NEWS



2018.01.27 14:11

【ライヴレポ】有村竜太朗、2018年もソロ活動健在、進化した実験的全国ツアーが盛況のまま終幕


▲画像クリックで拡大
Plastic Treeのボーカリスト、有村竜太朗が初の個人作品集『デも/demo』をリリースしたのが2016年11月のこと。大事に温めていた未発表曲をつめ込んだ作品には、彼らしい繊細さがあふれていた。翌年1月には初のソロツアーも行い、音源の世界観を再現。それからほぼ1年後の2018年1月――。この“デも”というプロジェクトは、次の段階へと進んでいったのである。


1月7日の恵比寿LIQUIDROOMを皮切りに“有村竜太朗 TOUR 2018 「デも/demo -beyond that point-」”と銘打った全5公演のツアーを展開。今回は会場限定のシングル「op.7」も発売して、新曲をまじえた内容となった。各公演は大盛況で、最終的には1月23日の千葉LOOKと1月26日の代官山UNITの追加公演「デも/demo -Polymerization Night-」も実現。全行程の最終公演となる1月26日の代官山UNITでは、完成度を増した楽曲たちを聴くことができた。ライヴは2部制で、1部はアコースティック・スタイル。まず有村がひとりでステージに現れ、初音源『デも/demo』の収録曲「恋ト幻」の弾き語りバージョン(=「op.6」)からスタート。このあと、チェロやアコーディオンを加えたバンドメンバーが登場し、『デも/demo』からの曲を中心に披露していく。有村自身のルーツにあるネオアコやフォークへの憧憬がにじみ、繊細で暖かさを感じる時間帯となった。

第2部はバンドサウンドで、熱量のあるライヴが繰り広げられる。1部でも披露した「猫夢」や「鍵時計」が、アッパーなナンバーとして、場内の温度を高めていく。1部とは違う空気感で、スリリングなパフォーマンスが印象的だった。

アンコールには追加公演初日の千葉LOOK(1月23日)に続き、Nothing's Carved In Stoneのギタリスト、生形真一が登場。「浮融/fuyuu」では、有村も含めたトリプルギターによる圧巻のシューゲイザー・サウンドを炸裂させ、オーディエンスを盛り上げた。
アンコールのあとも、予定外のダブルアンコールに応えるサービスぶりでツアーを完遂。終演後は新曲「メも/memo」の映像も流され、心地よい余韻を演出した。同じ曲を別の顔で表現する実験は、このツアーでさらに面白いものに進化したように感じられる。
それが有村竜太朗というアーティストに、どんな刺激をもたらし、また音楽性がどう熟成していくのか……この先も非常に楽しみだ。


◆有村竜太朗 オフィシャルサイト
http://arimuraryutaro.com


アーティストタグ

有村竜太朗 | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

有村竜太朗 | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

有村竜太朗 | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

有村竜太朗 | 関連MOVIE

関連動画はありません。
COVER ARTIST MV

UPDATE

ViSULOGチャンネル
ViSULOGチャンネル
今月のOPテーマ曲
【SHADOW / FEST VAINQUEUR】
EVENT
HYSTERiC CIRCUS -春の東名阪2018-
HYSTERiC CIRCUS -春の東名阪2018-
2018.03.31(土) 池袋EDGE / 2018.04.07(土) HOLIDAY NEXT NAGOYA / 2018.04.08(日) OSAKA RUIDO

MORE

MONTHLY LIVE CALENDAR
2018年02月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■「THE CYCLE OF REBIRTH」
Angelo
■己龍単独公演「酒井参輝生誕祭」
己龍
■BugLug Special Limited LIVE 2Days「HICCHAKA」-ASOVIP&オフィシャルモバイルサイト 会員限定-
BugLug
■15th Anniversary Year Special LIVE CAFE TOUR「僕らの奇跡の合言葉は“ニャッピーo(≧∀≦)o”」~カフェっ仔は全員集まれ~
アンティック-珈琲店-
■摩天楼オペラ 10th Anniversary 「PANTHEON TOUR -overture-」
摩天楼オペラ


配信代行サービス
ニュース投稿