PICKUP

L-THE WORLD「Invisible End」

2019.03.05
――ViSULOG初登場のL-THE WORLDの皆さんです。それぞれ自己紹介をお願いいたします。
LAER:エルザワールド、通称エルザワのヴォーカル「ラエル」です!宜しくお願いします!!
Jir:ギターのJir(ジル)です!宜しくお願いします!
Eiji:ベースのEijiですー!よろしくお願いします~。
Nobu:闘うドラマー、Nobuです!よろしくお願いします!
――L-THE WORLDというバンド名の由来を教えて下さい。
LAER:世界のリーダーを目指すという志からこの名前が生まれました!!
Jir:リーダーズオブザワールド。音楽を通して世界を活性化させていく。全員が先導者です。
Eiji:バンドネームっぽくなくて逆に格好いいと思ってます(笑)。
Nobu:メンバー全員が各パートのリーダー、先導者で、世界を引っ張って行く!的な感じです。
――L-THE WORLD結成から現体制に至るまでの経緯を聞かせて下さい。
LAER:初ライヴから確か4ヶ月くらいは4人だったんですけど、そこからはずっと3人でやってて…そんな中でEiji君と出会い、息が合いそうだったのでお友達から初めて…今に至ります(笑)。
Jir:四人からしばらく三人になり、縁あってEijiくん加入となり現在に至ります。
Eiji:共通の知人からの紹介でサポートから始まり、2018年6月に正式に加入しました。最初誘われた時は「ベース弾いてー」「いいですよー」って感じで入りました(笑)。
Nobu:結成→ベース脱退→メンバーを探しつつサポートベースでの活動→Eijiくんと出会う→そのまま加入。
――今作はどういったテーマに基づいて制作されましたか?
LAER:いつも置いてるテーマの一つに「想い」というのがあるんですけど、その中でも「葛藤」という言葉にスポットを当てました。
Jir:想い、葛藤、プラス自分のなかでは悔しさや後向きな感情をポジティブなエネルギーに変える。そういったものの意識も。
Eiji:想い、葛藤、今作はとても沁みましたね。サウンドもそうですが、詩がとても強いので詩にそった表現やプレイを意識しました。
Nobu:「想い」、「葛藤」、そこから来るメッセージ性とサウンドのドライヴ感との融合。
――表題曲『Invisible End』について聞かせて下さい。
LAER:さっきのテーマ部分になって来るんですけど、「想いは強いのに飛び込めてない」という感じの歌詞になってます。そして主人公はリスナーなのでマルチエンディング的な意味で結末も書いてないんです。この曲を聴いて共感してもらえる部分が有ったり、「過去に負けないぞ」って立ち向かう第一歩を試みてもらえたら最高です。
Jir:エルザワらしく聴けば聴くほどに新しい発見がある。そんな魅力的な楽曲です。
Eiji:自分が思うエルザワ節全開の曲で、綺麗ながらも勢いのあるロックチューンになったと思います。
Nobu:メッセージ性の強い歌詞、一曲を通して展開していくサウンドの疾走感、曲調も含めエルザワ史上最強の曲だと思っています。
――カップリング曲『lies saw me』について聞かせて下さい。
LAER:ダークで激しめな曲なんですけど、ヴォーカル的には歌詞まんまで、「皆も辛くても頑張ってるんだぞ!」っていう感じでこの曲で発散して前向きになってもらえたらなって思います。
Jir:後向きな気持ちをエネルギーに変えて気合いで困難を乗り越えろという感情を意識してます。
Eiji:ヘヴィなサウンドにタイトなリズムですが、ノリが良く爆発力のある曲です。ぜひライヴでは大暴れしてほしいですね~。
Nobu:歌詞の意味を噛み締め、LIVEでは是非ノリ良く暴れて頂きたいです。
――カップリング曲『Dance Labyrinth (Rimix Ver.)』について聞かせて下さい。
LAER:こちらは完全に遊び心です!DJのGo Maedaさんという方に以前もこういった編曲をお願いしてるんですけど、センスがとても好きでして。。それで今回も一緒にやりたいなという事になり収録しました!
Jir:新しい風が入ってきた感じ。興味深く、そして感銘を受けました。
Eiji:すごいなー…と思うばかりです。バンドサウンド以外の音楽も好きなので楽しく聴かせていただいてます!!
Nobu:以前編曲して頂いた『True I and you』も含め、いずれこういったバージョンの曲でのCLUB MUSICイベントとかやったら面白いかなぁって思います。新たなエルザワの一面ですね。
――今作は、L-THE WORLDにとってどんな1枚になりましたか?
LAER:毎回音源出す度に思ってるんですけど、今回は創りながら可能性を更に感じる事が出来た1枚になりました!進化するキッカケになったという感じかもしれません…!!
Jir:エルザワ唯一無二な1枚に仕上がってます。
Eiji:強くあるための大事な1枚ですね。
Nobu:現在のエルザワ、そして近い未来のこれからのエルザワの可能性を感じさせる1枚になったと思います。これからの進化が非常に楽しみです。
――『Invisible End』を完成させた今、次回作はどんなものにしたいですか?。
LAER:こちらも毎回思ってることなんですけど、良い意味で裏切った作品を創り続けていきたいです。そしてもう実はもう次の創ってます(笑)!
Jir:次回作、その先も「エルザワ」というジャンルとして唯一無二の作品を作っていきます!
Eiji:変わり続けなければ意味がないと思ってますので、次回作ではLAERの言うとおり気持ちのいい裏切りをかましてやりたいです(笑)。
Nobu:ありそうでなかった、1つのジャンルに捕らわれない色んな要素が入った作品。それが唯一無二の『エルザワ』だと思います。
――L-THE WORLDのライヴの魅力はどんな点ですか?
LAER:皆で笑顔になれるところだと思っています。
Jir:みんなが元気になれるところです!
Eiji:元気なところ!!とにかく笑顔満点です!
Nobu:元気が出る!スカッとする!
――L-THE WORLDとしてこれからどんなライヴを作っていきたいですか?
LAER:「嬉しい」とか「悲しい」とか色んな感情が素直に絵になっていくようなライヴにしていきたいですね。
Jir:これからも、みんな居場所を作っていけるライヴを作っていけたらと思います。
Eiji:純粋に格好良く、楽しく、みんなが素敵な感情になれるライヴをしたいですね。
Nobu:イィ意味での裏切り。笑顔と元気に、驚きと感動を付け加えていきます。
――ViSULOG読者へメッセージをお願いします。
LAER:最後まで読んでくれてありがとうございました!!まだエルザワ未体験の方は是非一度一緒に遊んでみて下さい☆
Jir:読んでくださりありがとうございました!エルザワを宜しくお願いします!
Eiji:どうもありがとう、一緒に楽しもう~。
Nobu:今までもこれからも、エルザワは進化することを辞めません。是非一度LIVEを体験して頂き、僕たちと一緒にエルザワを成長させてって頂けたら幸いです。これからもよろしくお願いしまーす!
――最後に、バンドとして、個人としての野望を聞かせて下さい。
LAER:バンドとしてはコンセプトに負けないように常に前を向いて走り、個人としては声のお仕事にも取り組んでいこうと思います。後、メンバーにボクが満足するまで美味しいお肉を食べさせてもらう野望があります。
Jir:どこに出ても渡り合えるバンドにしたいです。個人としても同じです。
Eiji:バンドとして、個人としてどちらも熱くいたいです。そして何より楽しくです。あと、自分はメンバーに美味しいお酒をたらふく飲ませてもらいたいです。
Nobu:バンドとして、どこに出ても恥ずかしくなく自信漲る、PowerのあるLIVEステージをする。個人として、そんな最高で最強のL-THE WORLDを誇りに思い、ドラマーとしても各方面に飛び出していく。また、空手でも黒帯を取りたいです。ってか、絶対取る!

パーソナルQ&A

LAER
好きなアーティスト、影響を受けたアーティストは? 多過ぎて書けません!!
一番始めに買ったCDまたはレコードは? 確かアニソン詰め合わせのCDだったと思います!
あなたの長所は? バンドの事になると熱くなり過ぎるところ…(笑)。
あなたの短所は? レベル上げしながら朝を迎えてしまうところ…(笑)。
どうしてもこれだけは譲れないものは? ゲーム!
1日があと6時間増えたらしたいことは? レベル上げの続きとゲーム(笑)!!
好きな言葉、座右の銘などはありますか? 継続は力なり!
無人島に3つだけ持っていけるとしたら、何を持って行きますか? 3mくらいの手銛、火、キメラのつばさ。
幸せを感じる瞬間は? 楽曲が完成した時!素材が揃った時!ご飯を食べる時!
自分の人生にタイトルをつけるなら? 人生ゲーム道!
Jir
好きなアーティスト、影響を受けたアーティストは? 自分を貫いているアーティストに魅力を感じます!
一番始めに買ったCDまたはレコードは? アミーゴです!
あなたの長所は? 性格の悪さは負けません。
あなたの短所は? 特技が逆ギレなのは高校生の頃から変わってないです…。
どうしてもこれだけは譲れないものは? 睡眠です。。
1日があと6時間増えたらしたいことは? 自身の価値を高める投資に充てたいです!
好きな言葉、座右の銘などはありますか? 流水不腐!
無人島に3つだけ持っていけるとしたら、何を持って行きますか? 小型船舶、食飲料、通信機です。
幸せを感じる瞬間は? 充実感を得れたときです!
自分の人生にタイトルをつけるなら? 貫け龍拳 ~実力至上主義の世界~
Eiji
好きなアーティスト、影響を受けたアーティストは? プレイ、格好共に、様子のおかしいド派手なアーティストは大体好きです!
一番始めに買ったCDまたはレコードは? 忘れました!
あなたの長所は? 笑顔が素敵って言われます。ありがとう~。
あなたの短所は? 飲みすぎちゃうんですよね〜…。
どうしてもこれだけは譲れないものは? すみません、お酒だけは…(笑)。
1日があと6時間増えたらしたいことは? 多分寝てます(笑)。
好きな言葉、座右の銘などはありますか? ハッピー!
無人島に3つだけ持っていけるとしたら、何を持って行きますか? おっきいソファーと火と濾過するやつ。
幸せを感じる瞬間は? 夢見てる時とこれをこうしたらこうなるって考えてる時!
自分の人生にタイトルをつけるなら? 楽しんだもん勝ちよ!
Nobu
好きなアーティスト、影響を受けたアーティストは? 長谷川浩二さん、Mr.Big
一番始めに買ったCDまたはレコードは? SMAPのオリジナルスマイル
あなたの長所は? 嫌なことをすぐ忘れるところ。
あなたの短所は? イィこともすぐ忘れるところ。
どうしてもこれだけは譲れないものは? 極真の黒帯
1日があと6時間増えたらしたいことは? ドラムの練習、空手の稽古、筋トレと睡眠。マジメかっ(笑)!?
好きな言葉、座右の銘などはありますか? 頭は低く 目は高く 口慎んで 心広く 孝を原点とし 他を益する
無人島に3つだけ持っていけるとしたら、何を持って行きますか? 挫けぬ心、無限の愛、絶対的信念。
幸せを感じる瞬間は? 目標が達成できた時。疲れて過ぎて眠さ限界の時にやっと寝れる時。
自分の人生にタイトルをつけるなら? on the Hard Rock!!

COMMENT MOVIE

RELEASE

NEW Single「Invisible End」
2019年03月06日 Release!!
LTW-005 / ¥1,500(税抜)
シングル 3曲入
[CD]
01. Invisible End
02. lies saw me
03. Dance Labyrinth (Rimix Ver.)

LIVE INFORMATION

2019年03月10日(日) 池袋BlackHole
2019年03月15日(金) 池袋RUIDO K3
2019年03月25日(月) 池袋BlackHole
2019年03月28日(木) 心斎橋soma
2019年04月11日(木) 新宿club SCIENCE
2019年04月22日(月) 池袋BlackHole
2019年05月05日(日) 新宿club SCIENCE
2019年05月07日(火) 新宿club SCIENCE
2019年05月11日(土) NAGOYA MUSIC FARM
2019年05月22日(水) 新宿club SCIENCE
2019年07月08日(月) HOLIDAY SHINJUKU

L-THE WORLD PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。
  • Vo:
    LAER

  • Gu:
    Jir

  • Ba:
    Eiji

  • Dr:
    Nobu


アーティストタグ

L-THE WORLD | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

L-THE WORLD | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

L-THE WORLD | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

L-THE WORLD | 関連MOVIE

関連動画はありません。