NEWS



無能なルシッド×ワンダーイリュージョン×ライヴ | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ViSULOGチャンネル】4/2(火)21時より『Jupiter「Zeus ~Legends Never Die~」特番』放送決定!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
前田愛郎(UNDER FALL JUSTICE)が、なぜ「死にたい」と歌う作品を出し続けるのか?! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
THE SOUND BEE HD、バラードベストを発売。4月のワンマン公演で先行販売!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
9周年を迎えたumbrella、6月に新曲と東名阪ワンマンを発表 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
The THIRTEEN、4/24リリース「ALONE/アローン」より表題曲「サイレン-siren-」のスポット映像、アートワーク&収録曲一挙公開! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
Angeloのヴォーカリスト、KIRITO(キリト)のアコースティックソロライヴ『KIRITO Acoustic live 19'「His sight」』をニコ生で独占生中継決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
MUCCの平成最後のスペシャルワンマンライヴ『壊れたピアノとリビングデッド』をニコ生で独占最速放送決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
蘭図 最新アーティスト写真、リリース情報解禁 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
D'ERLANGER、約2年ぶりとなるオリジナル・アルバム「roneve」を5/22(水)に発売! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」

2019.03.07 11:33

【ライヴレポ】有村竜太朗、ソロツアー全国18公演最終日、誕生日と共に祝福!


Plastic Treeのボーカリストとして、独特の存在感を放ってきた有村竜太朗。そんな彼が、自身の音楽性をさらに深く掘り下げるべく、ソロ活動をスタートさせたのが2016年。
これまでに発表した音源は2作品(個人作品集1996-2013『デも/demo』(2016年リリース)、『個人作品集1992-2017「デも/demo#2」』(2018年リリース)。もちろん、ライヴ活動も定期的に行ってきたが、今年1月5日に恵比寿リキッドルームからスタートしたライヴハウスツアー"有村竜太朗 TOUR2019 「デも/demo #2」-Road Show-"は全18公演に及ぶもので、ソロとしては初のロングツアー。

これまで、アコースティックとバンドサウンドの2部構成というライヴが多かった彼が、今回のツアーではバンドスタイルをチョイス。映像を使用した映画のような演出と、アグレッシヴな演奏の対比が見どころとなっている。各地をまわり、バンドメンバーとのまとまりに磨きをかけてきたところで、3月6日、ツアーはマイナビBLITZ赤坂で千秋楽を迎えた。しかもこの日は有村の誕生日という絶妙なタイミングであったことも付け加えておこう。

開演時間となり、ゆっくり照明が落ちると、まずは有村がひとりで登場。アコースティックギター1本でしっとりと「恋ト幻」の弾き語りでライヴがスタートする。

このあと、ツアーメンバーのhiro(te')(G)、鳥石遼太(B)、高垣良介(Dr)、野村慶一郎(Key/Mani)がステージに登場。バンドで楽曲に熱を注入していく。「くるおし花/kuruoshibana」や「猫夢/nekoyume」など、郷愁感と繊細さが融合したポップな曲や、「また、堕月さま/mata,otsukisama」「ザジ待ち/zajimachi」など、優しいメロディーで遠赤外線のようにジワジワと心にしみる曲、さらには「19罪/jukyusai」のようにシューゲーザー全開のノイジーなロックナンバーでメリハリをつけていった。

アンコールは本編で披露した「くるおし花/kuruoshibana」や「猫夢/nekoyume」などをアコースティックバージョンで聴かせ、同じ曲を異なる手法で表現。斬新なアプローチで作品を掘り下げてみせた。「猫夢/nekoyume」では、有村が曲を間違えるというハプニングもあったが、逆に緊張感がほぐれ、場内は暖かい空気に。

打ち解けた雰囲気はダブルアンコールを引き起こし、有村もバンドメンバーも再びステージへ。有村はここで「まずは今日、千秋楽、お疲れさまでした!」と、ハイボールをあけ、ステージでプチ打ち上げ。観客もグラスをもっている風に腕を上げてエア乾杯。

このあと、演奏に入ると思わせつつ、バンドは"Happy birthday to you"のイントロを演奏し始め、これを合図に観客がピンクの蛍光ブレスレットを腕につけて、全員で合唱を始めるといサプライズが展開!これは観客の入場時、スタッフがひそかにブレスレットとサプライズの案内を書いたメモを渡し、サプライズを計画していたもの。何かはあるだろうと予測はしていた有村も、観客を巻き込んでのサプライズは予想外だった様子。

「おおっ! ありがとうございます! ちょっと動揺しました。もう1回やってもらっていいですか?」と、2度目の"Happy birthday〜"を要求。大勢のファンにお祝いされるという想定外のプレゼントを堪能していた。ダブルアンコールでは、すっかり打ち解けたムードになり、大ラスはバンドアレンジで「恋ト幻」を熱くプレイ。ツアーファイナルを締めくくった。

終演後、今度はファンにとって嬉しい告知が。まず、この日のパフォーマンスを収録したLIVE DVD & Blu-ray「有村竜太朗 TOUR2019 「デも/demo #2」-Road Show-」のリリースが発表になった(6月12日発売)。

さらに、8月22日には全編「Op.」(オーパス)と呼ばれるアコースティック演奏の楽曲で構成される、ライヴ公演の開催決定のアナウンスが。しかも会場は古い洋館を彷彿させる東京キネマ倶楽部。有村も日頃から大好きな箱だというこの会場でのアコースティックライヴは、今までとはまた違った「映画のワンシーン」のように見えるのではないだろうか。有村竜太朗が紡ぐストーリーはまだまだ先に続きそうだ。

◆リリース情報
LIVE DVD & Blu-ray 有村竜太朗 TOUR2019 「デも/demo #2」-Road Show-
2019年06月12日(水)
【初回限定盤(web受注限定)】
ARXB-00003〜4 / ¥9,800(税抜)
[仕様]
Blu-ray、特典映像、特殊パッケージ仕様、スペシャルブックレット
[受注期間]
2019年03月06日(火)21:00〜05月06日(月)23:59
[注文方法]
http://www.newbook.co.jp/ryuutaro-a/
※専用サイトからの申し込み、販売となります。

【通常盤(全国販売)】
IKCB-80019〜20 / ¥6,400(税抜)
※全国CDショップ等でのお取り扱い

◆ライヴ情報
【ACOUSTIC LIVE 「Op.」AT TOKYO KINEMA CLUB】
2019年08月22日(木) 東京キネマ倶楽部

◆有村竜太朗 オフィシャルサイト
https://arimuraryutaro.com


アーティストタグ

有村竜太朗 | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

有村竜太朗 | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

有村竜太朗 | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

有村竜太朗 | 関連MOVIE

関連動画はありません。
COVER ARTIST MOVIE
ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル番組表
EVENT
HYSTERIC CIRCUS 2019 -春の乱-
HYSTERIC CIRCUS 2019 -BAD PARTY-
MONTHLY LIVE CALENDAR
2019年03月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■ZON無料ワンマン 『ヨイノリ:ワルノリ』
ZON
■行脚奇襲 vol.3
ジグソウ / 蘭 / mama. / チャイルドプレイ / MERALOA / 他
■SPEED DISK PRESENTS~森羅万象tour'19#1
REIGN(ゲスト) / ヴァージュ / GRIMOIRE / SAVAGE / DIMLIM / BabyKingdom / 蘭図


配信代行サービス
ニュース投稿