INTERVIEW
Special
ダウト渾身の“歌謡”ニューシングル『恋アバき、雨ザラし』が6月26日にリリースされる。今作も前作に続いて、岡野ハジメ氏をサウンドプロデューサーに起用し、よりキャッチーで“歌謡”テイスト溢れる作品に仕上がっている。
ViSULOG初登場となる今回は、Gu.ひヵるとDr.ミナセのお二人にたっぷりと話を訊いた。
取材・文:山本 貴也

――5枚目のシングル『恋アバき、雨ザラし』が6月26日にリリースされますが、今作はより“歌謡色”が強くなったのかなという印象を受けました。
ひヵる:結成当初から歌謡的なものはやっていたんですけど、今までは自分達の力量的にも100%満足できていなかったんです。それが前作の『中距離恋愛』というシングルで、だいぶ具現化できたというか手応えがあったので、その流れを継承したシングルになりました。
ダウト
――リード曲の「恋アバき、雨ザラし」は幸樹さんの作詞作曲ですが、2人が最初に聴いた時の印象はいかがでしたか?
ひヵる:メロディが明るい感じですごく良かったので、このメロディを「どう化けさせて料理するか」っていうのをすごく考えました。元々のメロディがすごく良かったのでアイデアもすごく湧きやすかったですね。
――歌詞についての印象はいかがでしたか?
ひヵる:幸樹は、歌入れの時まで歌詞についてのミーティングとか一切しないので、毎回どんな歌詞になるのか僕らも楽しみにしてるんですけど、「恋アバき、雨ザラし」に関しては、最初はちょっと暗いかなっていう印象でしたね。
ミナセ:どんなカップルにも起きうることだと思うので、共感できる人もたくさんいると思います。
ひヵる:曲にしても歌詞にしても、誰もが共感できる内容だと思いますけど、この曲はあんまり恋人と一緒に聴いてほしくないですね(笑)。
ミナセ:“携帯電話”というワードが出てくるので今の時代の恋愛なのかもしれないですけど、こういう歌謡テイストになることで、より入ってきやすくなったと思います。
――「恋アバき、雨ザラし」の聴きどころを教えてください。
ひヵる:今まであんまりやったことのないアレンジの仕方をしたんですけど、個人的に自信があるのは、イントロは歌謡っぽい感じの雰囲気から始まって、そこからちょっとロカビリーっぽいリズムが入ってきたり、ファンキーな感じになったりするけど、サビはポップっていう。こういうアレンジ具合をプリプロの段階で色々と試行錯誤していきました。形も2、3パターンあったんですけど、それをどんどん作り変えていって、足したり引いたりしながら作っていきました。すごくクリエイティブに曲全体に取り組めたというか、この融合の仕方が面白いと思うのでそこが聴きどころですね。
ミナセ:パートパートというよりも、1曲を通してちゃんと物語ができているし、場面展開もしっかりとあるからそこが聴きどころですね。こういう歌謡テイストの曲をやっているからだとは思うんですけど、最近はお父さんお母さん世代の方も好きになってくれることが多くて、ライヴとかインストアに来てくれる方もすごく増えてきてるんですよ。そういう世代の方から反響があるのはすごく嬉しいし、今回もそれを更に突き詰められていると思うのでどんどん聴いてもらいたいですね。この曲のイントロを聴いても、これがヴィジュアル系だとは誰も思わないですよね(笑)。
――間奏終わりの展開がカッコいいですね。
ひヵる:そこはまさに「やってやった!」っていう感じですね(笑)。こういう展開のアイデアを持ってきたのはベースの玲夏なんですけど、「こういうアレンジどう?」ってプリプロの時にアイデアが出てきて、最初は曲全体にこういう要素を入れようとしたんです。でもいざやってみたら、「ちょっとくどいよね」ってことで今の形になりました。
ダウト
――演奏のアプローチが皆さん大人ですよね(笑)。
ひヵる:ようやく最近になって引き算を覚え始めたんです。「ここは俺のゾーンだから」みたいな(笑)。でも結局は、歌に対してとか、自分のギターがどういう役割かっていうことを考えた時に、やっぱり「雰囲気作りなのかな」って思うんですよ。最近はそれが目指したいことの1つでもあって、味のあるプレイとか雰囲気作りっていうのを意識してます。それも岡野さんと一緒にやらせていただいて学びはじめたことの1つですね。自分では気付かない自分のキャラクターが少しずつ見えてきた段階で、それが最近少しずつでき始めたのかなって思います。
ミナセ:今まで演歌とか色々やってきたからこそだと思いますね。演歌も自分達がやりたいと思ってやったんですけど、それをやらなかったら演歌の難しさも未だに分かってなかっただろうし、演歌をやったからこそただ音を詰め込めばいいだけじゃないってことが分かりました。
ひヵる:ある時ふと思って、自分達だったら「このバンドのあの人だよね」とか、「あのバンドの曲だよね」って分かるんですけど、全然知らない人から見たら全部が一緒に見えちゃうと思うんですよ。そう見えないようにする為にどう自分達のスタイルを確立させていくかっていうのはメンバー全員がすごい考えて取り組んでます。自分達のスタイルをようやく出せ始めたというか、周りの人達も理解してくれて、今こういう環境でやらせてもらえてることがすごくありがたいですね。
――MVはどんな作品にな仕上がっていますか?
ひヵる:昭和の歌番組みたいな雰囲気になってます。今回はメンバーそれぞれイメージシーンがあるんですけど、フラれるカッコ悪い男の役をやってます(笑)。
ミナセ:まあ情けない姿が映ってますね(笑)。メッチャ寒い雨の中での撮影だったので震えながらやりました。テレビで歌番組を見てる家庭とバンドとのギャップが面白いと思います。
ひヵる:ここまで演じたのは今回が初めてなので是非見てもらいたいですね。
ミナセ:誰かと絡んだりするのは今回が初めてなんですけど、初の絡みがカッコ悪い男っていうのがすごく不安でした(笑)。でも出来上がった作品を見たらいい感じになっていたので良かったです。でも今度は、もう少しカッコいい役で演じてみたいですね(笑)。
ひヵる:お客さんからの反響がメチャメチャ気になりますね。でもそれがすごく楽しみでもあります。
ミナセ:今作は本当に自信があるし、自分で聴くだけじゃなくて、友達とかにも薦めたくなるような曲になっていると思うので、口コミでもどんどん広げてほしいですね。
――M2「友好ダンシングモダン」はいかがですか?
ひヵる:すごく気合の入る1曲ですね。“ワッショイワッショイ”っていうコーラスが入ってるんですけど、コーラス録りをしながら、「元気の出る言葉だな」って(笑)。自分自身のエネルギーにもなるしライヴ映えしそうな曲です。
ミナセ:今回は“ワッショイ”ですけど、今までも“日本チャチャチャ”だったり、こういう日本ぽい掛け声が入ってる曲が何曲かあるんですよ。こういう掛け声って、日本に住んでる人であれば誰でも知ってる共通の言葉というか、三三七拍子とかもそうなんですけど、初めて聴いただけですぐ一緒にできたりするのでライヴですごい一体感を生み出せるんですよ。そういう意味で、この曲もそういう曲の1つとして、ライヴで一緒に“ワッショイ”って叫んで盛り上がりたいですね。そういうのもダウトのライヴの醍醐味だと思うので早くライヴでやりたいです。
ダウト
――“ワッショイ”が入ることでダウト感が増しますよね。
ひヵる:日本人なら馴染みのある言葉だし、こういうワードが幸樹にしてもそうですけど自然と出てくるんですよ。
ミナセ:普通のヴィジュアル系バンドであれば、シャウトとかでカッコよくすると思うんですけど、それがダウトの場合は“ワッショイ”だったり“セイヤ”だったりするので、最初は「何だろう?」って戸惑ったりもしたんですけど、「これがダウトなんだ」って思ったらもう関係ないですよね。でも、俺が昔聴いてたヴィジュアル系でこういうのはなかったです(笑)。
――歌詞についての印象はいかがですか?
ひヵる:誰しもが泣きながら頑張っているというか、本当は心の中で泣いているのに表面上では笑っていることってあると思うんですよ。僕の勝手な印象ですけど、何となく“応援歌”っぽいんですよね。「頑張っていこうぜ!」って背中を押される感じがすごくしました。もちろん幸樹が何を言いたかったのかは100%分からないですけど、聴いてもらえれば僕の言ってることもきっと分かると思います。
ミナセ:俺も同じような印象だったんですけど、日々生きていく中で、我慢しないといけないこともあると思うんですよ。それが自分の思ってることじゃなくても言えなかったり、従わないといけなかったりすることってあると思うんですけど、そういう誰しもが持ってる葛藤を“ワッショイ”と共に乗り越えていこうよっていう印象ですね。でもダウトにしてはカッコ良すぎたかな……。カッコ良すぎると周りに「ダメ」って言われので、「もう、なんだよ!」って思っちゃいますよね(笑)。
――通常盤には、「慟哭にて時雨」、「.赤い傘と貴方」というセルフカバーが2曲収録されていますが、どうして今回セルフカバーを?
ひヵる:2曲とも初期の曲なんですけど、ライヴでやっていくと少しずつアレンジしたりとか、ライヴで曲が育っていったりするんですよ。それを一度ちゃんとした形にしてみたいと思ったんですよね。今回のシングルは“雨”がテーマなので、雨にちなんだ曲を選んでセルフカバーしてみました。
――アレンジは昔とだいぶ変わってるんですか?
ひヵる:アレンジ自体はそこまで変わってないんですけど、やっぱりその何年間かで培ってきた力量とかは出てると思いますね。各々が弾いてることも若干変わってるぐらいなんですけど、音質は格段に良くなってます。
ダウト
――どれぐらい前の曲なんですか?
ひヵる:結成1年目とかなので5年前とかですね。
――今回セルフカバーをやってみていかがでしたか?
ひヵる:セルフカバーをするにあたって過去の音源を改めて聴き直したんですけど、「こんなこと弾いてたんだ」っていう発見が色々ありました(笑)。でも、2曲ともライヴで身に馴染んでる曲なのですごく気持ち良くプレイできました。そういう意味では、新曲に比べると生感というかライヴ感っていうのがすごく出せたと思いますね。現状の音がそのまま録れたので僕はかなり好きです。
ミナセ:大幅に何かを変えたりとかはないんですけど、元曲とセルフカバーを聴き比べた時にどう感じるんだろうなっていうのはすごく気になりましたね。自分の好きなアーティストのセルフカバーとかを聴くと、「俺は前の方良かったな」とかそういうのってあるじゃないですか(笑)。絶対に後で出した方が技術も音質も上がってるのは間違いないんですけど、昔ながらの良さというか、その時にしか出せない感じっていうのがあると思うんです。そういうのを自分が実際にやってみたらどうなんだろうっていうのはずっと気になっていて、いざ聴き比べてみたらどっちもありましたね。今だからこその感じと、その当時の我武者羅感というか必死さというか……。そういうものを含めた上で伝わるものもあるとは思うんですけど、今回セルフカバーをやってみて結果的には本当に良かったなと思いました。
――そして「中距離恋愛」には、色んな地域の歌詞が入っていますがこちらは?
ひヵる:今回はメンバーそれぞれの出身地を題材にして書いてみました。
――1つだけ分からなかったのが熊本なんですけど……。
ミナセ:幸樹が小さい頃に住んでた街で、馴染みの地ということで「熊本編」も入れました。
――歌詞は皆さんそれぞれが書かれたんですか?
ミナセ:そうですね。各メンバーが地元のことを思い出しながら書いていきました。
――ひヵるさんは「徳島編」ですが。
ひヵる:もう随分と帰っていないので、昔使ってた待ち合わせ場所とかが今でもあるのかどうか友達に聞いたりしましたね(笑)。これを出した後の地元の反響がすごく気になります。
ダウト
――ツアーで各地に行ったらそこのバージョンが演奏されるんですよね?
ひヵる:もちろんそうしたいですね。
――地元の人からしたらすごく嬉しいですよね。
ひヵる:ツアーでもその土地土地の場所にちなんで歌詞を変えて歌ったりもするんですけど、やっぱりすごく喜ばれますね。
ミナセ:地元以外のことってそんなに詳しくは分からないじゃないですか。ツアーで行って、地元のワードが出た時に喜んでくれる姿や反応を見ると何だかこっちまで楽しくなってくるんですよね。
――ミナセさんは京都編ですが。
ミナセ:京都での一般的な待ち合わせ場所だったりを入れて書いてみました。
――「自作自演 武者修行ツアー上巻」の真っ只中ですが、これまでの手応えや意気込みを教えてください。
ひヵる:今回のように作品を引っ提げてのツアーが約1年ぶりで、海外ツアーも1年ぶりになるので、ファンの皆に会えるのがすごく楽しみですね。なので是非遊びに来てみてはいかがでしょうか。なんか丁寧になっちゃいましたね……(笑)。
ミナセ:今回は「上巻」とか「中巻」とかに分けて回ってるんですけど、メジャーデビューして、『MUSIC NIPPON』というアルバムを出して、今回、『歌舞伎デスコ』というアルバムを出して、昔の曲も含めてセットリストも内容もすごく充実しているし、どこの会場も今までで一番いい手応えを感じているので、それを継続させていきながらどの会場も全力で回れるように残りのライヴもやっていきたいですね。
――6月からは、「自作自演 武者修行ツアー中巻」ということで海外ツアーも控えていますね。
ミナセ:アジアには去年も行ったんですけど、ここまで長い海外ツアーは初めてなのですごく楽しみですね。
ひヵる:海外は新鮮なリアクションが返ってきたり、各地の空港で僕達の到着を待っててくれたりするんですけど、それがすごく嬉しいですね。
ミナセ:初めて行くところもあるし、初めて会える方もたくさんいると思うので、「また次も来てほしい」と思ってもらえるようなライヴにしたいですね。
――そして、GRAND FINALEが11月29日(いい肉の日)に中野サンプラザで行われますが、こちらはどんなライヴになりそうですか。
ひヵる:今年は、「上巻」、「中巻」とライヴ三昧の1年になって、その締めくくりというか成長した僕らの姿を出せるように、切磋琢磨頑張っていくので期待していてください。どういうライヴになるかは来てみてのお楽しみなので楽しみにしていてください。
ミナセ:去年はライヴの本数がちょっと少なくなっちゃったんですけど、今年はアジアも含めてこれだけの本数をワンマンで回れるので、今年の集大成として全てを出し切れる日になると思うし、サンプラザも初めての会場なので、このツアーに参加してくれた人も参加できなかった人も、GRAND FINALEに集まってもらって、皆で最高のFINALEを迎えたいです。そして終わった後は今年もいい肉を食べたいと思います(笑)。
トップへ戻る
RELEASE
5th Single
「恋アバき、雨ザラし」

2013.6.26 Release!!

恋アバき、雨ザラし 初回限定盤A
(CD + DVD)
TKCA-73910
¥1,890 (税込)

CD:
01. 恋アバき、雨ザラし
02. 友好ダンシングモダン
03. 恋アバき、雨ザラし(カラオケ)

DVD:
・「恋アバき、雨ザラし」MUSIC CLIP
・メイキング映像
・3/3六周年記念祭 , 3/4Song for you LIVEダイジェスト映像上巻
・舞台裏映像

封入特典
恋アバき、雨ザラし メロ譜カード封入

恋アバき、雨ザラし 初回限定盤B
(CD + DVD)
TKCA-73911
¥1,890 (税込)

CD:
01. 恋アバき、雨ザラし
02. 友好ダンシングモダン
03. 友好ダンシングモダン(カラオケ)

DVD:
・「恋アバき、雨ザラし」MUSIC CLIP~ダウト主人公ver.~
幸樹編・威吹編・ひヵる編・玲夏編・ミナセ編
・3/3六周年記念祭 ,3/4Song for you LIVEダイジェスト映像下巻
・舞台裏映像
封入特典
恋アバき、雨ザラし メロ譜カード封入

恋アバき、雨ザラし 通常盤A
(CD)
TKCA-73912
¥1,575 (税込)

01. 恋アバき、雨ザラし
02. 友好ダンシングモダン
03. 慟哭にて時雨(セルフカバー)
04. 中距離恋愛~横浜編~
05. 中距離恋愛~京都編~
06. 中距離恋愛~青森編~

恋アバき、雨ザラし 通常盤B
(CD)
TKCA-73913
¥1,575 (税込)

01. 恋アバき、雨ザラし
02. 友好ダンシングモダン
03. 赤い傘と貴女(セルフカバー)
04. 中距離恋愛~神戸編~
05. 中距離恋愛~徳島編~
06. 中距離恋愛~熊本編~

SCHEDULE
ダウト 自作自演 武者修行ツアー下巻
-GRAND FINALE-
「活劇ブロードウェイ」

11月29日(金) 中野サンプラザホール
開場 18:00 / 開演 18:30
(問) DISK GARAGE: 050-5533-0888
(平日 12:00~19:00)

ダウト 自作自演
武者修行ツアー中巻
-我愛? Tour 2013-「ASIA DISCO」

6月12日(水) 台中(Taichung) TADA 方舟音樂藝文展演空間
6月14日(金) ソウル(Seoul) SangSangMaDang
6月15日(土) 北京(Beijing) 愚公移山(YU GONG YI SHAN)
6月16日(日) 杭州(Hangzhou) 酒球會(9-Club)
6月19日(水) 深?(Shenzhen) B10現場(CLUB W.O.D)
6月21日(金) 香港(Hongkong) Music Zone @E-Max
6月22日(土) マカオ(Macau) LMA現場音樂協會
TOUR FINAL
6月23日(日) 台北(Taipei) Legacy Taipei 傳 音樂展演空間

全てのダウトマニアに捧ぐ
真夏の祭典!
FC ZIPANG SPECIALS
「洗脳」ツアー!
「ダウトサマーコレクション2013」

7月27日(土) 仙台darwin
8月5日(月) 札幌KRAPS HALL
8月8日(木) Shibuya O-WEST
8月13日(火) 名古屋Electric Lady Land
8月14日(水) umeda CLUB QUATTRO
8月16日(金) 広島ナミキジャンクション
8月18日(日) 福岡DRUM Be-1

PROFILE
ダウト

ダウト vocals: 幸樹
birthday: 10/21
blood type: AB
ダウト guitar: 威吹
birthday: 1/16
blood type: B
ダウト guitar: ひヵる
birthday: 11/27
blood type: 不明
ダウト bass: 玲夏
birthday: 8/5
blood type: B
ダウト drums: ミナセ
birthday: 3/2
blood type: O
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY













アーティストタグ

ダウト | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。