NEWS



12月21日(金)21時よりwyseの公式チャンネル「ワイズの時間 vol.23」放送決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
グラビティが「人狼ゲーム」のリリックムービーを公開! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
cali≠gariのベーシスト・村井研次郎『Aqualander』が日本テレビ「MIDNITEテレビシリーズ」エンディングテーマ曲に決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
JACK IN THE BOX 2018 ~LAST BUDOKAN~ シド大トリでの出演が決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
KHRYST+会場限定リリース「BASALT」の配信スタート!来年1月には海外配信も決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
バーティカルプラットフォーム「VisUnite」、11月度マンスリーランキングの結果を公開! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
歌姫Kaya、スペシャルカヴァーアルバム『DRESS』を制作するクラウドファンディングに挑戦!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
キズ、NEW SINGLE『0』のMusic Video、過激な内容につき規制バージョンを公開 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
幻のバンド"Frantic EMIRY"が再始動!? | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
新プロジェクト"BLUEVINE"、序章となるファンミーティング&初ライヴ開催決定安&SPOT解禁! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」

2018.12.05 15:27

【ライヴレポ】葵-168-「三角形の解き方」ツアーファイナルレポート 「キミたちの毎日が笑顔になりますように」


葵-168- 葵-168-
葵-168-が東名阪ツアー『葵-168- winter tour「三角形の解き方」』 のファイナル公演を12月1日に東京・渋谷Star lounge で開催した。


約4年半ぶりのミニアルバム『ニュークラシック』の冒頭のナンバー「eureka」がSEで流れ、ハンドクラップに迎えられてサポートを務めるsebastian(BULL ZEICHEN88)、IPPEI(femt/絶対的メメント/ex-FEEL)、NAOKI(ex-Kagrra,/FANTASISTA)、YUKI(Versailles)のツワモノの楽器陣が全員シックなスーツ姿で登場。葵が勢いよく煽ってライヴはギターリフが際立つアグレッシブなナンバー「MUSIC」からスタート。ジャンプするフロアーに笑顔でマイクを向けつつ、前半から攻めの姿勢。新作からの楽曲が次々に放たれ、「雪月花」では今はもう届かない愛する人への想いと後悔の念を突き刺すようなボーカルで届けた。かと思うとジャジーな「アザレア」では女子目線で報われない恋の切なさを哀感たっぷりに表現。『ニュークラシック』の中で最も闇深くも美しいナンバー「水葬」では葵の熱唱と身体全体で葛藤を表現するパフォーマンスにフロアーも息を呑むほどだった“愛なのか? それとも罪なのか?”。狂気をはらんだ歪んだ愛の形を歌った曲はひときわ強烈な印象を残した。音楽活動を再開する前に役者、声優の世界に身を置いていた葵だが、男と女、陰と陽の間をスイッチを切り替えるように行き来する葵の歌、曲によって変わる表情にはその経験が確かに活かされていた。そして、やんちゃでありながら大人ならではの深みのある緻密なプレイで葵を支える楽器陣のプレイも聴きどころ満載だ。

中盤には嬉しいサプライズも。
「今回のツアーのために夢人(ベル、彩冷える)と作った曲を聴いていただきたいと思います」と本ツアー初公開の新曲が披露された。コール&レスポンスで盛り上がった「CANDY」を経て、MCではツアー中のエピソードも。大阪公演でギターのsebastianの誕生日をお客さんが全員、sebastianお面をかぶって
サプライズで祝ったという話で沸かせ、場内もほっこりムード。ソロプロジェクトでありながら、メンバー全員がバンドのような意識を持っていることがやりとりからも演奏からも伝わってきた。

タオルを振り回す「beauty girl」を皮切りにライヴは一体感の方向へとシフトしていく後半戦へ。葵がシャウトし、パンクでエッジのあるナンバー「魔が刺す」では毒のある歌詞をユーモラスな振りをまじえて楽しませ、本編ラストは葵が音楽に向かい合う新たな決意と大切なファンへのメッセージを込めた「ニュークラシック」で締められた。

アンコールでは、まず葵1人が登場。彩冷えるとMASK(第1期ボーカル)が起動するという(両バンドとも2019年にライヴが予定されている)運命めいたタイミングに情緒不安定になりそうだと笑いながらも感謝し、「来年はもっとんがっていこうと思います」と宣言。「誰にどう思われようが関係なく、自分が伝えたいものを作ってライヴをやっていきます」と伝え、グッズのジップパーカーに着替えたメンバーを呼びこみ、ミラーボールの光が反射する中、この季節にピッタリの切ないバラード「雪のシャワー」をしっとりと歌いあげた。そのあとはベースのNAOKIがセンターに立ってアンコールで聴きたい曲をみんなに叫んでもらい、声を聞き取って演奏する曲を決めるというリクエスト方式。本編でも披露された「水葬」、2013年のライヴで無料配布されたCDに収録されていた「メメントモリ」、ツアーのために作られた新曲、「ニュークラシック」がアンコールの開放感のある雰囲気の中、歌われた。
ラストナンバーは「キミたちの毎日が笑顔になりますように」という言葉とともに届けられた「スピカ」でみんなの歌声と笑顔が溢れるエンディング。

2019年の春に故郷である群馬でワンマンライヴを行うことも予告され、来年もいい曲を作り、いいライヴをし、みんなを笑顔にすると約束してステージを去った葵。ボーカリストとして表現者としていっそうの飛躍が期待できそうだ。



◆セットリスト
葵-168-
winter tour「三角形の解き方」
2018年12月01日(土)東京 渋谷スターラウンジ

SE:eureka
M01.MUSIC
M02.破軍の時
M03.雪月花
M04.アザレア
M05.水葬
M06.メメントモリ
M07.新曲(未発表曲)
M08.CANDY
M09.beauty girl
M10.Dancin’Viper
M11.Break out
M12.魔が刺す
M13.サヨナラセカイ
M14.ニュークラシック

ENCORE
En1.雪のシャワー
En2.水葬
En3.メメントモリ
En4.ニュークラシック
En5.スピカ

◆葵-168-「MUSIC」MusicVideo
◆リリース情報
New Album「ニュークラシック」
2018年09月26日(水)発売
【初回限定盤】
TKCA-74698 / ¥2,315(税抜)
[収録曲]
<CD>
01. eureka
02. MUSIC
03. CANDY
04. アザレア
05. 水葬
06. 魔が刺す
07. ニュークラシック
08. beauty girl(Extra Track)
09. Break out(Extra Track)
10. 破軍の時(168 ver.)(Extra Track)

【通常盤】
TKCA-74699 / ¥1,852(税抜)
[収録曲]
<CD>
01. eureka
02. MUSIC
03. CANDY
04. アザレア
05. 水葬
06. 魔が刺す
07. ニュークラシック

◆ライヴ情報
【彩冷える「バージンスノーカラー'07>>'19」】
2019年01月01日(火)高田馬場AREA
OPEN 18:00 / START 18:30

【彩冷える「Virgin Snow Color -Final Season-」】
2019年01月12日(土)お台場Zepp Tokyo
OPEN 16:45 / START 17:30 / END 20:00(予定)

【MASK「15th ANNIVERSARY YEAR LIVE『生還祭-2019-』」】
2019年03月03日(日)TSUTAYA O-EAST
OPEN 16:45 / START 17:30

◆葵-168- オフィシャルサイト
http://www.aoism.com/



アーティストタグ

葵-168- | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

葵-168- | 関連MOVIE

関連動画はありません。
COVER ARTIST MOVIE
ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル
2018年12月 ViSULOGチャンネル番組表
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2345678
91011
12
131415
161718
19
202122
23242526272829
3031
EVENT
ViSULOG 8th ANNIVERSARRY
HYSTERIC CIRCUS 2019 -Bräymen×Leetspeak monsters
MONTHLY LIVE CALENDAR
2018年12月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■ダウト単独公演ウインターサーキット2018「威吹fes:クリスマス近いけど全く関係ない神聖なる集会」
ダウト
■Rayflower TOUR 2018 〜Endless Journey〜
Rayflower
■コドモドラゴン 14th Oneman Tour 「没」
コドモドラゴン
■ONEMAN TOUR FINAL「常緑樹-ever green-」
Develop One's Faculties
■DADAROMA IS BACK TOUR「go home」
DADAROMA


配信代行サービス
ニュース投稿