NEWS



GLAY、2020年第7回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・北海道 開会式への出演決定。 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
社畜系バンド RYMAN in BLACK Co., Ltd.、webフライヤー解禁。 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
YOSHIKI、「YouTube Originals」で日本人アーティストとして初のドキュメンタリー公開 「YOSHIKI -Life of a Japanese Rockstar-」来春より配信。 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ライヴレポ】MSTR(千聖)(Crack6/PENICILLIN)主催の「Crazy Monsters~HALLOWEEN PARTY」模様と「Crazy Monsters~春の祭典~」の出演者を発表!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
11/16、高田馬場AREAで「47都道府県ツアー」ファイナルワンマン公演を行うScarlet Valse、Vo.Kakeruよりコメントが到着。 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
sho-ka、11/15に発売のNEW ALBUM「if you should fall.-nigon wyrta Galdor」受付開始。 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
玲夏(ダウト)、瑠伊(vistlip)、ハク(ユナイト)の3人によるTHE BASS PARTYの新春ライブが決定。 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
Daichi 1st Solo Works「Re:tters」配信開始! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
BAROQUE、2人体制初となったホールワンマン<日本橋三井ホール>公演が映像化!12月25日にリリース決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ライヴレポ】メリー、18周年記念公演「ノスタルジヰ」、恵比寿LIQUIDROOMにて華やかに開幕 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」

2019.10.21 16:02

Starwave Recordsがレーベル設立10周年イベントを2月に新宿BLAZEで開催!


今でこそヴィジュアルシーンにも数多くのレーベルが誕生すれば、活動の一環として個人レーベルを立ち上げるバンドも増えている。音楽制作がパーソナルな環境で成り立つ今の時代の風潮と同調するように、自分たちの作品を自身で発信するのも、今ではけっして珍しいことではない。もちろん、個人には個人の良さもあるが、同時に限界もある。たとえ組織でも、きわめて個人経営に近い場合にも、やはり影響力を及ぼす面ではどうしても限界は出てくる。
今のヴィジュアルシーンの中心を成しているのは、長年の蓄積を活かした老舗レーベルがほとんどだ。むしろ、ノウハウを持ったレーベルのもとへ良いバンドや人材が集まり、結果、シーンの活性化を長く担い続けている。

2020年2月で、Starwave Recordsはレーベル設立10周年を迎える。いわゆる中堅レーベルとして、今もシーンの活性化の一翼を担っている。近年では幅広さを出してるとはいえ、Starwave Recordsと言えば"コテ系/黒系"と呼ばれるバンドたちを多く抱えるレーベルとして、同系統のバンドが好きな人たちはつねに注視し続けてきた。

Starwave Recordsが10年間という歩みを築けたのも、そして、これからもシーンに欠かせないレーベルとして支持を得続けてゆくのも、明確なカラーを打ち出しているからなのは間違いない。加えて、レーベルのオーナーと所属バンドたちとの強い信頼関係と結束力がStarwave Recordsを印象づければ、そこへたくさんの人たちが惹かれてきた。

このたび、Starwave Recordsがレーベル設立10周年を祝い、定期開催中のイベント「Starwave Fest」の拡大版を2020年2月18日(火)に新宿BLAZEで行うことを発表した。出演するのは、レーベルへ所属するScarlet Valse/未完成アリス/La'veil MizeriA/ラヴェーゼ/UNDER FALL JUSTICE/THE SOUND BEE HD。加えて、元所属バンドのメンバーたちが集まったXXX (Yuhma+70.+知哉)。さらに、ゲストとしてUCHUSENTAI NOIZ/NightingeiL/VAMPIRE ROSEがイベントへ華を添えてゆく。

転換の合間には、「Starwave Fest」ではお馴染み、所属バンドのメンバーたちが緩ーいフレンドリーなトークを繰り広げる「Starwaveなんでやねんトーク」を実施。さらに、周年時期の「Starwave Fest」ではお馴染みとなった「第5回Starwave総選挙」も開催。これは、投票したいメンバーへ来場者が会場で投票。そのときの投票数で「レーベルとしてのその年の推しメン」が決まる形を取っている。

他にも、こちらも「Starwave Fest」恒例となった、イベントの最後に出演者らによる「大セッション」や「集合記念撮影」も行われる。加えて、レーベルオムルバスDVDも会場先行で販売になる。

「Starwave Fest」自体は、年に3回行われているが、周年公演はStarwave Recordsの中でもとくに大きな恒例行事。まして今回は10周年を祝してとなるように、ぜひ華やかな祭りへあなたも参加しては如何だろうか。そして、Starwave Recordsというレーベルがなぜ長く支持を得続けているのか、その愛される理由も直接肌で感じ取って欲しい。

TEXT:長澤智典

◆ライヴ情報
【Starwave Fest Vol.22〜レーベル設立10周年記念イベント〜 Starwave Records presents】
2020年02月18日(火) 新宿BLAZE
OPEN 14:30 / START 15:00
前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500(D代別)
・イベントラストに集合写真撮影あり
・大セッションあり
・転換中にStarwaveなんでやねんトークあり
・第5回Starwave総選挙あり
・レーベルオムニバスDVD発売
[出演]
Scarlet Valse /
未完成アリス / La'veil MizeriA / ラヴェーゼ / UNDER FALL JUSTICE / THE SOUND BEE HD / XXX (Yuhma+70.+知哉) / UCHUSENTAI NOIZ(ゲスト) / NightingeiL(ゲスト) / VAMPIRE ROSE(ゲスト)
[チケット]
A:e+プレオーダー
https://eplus.jp/sf/detail/3115920001-P0030001
・受付期間 2019/10/12(土)12:00〜2019/10/22(火祝)18:00
・入金期間 2019/10/24(木)13:00〜2019/10/27(日)21:00
B:e+一般(2019/11/09(土))
https://eplus.jp/sf/detail/3115920001-P0030001
C:レーベルオンラインショップ販売チケット
D:当日券
※バンド予約無し
[入場順]
整理番号順

◆Starwave Records Web
http://www.starwaverecords.jp/

◆Starwave Records twitter
https://twitter.com/starwaverecords

関連NEWS

関連ニュースはありません。

関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

関連MOVIE

関連動画はありません。
EVENT
ViSULOG 9th ANNIVERSARY
COVER ARTIST MOVIE
ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル番組表
MONTHLY LIVE CALENDAR
2019年11月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■TOUR19 This Way to Self-Destruction
DIR EN GREY
■十周年記念47都道府県単独公演ツアー 『CLIMAX47』
R指定
■HIZAKI - Back to Nature
HIZAKI
■ギルドワンマンツアー2019~10年後の君に伝えたい事~
ギルド
■"
DIAURA単独公演2019-2020「REBELLIONS PARADE」"


配信代行サービス
ニュース投稿