NEWS


ユナイト、新曲「ファンファーレ」のMVフルが公開! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
MUCC、2020年11月に行われた無観客配信ライヴ『FROM THE MOTHERSHIP/FROM THE UNDERGROUND』を2枚組で5月4日に発売決定 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
ビジュアル系ラウドロックバンド「アクメ」2021年のライブ第二弾が決定 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ZOMBIE】1年3ヶ月振りの全国5大都市ツアー「-再怪-ツアー編」、チケット¥2,800!一斉エントリー受付開始! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
Angelo、毎年恒例のキリト(Vo)生誕祭ライブ終幕!新たに全国ツアー開催決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【Zooっとともだち】冬眠前ラストワンマン、生配信決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
【ライヴレポ】AKi 無観客配信ライブ第6弾 AKi 2021「Live Stream #06 -Birthday Bash!-」 | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
NOCTURNAL BLOODLUST、5/25(火)・26(水) SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 2DAYS公演開催決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
キズ、初となるベスト盤『仇』 ジャケット・アートワーク&収録内容詳細解禁! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」
DIR EN GREY・Shinya、誕生日前夜にYouTubeにて生配信の開催が決定! | ヴィジュアル系ポータルサイト「ViSULOG」

2021.01.11 12:49

【ライヴレポ】PENICILLIN、コロナ禍後初の有観客ライブを開催!他の追随を許さない圧倒的な存在感は、まさに「不滅の刃」(by千聖)!


コロナ禍以降、無観客ライブ配信という形でライブを届け続けてきたPENICILLINだったが、ようやくこの時を迎えられた。
3人の目の前には、彼らとの触れ合いを待っていた観客たちの姿があった。人数制限もあったことから、今回はPENICILLINのファンクラブ「Quarter Doll」の人たちに限定し、チケットを販売。通常はあまり開放しない2階にも席を設け、限界いっぱいの座席数を用意。それでも観れない人たちがあふれていたこと。そして、様々な理由から会場に来れない人たちのためにと、有観客/配信ライブという形で行なった。


観客たちは、マスクにフェイスシールドを装着しての参加。フロアには椅子を並べ、互いの距離にも配慮した形が取られていた。 正直、窮屈だったと思う。それでも、何時もの光景へふたたび戻るための最初の一歩として、お互いに気持ちを分かち合える環境へ踏みだせたことが素直に嬉しかった。

12月6日(日)、場所はTSUTAYA O-EAST。「PENICILLIN LIVE 2020「pulse&impulse」」と題し、PENICILLINは、コロナ禍以降初の有観客/配信ライブを行なった。タイトルへ「pulse&impulse」と記したように、この日の公演は、コロナ禍中に通販限定で販売した2枚の作品を軸に据えたライブになっていた。

暗くなった場内へ厳かに流れだしたのが、「pulse」へ収録した「conception」だ。コロナ禍の中で生まれた、今の時代を憂う楽曲をSE変わりの入場テーマとして持ってきたところに、この日のライブへ臨むうえでのメンバーたちのとても意味深い想いを感じさせられた。 PENICILLINにとっても久しぶりとなる観客たちを前にしたライブは、「JULIET」から幕を開けた。演奏が始まると同時に、フロア中の人たちが一斉に立ち上がる。みんな声を出せない変わりに拳を振り上げ、身体を揺らし、舞台上の3人に想いをぶつけていた。その姿を、あえて冷静な視線で見回しながら観客たちを煽るHAKUEI。間奏では、千聖が轟音唸らせ観客たちを挑発。タイトでテンポ良いビートを叩き出すO-JIROを含め、沸き立つ熱い気持ちを心の中に抱きながらも、サポートベースのChiyuを含めた4人ともあえて冷静な姿のままに。でも、PENICILLINを求める大勢の人たちの気持ちをしっかり盛りあげようと、豪快な音をぶつけていた。 演奏は躍動する「heart beat」へ。終始、攻撃的なリフを刻む千聖。フロントに立つHAKUEI自身も身体の内側から沸き立つハートビートを感じながら、その熱情を歌声にぶつけていた。とても攻撃的な演奏だ。でも、これがPENICILLINのライブだ。触れているだけで身体や心が昂り、想いをぶつけずにいれない、その衝動に心が打ち震えるからこそ、この場を求めてきたし、それを感じ取れていることがとても嬉しい。

興奮を止めることなく、それどころか、もっともっと暴れろよと煽るように、彼らは前のめりの姿で楽曲をぶつけてゆく。「愛しすぎて…届かなくて~君の名前を叫ぶよ」と乱れ狂う気持ちのままに歌い叫ぶHAKUEI。彼の声に呼応するよう、フロア中に轟音が広がりだす。身体を揺さぶるロックサウンドと、哀切さと高陽を抱いた歌声がクロスオーバー。「Rosetta」に触発され、身体が熱く騒ぎだす。想いを告白するように歌うHAKUEIの声に触れ、逆に心は哀切な想いに陶酔してゆく。「Rosetta」に込めた切なくも愛おしい心模様と乱れ狂う感情のままに疾走する演奏に触れていたら、何時しか身体中が火照りだしていた。この興奮を目の前で体感したら、気持ちを抑えられるわけかない。それこそが、PENICILLINのライブが与える興奮と喜びだ。

「ライブで会うのは久しぶりです。みんなが声を出さずに我慢している気持ちもしっかり伝わっています。みなさんの前でライブをやるのは10ヶ月ぶりになるのかな。PENICILLIN結成以来こんなに人前でライブをやってないのは初めてのこと」と語る、HAKUEI。

「いろんな大変なことを乗り越えた中、会いに来てくれてありがとうございます。これだけの人が来てくれて、本当に冠二郎です」と、まさかの千聖並のギャグをHAKUEIが飛ばすとは。これも、今宵のライブを目撃したファンには嬉しい衝撃とサプライズだ。

ライブは次のブロックへ。PENICILLINは「BLACK HOLE」を突きつけた。終始攻撃的なリフビートを刻み、観客たちを挑発し続ける千聖。フロントに立つHAKUEIは、抑揚を持った歌声を魅力に、すべてを黒く呑み込むような演奏の上に情熱的な色を塗り重ねていた。観客たちの意識をグイグイと引き寄せ、暗黒の世界へ丸ごと呑み込もうとしてゆく演奏陣。そんな中、HAKUEIの情熱的な歌声と観客たちのPENICILLINを求める想いが、互いを結ぶ心の絆のように激しく絡みあっていた。 O-JIROの演奏に導かれ、HAKUEIが甘く切ない歌声を響かせた。次第に熱を上げるように、演奏は「LOVE DRAGOON」へ。ジワジワと体温を上げるように響く演奏。HAKUEIはスタンドに差したマイクを両手でギュッと握りしめ、燃え盛る情熱を零すように歌っていた。そんな切ない熱情をつかもうとするように、フロアのあちこちからたくさんの手が舞台上に伸びていた。 HAKUEIが、今にも心壊れそうな声色を持って「C-section」を歌いだした。感情が高ぶるのに合わせ、HAKUEIの歌声も、演奏も、唸る音を増幅させてゆく。想いを零すように、時には気持ちを吐き散らすように感情的な歌声をぶつけるHAKUEI。彼の激しく揺れ動く気持ちを、演奏陣は終始攻撃的な音で煽り立てる。一音一音が、一打一打が、HAKUEIの痛い心の叫びとシンクロしながら、激烈な音として姿を変え、次々と身体を直撃していった。

MCでは、「今日来てくれた方たちは俺が抱き締めてあげたい。今日は音を通したハグ会ですよ」と千聖がファンへ向けて想いを語れば、HAKUEIは、 「少しずつ戻っている気配を感じているせいか、ライブの大切さを改めて噛みしめています。PENICILLINは逆境に強い前向きなバンドなんで、こういう状況も跳ね返し、僕らも成長しながら、みなさんといい音楽を共有していきたいと思います」と言葉を寄せていた。

次のブロックは、新曲を中心に構成。飛び出したのが、「Back to the future」だ。。HAKUEIの「紙ヒコーキ追いかけ~」の言葉を合図にO-JIROがリズムを刻めば、Chiyuが、千聖が、いろんな想いを詰め込んだ音の色を塗り重ねてゆく。会場中の人たちや配信を観ている人たちの心へしっかり染み込ませるように、HAKUEIは言葉を紡ぐようにこの曲に込めた想いを歌っていた。とても温もりを感じる歌声だ。優しく語りかけるように歌う声が、じんわり心へ染み込んでゆく。HAKUEIの想いへ寄り添うように、演奏陣が哀愁覚える音をさらに塗り重ねてゆく。こんな時代だからこそ、この歌が心を優しく慰める歌として響いていた。 ふたたび熱を上げるように、千聖のギターが激烈なリフを刻みだす。O-JIROのタイトで切れの良いビートに乗せ飛びだしたのが「border line」。哀愁を覚える歌だ。HAKUEIの歌うサビの「泣くな少年」という言葉に触れたとたん、気持ちが無性に高まった。けっして激しい楽曲ではない。むしろ、気持ちの内側にある壊れそうな想いを投影した曲だ。でも、その歌声や演奏に、熱いエールを送る気持ちが漲っているからこそ、この楽曲が心に勇気と熱を注ぎ込む歌として響いていた。 ハウリング音を撒き散らす千聖のギター。その唸りを次の物語へ繋ぐように、O-JIROのドラムロールが鳴り響いた。PENICILLINがぶつけたのが、「99番目の夜」。時代を一気に遡るように飛びだした楽曲に触発され、フロア中の人たちの気持ちも一瞬にして青春時代へタイムスリップ。楽曲に触れながら、その場で嬉しそうに飛び跳ねる観客たち。メンバーたちも、沸き立つ気持ちを歌声や演奏へダイレクトにぶつけてゆく。「99番目の夜」に詰め込まれた想い出が、一瞬にして時間の壁を飛び越え、観客たちを少女に変えてゆく。大きく広げた手の花をメンバーたちへ捧げる気持ちも納得だ。

この日のお客さんの中には、ホワイトボードを手に「楽しい」と書いてリアクションする人も。観客たちも、この状況を逆手に取って楽しんでいた。そこが、つねに逆境を乗り越え、楽しさを分かちあい続けてきたPENICILLINとファンたちらしいじゃない。

ライブも終盤へ。ここからは、声を出せないだけで、何時ものように熱狂のバトルへ。身体を嬉しく揺さぶるロックンロールが飛びだした。PENICILLINは「Dead Coaster」を通し、フロア中の人たちや配信を通して画面の先で観ている人たちを、止まることのない熱狂と興奮を与えるアトラクションの中へ導き入れた。彼らは、ライブというジェットコースターにみんなを乗せ、興奮という刺激を与え続けてゆく。フロア中でも、大勢の観客たちが大きく手を伸ばし、絶叫の変わりに満面の笑顔をマスク越しに見せていた。嬉しそうに騒ぐ観客たちを、雄々しいギター演奏で煽る千聖。O-JIROの叩き出すビートとChiyuの疾走するフレーズが気持ちを盛り立てる。身体を大きく揺さぶり、派手なアクションも示しながら熱唱するHAKUEI。この熱い空気がたまらない!!! 千聖が重厚なリフを刻みだす。そこへHAKUEIが「壊れた愛を」と歌いだすや、楽曲は「イナズマ」へ。曲を重ねるごとに、演奏は熱を加え爆走してゆく。モニターに足を乗せ挑発しながら、熱情した歌声をぶつけるHAKUEI。彼ら自身が、触れた人たちを一瞬にして痺れさせる稲妻となり、観客たちへ次々と熱狂という衝撃を落としてゆく。彼らの想いへ、身体を揺らす形で応える観客たち。まさに、バトルという言葉の相応しい光景がそこには生まれていた。 激しく唸り駆け続ける演奏へさらに過激な熱を注ぐよう、最後にPENICILLINは「SEX」を叩きつけた。攻撃性を満載した、デスでパンキッシュ楽曲だ。HAKUEIが叫ぶように歌声を上げれば、Chiyuの掛け声に合わせ、フロア中から無数の拳が突き上がっていた。誰もが気持ちを解き放ち、その場で声を拳に変えながら、全力で想いをぶつけていた。それが、今の自分たちの楽しむ姿だと示すように。メンバーたちも、目の前に仲間たちがいた理由もあるのだろう、配信ライブの時以上に、気迫をぶつけるライブを突きつけていった。

アンコールのセットリストは、会場に足を運んだ人たちだけのために用意。ここには、一気に青春時代へ戻すような曲たちを組み込んでいた。最初に突きつけたのが、「夜をぶっとばせ」だ。どんな状況下だろうと、何時だってPENICILLINは熱狂を介し、仲間たちと繋がり続けてゆく。キャッチーな歌が、この日は、何時も以上に繋がりを求めあう熱い呼び声として届いていた。気持ちを解き放つように響く開放的な千聖のギターも、この日はO-JIROとChiyuの疾走する演奏を相棒に、心地好く音の羽根を広げていた。何よりHAKUEI自身が、スタンドマイクに身を預けながら、想いを空高くぶちまけるように歌っていた。 さぁ、時代を一気にあの頃へ呼び戻せ。パンキッシュな熱を携え「Quarter Doll」が飛びだした。とてもスリリングで攻撃的な楽曲だ。ザクザクとした千聖のギター音が身体を熱く騒がせ、心も身体も青春時代へ揺り戻す。身体を前のめりに、モニターに足をかけ、観客たちを挑発するように歌い叫ぶHAKUEI。たとえ距離は離れていようとも、目の前で汗を振り乱し求めあっていたあの頃の姿を思い浮かべながら、メンバーも、観客たちも、熱情した気持ちをぶつけあっていた。互いに心を剥き出しに感情を交わすライブこそ、たまらない最強の刺激だ。フロア中の人たちが思いきり手を振り翳し、騒ぎ続けていた姿も印象的だった。 まだまだイキきれるだろうと挑発するように、PENICILLINは最後に「God of Grind」を叩きつけた。HAKUEIの叫びが、唸りを上げた千聖のギターリフが一気にあふれ出たとたん、理性がぶっ飛んだ。身体中に激震が走る。ギラリ輝く刃先鋭い刀を突きつけられたようなスリリングな戦慄(旋律)が、たまらなく刺激的だ。煽るように、心を射抜くように歌い演奏するメンバーたちか生み出す漆黒の熱狂といえば相応しいだろうか、この妖しくも毒々しい空気が身体を、意識を奮い立たせる。フロアでも無数の拳が狂ったように突き上がっていた。熱狂した気持ちと気持ちを互いにぶつけながら、カオスな音の渦の中で熱くまみれていたい。ザクザクとした音の衝撃を身体中に受けながら、その痛みを恍惚に変え、絶頂を感じ続けたい。ヤバいくらいにスリリングなこの熱を、誰もが欲しがっていた。メンバーたちも、観客たちも、それこそがPENICILLINのライブにあるべきスタンダードだとわかっているからこそ、今は遠ざかった当たり前を呼び戻すように全身に音を浴びながら、その興奮と高揚をしっかり心に刻み込んでいった。

千聖いわく、「不滅の刃」のような他の追随を許さない圧倒的な存在感を示したライブだった。次は12月16日、HAKUEIの誕生日を祝う無観客生配信ライブになる。この日の模様も、ぜひ瞼に焼き付けていただきたい。

PHOTO:堅田ひとみ
TEXT:長澤智典

―セットリスト―
「JULIET」
「heart beat」
「Rosetta」
「BLACK HOLE」
「LOVE DRAGOON」
「C-section」
「Back to the future」
「border line」
「99番目の夜」
「Dead Coaster」
「イナズマ」
「SEX」
-ENCORE-
「夜をぶっとばせ」
「Quarter Doll」
「God of Grind」

◆ライヴ情報
2021年2月13日(土) 新宿ReNY
PENICILLIN 結成29周年「Meet the World」
OPEN 16:00 / START 17:00

2021年2月14日(日) 新宿ReNY
PENICILLIN LIVE2021 HAPPY BIRTHDAY & VALENTINE'S DAY LIVE SPECIAL
OPEN 16:00 / START 17:00

[サポート]
Chiyu (両日)

[チケット]
<FC [QUARTER DOLL]・MOBILE FC会員>
全席指定10,000円(税込/D別)

<オフィシャル先行・一般発売>
全席指定12,000円(税込/D別)
※来場者限定オリジナルフェイスシールド付(当日配布・12/6TSUTAYA O-EASTと同デザイン)
※未就学児童入場不可
※申込者および同行者の個人情報を事前にご登録いただきます
※個人情報をお預かりしチケットご購入者ご本人様が(同行者も同じく)ご来場ください
※延期・中止の場合以外、チケットの払い戻しは原則行いません

◆出演情報
WOWOWの開局30周年無料2Days特番のトークゲストに生出演。
1月17日(日)19:45ごろ~の「語ろう!音楽&ライブ」に出演。
https://www.wowow.co.jp/muryo/

◆PENICILLIN LIVE 2020「pulse & impulse」 December 06,2020

◆PENICILLIN Web
https://www.penicillin.jp/
◆PENICILLIN twitter
https://twitter.com/PENICILLIN_info
◆PENICILLIN YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/DDJincMusicVideo
◆PENICILLIN facebook
https://www.facebook.com/PENICILLIN.official

アーティストタグ

PENICILLIN | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

PENICILLIN | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

PENICILLIN | 関連MOVIE

関連動画はありません。
ViSULOGチャンネル
ニコニコ生放送 - ViSULOGチャンネル
配信代行サービス
ニュース投稿