NEWS



SCAPEGOAT、2019年第一弾シングルが解禁 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【キズ】ホールワンマンツアー「天罰X天誅」大阪・松下IMPホールチケット完売、そして、一夜限りのプレミアムリサイタル「平成ヒットパレード」情報解禁 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ペンタゴン】復刻!伝説のLIVEが…再び?! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
RAZZ MA TAZZがビジュアル系!? | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
高田馬場AREAにて1stワンマンを成功させ『アスティ全身全霊の8大発表』の詳細を公開!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ライヴレポ】3/10 最上川生誕祭 ~渋谷でデート!? 恋物語~ | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
2019.4.12 LIVE DVD『D TOUR 2108「Deadly sin」Grand Final 2018.12.21 at 豊洲PIT』発売決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
現在行脚奇襲ツアー敢行中。そして4月4日にZirco Tokyo単独SHOWを控えたジグソウよりMVが到着。 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
キズ、6th SINGLE「平成」“スペーシャル・オーディオ・ミキシング”収録にてリリース、そしてMV FULL解禁!? | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ViSULOGチャンネル】 4/15(月)21時より『彩冷える特番〜感謝祭 TOUR'19直前スペシャル!! 』放送決定!  | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」

2019.01.06 19:10

【ライヴレポ】有村竜太朗(Plastic Tree)、初の全国ツアースタート!


▲画像クリックで拡大

2016年にソロ活動をスタートさせたPlastic Treeのボーカリスト、有村竜太朗。これまでに個人作品集1996-2013『デも/demo』(2016年発売)、『個人作品集1992-2017「デも/demo#2」』(2018年発売)という2作品を世に送り出し、リリースに連動したライヴも行ってきた。

そんな有村が新たな挑戦として、ライヴハウスツアー“有村竜太朗 TOUR 2019「デも/demo #2-Road Show-」”の開催を発表したのは昨年10月のZepp Tokyoの終演後。ソロで18公演のロングツアーを敢行するのはもちろん初めてとなるだけに、注目を集めていた。

過去の公演はアコースティックセットとバンドセットの2部構成という実験的なスタイルだったが、このツアーではどんなスタイルを見せてくれるのだろうか――。

暗転と同時にブザーの音が鳴り、まるで映画が始まるかのように開演を告げる。まずは有村がひとりでステージに現れると、「0p.6(恋ト幻/rentogen)」を弾き語りで披露。シンプルなオープニングながら、存在感のある歌声で場内を包み込んだ。背後には幻想的な映像が映し出され、視覚的にもにグッと引き込まれていく。幻想的な1曲目が終わると、バンドのメンバーがステージに登場。歪んだギターが持ち味のhiro(te')(G)、鳥石遼太(B)、高垣良介(Dr)、そして野村慶一郎(Key/Mani)という、これまでも有村のソロライヴを支えてきた気心の知れた仲間達だ。今回はこのバンドスタイルで、『デも』の旅が始まる。

2曲目以降も楽曲が淡々とプレイされていく。郷愁感のあるポップチューン「くるおし花/kuruoshihana」や「魔似事/manegoto」、懐かしい記憶を呼び起こされるような「鍵時計/kagidokei」、そして「日没地区/nichibotsuchiku」など温かみのある曲、さらには「19罪/jukyusai」のようにシューゲーザーが色濃く出たものなど、聴き応えのあるサウンドで聴き手を酔わせていく。各曲の良さを際立たせていたのは、やはり背景に映し出される映像や、印象的な照明だった。本編ラストの「幻形フィルム/genkeifirumu」が終わると、スクリーンには“終”の文字が浮かび上がる。ツアータイトルが示すように映画を思わせるような粋な演出で、1本の映画を見たような感覚を味わえた。

このあと、観客のアンコールに応え、有村は再びステージに登場。本編の緊張感から解かれ、リラックスした空気の中で演奏を楽しんだ。ダブルアンコールに応えた彼は、「初日は緊張の連続でしたけど、やっと俺の正月が来たって感じです」と語り、ステージ上でメンバー達と升酒で乾杯するひと幕も。

ちなみにアンコールでは、ツアー中に選曲をどんどん変えていくようで、中には進化していく曲や、もしかしたら新曲が聴ける公演もあるかもとのこと。ある意味、このツアー自体が変化に富んだロードムービーのようなものなのかもしれない。このツアーの締めくくりは3月6日のマイナビBLITZ赤坂。楽曲達が各地で磨かれ、どう進化していったのかを聴くのが待ち遠しい。また、当日は有村竜太朗自身のバースデーでもある。滅多にないタイミングなだけに、記憶に残る日になりそうだ。


◆ライヴ情報
有村竜太朗 TOUR2019 「デも/demo #2」-Road Show-
2019年1月06日(日) HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3(埼玉県)
2019年1月11日(金) NAGOYA ReNY limited(愛知県)

2019年1月13日(日) バナナホール(大阪府)

2019年1月14日(月祝) KYOTO MUSE(京都府)

2019年1月19日(土) 金沢 AZ(石川県)

2019年1月20日(日) 長野ライヴハウス J(長野県)

2019年1月26日(土) 横浜 7th AVENUE(神奈川県)

2019年1月27日(日) 千葉 LOOK(千葉県)

2019年2月01日(金) Club SWINDLE(秋田県)

2019年2月02日(土) MACANA(宮城県)

2019年2月09日(土) 旭川 CASINO DRIVE(北海道)

2019年2月10日(日) 札幌 COLONY(北海道)

2019年2月16日(土) 水戸ライトハウス(茨城県)

2019年2月17日(日) HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2(栃木県)

2019年2月23日(土) 鹿児島 SR ホール(鹿児島県)

2019年2月24日(日) DRUM Be-1(福岡県)

2019年3月06日(水) マイナビ BLITZ 赤坂(東京都)


◆有村竜太朗オフィシャルサイト
https://arimuraryutaro.com/

◆Plastic Treeオフィシャルサイト
http://www.jrock.jp/plastictree


アーティストタグ

Plastic Tree・有村竜太朗 | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

Plastic Tree・有村竜太朗 | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

Plastic Tree・有村竜太朗 | 関連MOVIE

関連動画はありません。
COVER ARTIST MOVIE
ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル番組表
EVENT
HYSTERIC CIRCUS 2019 -春の乱-
HYSTERIC CIRCUS 2019 -BAD PARTY-
MONTHLY LIVE CALENDAR
2019年03月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■Waive TOUR Wave to Waive
Waive
■FAN'S BEST ALBUM TOUR「This is DaizyStripper」
DaizyStripper
■Human Dignity TOUR
摩天楼オペラ
■umbrella 9th anniversary All songs oneman 【Chapter.8「全部」 】
umbrella
■defspiral SPRING TOUR 2019 Count down to 9th Anniversary 『THE NINTH GATE』
defspiral


配信代行サービス
ニュース投稿