NEWS



2017.05.10 21:00

【ライヴレポ】モンストロよりお披露目ライヴのライヴレポートが解禁!


まるで怪物のような出で立ちの4人。
あなたはこの『モンストロ』というバンドをご存知だろうか。

明日に新着情報の解禁も控える、Vo.ラキ、Gt.奏音(かのん)、Ba.ゆたら、Dr.遊イ(ゆい)の4人からなる、4月1日に解禁となった新バンドだ。
この”4月1日”という日付が実は彼らにとって一つのキーワード。

4月1日はご存知、嘘をついてもいいとされる、「エイプリルフール」の日だ。
この日、池袋RUIDO K3では、Vo.ラキ・Ba.ゆたらによるユニット、Masqued Liarの単独公演が開催される…予定だった。
しかし、定刻を迎え、幕が開けたそこにいたのは『モンストロ』の4人。
そう、”Masqued Liar”という彼らの姿こそが、4人がエイプリルフールに見せた”嘘”だったのだ。
かくして、誰もが驚く展開の中、『モンストロ』の歴史は足を踏み出した。


現在「De”MonstlloW”tion Pre-ShoW」と称したデモライヴを決行中の『モンストロ』。
既に4月は4本のライヴをこなし、5月から6月にかけては実に8本ものライヴが決定している、スタートからかなりの勢いで飛ばしていくバンドだ。
彼らが完全なる始動を果たすのは6月21日、高田馬場clubPHASEでの始動主催ライヴ「Drink it Up」にて。
同日、6曲入りの1st Mini Album「MonstlloW」もリリースと、盛りだくさんな一日だ。
彼らにとって大切な日となるであろうこの日に向け、この場を借りて前述の『モンストロ』初のステージの様子を振り返りたい。


4月1日。
Masqued Liar 改め『モンストロ』。
現在リリース中の会場限定音源にも収録されている「SPEW OUT」で派手に幕を開けたステージ。。
ラキ(Vo.)が拡声器を片手に荒々しく歌う。
低音が効いた物々しいサウンド、そしてそれと対比するように伸びる艶やかなボーカル。
座りヘドバンや拳など、いわゆる”暴れ系”としての真髄を頭から堂々と見せつける。

続く「焔」では伸びやかなサビのメロディーを、「FAKE2FAKE」では切なさを漂わせた旋律を、野太い音と共に聴かせる4人。
初ライヴだから当然といえば当然なことだが、『モンストロ』の曲はほとんとの人にとって初見のものが多い。
だが、その獰猛で荒々しい中にもキャッチーなメロディーが見え隠れし、その馴染みの良さに体を揺らす人が多く見受けられた。
だがキャッチーなだけではない。バンギャルなら誰しもが胸躍るヘドバンや拳等の展開、アダルティーで聴かせる部分は何よりも徹底して聴かせる「Ms.Black Cat」、Masqued Liarの頃からお馴染みの馬鹿騒ぎナンバー「pap-para-par」等、どんな好みの人にも必ず刺さる部分があるのではないか、と思わされる様々なテイストの楽曲たち。

『代表曲としてずっと温め、そしてこれから育てていきたい』と始まったのは、1stシングル「ビッグマウス・マーチ」。
パーティー感と暴力的なイメージがぐちゃぐちゃに混ざった、モンストロを知るにはうってつけのナンバーだ。
ライヴハウスが凶悪なパーティー会場へと姿を変える。

フロアーを夜の暗闇のような雰囲気に変えるバラード「幻影の星」、ワルツのリズムを取り入れた、一曲の中で様々な表情を見せるスローテンポのナンバー「Broken Doll」、そしてMasqued Liarでもお馴染みの「嘘泣キ少女」と立て続けに披露し、フロアーを様々な色に染める。
ラキの『モンストロはどんな嘘でも飲み込んでやるよ』の言葉から始まったのは「Greedy Monster」。彼らをずっと追いかけているファンからは嬉しい悲鳴が上がる。ゆたら(Ba.)、奏音(Gt.)のそれぞれの特徴を生かしたソロパートが冴え渡る。

Masqued Liarとして音源化され、ファンの間では馴染みの深い「I miss you…Liar」では此処一番の激しいヘドバンが巻き起こり、サビでは歌詞に合わせたフリも見られる。
本編ラストに演奏されたのは「Neo Masquerade」。フロアーの空気を一気に変えるこの曲は、そこにいる全員が踊りだすような大盛り上がりのナンバー。
Masqued Liarからの流れとはいえ、ほとんどの人が初めて観る彼らのステージ。なのにこれだけの人を一気に魅了できるのは、彼らの音がその力を持っているからに違いない。さながら、”魔力”とでも呼びたくなるその力。
そんなことを思わざるを得ないステージだった。


初ライヴ、「ビッグマウス・マーチ」の披露の直前のMCでの一コマ。
『「ビッグマウス」とは「大口を叩く」という意味だけど、一年後にはとにかくどこでもいいや、大きいところでやれたらいいと思ってるんで』と決意を新たにしたラキ。
その言葉が現実になる日を楽しみに、彼らの動向を追うことにしたい。


◆ライヴ情報
【De”MonstlloW”tion Pre-ShoW】
2017年05月01日 新宿club SCIENCE
2017年05月01日 渋谷REX
2017年05月09日 渋谷REX
2017年05月10日 新宿clubSCIENCE
2017年05月18日 HOLIDAY NEXT NAGOYA
2017年05月24日 池袋 BlackHole
2017年05月24日 高田馬場clubPHASE
2017年05月30日 HOLIDAY SHINJUKU
2017年06月12日 HOLIDAY SHINJUKU
2017年06月13日 HOLIDAY SHINJUKU
2017年06月20日 HOLIDAY SHINJUKU


◆リリース情報
会場限定音源『ビッグマウス・マーチ』(2曲入)
※数量限定
¥1,000 (税込)
[収録曲]
01. ビッグマウス・マーチ
02. SPEW OUT

1st Mini Album「MonstlloW」(6曲入り)
2017年06月21日リリース
¥3,000(税込)


◆モンストロ オフィシャルサイト
http://monstllow.com/


アーティストタグ

モンストロ | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

モンストロ | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

モンストロ | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

モンストロ | 関連MOVIE

関連動画はありません。
今月の告知動画

UPDATE

ViSULOGチャンネル
ViSULOGチャンネル
EVENT
	ViSULOG 7th ANNIVERSARY
ViSULOG 7th ANNIVERSARY
2018.01.19(金) UMEDA CLUB QUATTRO / 2018.01.20(土) 名古屋 E.L.L. / 2017.01.27(土) TSUTAYA O-EAST

MORE

MONTHLY LIVE CALENDAR
2017年09月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■Acid Black Cherry 2017 tour Blood History“BLACK×BLOOD”
Acid Black Cherry【live musicians】 Guitar:YUKI(DUSTER-3/Rayflower) Guitar:HIRO(La'cryma Christi) Bass:長野典二(everest/Crack6,etc.) Drums:淳士(SIAM SHADE/BULL ZEICHEN88)
■BugLug 47都道府県TOUR「RESTART WITH A NEW LIFE」
BugLug
■鐘の音三年、ぶらり旅。 - -鐘の音がよく聞こえると雨になる-
ベル
■ペンタゴン 47都道府県 JAPAN TOUR「WONDER:LAST」
ペンタゴン
■5周年記念5DAYS企画ワンマン Putit Review - Back to 2012 ハイドラッグバージン
GOTCHAROCKA


ニュース投稿