今のスタイルは、僕自身がやりたいことをやろうと思ってやってるんですけど、僕のやりたい事っていうのが、少し観点がずれてる事が多くて、客観視したら、ちょっとクセのあるものが好きなんです。ということは、自分たちは“曲者”だなって思って、そういう曲者が好きなファンの人達のことを“もの好き”と呼んで活動しています。
――クセのあるバンドということですが、具体的にはどんなバンドなんですか?
錬撕:やっぱり他と違う事をしたいっていうのはありますね。そうやって言ってしまうとものすごく安易なんですけど、少し崩すとこは崩して、自分がテーマとしているものは“変”でありたいので、自分の変な部分をうまく曲として構築できたらなと思っています。
――蝶さん、玉城さんから見て、錬撕さんは変だと思います?
玉城総司(以下、玉城):変ですね! とても変です。もう付き合いは長いんですけど、未だにつかめないところがあったりするので……(笑)。
――どれくらいのお付き合いなんですか?
玉城:結構何年もの付き合いになりますね。なかなかこの人を理解するのは大変だなと思いながら気づいたらこんなに経ってました(笑)。とは言え、彼の世界観をできるだけ忠実に再現しようという思いは強いです。
:変というか、目の付け所が自分では考えつかないようなことがあったりするので、そこは流石だなって思いますね。真っ直ぐに素直にものを受け止めているようで、違う視点から見てたりというのが多いかなと思います
錬撕:例えば曲で、「こうしたい!」って思った時に、言った時点でもうわりと満足しちゃってるんですよね。信念がないわけではないんですけど、自分の中ですでに出来上がっちゃってるので、すぐに、「違うものが欲しい!」ってなっちゃうんです。それがメンバーからすると、「え!?」ってなったりするのが、変というか変わってるんだと思います。
――バンド名の由来を教えてください。
錬撕:正直まったく意味はなく、最初に蝶と二人でメンバー探してる時に仮でつけた名前で、「メンバー決まったら変えちゃえばいいじゃない?」くらいな感じだったんですけど、だんだん、「変える必要性があるのかな?」ってなってきて、そのままマーブルヘッドに定着しました。
――そして今回1stシングルがリリースされますが、タイトルがすごいですね。
錬撕:長いですよね。もともと長いタイトルをつけたかっていうのがあって、意味合いについては何も考えてないっていうのが正直なところなんですけど、今回のシングルの箇所々々に自分が育ってきた感性みたいなものが入っていて、みんなフラットだと思うんですけど、そういうフラットな所から、「区別差別のない此処から遠くへ」っていう1曲目があって、「ここは全てフラットに区別するような場所ではない。そこから遠くへ行きたいな」っていう、これ以上もこれ以下でもないので、“ここがスタートラインです”ってことを言いたかったんです。
――ここからマーブルヘッドが始まっていくという意味を込めて?
錬撕:何年かバンドをやってるんですけど、これまでは、「何がしたかったのか?」っていうことを素直に言えなくて、やりたいことを他のメンバーに言えなかった自分がいたんです。今のこの3人になって、「僕に合わそう」って言ってくれた時に、思いっきりパッとはじけたといういか、「ここからまた自分が好きに思い描く事ができるのかな」って思って、もう一度“再スタート”という意味合いも込めて作った曲です。人に向けてというよりは、自問自答でしかなくて、人に分かって欲しいという気持ちはさらさらなくて、自分が言いたいことをぶちまけてるだけなので、それが人に伝わろうが伝わらなかろうがは正直どうでもいいんですよ。「人に与える曲」っていうのがどうしても考えられなくて、そうするとエゴばかりになってしまうんですけど、結局、言葉をきれいに並べるのって僕の中ではわりと簡単な事だと思っちゃう部分があって、過去にそういう曲もあったんですけど、やっぱり気持ち悪くて、自分はまだ、「そんなレベルの人間じゃないじゃん」って思ってしまうんですよね。
――曲の構成が変わってますが、これはやりたいことをそのまま作ってるから?
錬撕:正直、楽器とか曲の作りとかは全く分からないので、こうしたいああしたいっていうのを、こういう感じでこういうのくっつけて、「おねがいしまーす!」って全部メンバーに投げちゃうんです。
Love it
――ベーシックを作って渡すということ?
錬撕:ベーシックというか、全部文字だけで渡します。
――文字で?
錬撕:文字です。それをまず玉城に投げて、基盤を作ってもらうんです。
玉城:例えばイントロはこういう感じで、Aメロがこういう感じでってわーって文字で書かれた作文みたいなものがどんどんLINEで送られてきて、いつも、「これやんの!?」みたいな感じにはなるんですけど、そっから曲の基準になるBPMだったりキーだったりを探っていくので、もう本当に重労働なんですよ(笑)。そうやって、ある程度完成形まで持っていくんですけど、自分たちの色が少しでも入っちゃうとお蔵入りになったりとかするので、常々、「どうですか?」「あ、ダメですか……」の繰り返しをして、納得いくような形に整えていきます。
:つなぎの部分も、「こういうの好きかな?」って予想しながら作っていくと、たまにOKが出るんです(笑)。
――珍しい作り方ですね。
錬撕:そうだと思いますね(笑)。ある程度は曲のベースを作れる人が多いと思うんですけど、僕はやらないというか、やりたくないっていうのがあるんです。それをやってしまったら面白くないと思うんですよね。やり始めれば誰でもできる事だとは思うんですけど、あえてそれをやらずに、パソコンもできない人間だったりするので、だったら自分の作文をメンバーに解釈してもらって構築していった方がいろんな面白いものが出来るかなと思っているので、今後も引き続き2人には作文を投げ続けようと思ってます。
玉城:これは僕らしかできないと思いますね(笑)。でも、音楽理論とかが全く入っていないからこその自由度の高さはすごくあるんですよ。いつも送られてくる作文を読むたびに僕らにはない発想を持ってたりするので、それを形にしていく作業は重労働ではあるけど楽しいです。なので、分析しようとすると逆に深みにはまっていく曲が多いと思います。
――本能のままに制作してるんですね。
錬撕:余談ですけど、もうすでにこの作品は終わっちゃってるものでもあるので、次の作品を考えてると、今作以上にどんどんこじれていくので、すでに次の方が楽しみなんです(笑)。
――ということは、また重労働が待ってるんですね。
錬撕:たぶん今作はまだまだ序の口だなって思うんですよね……。
玉城:頑張ります(笑)。
――「区別差別のない此処から遠くへ」の聞きどころを教えてください。
玉城:今まであんまり歌らしい歌を歌ってこなかったんですけど、ようやくここに来て歌のメロディらしきものが出てきた感じです(笑)。なので、歌のメロディと歌詞をちゃんと聴いてほしいですね。バックのプレイに関してはシンプルにまとめています。
――今まで歌らしい歌がなかったというのは?
玉城:叫びとかデスボイスが多かったんですよ。さっき、伝わろうが伝わらなかろうがとか言ってましたけど、きっと伝わって欲しいと思ってる部分も少しはあると思うんですよ。やっぱりそこは一番聴いてほしいところだと思うので。
:他の楽曲だとけっこうギャーピーギャーピー言ってるのが多くて、ちゃんと歌える歌詞がなかったんですけど、意外と歌わせたらちゃんと歌える人なんだっていうのを、みんなに解ってもらいたかったので、意外とフラットな感じで作りました。
「本当に住んでる状態のままで撮ったのですごくリアリティーが出たと思います」
Love it
――推し曲を紹介してください。
:僕は「垂直型バケツ硫酸」っていう曲ですね。意外と今までありそうでなかった曲で、言葉の繰り返しの部分が多くて、耳に残る曲を作りたいと思って、やっと構築できた曲です。
――これも気になるタイトルというか、冷静に見ると意味が分からないというか……(笑)。
錬撕:曲ができる前から、“垂直型バケツ硫酸”っていうワードがあって、もともと全く意味は無かったので、「歌詞どうしよう?」って時に、“垂直型バケツ硫酸”というワードを思い出して、ここから歌詞を広げていきました。先に歌詞が出来て、後で“垂直型バケツ硫酸”っていうのが追ってきてくっつけたので、簡単に言うと、“垂直型バケツ硫酸”って感じです。
――あの、意味が……(笑)。
錬撕:内容的には、今のリアルな僕たちくらいの立ち位置のバンギャさんから、入れ替わり立ちかわり攻撃される事が多くて、「なんで代わる代わる攻撃されるんだ?」って悩んでいて、そういうお客さん達に、「やめてくれー!」っていう曲ですね。バケツ硫酸をバーっと……。
――なるほど(笑)。玉城さんはいかがですか?
玉城:「≪-翔太くん夏休み恒例ラジオ体操-」」をプッシュしようかと思うんですけど、今のスタイルになってから結構ライヴではやってる曲で、これまで音源化されてなくて、一番音源化を望まれていたし、ライヴのノリがすごくいい大事な曲なので、「お待たせしました!」っていう感じです。ど頭がラジオ体操のピアノ伴奏で始まるんですけど、これが流れると、「分かってるよね?」「準備はいいよね?」っていう合図なんです。最初は本当に準備体操の気持ちで作った曲だったんですけど、気づいたら準備どころかフルスイング状態の曲になっちゃったので、音源でちゃんと聴いていただいて、ライヴで消化していただきたいですね。
――どうしてラジオ体操をモチーフにしようと?
錬撕:ラジオ体操の伴奏は後付けなんですよ。
:仮タイトルが「準備体操」だったんだよね。
――“翔太くん”というのは?
錬撕:ロゴに入ってる人が“翔太くん”です。絶望的なラジオ体操なので、それをモチーフにした感じですね。
――歌詞はあるんですか?
錬撕:ひたすら叫んでるだけなので、内容も何もないです(笑)。
玉城:魂の叫びってやつです(笑)。
――錬撕さんの推し曲を教えてください。
錬撕:2曲あるんですけど、まずは「心理的瑕疵物件」ですね。これはタイトル自体が先に出たもので、実際にある言葉で“事故物件”という意味なんですが、この言葉を初めて知った時に、まず漢字が読めなくて、「なんだこれは!」ってワクワクしちゃったんです。こういう字体というか表記を見るとすごくワクワクしちゃうタイプで、意味を調べたら、「おーワクワクする!」ってなって、それをテーマにした曲ができないかってことで、内容的には、「社会に少しずれた人達が心理的瑕疵物件に住もう!」っていう応援歌になっています。
――応援歌だったんですね! そこには気づきませんでした。
錬撕:ですよね? だって後付けですから(笑)。
――タイトルとは違って、遊び心のある曲だなという印象でした。
錬撕:そうですね。遊び心も詰まっていると思います。もう1曲が、「※幼き頃に廃車のトランクから拾った1本のビデオテープ」という曲なんですけど、これは、僕が小学4年生の頃に友達と学校からわーって帰ってる時、いつも通る道にボロボロの車が無法駐車されていて、そういうの見ると子どもってやっぱりテンション上がってイジイジするじゃないですか。で、好奇心でトランクをガチャって開けたんですね。そしたら1本だけビデオテープが入っていて、幼心にも分かるんですよ。「これは何か見ちゃいけないもんだ!」って(笑)。そうは思ったんですけど、僕が家に持って帰って見たら、「ハァー!」っていう感じの、内容的には奥様達が乱れてる映像だったんですけど、その時の衝撃が忘れられないというか、たぶんこういう衝撃って人生で一度きりしか味わえないと思うんですよ。2回目に別のものを見たとしてもそこまでならないじゃないですか。その最初の、「ウワァー!」っていう衝撃を忘れたくなくて、この曲に託しました。
――たしかに人生で一度しか味わえないかもしれないですね。ジャケットもいろいろと気になる箇所が多いですね。
錬撕:そうですね。特にマイメロですかね。これを吊るし上げたっていうことが重要です。“ザ・バンギャ”みたいな部屋の雰囲気で撮りたくてこんな感じに撮影しました。撮影時に出たゴミとかもそのまま放置ですから(笑)。
――たしかによく見るといろいろありますね(笑)。
錬撕:これに気づく人がいるか分かんないですけど、心霊写真あるんですよ……。
――今作の『君の育ち...僕の育ち...。ほら、そこに落ちてるものは君以下でもない、僕以下でもない。とても楽しいよ、とっても。~区別差別のない此処から遠くへ~』は、マーブルヘッドにとってどんな1枚になりましたか?
錬撕:そーですね……。「これはこれでいいよね?」くらいの感じですね。
玉城:それだけ?
錬撕:もう次いこうよ! 次に(笑)。
――たしかにまだ“序章“って言ってましたもんね。
錬撕:気持ちはすごく詰まってるんですけど、「まだまだこっからや!」っていう気持ちの方が強いので、まずはスタートシングルですからご挨拶がわりですね。
――それでは最後に、ViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
:2015年はまたリリースもあるし、今までライヴに来なかった人達にも見てもらえる機会がちょっとずつ増えてくるので、自分たちのイメージしたものがやっと音源だったり、映像だったりいろいろ展開できるので、それを広げていける1年にしたいです。
玉城:昨年は今のスタイルになって、やっぱり足踏みしてしまう事もあったので、今年は足踏みせずに自分たちのモチベーションもどんどん持ち上げていって、精力的に活動していきます!
錬撕:今年も着実にこじらせたいと思います。
トップへ戻る
RELEASE
1st Single「君の育ち…僕の育ち…。ほら、そこに落ちてるものは君以下でもない、僕以下でもない。とても楽しいよ、とっても。~区別差別のない此処から遠くへ~」
2015.01.14 release!!

マーブルヘッド
初回限定盤
CD ONLY(5曲)
¥1,944(税込)
BGR-0001A

[CD]
01.≪-毒素-≫
02.区別差別のない此処から遠くへ
03.≪-翔太くん夏休み恒例ラジオ体操-≫
04.心理的瑕疵物件
05.垂直型バケツ硫酸

マーブルヘッド
通常盤
CD ONLY(5曲)
¥1,944(税込)
¥BGR-0001A

[CD]
01.区別差別のない此処から遠くへ
02.※幼き頃に廃車のトランクから拾った1本のビデオテープ
03.垂直型バケツ硫酸

SCHEDULE
Synk;yet NEW SINGLEリリース記念TOUR「愛憎のファムファタール」Starwave Records presents
01.28(水) 池袋EDGE

CЯOWN×CГOWN presents『reflection of desire GOLD ~新宿絶対幽閉区域~ vol.57』
02.09(月) Birth Shinjuku



02.17(火) 池袋EDGE
03.19(木) 池袋EDGE
03.21(土) 高田馬場AREA
04.03(金) Birth shinjuku
04.28(火) 渋谷REX

PROFILE
マーブルヘッド

マーブルヘッド Vo:錬撕-rensei-
Birthday: 11.24
Blood type: -
マーブルヘッド Gu:蝶-ageha-
Birthday: 10.01
Blood type: A
マーブルヘッド Ba:玉城総司-tamaki souji-
Birthday: 08.14
Blood type: A

オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

マーブルヘッド | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

マーブルヘッド | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

マーブルヘッド | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

マーブルヘッド | 関連MOVIE

関連動画はありません。