NEWS



2017.08.19 19:28

【ライヴレポ】NOCTURNAL BLOODLUST全国ツアー[TOUR OF GEHENNA 17-18]8月11日渋谷CLUB QUATTRO


▲画像クリックで拡大
2017年8月11日、渋谷CLUB QUATTROにてNOCTURNAL BLOODLUSTによる全国ツアー[TOUR OF GEHENNA 17-18]の幕開けとなるワンマンライブが開催された。

前ツアーのファイナルを飾った4月1日新木場COAST以来となる、待望の国内ワンマンライブ。
真夏に決行される事となった今ツアー。
しかし季節を語るなど、愚の骨頂。
彼らのショウは、いつだって灼熱を極めるのだから。

2017年8月11日(金祝)
渋谷 CLUB QUATTRO
ONE MAN TOUR 「TOUR OF GEHENNA 17-18」

1.Pandemic
2.Last Relapse
3.NG+
4.UNBREAKABLE
5.Punch me if you can
6.Bury me
7.FATE
8.Aster
9.Eveil-Calamity of Victims
10.Trigger
11.EXCEED
12.BREAK THIS FAKE
13.PROVIDENCE
14.I-V-III
15.GENESIS
16.The Strength i Need
17.Malice against

-enc1-
18.Live to Die
19.銃創
20.Obligation

-enc2-
21.V.I.P

新たなツアーの開幕を告げるSEが鳴り響き、五人の登場を待ち望んだフロアから大歓声が上がる。

彼らの1stフルアルバム”GRIMOIRE”の冒頭を飾る「Pandemic」が披露され、最新作[THE BEST 09-17]収録曲を含む、バラエティに富んだ楽曲群がセットリストを彩っていく。
やはりここで見逃せないのは”ワンマンライブならでは”のアプローチだ。

国内随一のシャウトボーカリストとして高い評価を受ける尋(Vocal)だが、「Aster」のようにメロディアスなバラードをも歌い上げるその様は、彼らの幅広い音楽性を象徴しているといえよう。
なおかつ、ハードな長尺セットリストにおいても、決して声を枯らす事なく叫び倒す。
あの鍛え抜かれた肉体がそのパワフルさを生み出しているに違いない!


ステージを縦横無尽に翔けるCazqui(7strings)による、ノスタルジックさを内包したシュレッドプレイは随所で強い存在感を放っており、
轟音の壁を麗しく・激しく創り上げるDaichi(guitar)とのハー モニーにも磨きがかかっている。
この2人の掛け合いが強いタッグ意識の元に成立している事は、「FATE」が顕著に物語っていた。


そして堅実にNOCTURNAL BLOODLUSTのヘビィネスを支えるだけでない、芸達者なMasa(bass)のスラッププレイが印象的な「PROVIDENCE」。
当楽曲では、MVの1シーンを模した尋とCazquiのコミカルな寸劇が垣間見れる。

突如登場したのは...まさかのハリセン。
Cazquiに引っ叩かれる尋。もはやコントである。
先ほどまで「Calamity of victims」で重厚な世界観を披露していたとは思えぬ、シリアスとコミカルの双極性は、このバンドの魅力の一つだ。
前ツアーですっかり定着した印象のあるハイスピードチューン「EXCEED」では、Natsu(drums)の高速バスドラムがウォール・オブ・デスで入り乱れるフロアに鳴り響く。
加速するテンションと共に、印象的なコーラスの大合唱が巻き起こった。
本編ラストは今やNOCTURNAL BLOODLUSTの代名詞である「Malice against」で締め括られ、盛大なアンコールに応えた彼らが披露したものこそが、今回配信リリースされた新曲”Live to Die”である。

※itunes storeリンク
https://itunes.apple.com/jp/album/live-to-die-single/id1272046065

ヘビィグルーヴにエスニックなテイストを加味し、非常にモダンながらも、彼ららしさを追求したハイブリッドな楽曲だ。
アンコールのMCでは今ツアーの追加公演が発表された。

ツアーファイナルは2018年3月10日。
前回に引き続き新木場Studio Coastとなる。
魔王降臨祭など、意味深なタイトルが非常に気になるところだが…
なんにせよ「Live to Die」が各所で披露される事は間違いない。
このツアーを通し、「Live to Die」はいったいどのように成長するだろう。

楽曲の生みの親はバンドだが、育ての親はライブオーディエンスであると言っても過言ではない。
今回の配信音源をゲットして、是非とも彼らの愛する子の『親』となっていただきたい。
この子には、父と母の存在がそれぞれ必要だ。
男女がフロアに入り乱れ、ファン層に隔たりのないNOCTURNAL BLOODLUST。

彼らのワンマンツアーは、まだ始まったばかり。
今なら、まだ間に合う。
配信音源「Live to Die」、そして公演チケットを入手して、NOCTURNAL BLOODLUSTの世界に飛び込もう。
灼熱のゲヘナが、貴方を待っている。

(文:山田”ギガンティック”)
(写真:nonseptic)


◆ライヴ情報
【TOUR OF GEHENNA 17-18」】
2017年08年19日(土)柏PALOOZA
2017年08年20日(日)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
2017年08年25日(金)札幌cube garden
2017年08年26日(土)札幌cube garden
2017年09年02日(土)仙台darwin
2017年09年03日(日)新潟CLUB RIVERST
2017年09年09日(土)TSUTAYA O-WEST《男限定》
2017年09年10日(日)TSUTAYA O-WEST《女限定》
2017年09年16日(土)神戸VARIT.
2017年09年17日(日)名古屋Electric Lady Land
2017年09年23日(土・祝)umeda AKASO
2017年09年30日(土)福岡・DRUM Be-1

【Halloween ONE MAN LIVE 「pump 筋 creature」】
2017年10月31日(火) 渋谷CLUB QUATTRO

【「魔王降臨祭」】
2017年11月28日(火) club asia

【X'mas ONE MAN LIVE 2017' 「Merry Fxxkin' Xmas」】
2017年12月24日(日) Shibuya WWW X

【ONE MAN TOUR 「Inmost of Gehenna」】
2018年02月17日(土) umeda TRAD
2018年02月18日(日) 名古屋 CLUB QUATTRO
2018年03月10日(土) 新木場 Studio Coast


◆NOCTURNAL BLOODLUST オフィシャルサイト
http://www.nocturnalbloodlust.com/

関連NEWS

関連ニュースはありません。

関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

関連MOVIE

関連動画はありません。
2017年09月20日の運勢
ロキ(メリーバッドエンド)
【今日の一言】
いのちをだいじに
A型
ラッキーカラー:似せ紫色
ラッキーアイテム:モウセンゴケ
ラッキーソング:似非占い/アンティック-珈琲店-
B型
ラッキーカラー:錆鉄御納戸色
ラッキーアイテム:理不尽に嫌われても折れない心
ラッキーソング:負けないで/ZARD
O型
ラッキーカラー:まつざきしげる
ラッキーアイテム:具志堅用高
ラッキーソング:青雲のうた/森田公一
AB型
ラッキーカラー:メロン色
ラッキーアイテム:メロン
ラッキーソング:ベリーメロン~私の心をつかんだ良いメロン/若本規夫
今月の告知動画

UPDATE

ViSULOGチャンネル
ViSULOGチャンネル
EVENT
	ViSULOG 7th ANNIVERSARY
ViSULOG 7th ANNIVERSARY
2018.01.19(金) UMEDA CLUB QUATTRO / 2018.01.20(土) 名古屋 E.L.L. / 2017.01.27(土) TSUTAYA O-EAST

MORE

MONTHLY LIVE CALENDAR
2017年09月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■MadWink.PRESENTS - 「漆黒ノ闇」
闇ゴシップ
■<其ノ一>高円寺、空の日、或いは弾き語る動物の9月第3水曜日
ネジ村ネジ太朗/aie
■<其ノ二>高円寺、空の日、或いは弾き語る動物の9月第3水曜日
ネジ村ネジ太朗/aie
■2マンツアー「帰ってきたかずきとよしあつ」 -
ザアザア/DADAROMA
■学校へ行こうスペシャル 水曜日
えんそく/ベル/rice/The Benjamin


ニュース投稿