NEWS



TVアニメ「進撃の巨人」オープニングテーマ『Red Swan』、アーティスト名は 『YOSHIKI feat. HYDE』 に正式決定!トレーラー映像初公開!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
逆襲の自作自演屋。単独公演決定!さらに4th・5thSingleリリースを発表! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
Plastic TreeがNew Single『インサイドアウト』のリリースを記念してニコ生特番に生出演!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
INORAN、新作「Override」アートワーク解禁!リリース記念イベント開催決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
CLUB CITTA’30周年アニバーサリーイベント「V-BAND 祭」を開催! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
グラビティ 1周年記念公演!3日と10時間でSOLD OUT!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
YOSHIKIの被災地への寄付が、米・グラミー賞 オフィシャルサイトにニュースとして掲載YOSHIKIの呼びかけにより世界中に広がる支援の輪 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ViSULOGチャンネル】7/24(火)21時30分より『BugLug主催Fes「バグサミ」特番』放送決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ViSULOGチャンネル】8/2(木)20時より『「F×CK C‘MON³ Round12」特番』放送決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
3周年LIVEを大成功に終えたばかりのmitsuより最新情報!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」

2018.04.14 18:00

バーティカルプラットフォームアプリ「VisUnite」、アプリ内ランキング1位「Smileberry」の特別インタビュー公開!


▲画像クリックで拡大
VisUniteの「Pick Up インタビュー掲載 ランキングイベント」にて「Smileberry」が1位を獲得!!


VisUniteさん!僕は2回連続で1位になったので、3回連続で1位になったら、アプリを開いた瞬間のページをロゴじゃなくてMotokiの顔にしてください、お願いします。

VisUniteで実施している「ランキングイベント」で堂々の1位を飾ったのがSmileberry。最新シングル『リリカルドライヴ』も絶好調。8月15日(水)には、渋谷WWWでのワンマンライヴも決定。噂のSmileberryのインタヴューを、ここにお届けします。

Smileberryはなんと8万Loveもいただきました。

――VisUniteさんで圧倒的なパワーを見せ、Smileberryがリスナー支持第一位を獲得。まずは、なぜVisUniteにSmileberryが参加したのか、そこから教えてください。
律:きっかけは、レーベルマネージャーが「こんなサイトあるよ」と紹介してきたことから、「これは面白そうだ」とメンバー内で盛り上がり、そこで参戦を決めた形でした。しかも当時、イベントへオープニングアクトとして出られる企画があり、「Smileberryもそこにエントリーし、そのチャンスを手にしよう」という意識も持って始めたことでした。
――最初から、「俺らが人気を全部持っていっちゃうよ」という意識でのエントリーだ。
律:それくらいの勢いでいけたら良かったんですけど。みなさん頑張っているんで、そこは負けないようにという意識で、今も参加し続けています。
――今回、VisUniteの「ランキングイベント」でSmileberryがぶっちぎりで1位を獲得。圧倒的なファン支持の高さを得て、今回のランキングを手にしました。
律:結果、そうなりましたね。Twitterでいう「いいね」のようなものになるのかな?!。「Love」というハートを、Smileberryはなんと8万Loveもいただきました。
NoA:8万Love注入してもらいました。
律:それ、ものすごい数字ですよね。
理緒:2位のバンドさんとも、だいぶ数字の差がついていたと思う。
律:うちのファンたちが頑張ってくれたということで。
4人 ありがとうございまーす。
――個人ランキングでも、Motokiさんがぶっちぎりの1位を獲得。
Motoki:正直、これまでランキング系の企画には参加したことがなかったのですが、参加したら参加したで頑張ろうと思った。ファンの子たちも、同じく頑張ろうと思ってくれたからこそなんだろうけど。そういう中で、こういった結果が出たのはとても喜ばしいこと。Loveを押してくれたみんなには、マジLoveって感じです。

3月のマンスリーランキングでは、Smileberryのメンバー4人で1位から4位までを独占。

――VisUniteの魅力を、みなさんはどのように受け止めています??
Motoki:写真が中心になっているのが嬉しいのと、応援してくれる人たちが、どれだけ「Love」してくれたかで順位も明確に出るじゃないですか。とても見やすくて使いやすいサイトだなと思います。
――バンド側でも、VisUnite用にいろんなアプローチを仕掛けたのでしょうか?
理緒:VisUnite内でも画像や文章を投稿出来ることから、Twitterとも連携させながら投稿を行えば、VisUniteのアプリにも注目してもらえるようなアプローチをつねに形作ってきたことで、結果的にたくさんのLoveをいただけるようになったんだと捉えています。
――個人のランキングでも、4人とも上位へ食い込んでいましたよね。
律:3月のマンスリーランキングでは、Smileberryのメンバー4人で1位から4位までを独占。あのときは本当に嬉しかったですね。
――今やSmileberryは、VisUniteの顔的な存在じゃないですか。
律:だからこそ、もっともっとVisUniteさんにはSmileberryを推してもらわないと(笑)。ぜひ、レギュラーで「VisUnite Fest」に出させてください。
僕らSmileberryも、6月20日にTSUTAYA O-EASTで開催になる「VisUnite Fest Special Edition Vol.3」のオープニングアクトを賭けた戦いにエントリーしているんですけど。「アプリ内ランキング」では第一位を獲得出来たからこそ、このまま5月17日に渋谷REXで行われる「6/20@TSUTAYA-O-EAST公演出演を賭けたガチンコ動員バトル」でも動員1位を獲得し、しっかり結果を残したいし、そのために今頑張っています。今回も結果を出せたら、ぜひレギュラー枠として認められるようになりたいなと僕らは本気で思っています。
Motoki:今は「VisUnite Fest Special Edition Vol.3」のオープニングアクトを勝ち取ろうという企画にエントリーして頑張っています。だけどその前には、「Loveを推した数上位5名がチェキをもらえる」という企画にも参加し、そこでもSmileberryは1位になり、ファンのみんなへ還元出来ました。みんなが頑張ってくれた想いを、こういう形を見せることで返せるのって良いですね。
――Smileberryって、VisUniteに参加して以降、エントリーした企画ごと、すべて1位を取っているんですね。
Motoki:僕ら、2回連続で1位を獲得しています。
――今後も、いろんな企画に参加していこうという気持ちでしょうか??
Motoki:そうですね。VisUniteの企画って参加し甲斐があるというか、エントリーしながら頑張れること自体が楽しいんですよ。
――Smileberryが1位伝説をどこまで続けられるのか、そこにも興味がありますからね。
Motoki:次のエントリーで、速攻終わったりしてね(笑)。

「こういう子たちが、俺たちのために頑張ってくれているんだな」とアーティスト側もわかるように、それがとても励みになっています。

――VisUniteへの参戦の反響も、いろいろ返ってきています??
NoA:Twitterのフォロワー数は増えました。ライヴの動員も着実に増えている気がします。
理緒:嬉しいのが、VisUniteのサイトを開くと、そのランキングごとに「ランキング上位を獲得しているバンド」がトップページへバーンと登場するんですね。だから、上位に入れているときほど、いろんな人たちの目にSmileberryの存在を届けていけるのが嬉しいんです。
――それだけファンの方々のSmileberryへの熱狂度がすごいということだ。
Motoki ホント、そこは嬉しい限りです。
律:VisUniteには、ファンの方の投票したLove数を集計したランキングもあります。そこを見るたびに、「こういう子たちが、俺たちのために頑張ってくれているんだな」とアーティスト側にもわかるから、それがとても励みになっています。
実際にライヴ会場でも、ステージ上から「あっ、あの子だ」と応援してくれてる子たちのことがわかるように、それが僕らにとっても嬉しいこと。ファンの人たちの頑張りが一番わかりやすくバンド側へ伝われば、それを反映しているのがVisUniteのように、そこも嬉しいことなんです。
――これからも、Smileberryはずっと参戦し続けるわけですよね。
理緒 そうですね。いつかレギュラーバンド化になるためにも、何回だってエントリーしながら、何度も挑戦し続けたいなと思っています。何事もまずは、僕らの頑張りを見せたうえでのことかなと思いますからね。
律:そうだね。動員支持に関しては、5月17日に渋谷REXで行う動員を通しての勝ち抜きを賭けたイベントを通し、具体的にVisUniteを通しての成果が見えるんじゃないかとも思っているように、そこでの結果もとても楽しみにしています。

「Smileberryが最初に掲げたコンセプトを、もう一度しっかりみんなへ伝えたい」、それを表現出来たシングル作品になった。

――3月には、シングル『リリカルドライヴ』が発売になりました。とても勢いを持って攻めゆく楽曲じゃないですか?!
律:むしろ、勢いしかないです(笑)。今のバンドのモードとして、そのスタイルで攻めたかったのもあるんですけど…。
Motoki:久しぶりにこういう攻撃的なサウンドの楽曲をリリースできたのが、嬉しいこと。歌詞の内容も含め、Smileberryの色をしっかり前へ出せた楽曲になったと思います。
律:確かに楽曲は激しいですが、歌詞に込めたメッセージは「バンドの原点回帰」となる想い。「Smileberryが最初に掲げたコンセプトを、もう一度しっかりみんなへ伝えたい」、それを表現出来たシングル作品になったと思います。
Motoki:『リリカルドライヴ』を聴いた友達のバンドマンたちからは、「この曲、Motoki節が出まくってるね」とも言われます。
――その言葉は嬉しいんじゃないですか。
Motoki:そうですね、久々にMotoki節を出せたなぁと、自分でも思いますからね。
――今のSmileberryは、より攻めの姿勢を強くしていこうという意識なのでしょうか。
Motoki:これまで綺麗にまとめようとし過ぎていた面もあれば、今のSmileberryは荒々しさこそがライヴ映えしていくと思っているように、楽曲でもライヴでも、そこの部分をもっともっと出していきたいなと思っています。
理緒:C/Wには僕が作った『アイリス』を収録しています。その曲は、今までのSmileberryにはない、少し切ない楽曲なんですね。「メンバーチェンジして以降のSmileberryは、こういうことも出来るんだぞ」というのを、まずは新メンバー自身で提示したかったので、新たなSmileberryの色もC/Wには描きました。
NoA:そこ、大事だよね。『リリカルドライヴ』は、前作の『Greed Prince』に比べたらシンプルで疾走感があるように、今年は、この曲をきっかけに飛躍の年にしていきたいと思っています。
――先にも語っていましたが、ロックなモードを打ちだしてゆくところが、今のSmileberryのスタイルなんでしょうね。
律:そうなんです。サウンドに関しては、4人になって身が軽くなったというか、やれることがいろいろと増えました。それもあって、いろんなことへ挑戦しつつも、バンドの核にあるコンセプトは変えずにみんなで突き詰めよう。そういう気持ちが生まれたことから、今回の表題曲にはロックな姿勢を打ちだしながらも、歌詞へはSmileberryとしての原点回帰を打ちだそうという意識で制作をしていきました。ただし、C/Wに関しては新たな挑戦を見せようと、そこを理緒が担当。二つの表情を上手く共存させることの出来たシングルになったなと思います。

僕のBirthday Liveは、ファンクラブの仲間たちとの決起集会みたいなもの。

――最近、オフィシャルファンクラブ「Club Smiley!!」が立ち上がりました。
律:おめでたいですよね。「Club Smiley!!」では、ファンクラブ限定コンテンツをいろいろと用意しています。と言いながらも、まだ立ち上がったばかりなので、今はファンクラブでしか見れない写メやライヴ写真などを公開しています。独自コンテンツはこれからどんどん増やしていけるように、いろいろと準備中です。
理緒:ファンクラブ限定で見れる企画動画を掲載したいなと思って、いろいろと計画を進めているところです。
律:これまではCD購入者特典でやっていた動画をこれからはファンクラブ専用として投稿したりなど、アイデアはいろいろとあり、それをどう今後サイト内で構築していくか。とにかく、いろんなことをやっていきたいですからね。僕たちも今、さまざまなアイデアを巡らせており、これからどんどん具現化していきます。
NoA:せっかくお金を払って加入してもらったんですから、それ以上の想いや楽しさを届けられたらなぁと思って、水面下でいろいろと計画を進めています。
――すでに、律さん絡みで嬉しい発表もしていますよね。
律 そうなんです、僕のBirthday Liveをファンクラブ会員限定で開催します。せっかくファンクラブを立ち上げたわけですから、会員の人たち限定で触れ合いたいじゃないですか。そのための最初のアクションを投げたいなと思い、この企画をスタートさせました。
今回は僕のBirthday Liveですけど。ファンクラブ限定ライヴは、ちょこちょこやっていきたいなと思っています。Smileberryにとって今回の僕のBirthday Liveは、ファンクラブの仲間たちとの決起集会みたいなもの。だから、イベントのタイトルも「初夜」にしたわけなんです。ちょっと卑猥な感じですけど(笑)。
――他にも、どんなことをやってみたいですか??
Motoki:ファンクラブのみんなとバーベキューはやってみたいなと思いますね。現状では泊まりがけの旅行まで規模を広げることは難しいので、せめて日帰りで楽しいことはしたいなと思っています。
――そういう深い関係性をSmileberryは大切にしているからこそ、VisUnite内のランキングでも1位を獲得しているんでしょうね。
Motoki:かもしれないですね。最近、なんかの雑誌で見たんですけど。今では有名なアーティストさんたちだって、売れるまではファンたちとの距離感をなるべく縮められるよう、触れ合える機会があったら積極的に互いの壁を無くす努力を続けてたと言ってたんですよね。だけど今って、ぜんぜん売れてもないくせにファンたちとの壁を作り、売れてるアーティスト気取りをしているバンドさんらが多すぎる。僕らは、そうはなりたくないからこそ、極力ファンたちとの距離感や壁を作らないように努力し続けています。
もちろん、入り待ち出待ち禁止など現実問題難しいことがあるのもわかります。それでも、Smileberryは極力変な壁を作ることなく、ファンたちとフランクな関係を保ちながらやっていきたいなと思ってる。
――その距離感を縮めるうえでも、ファンクラブの存在は大きくなりそうですね。
Motoki:そうなんです。僕らは、みんなが近くにいるほうが好きなんで。
――VisUniteでこれだけ熱狂的なファンがいるように、ファンクラブの盛り上がりも期待出来そうですね。
律:嬉しいことに、Smileberryって尽くしてくれるファンたちが多いんです。だからこそ、今回のような結果が出ているんだろうし。そういう子たちへ、ファンクラブを通してもっともっと想いを返していきたい。むしろ、うちらからの恩返しの場としてファンクラブが存在している面もありますからね。

僕はみんなの王子です(棒読み)

――ファンの人たちが尽くしてくれるっていいですね。
律:最高です。
――みなさん、ファンの人たちからすれば王子様的な存在だ。
律:そうでありたいです。
NoA:僕はみんなの王子です(棒読み)。。。僕は、ファンのみんなには頭が上がらないです。
理緒:僕は基本的に頭が上がりっぱなしの存在です。下げてくれるなら、じゃあ、俺は上げようかな的な(笑)。でも、自分で言うのもなんですけど、愛されるキャラだと思います。
律:自分で言うか…。
理緒:憎めない奴です(笑)。
――理緒くんの場合、その発言が厭味に聞こえないからいいよね。
理緒:それが僕なんです。ただ、それも勝手にそうなるというか。基本的に僕のことを嫌いな人って可笑しいと思うんですよ。
律:その発言、なるほどとしか言えない…。
理緒:みんな広めたほうがいいよ、俺のことを嫌いな奴は可笑しいぞって。
NoA:インタヴューを読んだ人、そう広めてください。

このメンバーでもう一段階ステップアップしてゆくためにも。

――8月15日には、ワンマンライヴ「SUPER SMILE 2018」を渋谷WWWで行います。
Motoki ちょうど、現メンバーになってちょうど一年になります。
律:このメンバーでもう一段階ステップアップしてゆくためにも、その日に何が出来るかをしっかり見せていこうと思っています。
Motoki:一つ上を目指すためには、その都度一つクリアしなきゃいけないことがある。それが、今回は渋谷WWWでのワンマン公演になります。
ただし、あまりにも数字ばかりを意識しすぎると、肝心の音楽を楽しめなくなるので、そういう意識は消し去ろうというか。もちろん、たくさんの人たちに観て欲しいのは事実だし、ステップを踏むためには数字も気にしなきゃいけないんですけど。何よりもまずは、「しっかりライヴを楽しませること」を大事にしながら臨もうと思っています。

来てくれるファンたちを楽しませる姿勢に、何も変わりはないので。

――5月17日に渋谷REXを舞台に行われる「6/20@TSUTAYA-O-EAST公演出演を賭けたガチンコ動員バトル」。まずは、ここで動員1位をつかまなきゃ、TSUTAYA O-EASTへの道を手に出来ないわけですよね。
律:そこで1位にならないと意味がないので、みなさんぜひ僕たちをTSUTAYA O-EASTへ連れてってください!!!!
理緒:そこは、目に見える部分だからこそ、とくに気合いを入れて頑張りたいと思います。
NoA:みなさん予定を開けといてください。この日の出演者の中では、一番振りが多いバンドなので、その振りの楽しさを感じていただけたらと思います。
理緒:Smileberryって純粋に曲がいいんで、それを聞きに来るだけでも楽しいと思う。もちろん、ライヴにはライヴの楽しさがあるんだけど、何よりSmileberryは楽曲がいいから気に入ってもらえると思います。中でも、『アイリス』は胸に刺さっちゃうんじゃないですかねぇ。
Motoki:なにはともあれ、来てくれるファンたちを楽しませる姿勢に変わりはないので。
律:Smileberryのライヴはですね、みんなを笑顔にしたい気持ちが強いんですけど。だからと言って明るくキラキラしているだけではなく、僕らは喜怒哀楽の感情を全部わかったうえで表現をしているんですね。理緒が作った『アイリス』だって哀の表情ですし、全部が全部喜んでいる歌ではない。そういう喜怒哀楽があるから笑顔があるんだよというのを、Smileberryのライヴに来てもらえれば感じてもらえるだろうし、そこを伝えていけるバンドに僕らはなりたいです。
――最後に、VisUniteさんへの要望とか期待とかをお願いします。
Motoki:VisUniteさん!僕は2回連続で1位になったので、3回連続で1位になったら、アプリを開いた瞬間のページをロゴじゃなくて俺の顔にしてください、お願いします。VisUniteの横に俺でもいいし(笑)。ぜひお願いします。


TEXT:長澤智典


◆アプリ概要
アプリ名:VisUnite(ヴィジュナイト)
アンバサダー:YOHIO(ヨヒオ)
対応OS:iOS(iOS7 以上)、Android(4.03 以上)
利用料金:無料(アプリ内課金あり)
ダウンロード URL:
[「VisUnite」iOS 版ダウンロード URL]
https://itunes.apple.com/us/app/vu-ijuaru-xipurattofomuapuri/id1156748781?mt=8
[「VisUnite」Android 版ダウンロード URL]
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.visunite.vunite

[オフィシャルサイト]
http://visunite.com/
[オフィシャルTwitter
https://twitter.com/VisUnite


◆VisUnite 機能説明
VisUniteはヴィジュアル系アーティストが投稿した写真・動画の閲覧、
ユーザーからのLO▼U(応援)でアーティストを応援するユーザー参加型のSNSアプリ。
アプリに参加しているヴィジュアル系アーティストはLO▼U数(応援数)に応じてイベントの出演機会・雑誌/CM広告の出演などバンド活動に必要な機会を手にする事ができる。
またユーザーにも使用したLO▼U数(応援数)に応じて、VisUniteから特別なプレゼントを提供する。
「VisUnite」のアンバサダーには、ヴィジュアル系アーティスト”YOHIO”を起用している。


◆Smileberry オフィシャルサイト
http://smileberry.jp/

◆Smileberry オフィシャルTwitter
https://twitter.com/Smileberry_info


アーティストタグ

Smileberry | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。
COVER ARTIST MOVIE

UPDATE

ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル
今月のOPテーマ曲
【-ハロミュジック- / ユナイト】
EVENT
混ぜるな危険ツアー 2018 supported by ViSULOG
混ぜるな危険ツアー 2018 supported by ViSULOG
MONTHLY LIVE CALENDAR
2018年07月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■The reproduction 7th anniversary 『FALLING』
sads
■15th Anniversary Year Special LIVE CAFE TOUR 2018 「ラグニャロク」
アンティック-珈琲店-
■TOUR’18 「Xlll -THE BEAUTIFUL NIGHTMARES-」
lynch.
■Kra LIVE 【 週末ヒーローズ2018 ~出張編~ 】 ~少年ジャンプナイト~
Kra
■A9 ONEMAN TOUR 2018「STAIRWAY TO MARS」-火星への招待-
A9


配信代行サービス
ニュース投稿