NEWS


ユナイト、新曲「ファンファーレ」のMVフルが公開! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
MUCC、2020年11月に行われた無観客配信ライヴ『FROM THE MOTHERSHIP/FROM THE UNDERGROUND』を2枚組で5月4日に発売決定 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
ビジュアル系ラウドロックバンド「アクメ」2021年のライブ第二弾が決定 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ZOMBIE】1年3ヶ月振りの全国5大都市ツアー「-再怪-ツアー編」、チケット¥2,800!一斉エントリー受付開始! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
Angelo、毎年恒例のキリト(Vo)生誕祭ライブ終幕!新たに全国ツアー開催決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【Zooっとともだち】冬眠前ラストワンマン、生配信決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ライヴレポ】AKi 無観客配信ライブ第6弾 AKi 2021「Live Stream #06 -Birthday Bash!-」 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
NOCTURNAL BLOODLUST、5/25(火)・26(水) SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 2DAYS公演開催決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
キズ、初となるベスト盤『仇』 ジャケット・アートワーク&収録内容詳細解禁! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
DIR EN GREY・Shinya、誕生日前夜にYouTubeにて生配信の開催が決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」

2019.06.06 18:00

「VisUnite Fest Special Edition Vol.5」がTSUYATA O-EASTで開催!


5月22日、ヴィジュアル系アーティストを応援するバーティカルプラットフォームアプリ「VisUnite」が主催するライブイベント“VisUnite Fest Special Edition Vol.5”がTSUTAYA O-EASTで行われた。


タイトルが示すように、開催は今回で5回目。毎度、個性的なバンドが参加して会場を熱くしてきたが、今回のラインナップもキャリア、音楽性がまったくバラバラというユニークな面々。 出演者はFrantic EMIRY 〜second crisis〜、ペンタゴン、RAZOR、LM.C(出演順)。短い持ち時間の中で、いかに観客を魅了できるか……その力量が試される。

さらに、このイベントはTENGAなどの企業協賛があったり、待ち時間の多いファンのために、ロビーでのブース展開などがあるのも特徴だ。 また、アプリ内の人気投票で1位を獲得した若手バンドには、オープニングアクトとして参加できるというチャンスも与えている。 先輩バンドと同じステージに立てるという貴重な経験は、新人バンドにとっては非常にモチベーションの高まる機会ではないだろうか。

今回、そのチャンスを勝ち取ったのはSmileberry。キャッチーなサウンドを掲げて活動する4人組バンドだ。 ポップな楽曲がMotoki(Vo)のクリーンなボーカルにバッチリとハマっており、今後の活躍が楽しみだ。 最新アルバム『CONNECT』収録の「Timeleap」をはじめ、計4曲を披露。さわやかなパフォーマンスで、初々しい存在感をアピールした。

本編1番手に登場したのはFrantic EMILY〜second crisis〜。
昨年12月に突如、オフィシャルホームページが開設されつつも、メンバーのプロフィールなども謎に包まれたミステリアスなバンドである。

演奏中、Rem.(Vo)は、ほぼMCを挟まずライブを進行。へヴィーでドラマチックな楽曲で圧倒した。また、ピアノやヴァイオリンを駆使し、ゴシックな世界観を演出。 5月29日リリースのシングル「Angels Cry/World End」から両曲をプレイし、重厚な空気で会場を包み込んだ。

2番手はペンタゴン。
久々に彼らのライブを見た人は、そのビジュアルの変化に驚いたかもしれない。カラフルなメイクのイメージが強かった彼らだったが、スタイリッシュながらもカジュアルな衣装で登場。

とはいえ、盛り上げ上手な千吊(Vo)は、「気楽に楽しんでいきましょう!」と、「ポップコーンモンスター」で場内のテンションをグッと引き上げる。 アッパーな楽曲に、他のバンドのお客さんも引き込まれていくのがわかった。また、千吊は活動する中でスタイルにも変化があり、それは“メイクをしないこと”だったという思いを吐露。 そして、今の自分達が表現できることを詰め込んだ楽曲「27」へとつなげた。短い時間ながら、現在のペンタゴンがどんな思いで活動をしているのか……そんな“今”が伝わるライブだった。

トリ前の3番手はRAZOR。
6月26日に1stフルアルバム『千年ノ調ベ』のリリースを控える彼らも気合いタップリに乗り込んできた。会場にはメンバー名がプリントされたTシャツを着こんだファンが目立つ。

熱い歓声が飛び交う中、ライブはハードなナンバー「NEW ANSWER」で幕開けとなった。猟牙(Vo)は“ワンマンじゃないけど、RAZOR史上、イチバンのライブを目指します!”と熱いMCで煽る。 セットリストには攻撃的な持ち曲が並び、後半には新曲「千年ノ色彩」も披露。ラストの「PRIMARY」まで、全力投球のパフォーマンスが続いた。 メンバー5人が一丸となってヘドバンしたり、ステージ狭しと動き回る様には、確かにワンマン以上の熱量が感じられる。 このところ、ツアーを行うごとにパワーアップしてきたバンドの勢いをそのままに、いい感じでイベントの山場を作ってくれた。

この日のトリはLM.C。
彼らは全国ツアーのファイナルを控え、さらには台湾公演から帰国したばかりというハードスケジュールの合間の出演となった。

だが、ステージに登場したmaya(Vo)とAiji(G)に疲労の色は全くない。それどころか、ライブのスタートと同時に映像を背景に映し出すというデジタル感溢れる演出で、それまでの空気をガラリと変えてしまう。 しかも、長身のmayaと、多くのバンドマンから慕われるAijiの醸し出すオーラは迫力満点。

加えて、セットリストは昨年リリースしたアルバム『FUTURE SANSATION』からの楽曲と、ファンにはなじみ深いアゲアゲの人気曲をミックスしたメニューである。 盛り上がらないわけがない。彼らのキャッチーにして踊れるロックチューンには、LM.Cのファンのみならず、場内のオーディエンスも一斉に反応。ジャンプしたり、ヘドバンしたりと、思い思いに楽しんでいた。

こうして見どころ満載のイベントは無事に終了。
普段、なかなか見られないバンドのライブを1日で体験できるのがイベントのよさである。来場者にとっては、楽しい経験となったに違いない。 ひと口にヴィジュアル系と言っても、音楽性やスタイルがまったく違うのは、改めてこの日のイベントでも実感できた。参加バンドにはいい刺激になったことだろう。そして、それぞれの今後にも注目したい。

Text by 海江敦士
Photo by Anastasia

<イベント概要>
【VisUnite Fest Special Edition Vol.5】
2019/5/22(水) / SHIBUYA O-EAST
前売 ¥4,500 / 当日 ¥5,500 (各Drink600円別)
OPEN 17:00 / START 17:45
[出演者]
LM.C / Frantic EMIRY ~second crisis~ / RAZOR / ペンタゴン / (O.A) Smileberry
[企画/主催]
VisUnite(UNITED DREAM Inc.)
[制 作]
RINethics Inc.
[スポンサード]
株式会社ウィロー / 株式会社TENGA and more
[お問い合せ]
RINethics Inc.(info@rinethics.com)

<アプリ概要>
[アプリ名]
VisUnite(ヴィジュナイト)
アンバサダー:YOHIO(ヨヒオ)
[対応OS]
iOS(iOS7 以上)、Android(4.03 以上)
[利用料金]
無料(アプリ内課金あり)
[ダウンロードURL]
◆「VisUnite」iOS 版ダウンロード URL
https://itunes.apple.com/us/app/vu-ijuaru-xipurattofomuapuri/id1156748781?mt=8
◆「VisUnite」Android 版ダウンロード URL
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.visunite.vunite

◆公式HP
http://visunite.com/

◆公式Twitter
https://twitter.com/VisUnite

アーティストタグ

関連PICKUP

関連ピックアップはありません。
ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル
配信代行サービス
ニュース投稿