NEWS



アリス九號.、〝A9〟として最初で最後の主催フェス大盛況!10月23日発売NEW SINGLEのボーカロイドver.先行公開!10月には原点回帰のライブハウスツアー「絶対”黒”領域」、冬には東阪ホールライブ決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
「ユナイト」、予定されていた秋のワンマンツアーをキャンセル!ピンチヒッターとして「黒ユナイト」の出演が決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
CROW MUSIC恒例のアニバーサリーイベント、今年も開催決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ライヴレポ】Rickyソロデビュー10周年記念企画@8/18渋谷 RUIDO K2 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【キズ 】前代未聞の二会場同時刻LIVE「世界線」閉幕 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
LAURANT(ローラン)主催公演「LAURANT#2」開催決定と「WE NEVER LOSE A LIGHT」MVフル公開! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
Chanty、リリース全タイトルのサブスク解禁!  | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【キズ 現在開催中!】前代未聞のO-WEST・duo 二会場同時刻ライブ終幕後、突然のゲリラ告知「今すぐTSUTAYA O-EASTに集結せよ」 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
キズ、本日TSUTAYA O-WEST・duo MUSIC EXCHANGE 二会場同時刻ライブ『世界線』開催! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
DIR EN GREY、30thシングル『The World of Mercy』アートワーク&キービジュアル解禁!特設サイトも開設!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」

2019.07.29 11:19

【ライヴレポ】怪人二十面奏 単独公演巡業二〇一九「汎幸聲命」千穐楽@2019.7.25 TSUTAYA O-WEST


アルバム『聲命力』の発売から一ヶ月。ワンマンツアーを終えて、怪人二十面奏が東京へ戻ってきた。ツアーファイナルの会場は、TSUTAYA O-WEST。ワンマンでは初となるこの会場を自分たちの色に染め上げた、熱い一夜の模様をお届けしよう。


開演時間ちょうどに暗転すると、ファンの声が暗闇いっぱいに溢れる。鼓動の音に続いて、SEが流れ出すと共に幕は開いた。その中央に立っていたのは、手足を紐でつながれた、操り人形そのものと化したマコトの姿! ライヴハウスのステージという場所からは異様とも言えるその光景に、一気に目を奪われる。

SEが止まった一瞬の間に紐が切れると、生気のない手足がその拘束から解かれた。と、思った途端、「ダムド」が始まり、いよいよライヴはスタート。マコトも、怪人二十面奏のヴォーカリストである、いつものマコトに生まれ変わったかのようにイキイキと動き出す。

このオープニングは、江戸川乱歩の作品の登場人物を模したバンド名や、ステージの背景やアルバムジャケットに使用されている丸尾末広のイラストといった、彼らの世界観に通じるもの同様、その個性を語る上で重要なポイントであることは間違いない。けれどもこの日、ロックバンドとしての彼らが持つ魅力も、いかんなく発揮されたことは声を大にして伝えておきたい。それは、最初から激しいステージングで、その気合いを剥き出しにして見せたKENの姿にもはっきりと表れていた。

「ダムド」から「狼」へとなだれ込むと、オーディエンスは元気いっぱいのジャンプで応える。続いて、ニュースを告げる、古いアナウンスのような語りで始まったのは、「G,J クローバー連続殺人事件」。独特の空気感とマコトらしいメロディが堪能できる一曲だ。

最初のMCでは、ちょうど一ヶ月前、6月26日に発売したアルバム『聲命力』の曲たちが、ツアーを経てさらに成長したことを満足そうに告げた。今日は、そんなツアーの最後を飾る大事なファイナル。千穐楽のこの夜に、さらに盛り上がっていきましょうと、マコトが呼びかけた。

リズミカルに、そしてサビではスピード感いっぱいに、心地よく流れ、照明も含めたキメで見せ場も作った「想望カルト」、勢いたっぷりにパワフルなシャッフルで体を動かした「アヴストラクト シニシズム」、さらにスピードをあげつつもメロディをきちんと聴かせた「明日へ」と続く。

「見えない未来を受け止めよ」という意味深な言葉から、タイトルコールに導かれて始まったのは「近代的極東唱歌」。気迫のこもった歌声が会場いっぱいに広がる。うっすらと予感させた不穏な空気は、赤い照明がステージを染め上げ、サイレンが鳴り響いたところで、明確なものとなる。KENのつまびくフレーズが、「一銭五厘ノ命ノ価値ハ」の始まりをドラマチックに告げた。朗々とした歌声で、何のための命なのかと訴えかけるマコト。この曲の背景にあるであろう、昭和の暗い一時代を生きた人々になりきるように語った台詞は、凄みさえ感じさせた。

一転、ピアノの音色から「命日」が始まると、悲しみをたたえた世界が広がっていく。つぶやくような、問いかけるような歌声は、人間臭い感情に満ち満ちている。最後のKENのギターの音色から、次の「噫無情」へ。アルバム『聲命力』収録のこの曲は、個性的なメロディが多い怪人二十奏の曲の中では、ある意味キャッチーとも言えるメロディを聴かせる曲。マコトのエモーショナルな歌声が、メロディのよさを素直に届けてくれた。

曲が終わると、少しリラックスした様子で、「晴れてよかったね」と話し始めたマコト。話を振られたKENは、「ヤバいっすね」と口にすると、このステージを満喫している気持ちを口にする。このツアー中にMCでよくしゃべるようになったそうだが、曲中とはガラッと雰囲気を変えて、マコト曰く“小粋なトーク”(笑)を楽しませてくれるのは、ファンにとってもうれしいことだろう。

「行くぞ~っ!」というKENの気合いいっぱいの声から、とうとう後半戦。急き立てるような「可不可」では、オーディエンスのノリもいよいよ激しさを見せていく。それに応えるように、KENはステージ前の柵へと足をかけ、フロアへと前のめりになってプレイ。マコトとKENが一緒になって煽ったのは、「ヲルガン坂に見る夢は」。オーディエンスは赤い小さなメガホンを手にし、ステージに応える。「ブラックアウトヒステリーアワー」、さらに「死せるCecile セルシン摂氏0度」と、ますます勢いをつけてクライマックスへと疾走していった。

「まだまだ行くで、最高の景色を作りましょう!」と、マコトがさらにオーディエンスを焚きつけたところで、「劣等感」が始まる。赤いペンライトならぬ、包丁ライトをオーディエンスが、楽しそうに陽気に見えるのは、少々不思議な光景。畳みかけるような「消心叫奏シネマ」のマコトの歌は、切々と訴えかけてくる。怪人二十面奏で聴かせるマコトの歌は、どれも濃く、鋭い感情に満ち満ちている。一方KENのギターは、ふっと耳をかすめ、深く印象に残るフレーズをあちこちに忍ばせているのが特徴と言えそうだ。

本編最後を飾ったのは、アルバムのタイトル曲でもある「生命力」。マコトもKENも全力をぶつけるようにステージに挑んでいく。お立ち台の上でしゃがみこんで、力を振り絞り、全てを出し切るように声を発し続けたマコト。「生命力」というタイトルにふさわしい、自身の命や存在そのものを賭けた、圧巻のパフォーマンスだった。全てを出し切ったからだろうか、曲が終わるとすぐさまステージから去り、KENもそれに続いて行った。

アンコールを求める声に応えて、ツアーTシャツに着替えてステージに戻った二人。「砂の街」を聴かせた後、マコトは改めてこのワンマンについて振り返った。怪人二十面奏にとってO-WESTでのワンマンは通過点でしかないこと、まだまだ夢を見たいこと。過去には、もっと大きな会場でワンマンをした経験もある二人だ。当時と今では、シーンを取り巻く状況がまるで異なることは、二人はもちろんファンもわかっていることだろう。けれどもマコトは、「本気で夢見てます」と語った。それは、世の中の流れなど無視して高みを目指して突き進む、という力強い宣言だ。その心意気をおおいに買いたいと思う。

「哀しきトリックスター」の後、「ここからまた始まります、ありがとう!」と告げて、最後は「其の証」。マコトならではのメロディに乗せて感情をまき散らし、KENも激しいコーラスで一緒に声を届ける。今の自分たちの全てを出し切るかのような、そんな二人の姿は清々しくさえあり、2ndアルバムである『聲命力』が、そして作品を引っさげたこのツアーが、大きな節目となったことが伝わってきた。

マコトが「ありがとう」と高らかに吠えて、ステージを去った後、早くも次のワンマンツアーの告知映像が流れ、今日の勢いのまま、彼らが突き進んでいくことが約束された。これでこの日のワンマンはすべて終了。けれども、アンコールを求める声は全くおさまる様子がない。

延々と続く声に応えるように、予定外のアンコールのため、再び二人がステージに登場する。最後の最後に贈られたのは、「愛憎悪」。この予定外のプレゼントで、この日の夜は幕を下ろした。結成4周年を迎え、5年目の活動へと向かう怪人二十面奏は、このライヴの成功を糧に、ますます力強く進んで行くことだろう。前を、上をみつめ、ひたすら前進しようとするその姿勢に、大きな声援を送り続けたい。

TEXT:村山 幸
PHOTO:米田 光一郎


◆セットリスト
01. ダムド
02. 狼
03. G,Jクローバー連続殺人事件
MC
04. 想望カルト
05. アヴストラクト シニシズム
06. 明日へ
07. 近代的極東唱歌
08. 一銭五厘ノ命ノ価値ハ
09. 命日
10. 噫無情
MC
11. 可不可
12. ヲルガン坂に見る夢は
13. ブラックアウト ヒステリーアワー
14. 死せるCecile セルシン摂氏0度
15. 劣等感
16. 消心叫奏シネマ
17. 生命力
アンコール1
18. 砂の街
19. 哀しきトリックスター
20. 其の証
アンコール2
21. 愛憎悪


◆ライヴ情報
【BadeggBox presents『BEGINNING BRILLIANT AUTMUN TOUR 2019』】
2019年09月22日(日) 渋谷DESEO
[出演]
The Benjamin / 怪人二十面奏 / ザ・シンナーズ / マツタケワークス / マルコ
2019年10月04日(金) 仙台HOOK
[出演]
The Benjamin / 怪人二十面奏 / THE NOSTRADAMNZ / マルコ
2019年10月05日(土) 宇都宮HELLODOLLY
[出演]
The Benjamin / 怪人二十面奏 / マツタケワークス / マルコ

【怪人二十面奏濱書房籠城スリーデイズツーマン企画「怪人とXXX」】
2019年09月27日(金) Music Lab.濱書房
[出演]
怪人二十面奏 /The THIRTEEN

2019年09月28日(土) Music Lab.濱書房
[出演]
怪人二十面奏 /蘭図
2019年09月29日(日) Music Lab.濱書房
[出演]
怪人二十面奏 /ホタル

【怪人二十面奏 単独公演巡業二〇一九 秋 「ネオ・シュルレアリスム」】
2019年11月28日(木) 池袋EDGE
2019年11月30日(土) 京都MOJO
2019年12月01日(日) 大阪心斎橋FANJ
2019年12月16日(月) 新宿BLAZE

◆怪人二十面奏 オフィシャルサイト
http://k20.jp/


アーティストタグ

怪人二十面奏 | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

怪人二十面奏 | 関連MOVIE

関連動画はありません。
EVENT
HYSTERIC CIRCUS 2019 -HIGH GAIN-
ViSULOG 9th ANNIVERSARY
COVER ARTIST MOVIE
ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル番組表
MONTHLY LIVE CALENDAR
2019年08月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■PREMIUM ONE MAN SHOW!
Kozi
■メリー東京圏沿線GIG #1 敷かれたレール ~銀座線編~
メリー
■KIRITO Club circuit 19'「DERIVED」
KIRITO
■己龍単独巡業「情緒纏綿」
己龍
■BEST ALBUM発売記念ワンマンツアー「Best-BiLLioN」
Blu-BiLLioN


配信代行サービス
ニュース投稿