PICK UP
PickUp
2015年1月、バンド名とシルエットのみが先に公開された謎のバンド、i.Rias (読み:アイリアス)の全貌がついに明らかになった!
始動したばかりのi.Riasのメンバーに、メールインタビューを実施したのでお届けしよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「一見悪そうに見えるけど実は優しくて甘い。でも大体トゲトゲしてる。ツンデレみたい(笑)」
Love it
――ViSULOG初登場となりますので、一人ずつ自己紹介をお願いします。
真維:ボーカルの真維です!猫が可愛いです!
Hakuyu:知ってる人は知っている。知らない人は覚えてね。ギターのHakuyuお兄さんです!
:ギターの咸です! 主にステージの左側でニコニコしています(笑)。
音希:ベース担当の音希です!
癒夢:ドラムの癒夢です!ゆんゆんとお呼びください!
――バンド結成のいきさつを教えてください。
真維:とあるライヴハウスではっくん(Hakuyu)と出会い、そこからメンバーを集めていきました。
Hakuyu:とある友人のライブを見学に行った時に、真維くんを見かけてピキーンと来ました。そして気がついたら一緒に活動しています。
:もぐもぐと食事をしていたんですよ。そしたら真維が、「今メンバー探してるねんけどギター、どう?」って言ってくれたのがきっかけで、そこから、「この人良い!」と思った人に僕らで声をかけて、たくさん話し合って結成に至りました。たしかそんな感じです(笑)。
音希:僕がバンドを組みたいと思ったときに、咸さんがよくギターを弾いている動画を見せてくれて、「凄く上手い! 一緒にバンドを組んでみたい!」と思っていました。そして、ボーカルのモグさんから咸さんへ、そして僕へと声をかけられ、モグさんを中心にユンさんHakuyuさんと集まりこのバンドが結成されました。
癒夢:咸くんに誘われて、恐る恐るメンバーさんに会ってみたらみんな良い人だったからこのバンドにしようと決めました。
――i.Riasはバンドコンセプトを教えてください。
真維:なににおいても甘辛ミックス!
Hakuyu:そうですね……、あまりこれといってメンバーで決めてないんですよ。何故ならリスナーさん達がそれぞれ感じ取るイメージで最終的には決まるし、その方が楽曲のバリエーションが広まりますから。
:一見悪そうに見えるけど実は優しくて甘い。でも大体トゲトゲしてる。ツンデレみたいな(笑)。
音希:「iRiasはこれがコンセプトだ!」ということは言えないので、色々な見方でiRiasを見て欲しいです!
癒夢:明るい中にも暗い部分を、暗い中にも暗い部分を。
Love it
――バンド名の由来を教えてください。
真維:降りてきました。
――1st Single『DRiVE』はどんな作品になりましたか?
真維:自分たちの音楽の基礎的な部分は見せつつ、全部違った曲になっているんですごく面白いシングルになったと思います。
Hakuyu:パッと思いつくのは、色んな顔持ちを持った1枚に仕上がりましたね。見事に3曲色違いというか、それでもってi.Riasのサウンドだけは生かしつつ、各々楽器陣のここぞと言うセクションは存分に目立ってもらって、サビはシンプルに仕上げてボーカルの存在感をより出しています。
:全て雰囲気の違う曲として仕上がっているので、3種類のi.Riasが楽しめるのではないかと思っています。
音希:この3曲はHakuyuさん、癒夢さんが考えた曲で、それぞれ違った感じの雰囲気でとても個性が出ている作品になりました。
癒夢:3曲全てが全く違う曲調で聞き飽きず楽しめる作品になっています。
――M1「DRiVE」の曲解説をお願いします。
真維:i.Riasがスタートする曲という事で、詞も“始まり”を軸につくりました。踏み出す一歩を止めているのも踏み出す勇気もどちらも自分の中にあるもの。「塞ぎこまずに自分の中の勇気を信じて進めばいいんだよ!」そんな気持ちを歌詞にも歌にもこめました。
Hakuyu:1曲目なので、もっとアップテンポな曲にしようと思いましたが、最初に聴いて頂く曲なので、まずは、「カッコいい曲」だけではなく、「カッコよくて良い曲!」にしました。ギターワークに関しては、キャッチー且つインテリジェンスなジェントを意識したリフにしています。聴いた感じ難解には聞こえないと思いますが、実はかなり難しいんです(笑)。コード等も表記できるのか分からないような複雑さになっています。
:複数の意味を持った“ジシン”と、自分をも考えさせてくれる“ジシン“という言葉を上手く使った歌詞がとても好きです。全体的に綺麗なメロディに仕上がっているのでとても聴きやすい曲だと思います。
音希:僕たちにとって大切な曲で、ボーカルの真維さんの希望もあってダブステップをつかった1曲です。聴いていただく人にもノリやすい曲に仕上がったと思います。
癒夢:この曲はノリもそんなに難しくないので、ライヴで大いに楽しめる作品になっています。
Love it
――M2「invarant」の曲解説をお願いします。
真維:この曲イメージは“修羅場”と“変わらない気持ち”です。どういう事かは聴いてみて想像してください(笑)。聴きどころっていうのか分からないけど、デモ段階ではボーカルのメロが1オクターブ下だったのを曲のイメージに合わせて1オクターブ上で歌ったところですかね。
Hakuyu:素直に聴く曲と来たら次はもちろん激しい曲でしょ! そんな事を考えながら完成させた曲です。ひたすらズンズンジャカジャカ言ってますね(笑)。最初は、後半にダブステップのみのボーカルソロパートを挟む予定でしたが、あえて今回は出し惜しみをしたので、次回にご期待下さい(笑)。煽り曲らしい、嵐のようにやってきて嵐のように去っていく1曲に仕上がっています。
:カッコいいです(笑)。ヘヴィなリフやサウンドにキャッチーなサビがとても僕好みです。迫力のある叫び声が特徴的ではないでしょうか。
音希:この曲はメタルな仕上がりで、イントロからノレる曲なので、ライヴに来てくれる人は自由に体を動かして欲しいですね!
癒夢:一言で言うと暴れ曲です。思う存分暴れて頂けたらとおもいます。
――M3「xxx.」の曲解説をお願いします。
真維:3曲の中で、唯一癒夢のゆんちゃんが作った曲です。デモの段階で怪しいというか、独特の暗さを感じたので歌詞も少しダークで狂った感じを意識しました。歌い方も他の2曲とは違う歌い方をしました。
Hakuyu:癒夢のゆんちゃんが提案してくれた曲で、たぶんこの曲が一番ヴィジュアル系らしい曲ではないでしょうか?(笑)。主なメロディーメーカーである俺からすると非常に有り難いです。自分が通ってきたものとも違い、ソロを分かりやすく文字で表すと「静~動~盛」を意識しました。
:独特な世界観を持った歌詞と、落ち着いたり、激しくなったりと歌詞に綴っている感情がよく曲に現れているのではないかと思います。ツインギターソロは魅力ですよ!
音希:ユンさんが考えた曲で、曲の半ばあたりでジャズぽくなるとこがとても気に入っています。
癒夢:リズムが途中で変わって最初はノリづらいかも知れませんが、慣れたら楽しくなってくると思います。
「自分たちだけじゃなくて、これから付いてきてくれるお客さん側も誇りをもてるようなバンドにしたい」
Love it
――「DRiVE」のMVはどんな作品になっていますか?
真維:演出や影の濃さなど、メンバー、撮影スタッフさんとしっかり話して決めた甲斐があって、とてもカッコいいものができました。ひたすらカッコいいです(笑)。
Hakuyu:曲のイメージ通りに力強くキャッチーな作品に仕上がっています。
:クールでただただカッコいいです(笑)。
音希:始動して初めてMVなので、我武者羅に頑張って作ったので納得のいく作品に仕上がりました。
――MVの見所を教えてください。
真維:メンバーのギャップのある表情です。
Hakuyu:パフォーマンスや演出は、ヴィジュアル系という枠内だけにとらわれないように意識しています。イントロのあとの光が差したシルエット演出には我ながら圧巻です!
:もちろん僕の演奏シーンやソロ! と言いたいところですが、やはりメンバーそれぞれの演奏シーンやメンバー全員でのシーン、どこも見所なので余すところなく見てください。
音希:全てですね! 始まりと同時に全員が飛びだして「i.Riasだ!」と言わんばかりの勢いが見所です。
癒夢:光を駆使した中で、カッコよく演奏しているところです。
Love it
――i.Riasのライヴの見所を教えてください。
真維:全部です! そう胸を張って言えるようになりたいし、そういう心意気で臨んでいきます!
Hakuyu:新しいパフォーマンス、新しいフェイス、新しいジャンル。これらを心掛けているので、是非ご期待下さい!
:もぐもぐの素敵な引き寄せられるボーカル、hakuyu、音希の素晴らしいギター、ベーステクニック、癒夢のかっこ可愛いドラミング、僕のぴょこぴょこした何か(笑)、全て見所ではないかと思います。
音希:バンドメンバーそれぞれの個性が出ていて、一人だけがすごいライヴてはなく、メンバー全員の演奏が見所です。モグさんの声もとても特徴があるので楽しめると思います。
癒夢:みんなで盛り上がれるような振り付けを考えているので、みんなとの一体感を楽しんでください。
――これからの活動にあたっての意気込みを聞かせてください。
真維:関西を中心にガッツリ活動していこうと思っています。自分たちだけじゃなくて、これから付いてきてくれるお客さん側も誇りをもてるようなバンドにしたいです!
Hakuyu:ギタリストHakuyuではなく、ギターヒーローHakuyuを目指して活動してます。それが実現できるようこのバンドの大黒柱を努めます!
:僕にとっては初めてのバンドになるので、今からとても楽しみです。どんどん伸びて、伸びて、伸びていく僕達をよろしくお願いします!
音希:多くの人にこのバンドの存在を伝えていくために、色々な所でライヴをしたいです。そして、多くの人と触れ合えたら嬉しいなと考えています。
癒夢:1曲1曲に想いを込めて発信していくので、いい曲を皆に届けられるように精一杯努力します!
――ViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
真維:始まったばかりのi.Riasは、お客さんと共に先に進めるバンドだと思います。後悔させないから俺らについてきてください。よろしくお願いします!
Hakuyu:文字にすると堅苦しい人とイメージされるかもしれませんが、自分は意外とバカですから!
:これからどんどん活発に活動していく超カッコいいi.Riasをよろしくお願いします!
音希:全てを全力で取り組んでいくので応援よろしくです!
癒夢:初めまして! これからお目にかかる機会が多くなると思いますが、暖かく見守って頂けたら嬉しいです。
トップへ戻る
RELEASE
1st SINGLE「DRiVE」
2015.02.18 Release!!

i.Rias
TYPE-A
PCM-161A
¥2160

[CD]
01. DRiVE
02. invarant
[DVD]
DRiVE(MUSIC VIDEO)

i.Rias
TYPE-B
PCM-161B
¥1620

[CD]
01. DRiVE
02. invarant
03. xxx.

SCHEDULE
i.RiasFirst Live
RoNo☆Cro玲音Birthday主催
『We Love 豆乳エンジェル2』

02.19(木) 大阪RUIDO
OPEN 16:00 / START 16:30
前売り ¥3,500 / 当日 ¥4,000(1D別)

SEVEN presents
『SEVEN Collection』

02.24(火)心斎橋soma
OPEN 15:30 / START 16:00
前売り ¥3,300 / 当日 ¥3,800(1D別)


PROFILE
i.Rias

i.Rias Vo:もぐもぐ真維-sii-
Birthday: 04.07
Blood type: くわがた
i.Rias Gu:咸-mina-
Birthday: 05.18
Blood type: A
i.Rias Gu:Hakuyu
Birthday: 05.19
Blood type: A
i.Rias Ba:音希-oki-
Birthday: 03.29
Blood type: A
i.Rias Dr:癒夢-Yun-
Birthday: 12.08
Blood type: A

オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ