NEWS



10月28日大阪なんばHatch公演での活動休止を宣言したFEST VAINQUEURが、バンド第3期として最後の作品となるMini Album詳細を発表! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
グラビティ1周年%リクト。Birthday ONEMAN LIVE「向き合いたい!!」ついに情報解禁!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ライヴレポ】『MUCC 2018 ~復活の夜~ The WALL-CRIMEorDESTROY-』2018.5.21&22 Zepp Tokyoライヴレポ | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
忘れないで欲しい足掻いた跡を。ラヴェーゼ、7月に最新シングル『零ノ鼓動』を発売。6月8日の主催ライブで会場先行リリースも決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
ユナイト、フルアルバム「NEW CLASSIC」のジャケット写真&収録詳細を公開 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
九州若手最有力バンド『LUCIFER』が2nd Single『蝕独』リリース&最新ヴィジュアルを解禁 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
6月21日(木) 愛知北FM United North、THE FACE(M@SAKI)のコーナーこむぎのあにびじゅ! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
『2018年サンリオキャラクター大賞』中間発表でなんと3位にランクイン!“実在の人物”がモデルのキャラクターが前代未聞のチャートイン!世界中からの応援を味方につけ yoshikitty1位も射程圏内に! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
Rayflower、5/26〜公開のコードギアス劇場3部作『コードギアス 反逆のルルーシュⅢ 皇道』挿入歌「螺旋のピース」配信決定!今夜メンバーが出演するラジオで初オンエア! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【DEXCORE】6月27日(水)リリースシングル「NEW ERA」SPOT解禁!! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」

2018.03.20 11:52

【ライヴレポ】<Eins:Vier Tour 2018“Searching For You”>3月18日@目黒鹿鳴館の模様をお届け!


▲画像クリックで拡大
1999年の解散以降、何度か復活ステージを行なったこともあるEins:Vierだったが、2018年、本当の最後となるツアーをスタートさせた。それが3月17、18日に目黒鹿鳴館から始まった<Eins:Vier Tour 2018“Searching For You”>。


メンバーは約1年前、このツアーを計画。それにあたり、セルフカバーベストもレコーディングしている。インディーズ時代も含め、約10年間に生み出した楽曲の中から当時のライヴでのキラーチューンを軸に選曲、再レコーディングしたのが3月14日にリリースされた『Searching Red Light』だ。

3月18日、目黒鹿鳴館2デイズの2日目にあたるライヴは、そのセルフカバーベストにも収録されている「Not Saved Yet」からスタート。最後のツアーというと、やはり寂しさが付きまとうもの。しかしフロアから起こる温かい拍手には、感謝の思いが十分に込められ、それを浴びるHirofumi(Vo)、Yoshitsugu(G)、Luna(B)の3人もまた、感謝の気持ちで一音ずつ、一言ずつを丁寧に紡ぐ。客席を埋め尽くすファンはもちろん、ステージのメンバーからも自然に優しい笑顔がこぼれていった。

「Searching For You!会いたかったです。思いっきり心、全開で楽しみましょう」――Hirofumi

その言葉に、共に歌いながらEins:Vierを楽しむファン。新曲はないから、すでに気持ちにも身体にも浸透している曲ばかり。ファンにとって、それぞれの曲と並走するあの日あの時の思い出だって蘇ってくるだろう。
しかし懐かしさに浸ってばかりもいられない。なにしろ、Eins:Vier解散以降もミュージシャンとしてキャリアを重ねているメンバーだからこそ、説得力あるプレイが放たれ続ける。また、一度、Eins:Vierから離れて客観的な視点も働いたからこそ生まれる新たなアレンジも、自然に散りばめられている。そして、これが最後のツアーとメンバー自身が決めたから、曲それぞれに向けた愛情も並大抵のものではない。それらが絡み合いながらライヴは熱気を帯びていく。

「俺ら東京で初めてライヴやったのもここ鹿鳴館。それから何度もやったり、大雪でお客さんが誰もおらんかったライヴもあったり、ここではいろんなことがあった。そこから何十年経って、また鹿鳴館で2デイズやるって凄いことやな。ほんま、感謝しかない。鹿鳴館、ありがとう。そしてライヴは残り11本。1曲1曲、一瞬一瞬を噛み締めながら、最後、O-WESTでどんな気持ちになるのか分からないけど、見届けに来てください」――Luna

約2時間に及んだこのライヴで、セルフカバーベスト『Seaching Red Light』に収録されている全10曲はもちろん、バンドの歴史を彩ってきたナンバーの数々を披露。ツアー各地では、この日にプレイされなかった曲も用意されているようだ。また2デイズの会場では、各日で異なるセットリストになるという。ツアーは5月12日まで続く他、バンドの盟友でもあるGargoyleと共同主催によるライヴ「ZERO CRASH」(オープニング・アクト=Valentine D.C.)を4月29日(日)に下北沢GARDENで行なうことも決定している。

またライヴ会場では、ライヴDVD付き『Searching Red Light』の限定盤、メンバーの対談なども掲載したツアー・パンフレットなども発売中。


◆ライヴ情報
【Eins:Vier Tour 2018“Serching For You”】
2018年03月24日 札幌COLONY
25日 札幌COLONY
2018年04月01日 仙台enn2nd
2018年04月07日 名古屋Club UPSET
2018年04月08日 名古屋Club UPSET
2018年04月14日 OSAKA MUSE
2018年04月15日 OSAKA MUSE
2018年04月21日 福岡DRUM SON
2018年04月22日 福岡DRUM SON
2018年05月12日 渋谷TSUTAYA O-WEST

【Gargoyle & Eins:Vier presents 2 MAN LIVE“ZERO CRUSH”】
2018年04月29日 下北沢GARDEN

◆セットリスト
<Eins:Vier ”Tour2018 Searching For You”>2018年3月18日@目黒鹿鳴館セットリスト
01. Not Saved Yet
02. 碧い涙
03. For love that is not love
04. The solitude song
05. 花の声
06. メロディー
07. 街の灯
08. Passion
09. Nursery Tale
10. Words for Mary
11. Notice
12. Bravo
13. The Prayer
14. Lesson
15. in the Void Space
16. Dear Song
En01. I Feel that she will come
En02. In your dream

TEXT:長谷川 行信
PHOTO:柴田 恵理


◆Eins:Vier オフィシャルサイト
https://eins-vier.wixsite.com/eins-vier


アーティストタグ

Eins:Vier | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

Eins:Vier | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

Eins:Vier | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

Eins:Vier | 関連MOVIE

関連動画はありません。
COVER ARTIST MOVIE
MOVIE INTERVIEW

UPDATE

ViSULOGチャンネル
ViSULOGチャンネル
今月のOPテーマ曲
【Revenger - 暗闇の復讐者 - / Psycho le Cému】
EVENT
混ぜるな危険ツアー 2018 supported by ViSULOG
混ぜるな危険ツアー 2018 supported by ViSULOG
MONTHLY LIVE CALENDAR
2018年05月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■KiTELA Records×ID-JAPAN present - モルヒネりん 生誕祭「りん爆誕~倫道忘却絶狂祭~」
KiTELA Records×ID-JAPAN presents. モルヒネりん 生誕祭 「りん爆誕~倫道忘却絶狂祭~」
■Lebens Ende東名阪主催TOUR FINAL - 「 殺 戮 祀 巡 業 」 ~名古屋奴隷化計画~
Lebens Ende / ジャイロ / CieLGraVE / DELUCIDE / Re:Яays / ペンデュラム / Free Aqua Butterfly
■NIL UNDER RAIN主催THE SUMMITVol.4
嘲笑う世界に、復讐を。強いテーマ性を掲げるNIL UNDER RAINの8大連続主催"THE SUMMIT."の第四弾。
■灼熱するダリア
DARIAN MARIAN/SARIGIA/SHeepSLeep/LANTANA/モンストロ/マーブルヘッド
■紅ク染マッタ記憶 vs UNDER FALL JUSTICE - ツーマン「血界戦線 Vol.2」
紅ク染マッタ記憶 UNDER FALL JUSTICE


配信代行サービス
ニュース投稿