NEWS



2017.04.15 12:08

【ライヴレポ】BAROQUE、ワンマンツアー<FLOWER OF ROMANCE>開催を発表。「またもう1歩先に進むからな!」


BAROQUE BAROQUE BAROQUE BAROQUE BAROQUE
▲画像クリックで拡大
結成20周年に当たる2017年に20個の卵の孵化を提示し、それらを20周年の使命として自らに課したMUCC。
現在、20個の内10個の卵が孵化しているが、4月25日に2個の卵が孵化したことを告知した。
BAROQUEが<SKY FITS HEAVEN>と題したワンマンライブを4月13日(木)に東京・TSUTAYA O-EASTにて開催。
そのアンコールで、7月からワンマンツアー<FLOWER OF ROMANCE>を行うことをビジョンを通して発表した。

舞台奥に設置された横長のLEDに星空が広がり、誰もいないステージから「PURIFY」が流れ出すと、サブステージの幕が開いて赤いソファーに座りパフォーマンスする怜(Vo)と圭(Gu)が姿を見せる。
1月に行なったワンマン公演に続く意表をついたオープニングの演出に、会場は熱狂。その興奮を超える勢いでバンドは2曲目の「DREAMSCAPE」から次々と緻密さとグルーヴを兼ね備えたスリリングな演奏を繰り出していく。

いつものKENZO(Dr)に加え、シドの明希(Ba)がワンマンを初サポートするステージ上は、華やかでカッコよく、バンドとしての男らしさも倍増。盟友ならではの息のあった動きやスキンシップ(ライブ後半にはキスも!)でファンを魅了しながら、「Nutty a hermit.」や「メロウホロウ」といったアッパーチューンでは、この4人ならではのエネルギッシュでワイルドに弾けるバンドパワーが生まれ、新しいBAROQUEの一面を見せつける。

「SKY WALKER」からはそれまでとは対照的に、アンビエントな空間にエフェクトしたヴォイスがゆらゆらと揺らめき、天空まで拡散していきそうなサウンドに音像、映像、ライティングすべてをシンクロさせて幻想的な宇宙を場内に構築していく。会場全体が陶酔感に包まれていったライヴ中盤、圭がギターの弦を弓弾きするプレイをこの日初披露したところから始まった「exit」〜「MEMENTO」は見るものすべてを圧倒。
緩急を効かせてダイナミックに爆発していく怜の歌唱とバンド演奏で、大宇宙が一人の人間の生命へと繋がっていることをリスナーに刻み込む。
こうして、アルバム『PLANETARY SECRET』で見せた静謐で哲学的なBAROQUEのコアにある部分も、いまはよりキャッチーに分かりやすくメッセージできることを証明していった彼ら。

「魔女と林檎」から始まった終盤は「ガリロン」、「我伐道」などステージとフロア一丸となってやんちゃに大暴れして、最後は「CELEBRATE」で怜が放つ艶やかなファルセットが無数の小さな光となって、空中に多幸感を散りばめ本編は終了。

アンコールは映像からスタート。
“BAROQUE TOUR”という文字に続いて<FLOWER OF ROMANCE>というツアータイトルが現れた。
フロアから悲鳴が上がるなか、続いて7月23日(日)東京・吉祥寺CLUB SEATAから始まるツアースケジュールが次々と発表されていった。怜は「ワンマンのツアーは久しぶりだから、お前らも一緒に回るしかねぇだろ?」と嬉しそうにファンと喜びを共有。続けて圭は、一つ謝りたいことがあるといって「8月12日、去年に続いて今年も俺の誕生日にライヴがあるから、スタッフに頼んで7月24日(怜の誕生日)も探してもらったんだけど、7月23日しかなかったの。ごめんね。だから、去年怜が俺にプレゼントしてくれたパンツのお返しに、その日はすげーパンツあげるよ。紐と葉っぱの」と約束し、みんなを笑わせた。

さらに、ツアーのスケジュールの最後にあった“and more...”という文字にも触れ、現段階で発表されているライヴは4本だが「まだあるかもしれないよ」と追加公演の存在を匂わせた。また、このツアーでは「新しい曲やりたい。いい曲できたら聴かせるから、全力で曲作るね!」と力強く宣言。
そうして、すべての演奏を終えた後、最後に怜が「俺らはまたもう一つ先に進むから、みんな力を貸してください!」といって圭と一緒にお辞儀をすると、ファンからはあたたかい拍手が送られ、2人は「またね」と手を振りながらステージを後にした。

なお、この日発表したBAROQUEのワンマンツアー<FLOWER OF ROMANCE>。こちらのチケット先行販売時は4月15日(土)12時からイープラスでスタートする。

PHOTO:曽我美芽


◆ライヴ情報
BAROQUE TOUR「FLOWER OF ROMANCE」
2017年7月23日(日) 吉祥寺CLUB SEATA
OPEN 17:15 / START 18:00
info. NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:00~18:00)

2017年8月06日(日) 仙台MACANA
OPEN 17:30 / START 18:00
info. GIP 022-222-9999

2017年8月11日(金) 名古屋MID
OPEN 18:30 / START 19:00
info. SUNDAY FOLK PROMOTION 052-320-9100

2017年8月12日(土) 江坂MUSE
OPEN 17:30 / START 18:00
info. SOUND CREATOR 06-6357-4400

and more...

[チケット料金]
スタンディング ¥5,400 ※ドリンク別

[先行販売]
イープラスプレオーダー抽選受付(PC/携帯)
http://eplus.jp/flower-of-romance/
受付期間:4/15(土) 12:00~4/23(日) 23:59
入金期間:4/25(火) 13:00~4/27(木) 21:00


◆オフィシャルサイト
http://www.pigmy.jp/

アーティストタグ

BAROQUE | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

BAROQUE | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。
2017年05月25日の運勢
愁(BLaive)
【今日の一言】
元気があれば何でもできる。
A型
ラッキーカラー:うすムラサキ
ラッキーアイテム:くつ下
ラッキーソング:Time goes by / Every Little Thing
B型
ラッキーカラー:赤
ラッキーアイテム:ふでペン
ラッキーソング:ふでペン~ボールペン~ / 放課後ティータイム
O型
ラッキーカラー:白
ラッキーアイテム:アイライナー
ラッキーソング:ビロードの闇 / KinKi Kids
AB型
ラッキーカラー:きいろ
ラッキーアイテム:伊勢えび
ラッキーソング:Rising Hope / LiSA

UPDATE

ViSULOGチャンネル
ViSULOGチャンネル
EVENT
HYSTERIC CIRCUS夏の東名阪2017
HYSTERIC CIRCUS夏の東名阪2017
2017.07.07(金) 大阪RUIDO / 2017.07.08(土) 名古屋ell.FITSALL / 2017.07.15(土) 高田馬場AREA
真夏のHYSTERIC CIRCUS
真夏のHYSTERIC CIRCUS
2017.08.10(木) 高田馬場AREA
真夏のHYSTERIC CIRCUS
HYSTERIC CIRCUS 2017 in 夏
2017.08.29(火) 池袋EDGE

MORE

MONTHLY LIVE CALENDAR
2017年05月 LIVE SCHEDULE
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

TODAY'S LIVE SCHEDULE

■『EIGHT'S GAME』
i.Rias/ZON/LeaveLink/くまさん劇団/ルクス/ALGRAD/Free Aqua Butterfly/JILL-PRINCE
■【beauty;tricker】-SS- #12
LEZARD[GUEST]/ASTARIA/アマンジャク。/彩-イロドリ-/逆襲の自作自演屋。/ジャックケイパー/ビバラッシュ
■「@tree showtent.22」
LIPHLICH/ザアザア/ぞんび/シビレバシル/バラライカ/マイナス人生オーケストラ
■47都道府県単独巡業「傀露蒿儡」
己龍
■47都道府県 ONEMAN TOUR『THE AXIA47 -RAVENS CALL-』
Royz


ショップ情報
公演会場
ニュース投稿