PICKUP

ラミヤ「Marionette Overture」

2018.3.6

――ViSULOG初登場となるラミヤの皆さんです。それぞれの自己紹介をお願いできますでしょうか。 シユ:君の糧になりたいヴォーカルのシユです。 n:上手ギターのぬーです。曲作ってます。 ゆう:しもてぎたーのゆうです。。ひだりにいる。。 零十:ドラムの零十と申します。 ――バンド結成の経緯を教えてください。 n:運命がそうさせました。 シユ:僕が運命をそうさせました(笑)。 ゆう:いっしょにいた。 零十:わたくしも気づけば一緒にいました。 ――「ラミヤ」というバンド名の意味、由来はありますか? シユ:バンド名「ラミヤ」は神話に登場する架空の悪魔「ラミア」をもじりました!「ア」じゃなく「ヤ」(笑)。そして僕らメンバーは「物語」の登場キャラクターという意味合いを込めてつけました! n:零十がアイディアを出してくれました。 零十:ふと、思い浮かびました。 ゆう:かっこいい! ――メンバーの皆さんはラミヤになるまではそれぞれどんな音楽活動をしていましたか? シユ:活動という活動はしてなくて、ただ好きに歌ってました! n:2000年程眠っていたので音楽活動はしていません。 零十:わ、わたくしは、「4000年程」眠っておりました!夢の中で少々嗜んでおりました。 ゆう:ずっとひとりでぎたーひいてた。。 ――ラミヤの音楽性、ビジュアルのコンセプトを教えてください。 シユ:「現代風メルヘン劇」がバンドのコンセプトになりますね。バンド名のところでも話したように、メルヘンでファンタジーなお話を楽曲として届けています!パッとみ(笑)フィクションなんですけど、実は現代社会とリンクしているメッセージが歌詞に込められているから、迷い子のみんなに受け取ってもらえれば嬉しいですね! ――そんな皆さんによる初のミニアルバム『Marionette Overture』が3月23日にリリースされます。今作はどういったテーマに基づいて制作されましたか? n:マリオネットオーバーチュアのコンセプトは簡潔に言うと1つの演劇です。序章があって終幕を迎える。まるで劇の台本を作るかのように曲、歌詞を書きました。 ――アルバムの幕開けに相応しい一曲目「OVERTURE」の聴きどころを教えてください。 シユ:一部分あげるとするとサビですかね!サビのストレートな歌詞、そこに乗せた感情や想いを聴きとっていただけると嬉しいですね。 n:劇の幕開けという事で、OVERTUREを1曲目にもってきましたが、もっと怪しく、おどろおどろしい雰囲気にするか迷っていました。でも僕らラミヤの劇というのはステージでのライヴなので、サビはメロディアスで耳に残りやすく、歌詞を通じてこのミニアルバムの世界にすっと入り込めるようにしました。 ゆう:かんそうのはげしいところ。。ぜんりょくでおりたたんでね。 零十:間奏の演奏が激しくなる部分は、何度聴いても気持ちが高揚致します。 ――『Marionette Overture』を象徴する一曲とも言える「Puppet」の聴きどころを教えてください。 シユ:最後の「全て台本通り」に全て込めました(笑)。 n:まずはイントロからひしひしと伝わってくるクラシカルで怪しげな空気感ですよね。現実とは違うファンタジーな世界を感じて欲しいですね。歌詞もそれに合わせてるんですけど、実は現代の日常に対する思い、みたいなものになってます。なので歌詞にも共感して頂けたら嬉しいですね。 ゆう:いんとろとさびのこんとらすと。おもたいところから、すこしあかるくなるようないめーじ。 零十:個人的にドラムフレーズを一番こだわった楽曲ですね。要所要所で音数が多いフレーズを入れているのですが、ボーカルを邪魔しないように気を付けました。 ――「Puppet」Music Videoのそれぞれの見どころを教えてください。四人四様の表現がとても印象的でした。 シユ:聴きどころと被ってしまうのですがやはり「全て台本通り」が見どころにもなりますね! n:ボーカルのシユが、僕ら人形を操っているようなpvになってます。人形の演奏している姿と心のない表情を見てください(笑)。 ゆう:なめらかに、きれいにえんそうするのをすごくいしきしました。。いしょうがすかーとだから、まわったときにきれいにみえるようにかんがえてました。。 零十:前作「escort」に比べ、4人それぞれの表情をしっかりと見ることができるMVに仕上がっております。それぞれの表情を楽しんで頂ければと思います。睡眠時間を削っての過酷な撮影でしたので、疲れが顔に出ていないか心配ですが(苦笑) ――今作の中でも特にメルヘン・ゴシック・ヘヴィな印象の強い「Masquerade」の聴きどころを教えてください。 シユ:ラストのサビの繰り返す部分ですかね!踊ってるようなメロディ、まぁ実際ライヴでも踊ってるように歌ってるんですが(笑)。そこがひとつの聴きどころになります。 n:バンドサウンドとバイオリンやオルガンなどのクラシカルな音色がテンポ良く合わさっているのが聴いていて心地いいです。使っている音、フレーズもまさにゴシック!って感じです。僕らのラウドなサウンドと上手くマッチしてくれました。歌詞にアリスがでてくるんですが、これは我々、人間のことを表しています。Masqueradeというのは仮面舞踏会という意味です。楽しい時間が終わり朝を迎えると、次のノクターンに話が繋がるのです。 ゆう:Aめろのぎたー2つのかさなり。。はなやかで、ぶとうかいでだんすをするようなてんかいとかしがすきです。。 零十:攻撃的なサウンドで、ライヴでも非常に盛り上がる楽曲となっております。 ――ヘヴィな疾走感と物哀しさが絡み合う「ノクターンと踊る蝙蝠傘」の聴きどころを教えてください。 シユ:他の曲とは違った歌い方や声色が特に感じられると思うのでそういったところが聴きどころになります! n:聴いているだけで心が弾むような曲になってます。ジャジーなピアノとまるで遊んでるようにギターを弾きました(笑)。蝙蝠傘とは僕らラミヤの事です。僕らと一緒に雨も楽しく過ごしましょう!朝を迎えて、あんなに楽しかった夜は終わってしまった。そんな虚しい気持ちになる事は良くありますよね。心に大きな穴が開くとありますが、アリスのハートはどうでしたっけ?アリスはまた愛を欲しがるのです。 ゆう:いんとろのかってぃんぐ!いちばんすきなきょく。ほかのきょくよりもこーどかんがあって、ききやすいとおもいます。。 零十:へヴィなサウンドに絡み合うピアノの美しい旋律がとても印象的ですね。 ――胸が締め付けられる切ないパワーバラード「End of story・・」の聴きどころを教えてください。 シユ:感情の起伏や抑揚が激しめの曲になるんですが、特にBメロ「感情を閉じ込めた~」の部分に爆発的に感情を込めているのでそこが聴きどころになります! n:演奏とメロディだけで感動できるような曲にしたかったんです。壮大なんだけど子守唄のような透明感も作りました。このミニアルバムの終わり、色んな曲の終わり、時間とともに忘れられていく曲たちの気持ちになってこの歌詞を書きました。 ゆう:このきょくはとくにうためいんだとおもうので、かしをみながらきいてください。。ゆめうつつなんだけど、すこしめがさめたような。よるとあさのあいまのふんいきのようなきょくだとおもいます。。 零十:綺麗なサウンドとメロディで聴きやすい楽曲に仕上がっております。ラミヤとして初のバラードですので、とても新鮮な気持ちでレコーディングに挑みました。 ――『Marionette Overture』を完成させた今、次回作はどんなものにしたいですか?。 シユ:これまでの感情や想い,これからの感情や想い,それを僕等なりに表現出来る作品にしていきたいです。していきます!(笑) n:大体のイメージはもう出来てます。今まで作ってきたコンセプトを壊さずにもっと違ったお話を広げていけたらなと思います。 ゆう:こんかいひずみめいんのおとがおおかったから、くうかんけいとかほかのおとをたくさんつかっていきたいです。。ふぁんたじーなおはなしはすきだから、そこをもっとひょうげんできるようにがんばります。 零十:次回作も「現代風メルヘン劇」のコンセプトからはブレることなく、メルヘンでファンタジーな楽曲にしたいですね。あとは、ライヴで皆様ともっと楽しめて暴れられる楽曲も良いですね。 ――シユさんに質問です。ラミヤの世界観と物語を伝えるフロントマンとして一番大切にしていることは何ですか? シユ:やはり僕は物語の主人公なので、迷い子のみんなを導いていくということを大切にしています。 ――nさんに質問です。お伽話のような歌詞の世界が印象的ですが、どんな時に物語が浮かびますか? n:歌詞を書くぞって思うと大抵出てこないです。移動中とかにデモ音源を聞いてる時に、ふと物語のほうからやってきます(笑)。 ――ゆうさんに質問です。不思議な雰囲気が魅力的ですが、普段はどんな生活を送っていますか? ゆう:いつもこうちゃのんでる。あとはひみつ。。でもきほんしずかなところがすきです。。 ――零十さんに質問です。驚きの新ビジュアルに変貌を遂げましたが、どんな心境の変化からですか? 零十:メルヘンなお話の登場人物をイメージ致しました。わたくしなりの解釈で「メルヘン」をメイクで表現した結果、あのようなビジュアルとなりました。 ――ラミヤのライヴの魅力はどんな点ですか? シユ:曲ごとのコンセプトはメンバー共通してもっているのですが、ライヴでのそれぞれの表現や伝え方があるのでそこが魅力になりますね!まぁなんといっても楽しくて最高なのが魅力ですけどね(笑)。 n:暴れるのが苦手な人でも、見て、聞いて楽しいライヴですかね。 ゆう:おんげんだときくきょくっていうふうにおもわれがちなのかもだけど、らいぶはめんばーとたのしく、いっしょにあそべるくうかんなところ。。 零十:我々のライヴは単純に暴れまわるだけのライヴではございません。一つの「劇」を表現しているので、皆様と動いて楽しめる場面もあれば、じっくりと楽曲の世界観を鑑賞できる場面もございます。そういうところが他のバンド様とは違う魅力なのだと感じております。 ――アーティストとしてライヴに臨む上で心掛けていることをそれぞれ教えてください。 シユ:100点じゃなかったとしても100%で魅せる n:アドリブをしすぎない! ゆう:らいぶまえにきょうのすてーじんぐをいめーじすること。たくさんまわること。じぶんだけじゃなくて、おきゃくさんといっしょにたのしむことがいちばんだいじだとおもってます。。 零十:月並みではありますが、「楽しむこと」を心掛けております。緊張して挑むライヴと、心にゆとりを持って全力で楽しむライヴでは、当然後者の方が良いステージングができると思っております。 ――『Marionette Overture』の世界が存分に発揮されるであろう、3月30日(金) 西九条BRAND NEWにて開催される主催イベント、【ラミヤ1周年&レコ発主催「~meruhen theater~」】への意気込みを教えてください。 シユ:最高の居場所で最高の迷い子のみんなと最高に楽しむ。 n:経験の浅い俺らはそろそろ見れなくなるかもしれませんよ?(笑) ゆう:1ねんのおいわいのしゅさい、すてきないちにちになるようにします! 零十:少しでも気になって頂けたなら、是非足を運んでみて下さい。最高のメルヘン劇をお届け致します。 ――最後に、バンドとして、個人としての野望を聞かせて下さい。 シユ:バンドとしても個人としても本当の意味で必要不可欠な存在になる。 n:若手のバンドの道しるべになりたいです。個人では、作曲スキルを上げていき、作曲活動、レッスンもしていきたいです。 ゆう:ばんどとしては、らみやをいろんなひとにきいてもらうこと。。こじんとしてはみてくれてるおきゃくさんもたのしくなるような、みせるぎたりすとになることです。。 零十:もっとバンドマンの友達を増やしたいですね。わたくし、とても人見知りが激しいので楽屋でなかなか話かけられないんですよね(苦笑)。


ラミヤ パーソナルQ&A

シユ
好きなアーティスト、影響を受けたアーティストは? L'Arc~en~Ciel、supercell
音楽をはじめたきっかけは? きっかけというきっかけはなく、聴くだけじゃなくやってみたくなってはじめました。
初めて買ったCDは? 覚えてないですね(笑)。L'Arc~en~Cielさんの「READY STEADY GO」だったかもしれません。
無人島に1枚CDを持っていくとしたら何を持っていきますか? 持っているCDをざらっと並べて目をつぶって選んだ1枚を持っていきます!
あなたの長所は? なんとかなるさ精神。
あなたの短所は? なんとかなるさ精神。
マイブームは? アニメ
どうしてもこれだけは譲れないものは? 音楽
何をしている時が幸せ? ライヴ
ViSULOGを見ている人にメッセージを! ViSULOGを見ているそこの君!最高!!
n
好きなアーティスト、影響を受けたアーティストは? vistlipさんです。
音楽をはじめたきっかけは? 中学生の時にvistlipさんに憧れて。
初めて買ったCDは? 覚えてません(笑)。V系だとvistlip1枚目のrevolverです。
無人島に1枚CDを持っていくとしたら何を持っていきますか? パイレーツ・オブ・カリビアンのサントラです。脱出する気満々ですね(笑)。
あなたの長所は? 何かにハマり出したら止まらない。
あなたの短所は? ハマり過ぎてすぐに飽きる。
マイブームは? 自分の作った曲をボーカロイドに歌わせる。
どうしてもこれだけは譲れないものは? 音楽
何をしている時が幸せ? 良い曲が浮かんできてる時。
ViSULOGを見ている人にメッセージを! 出会ってくれてありがとう。
ゆう
好きなアーティスト、影響を受けたアーティストは? ばろっく(baroque)、かぷせる(CAPSULE)
音楽をはじめたきっかけは? おばあちゃんのいえのあこぎをもらった。。ぎたーだったらできるかなあっておもってはじめたのがさいしょ。。
初めて買ったCDは? Sugarless GIRL / capsule
無人島に1枚CDを持っていくとしたら何を持っていきますか? Squarepusher / Ultravisitor
あなたの長所は? こつこつやること。。
あなたの短所は? すきなこといがい、やらないこと。。
マイブームは? すいっち。
どうしてもこれだけは譲れないものは? こうちゃのむこと。。
何をしている時が幸せ? のんびりみるくてぃーのんでるとき。
ViSULOGを見ている人にメッセージを! たのしいじかんをらいぶでいっしょにすごしませんか。。あなたのおじかんをすこし、ゆうにくれたらとてもうれしいです。まってるね:;(∩´﹏`∩);:
零十
好きなアーティスト、影響を受けたアーティストは? LUNA SEA、SIAM SHADE
音楽をはじめたきっかけは? 高校の学園祭で「ドラムがいないからやってくれ」とクラスメイトに頼まれたのがきっかけです。
初めて買ったCDは? Xの「BLUE BLOOD」です。初めて聴いたときの衝撃は今でも覚えております。
無人島に1枚CDを持っていくとしたら何を持っていきますか? もちろん、Marionette Overtureです。
あなたの長所は? 真面目過ぎるところ。
あなたの短所は? 真面目過ぎるところ。
マイブームは? 朝早く起きて散歩すること。
どうしてもこれだけは譲れないものは? 月並みですが「ドラムを叩き続けること」です。老人になっても叩き続けていると思います。
何をしている時が幸せ? Youtubeで好きな芸人さんのお笑いを見ている時。あとは、自由気ままにドライヴしている時ですね。
ViSULOGを見ている人にメッセージを! ここまで見て下ってどうも有難うございます。今後ともラミヤを宜しくお願い致します。

COMMENT MOVIE

RELEASE

全国流通 ミニアルバム「Marionette Overture」
2018年03月23日 Release!!
LAM-002 / ¥2,000(税込)
[CD]
01. OVERTURE
02. Puppet
03. Masquerade
04. ノクターンと踊る蝙蝠傘
05. End of story・・・
[発売元]
ラミヤ
[販売元]
ONG DISTRIBUTION


LIVE INFORMATION

ラミヤ1周年&レコ発主催「~meruhen theater~」

2018年03月30日(金) 西九条BRAND NEW


2018年03月13日(火) 心斎橋soma
2018年03月21日(水) 十三GABU
2018年03月23日(金) 心斎橋FanJ / THE LIVE HOUSE soma / LIVE HOUSE JUZA ※全3会場
2018年04月09日(月) 心斎橋FAN
2018年04月21日(土) 神戸ART HOUSE


ラミヤ PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vo:
    シユ
    Birth:
    07.18
    Blood:
    A

  • Gu:
    n
    Birth:
    02.26
    Blood:
    A

  • Gu:
    ゆう
    Birth:
    01.23
    Blood:
    A

  • Dr:
    零十
    Birth:
    09.29
    Blood:
    A



DISCOGRAPHY

アーティストタグ

ラミヤ | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

ラミヤ | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

ラミヤ | 関連MOVIE

関連動画はありません。