INTERVIEW
Special
「AUTUMN ONEMAN TOUR 2012」真っ最中のν[NEU]の5人に緊急インタビューを敢行!
今回は“信頼”をテーマにあえて音源を引っ提げないでツアーを回っている彼ら。ツアー前には結成以来初めてという程のバンドの危機もあり、それをいかにして乗り越えたのか?そしてツアーテーマの“信頼”とは何を意味するのか?じっくりと耳を傾けていただきたい。
取材・文:山本貴也

――「AUTUMN ONEMAN TOUR 2012」の東京と大阪公演が終わったところですが、ツアーの感触や手応えはいかがですか?
みつ:ワンマンツアーとしてはまだ4回目で、「AUTUMN ONEMAN TOUR 2012」もまだ東京と大阪しか終わってないですけど、今までのワンマンってどちらかと言うとイベントが大きくなっただけの感覚で、ワンマンならではの感覚がまだ掴めていなかったんです。だけど今回のツアーは1日目から「ワンマンやってる」っていう感覚がすごく強くて、メンバー自身もそれを感じてるし、お客さんからの反応もたくさん返ってきてるのですごく良い感触を得てます。
ヒィロ:良い意味でも悪い意味でも、毎回納得がいかない点が必ず生まれていて、それが次のライヴで改善されると、また更に次の課題が見えてきて、それが毎回毎回続いているので、この4本でバンド自体がすごく進化したなっていう手応えがあります。
ν[NEU]
――FINAL以外は全て2DAYSとなっていますが、1日目と2日目でセットリストは違うんですか?
みつ:最初は変えようと思ってたんですけど、今回のツアー前に、「感謝祭」と銘打った初めての2DAYSワンマンをやったんです。その時はガラリとセットリストを変えたんですけど、2DAYSと言っても来る人にとっては2日目が1日目になるかもしれないし、もしセットリストが同じだったとしても、昨日を超える内容でν[NEU]の全部を見せられるワンマンにしたいと思ったので、今の時点では割と似たセットリストで挑んでます。
――こういう週末だけのツアーって珍しいですよね?
みつ:自分達も毎週末になったらワクワクするんで学生の頃みたいな感覚で面白いですよ(笑)。
ЯeI:毎週良い意味で頭がリセットされるし、何よりも肉体的疲労感がだいぶ違いますね(笑)。
みつ:いつものツアーと違うのは“待ち遠しさ”がありますね。大体ツアー中ってスケジュールに追われてたりするんですけど、今回は(ライヴが)終わって、話し合ってから4日間、5日間と空くので、それまでまた気持ちを高めていけるのが良いですね。
――今回のツアーは音源のリリースもなく回っていますが、何かテーマはあったんですか?
みつ:今回はあえて「音源を引っ提げてないツアー」って言ってます。音源とか何もない中で、自分達とファンの子の“結束”じゃないですけど、何かを見つけたり、生み出せるツアーにしたいと思ったんです。じゃあ「一体何を見つけるの?」ってことで、メンバー内でツアー前に結成以来、一番じゃないかってぐらい揉めたんです。
――それはツアーに対することで?
みつ:ツアーというよりもバンドに対することですね。各々ももちろん色々あると思うんですけど、リーダーがメインで話したことで、メンバー内の“信頼”とか、ファンの子との“信頼”とか、スタッフさんとの“信頼”とか、ν[NEU]が成立するために必要な“信頼”をテーマにこのツアーを回ろうって。
――各々も色々あるとのことですけど、どんなテーマを掲げてるんですか?
タクミ:僕はどれだけ“解き放つか”っていうのがテーマですね。自分の全てをお客さんに見せないと“惹きつかない”と思っていて、姿や感情を全て偽りなく見せて、そこを好きになってもらいたいなって思ってます。
――現時点では惹きつけられてますか?
タクミ:解き放ってはいるんですけど、まだお客さんが引き気味で……。
一同:(笑)。
ヒィロ:ステージ上では結構伝わってくるんですけどね(笑)。前回のツアーは人間味がテーマだったよね?
タクミ:僕の中で人間味はもう出せてるつもりなので、これからはもっと魅力あるものを見せていかないとなって思ってます。
ν[NEU]
――ヒィロさんは?
ヒィロ:このツアーが始まる前に、初めてこのバンドを“やめたい”って思って、もう音楽とか全部やめちゃおうかなってぐらい自分の中でモヤモヤする部分があったんです。俺自身が色んなことに対して疑心暗鬼だったので、そこから“信頼”っていうテーマを掲げて、このツアーが終わるまでに“信頼”できる自分になれたらいいなって思ってます。それを見つけられたらν[NEU]はもっともっと変わるんじゃないかなって。
――どうしてやめようと?
ヒィロ:一瞬自分に限界を感じたっていうのもあるんですけど、今まで突っ走ってきて色々と積もってたんだと思います。
――そこでやめずに踏ん張れたのは、やはり“信頼”できるメンバーやファンがいたから?
ヒィロ:そこはやっぱり一番大きかったですね。
――ЯeIさんは?
ЯeI:純粋に「音楽を楽しめばいいんじゃない?」っていう軽い気持ちでやってたんですけど、大阪の2日目に初めてファンの子と思いが通じ合ったような感じがしたんです。ファンの子の声が今まで以上に聞こえてきて、コールアンドレスポンスじゃないですけど、こっちが与えたものに対してちゃんと返ってきたので、「これがライヴだな」って思いました。こういうライヴをこれからもしていけたらν[NEU]はもっと良くなるし、そこに気付いたという意味でもすごく良いツアーになってる実感があります。
華遊:常に「初期衝動を超えていく」っていうテーマが自分の中にあって、昔の自分に気持ちも勢いも負けないようにしてるんですけど、今年の夏に色んなイベントに出演させてもらった時に、壁にぶつかったというか、バンドは楽しいし、もっともっと燃えたいのに燃えられない自分がいて、少しモヤモヤしてた部分があったんです。だけどそれって結局は自分の気持ちの問題だってことに気が付いて、それを自分の中に飲みこんだら新しい自分を見つけられたような感覚があったので、まだまだ超えていけるし、今までのν[NEU]の中でも一番良いライヴが出来てるっていう実感があるのでもっともっとデカい男になって帰ってきます。
――11月11日の渋谷O-EASTのFINALに向けて何か楽しみにしてることはありますか?
みつ:前のツアーよりもすごく「ファンの子に支えてもらってるな」っていうのがあって、今までも“一体感”ってことをよく口にはしてたんですけど、その割にワンマンではしかしてこれてなかったんです。本当にファンの子がいてくれて出来上がってる感じがあるから、曲も一緒に(ライヴで)育てていきたいなって思って新曲もやってるんですね。その曲でν[NEU]として初めてファンの子と一緒に歌う部分があって、最初はツアーを回っていく中で、だんだんと出来てくるのかなって思ってたら、思った以上にファンの子達が1日目から応えてくれたので本当にビックリしましたね。それってライヴに来て僕たちを支えてくれないとできないことだと思うんですよ。ツアー前にメンバー内で色々あったことも、最初は言うかどうか迷ってたんですけど全部隠さずに話して、こっちが素直になるとファンの子もすごく近づいてきてくれるのか、1日ごとに距離が近くなってる感じがして、自然とファンの子達が、「昨日行けなかったから今日はもっと良いライヴにする」って言ってくれたり、ファンの子達も一緒にツアーを良くしようって思ってくれてるのがすごく伝わってくるので、FINALの時はどうなってるんだろうっていうのが楽しみですね。
――今までもν[NEU]のライヴは“一体感”を意識してる感じを受けましたけど、それとはまた違った“一体感”ですか?
みつ:今までのワンマンって自分達が気負ってたのか、「全部見せなきゃいけない」って気持ちが強すぎて、今振り返るとですけど少し離れたところから「ν[NEU]を見ててね」って感覚だったと思うんです。ワンマンって自分達次第だし、どんな形でも良いっていうことを今回は掴みかけていて、今までのワンマンに比べてより“ライヴ”になってる感覚が明確にあるのですごく楽しいですし、ファンの子からの反響も大きいです。
ЯeI:最後の曲で泣いてる子もいたりするんですけど、それってたぶん俺達の思いが何かしら届いているからだと思うんですよね。
ヒィロ:毎回が解散ライヴみたいな感じがしない?
一同:(爆笑)。
みつ:でもリーダーの言おうとしてることは分かる。初日からどこか「終わるんじゃないか」っていう感覚はたしかにあったよね。
ヒィロ:ツアーなんだけど、良い意味で1本、1本がそこで完結してる感じがするんです。「やり切ってる」っていうのももちろんあるんですけどね。
みつ:2DAYSだけど「明日もライヴあるぜ」って絶対言わないし、「今日で終わりだ」って毎回言ってるから。
ヒィロ:ファンの子から、「ライヴが当たり前のことじゃないって思いました」って言われることも多くて、自分達も同じように思いましたね。
みつ:1曲1曲終わったら「この曲はもう二度と歌わない」って気持ちで歌っていて、「これが最後だ」って思うとすごく感情が込められるんですよ。
ν[NEU]
――O-EASTへの手応えも感じはじめてる?
ЯeI:回ってる会場が比較的お客さんとの距離が近いってこともあって、実際に良くなってきてるのは間違いないんですけど、EASTが見えたかって言ったらまだ見えてはこないですね。
みつ:距離が近い分、ステージが大きくなって会場が広くなった時に、もちろん自分達も近づいていくんですけど、ファンの子達にも近づこうっていう気持ちがないと本当にただの広い会場で終わっちゃうと思うので、不安とかではないですけど、どうなるか分からないから早く見てみたいですね。
――FINALでは“重大発表あり”となっていますが。
みつ:今回ツアーを回ってきた上で僕たちが何を発表するかとか、自分達自身にもそうですけど、ファンの子にもすごく届けたいし伝えたいなと思いますね。
ヒィロ:とんでもない発表があるからね。
みつ:だってその為に何もリリースしないで11本ライヴをしてるわけだし、何にせよターニングポイントになることは間違いないです。
――聞いてみたいことがあるんですけど、ツアーの移動中って何をしてるんですか?
みつ:華遊くんは基本的にライヴDVD見てるよね?
華遊:そうですね。常に自分のテンションを上げていきたいんです。ライヴの前日にホテルで1人ベッドに入って天井見てるとだんだん落ち込んでくるんですよ……。
ЯeI:大丈夫なの?
華遊:きっと寂しいんだと思います。でもその分、次の日に皆と会った時の喜びといったらもう(笑)。そのギャップですごいテンション上がっちゃうんですよね。
ЯeI:俺は映画見てますね。今まで見て良かった映画を皆に見せてあげたいと思って流してるんですけど、誰も見てない……。
一同:(笑)。
ヒィロ:運転してない時は、ヘッドフォンしてフード被ってひたすら寝てます。基本的にしゃべんないですね。運転してる時は無音が多いので、バンドのことを振り返りながらひたすら考えてます。
――運転中は性格出ますよね。
ヒィロ:1人で運転してる時はすごい爆音なんですけど、皆が乗ってる時は無音ですね。
ЯeI:華遊が運転してる時はたまにうるさい(笑)。
タクミ:音量がでかい(笑)。
華遊:爆音が好きなんですよ。でもいつも「ごめん」って思ってるよ……。
ヒィロ:それに比べてタクミはメッチャ小さい音で謙虚に聴いてるよね。
タクミ:だって皆が寝てるから気をつかってるんだって。
華遊:俺も深夜は静かだよ。
一同:……。
ν[NEU]
――ツアーの合間は制作期間ですか?
みつ:制作とリハですね。だけどリリース直後とかに比べたらスケジュールにも少し余裕があるので、良い意味で各々が色々考えたりとか、自由の時間も持てているので、スケジュールが詰まってる中での制作とはまた少し違う感じの曲が出来そうな予感がしてます。
ЯeI:この前1人でカラオケに行きました。バースデーライヴって普通は皆が祝ってくれるじゃないですか。でもなぜか皆から「何かやった方がいいよ」って言われて、俺発信で何かやらないといけなくなっちゃったんですよ。それでヴォーカルをやることになったので練習してきました。
みつ:福岡でやるから、もう終わってると思うけどどうだったんだろうね。
ЯeI:(ヴォーカルの)味を占めてるかもしれないよね(笑)。いつかはやってみたいと思ってたけど、まさか自分の誕生日に歌うことになるとはね(笑)。
――FINALへの意気込みをお願いします。
みつ:とにかく重大発表ですね。まだチケットもあるし、変にかっこつけずに皆の力も借りて良いライヴにしたいです。ν[NEU]の色んなことを知ってほしいし、伝えたいこともたくさんあるのでとにかく皆に来てほしいですね。
――ところで華遊さんの「かゆニャンのお茶会」って何ですか?
華遊:前回の衣装でリボンを発売して、今回は衣装全部と猫耳カチューシャを「Angelic Pretty」というブランドとコラボして出すんですけど、購入特典でお茶会にご招待するっていう企画です。ロリータ服を着始めた頃からずっとお茶会をやりたかったので今回1つ夢が叶いました。
――お茶会ではどんなことをするんですか?
華遊:華遊さんがプロデュースしたデザートを皆で食べたり、色々お話したりですね。開催が12月なのでクリスマスとも絡めて何かできたら良いなって思ってるので期待しててください。11月26日には自分のバースデーライヴもあるので、その日は皆に猫耳カチューシャを付けてもらおうと思ってます。
みつ:初耳ですけど?
――公式モバイルファンクラブ「Lily」も発足されましたね。
みつ:名前はカップリングに「Lily」って曲があってそこから付けたんですけど、元々ファンの子に向けた曲だったのでこういう形で夢が叶うと嬉しいですね。今までやりたかったことをこれからどんどん形にできるので、少しでも近づくきっかけになれたらなと思います。
ЯeI:ファンの子と直接しゃべったり、触れ合う機会を増やしたいなってずっと考えてたので、今回のワンマンツアーでは握手会だけですけどこれから色々な企画をやっていきたいですね。
みつ:その為にЯeIは料理の勉強もしてるしね。
――そのブログ見ましたよ。
みつ:お惣菜みたいなのをたまに持ってきて、「女の子かよ」って思いながらも食べると本当に美味しいんですよ(笑)。だからこれは期待できると思います。
――料理はいつぐらいからやってるんですか?
ЯeI:ちゃんとやり出したのは最近ですよ。ツアー中に急に調味料が気になりだして、集めるうちに「これとこれを足したらどんな味になるんだろう?」って。最近はクックパッド見ながら移動中も脳内で調理してます(笑)。
ν[NEU]
――華遊さんの「お茶会」の次は、ファンクラブでЯeIさんの「お料理教室」が始まるわけですね(笑)。
みつ:お店で出せるレベルですからね。
ЯeI:本当に一度食べてもらいたいです。
みつ:うちはメンバーで色んな趣味があるから色々できそうだよね。リーダーは「スキンケア講座」でしょ……。
一同:(爆笑)。
みつ:タクミもその為に山登ったりしてるしね。
タクミ:この前、1人で富士山に登ったんですよ。だけど僕には山の魅力が全然分からなかったです(笑)。
ヒィロ:ダンスもやってるんだからダンスにすれば?
タクミ:ダンスは良いっすよ。歩いてても足が勝手に動いちゃうんです。
――じゃあタクミくんは「ダンス教室」で、みつくんは何しましょうか?
みつ:俺は女の子には申し訳ないけど、最近男の子が増えてきたんで、「男子限定ライヴ」とかあえて男向けの何かをやりたいですね。
――ファンクラブに入会するとこんなに盛りだくさんの特典があるんですね(笑)。
みつ:ハードル上がりまくりですけどね(笑)。
トップへ戻る
リリース情報
1st Album「Restless」
2012.3.14 Release!!
Restless
【初回限定盤A】
Restless
【初回限定盤B】
Restless
【通常版】
【初回限定盤A】
[CD+DVD]
\3,780(tax-in)
TOCT-28073

[CD]
01. YES≒NO
02. RED EMOTION ~希望~
03. カレイドスコープ
04. Restless Love
05. Jumping Lady!
06. 恋模様
07. 最愛と渇望の日々
08. NEU.track002
09. Burnin' X'mas
10. cube
11. Hold My Hand

[DVD]
01. 「Restless Love」MUSIC VIDEO
02. 「Restless Love」MUSIC VIDEO MAKING

【初回限定盤B】
[CD+DVD]
\3,780(tax-in)
TOCT-28074

[CD]
01. YES≒NO
02. RED EMOTION ~希望~
03. カレイドスコープ
04. Restless Love
05. Jumping Lady!
06. 恋模様
07. 最愛と渇望の日々
08. NEU.track002
09. Burnin' X'mas
10. cube
11. Hold My Hand

[DVD]
「Restless」MEMORIAL INTERVIEW

【通常版】
\3,000(tax-in)
TOCT-28075

[CD]
01. YES≒NO
02. RED EMOTION ~希望~
03. カレイドスコープ
04. Restless Love
05. Jumping Lady!
06. 恋模様
07. 最愛と渇望の日々
08. NEU.track002
09. Burnin' X'mas
10. cube
11. Hold My Hand
12. LAB (Bonus Track)

【Digital Release】
★ 「Restless Love」
着うたR/RBT(全MSP)2/29~
着うたフルR(全MSP)3/14~

★ 「YES≒NO」
着うたR/RBT(全MSP)3/7~
着うたフルR(全MSP)3/14~

★ 「Jumping Lady!」
着うたR/RBT(全MSP)3/7~
着うたフルR(全MSP)3/14~

★ 「最愛と渇望の日々」
着うたR/RBT(全MSP)3/7~
着うたフルR(全MSP)3/14~

★ 「NEU.track002」
着うたR/RBT(全MSP)3/7~
着うたフルR(全MSP)3/14~

★ 「Burnin’ X’mas」
着うたR/RBT(全MSP)3/7~
着うたフルR(全MSP)3/14~

★ 「Hold My Hand」
着うたR/RBT(全MSP)3/7~
着うたフルR(全MSP)3/14~

ライブ情報
AUTUMN ONEMAN TOUR 2012
2012.09.08 (土) 渋谷O-Crest
2012.09.09 (日) 渋谷O-Crest
2012.09.15 (土) 大阪RUIDO
2012.09.16 (日) 大阪RUIDO
2012.09.29 (土) 福岡DRUM SON
2012.09.30 (日) 福岡DRUM SON
2012.10.13 (土) 名古屋ell.FITS ALL
2012.10.14 (日) 名古屋ell.FITS ALL
2012.10.20 (土) 仙台HOOK
2012.10.21 (日) 仙台HOOK
2012.11.11 (日) Shibuya O-EAST



ν[NEU]プチワンマン「華遊 Birthday」
2012.11.26 (月) 渋谷STAR LOUNGE

ν[NEU]プチワンマン「ヒィロ Birthday」
2012.12.03 (月) 渋谷STAR LOUNGE



2012.11.16 (金) 新宿BLAZE
2012.12.09 (日) 仙台MACANA
2012.12.12 (水) 大阪MUSE
2012.12.13 (木) 名古屋ell.FITS ALL
2012.12.14 (金) 新宿BLAZE
2012.12.16 (日) 高田馬場AREA
2012.12.20 (木) Shibuya O-WEST
2012.12.22 (土) 高田馬場AREA
2012.12.28 (金) 名古屋ell.FITS ALL
2012.12.29 (土) 大阪MUSE
2012.12.31 (月) 高田馬場AREA
2012.12.31 (月) 渋谷STAR LOUNGE
2013.01.05 (土) 高田馬場AREA
2013.01.09 (水) Shibuya O-WEST
2013.01.20 (日) 横浜サンフォニックスホール
2013.01.25 (金) 名古屋E.L.L
2013.01.26 (土) 大阪MUSE
2013.01.27 (日) 神戸VARIT.
2013.02.01 (金) HRさいたま新都心VJ-3
2013.02.02 (土) 仙台MACANA
2013.02.15 (金) 恵比寿LIQUID ROOM

PROFILE
ν[NEU]

ν[NEU] vocals: みつ
birthday: 11/11
blood type: O
ν[NEU] guitar: タクミ
birthday: 8/8
blood type: B
ν[NEU] guitar: 華遊
birthday: 11/26
blood type: ×
ν[NEU] bass: ヒィロ
birthday: 12/3
blood type: A
ν[NEU] drums: ЯeI
birthday: 9/28
blood type: B
■オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY
Restless (A)


Restless (B)


Restless (通常)


カレイドスコープ
(初回限定盤A)


カレイドスコープ
(初回限定盤B)


カレイドスコープ
(通常盤)


RED EMOTION~希望~
(初回限定盤A)


RED EMOTION~希望~
(初回限定盤B)


RED EMOTION~希望~


アーティストタグ

ν[NEU] | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

ν[NEU] | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

ν[NEU] | 関連MOVIE

関連動画はありません。