2020.04
ベル / 新体制 SPECIAL INTERVIEW
ギタリストにタイゾ(ex.Kra)が正式加入。
5人体制として新たなスタートを切ることを発表したベル。

サポートとして5周年記念ツアーを共に廻る日々を経て、タイゾのギターと人柄に惚れこんだメンバーがあの手この手でくどき続けたユーモアあふれるエピソードの数々は新体制のベルに賭ける熱意を物語る。

ツインギターとなった5人のバランスは最強と語る彼らに激動の2019年を振り返りつつ、バンドのいまを語ってもらった。

取材・文:山本 弘子

ツアーを廻って「こんなに波長が合うんだ」って(明弥)

——前回のインタビューではルミナさん加入のいきさつと1stミニアルバム『解体新書』について語っていただきましたが、今回はタイゾさんが新たに加入してツインギターの5人体制になるということで、いきさつを教えてください。
明弥:そもそもタイちゃん(タイゾ)は2019年の秋にベルの5周年記念のワンマンツアーにサポートギターとして参加してくれたんですよ。以前、Kraと対バンしたことがあったので面識はあったんですけど、楽屋でチラッとしゃべる程度だったんですが。
タイゾ:「お疲れ様です」ってすれ違うぐらいの関係でしたね。
明弥:もともと僕は大好きなギタリストだったんです。その後、タイちゃんがバンドから脱退すると聞いて、僕らもほぼ同時期ぐらいに夢(人)が脱退することになったのでサポートギタリストを探す過程で「タイちゃんがいいな」ってメンバーに伝えたんです。
正人:タイゾさんがやってくれるならって。
明弥:そこから情報を収集して、いろいろなバンドのサポートをやっていることを知って「誘おう」って思って。バンドをやっている共通の知人に「タイゾさんの連絡先を教えてください」って頼んだんです。そしたらOKしてくれて。
タイゾ:「サポートやってください」って言われて、そのタイミングもすごく良かったんですね。1週間ぐらいずれていたら、ほかの現場が入っていたかもしれないし、ツアーってやる内にバンドのグルーヴがどんどん生まれてくるから、サポートとはいえ、参加するなら全国廻りたかったんです。ツアー前にイベントが2本あったのでベルの曲を送ってもらったんですけど、「いい曲だな。俺の好きな感じだな」、「自分のギターに合うだろうな」と思ってましたね。
明弥:ワンマンツアーとなるとたくさん曲も覚えないとならないし、大変だろうから全箇所参加してもらえたらなとは思ってました。ベルのメンバーはみんな性格がオープンなのですぐに打ち解けるだろうとは思ってたんですけど、ツアー中に「こんなに波長が合うんだ」と思うぐらい仲良くなれたんですよ。
ハロ:まるでずっと一緒にやってきたメンバーみたいな空気感で。
明弥:なので、自分たちとしてはタイちゃんが次のバンドをやるまでベルを手伝ってくれるのか、どうなのか。決まっていないならサポートではなく入ってほしいと思っていたんですけど、そのときはルミナが入ることが決まっていたから急に「5人体制にしたいのでよろしくお願いします」なんて言えなかったんですよね。
タイゾ:サポートで入ったツアーでは自然体でギターを弾けたんです。正人に「ギターの人はもう決まってるの?」って聞いたら「決まってます」って言っていたので「良かったね」って。彼が加入するまで俺はサポートとして繋ごうっていう気持ちだったんです。
正人:入ってほしいと思っても、ツアーの途中で言えないじゃないですか?断られたらどうしようって思うし。

美味しいメシに「なんなんだ? このバンドは」って(タイゾ)

ハロ:なので、ツアー中はひたすら美味いメシを一緒に食べました。
——(笑)ルミナさんのときはお寿司で誘ったんですよね?
ルミナ:そうです。
明弥:ベルって食べ物とか、その人の好きなものをおさえて落としていくんですよ。「美味しいもの食べに行こうよ」って。
タイゾ:全国で美味いメシを食べさせてもらって「なんなんだ? このバンドは!」って思いましたね(笑)。
——そんなにゴハン食べさせてくれるバンドもなかなか、いないですよね。
タイゾ:いないですよ(笑)。Kraもなかなかのグルメバンドだったんですけど、それを超えてくるなって。
ハロ:いっきに距離が縮まったのはラーメン二郎ですね。
明弥:そうだね。タイちゃんが好きで、名古屋に出発する前に提案してみんなで食べて。
タイゾ:にんにくがけっこう入ってるんですけど、みんなで食べるなら機材車でも大丈夫だろうって。
——各地、美味しいお店を知っているんですね。
明弥:それぞれがバラバラに食べるんじゃなく、みんなの共通項を探してライブ後に行くんですよ。「今日はジンギスカン、明日はラーメン」って。
タイゾ:ライブのセットリスト並みにメシのスケジュールを組んでるんですよ(笑)。
ハロ:メシのタイムテーブル(笑)。
タイゾ:移動日にわざわざ遠回りして、うどん屋さんに行ったりとか。
正人:しかも何十キロレベルの遠回りするんですよ。
明弥:そんな日々を過ごしてツアーファイナルの東京キネマ倶楽部でルミナの加入を発表したんですが、終わったあとの打ち上げでついに誘って。
正人:僕らは「タイちゃん入ってほしいな」とは思っていたものの、ルミナにはその意志を伝えていなかったんですけど、ファイナルを見たルミナが「マジでタイゾさん、入ってください」って。
——ルミナさんは熱い性格ですものね。
ルミナ:明弥さんに「音作りの参考になるし、リハーサルから見ておいたほうがいいよ」って言われて「カッコいいギターだな」と思ってたんですけど、本番を見て心打たれたんです。で、打ち上げで僕も酔っぱらっていたんですけど、タイゾさんをひきとめちゃって(笑)。
ハロ:俺とルミナで「もうちょっと行きましょうよ」って誘って、そこからすごかったですね。2〜3時間ずーっと。
ルミナ:「なにしたら入ってくれます?」って(笑)。
タイゾ:個人的には本当に楽しく廻らせてもらったツアーで、助けてもらったって何度も言われてたんですけど、俺自身もサポートしかやっていなかったので助けてもらったんですね。時期的には「このままステージに立たなくてもいいのかな」って思いかけていた中、全国を廻らせてもらって、ルミナくんとはファイナル後に初めて話したんですけど、その勢いに「ど、どうしたんだろう?」と思ってました(笑)。
明弥:それぐらいタイちゃんのギターにしびれたんだと思いますよ。
ハロ:打ち上げのときはお酒も入っているし、タイちゃんは真面目なので「返事できないなぁ」って言っていて。
タイゾ:もう朝だったし、そのとき自分は自分で別のバンドの準備をしていたので「今日は帰ろう」って言って。

タイちゃんを無理やりスタジオに連れていって(ハロ)

——その後、どういう展開になったんですか?
ハロ:僕らはあきらめられないから「ガンガン押していこう」って、とりあえず、まだデモ段階だった『解体新書』の音源を全部送ったんです。
明弥:「今後の僕らの音楽はこういう感じですよ」って。
ハロ:後日、タイちゃんと2人でゴハンを食べに行くことになったので、メンバーから「ハロうまくやってこい」って。
——司令を受けたんですね。
ハロ:で、タイちゃんにお酒7杯ぐらい飲ませて判断力を鈍らせて(笑)。
——(笑)女のコをくどいてるんじゃないんだから。
ハロ:店を出て「連れていきたいところがあるんだ」ってタイちゃんを練習スタジオに連れていったんです。そこにほかの3人が待ち構えていて、5人で無理やり音を出したんです。
明弥:話がうまく進んだらスタジオに連れてきてほしいって頼んでたんですよ。ダメだったら4人で練習しようって。
ハロ:タイちゃんは5人バンドをやったことがないって言ってたんですけど、1度も音を出さないで断られるのは嫌だったから「連れてっちゃえ」って。で、終わってからみんなで「入ってください」ってお願いしました。そのときは「ちょっと難しいかな」って答えだったんですけど、こっちは全員タイちゃんを好きになっちゃってるんで。
明弥:簡単には折れないんですよ(笑)。
タイゾ:5人で軽く音を出した感触は「いいな」と思ったんですけど、個人的に後から加入することに少しひっかかりがあったんですよね。それと、そのとき自分はANONYMOUSというバンドをやり始めたというのもあって。
明弥:そのことも知っていたんですが、年内まで誘い続けたんです。
ハロ:永遠に誘い続けるのもなんなので、年内を区切りにしていたんですけど、タイちゃんもツアー中とか、けっこう思わせぶりな態度をとってたんですよ。「俺、ベル好きなんだよね」とか「ずっと弾いていたような気がするんだよね」とか。「これ、両思いなんじゃないの?」みたいな(笑)。
正人:弄ばれてたんですよ。ファイナルのときも「ライブ後にルミナが入る告知するんです」って説明したら、「俺の話したら俺入っちゃうよ」とか言ってて罪な男なんですよ(笑)。
タイゾ:よくないですね〜(笑)。
ハロ:で、本当にこれが最後ぐらいの気持ちで年末にみんなとゴハンに行く機会があって。
——そのときはなにを食べたんですか?
ハロ:九州料理が美味しいお店に行きました。そこで「本気で考えるから、もうちょっとだけ考えさせて」って言われて「年またいじゃうのかな」と思ってたら年末ギリギリにタイちゃんから「話がある」って言われて「やりましょう」って言われたんです。最初は信じられなかったですね。僕らは3人になってしまった周年ツアーでホントにタイちゃんに助けてもらったし、ルミナとタイちゃんっていう、しんどかった時期にバンドを支えてくれた2人が加入してくれて最高の年越しでした。
——くどき続けた甲斐がありましたね。
明弥:ですね。ルミナのときもそうでしたけど。
ハロ:「誘拐しようか」ぐらい入ってほしかったので(笑)。
——タイゾさんが加入を決意した決め手は?
タイゾ:さっきお話したANONYMOUSが個々に違う活動をしているメンバーが集まっていることもあって「やれるときに気軽にやろうぜ」っていうスタンスになったのもあって、スケジュール的にベルもやれるなと思ったんです。メンバー全員が入ってほしいって言ってくれているし、いろいろな偶然が重なったんですね。もしルミナくんがいなくて俺ひとりがギターという形だったら入ってなかったと思うんです。
——それはなぜですか?
タイゾ:ギターひとりだと抜けたメンバーの後加入みたいな形になるので抵抗があったんです。でも、ベルでは自分がいままでにやったことがない下手ギターだし、しかもツインギターだから新しい気持ちでできるんじゃないかなって。ルミナくんが入ってからの4人のベルも見に行って、キャラクターもギタースタイルもかぶってないし、自分が入るスペースがあるなって感じたし。あとはやっぱり自分は歌もののバンドがやりたいんですね。激しい音楽も好きですけど、プレイするなら歪んだ重いギターよりカッティング系かなって。
——ずいぶん押しまくってくるメンバーだなと思わなかったんですか?
ハロ:しつこいと思わなかったんですか?(笑)。
タイゾ:そうは思わなくて信念がすごいなって。それも決め手でしたね。
ハロ:で、1月4日に公開したベルのMV(「愛と免罪符」)に仕掛けを用意したんです。後半にPCにパスワードを入れる描写が出てくるんですが、最後に“MARTH”っていう単語が出てくるんですね。意味は“捨型”なんですが、過去を振りきって前に進むいまの僕たちにピッタリでもあり、5人の頭文字が入っているワードでもあるんです。
——謎解きワードみたいなものだったんですね。
タイゾ:ただ、1月3日にみなさんがマラソン企画をやっていたので、そのときは「俺、まだ加入してなくてよかった」と思いました。
一同:(笑)。


パンチの効いた1年にします!(正人)

——ははは。最後に今後の予告、抱負をお願いします。
明弥:6月にシングルをリリースしてすぐにワンマンツアーを廻ります。まだ、やりたいことがたくさんあるし、タイちゃんが加入して続けると決めた以上は戦っていきます。
正人:真と書いての真体制になったので今年は本当に楽しめる1年になると思います。僕ら自身、タイちゃんが好きなラーメン二郎に負けないぐらいパンチの効いた年にしたいと思っているので、視覚的にも変化したベルを楽しみにしていてください。
ルミナ:僕自身がなによりも楽しみなんですが、最強のギタリストが加入してくれて安心感もあるし、そのことによって僕が目指すギターが表現できるかなって。音源はもちろん、なによりライブがガラッと変わると思うので「わっ!ベル、パワーアップしてるじゃん」って思ってもらえると思います。
タイゾ:ツインギターならではのアプローチもできると思いますし。
——ツインリードで聴かせたり?
タイゾ:まさに。生音で表現するのが似合うバンドだと思っているのでサウンド面で強みを持たせる役割を果たしたいと思っています。
明弥:ベルは今年で6年目ですけど、夢人がいた時期が第1期、ルミナが入ったのが第2期なら、この5人は第3期だと思っていて、僕の中ではこれが最終期と思っているぐらい最強のバランスなんです。インタビューを読んでいる人たちを裏切らないカッコいい音源を出していいライブをするのでぜひ見に来てほしいですね。
ハロ:いままで以上に濃い時間を過ごしたいし、まだまだライブ以外にも楽しい企画を考えています。全員の気持ちが前を向いているので、去年は多くの人を悲しませてしまいましたが、いいニュースをどんどん発信していきたいと思っているので楽しみにしていてください。
ベル
ベル

Vo.ハロ / Gu.ルミナ / Gu.タイゾ / Ba.明弥 / Dr.正人

014年9月結成。
2019年10月より、Gt.ルミナが加入。
ベルをサポートをしていた、Gt.タイゾが2020年3月28日より加入。 メンバー:ハロ(Vo)・ルミナ(G)・タイゾ(G)・明弥(B)・正人(Dr)。

RELEASE
ベル NEW SINGLE『乙女劣等行進曲』
2020年06月03日(水) 3TYPE RELEASE!!

【Atype】
CD+DVD / ¥1,800(+Tax)
[CD]
1.乙女劣等行進曲
2.タイトル未定B
[DVD]
乙女劣等行進曲+MVメイキング

【Btype】
CD / ¥1,500(+Tax)
[CD]
1.乙女劣等行進曲
2.タイトル未定B
3.タイトル未定C

【Ctype】
CD+DVD
価格 ¥1,800(+Tax)
[CD]
1.乙女劣等行進曲
2.タイトル未定B
3.タイトル未定D

LIVE SCHEDULE
ベル 6大都市ワンマンツアー「MARTH」
2020年06月06日(土) 福岡Drum SON

OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥3,500 / 当日¥4,000(D代別)
2020年4月11日(土) イープラスにて発売開始

2020年06月10日(水) 仙台enn 2nd

OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥3,500 / 当日¥4,000(D代別)
2020年4月12日(日) イープラスにて発売開始

2020年06月13日(土) 札幌CrazyMonkey

OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥3,500 / 当日¥4,000(D代別)
2020年4月18日(土) イープラスにて発売開始

2020年06月14日(日) 札幌CrazyMonkey

OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥3,500 / 当日¥4,000(D代別)
2020年4月19日(日) イープラスにて発売開始

2020年07月11日(土) 心斎橋DROP

OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥3,500 / 当日¥4,000(D代別)
2020年4月18日(土) イープラスにて発売開始

2020年07月12日(日) 名古屋CLUB ZION

OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥3,500 / 当日¥4,000(D代別)
2020年4月25日(土) イープラスにて発売開始

2020年07月18日(土) 高田馬場AREA

OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥3,500 / 当日¥4,000(D代別)
2020年4月26日(日) イープラスにて発売開始

ハロ 生誕記念ワンマン公演「静寂の水面を打つ、一雫の喧騒。」
05月05日(火•祝) 池袋EDGE

OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500 / 当日 ¥4,000 (共に税込/D代別)
[出演]
ZOMBIE / LEZARD / 零[Hz] ※順不同
[チケット]
03/29よりe+にて発売(A1〜)
購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/3223410001-P0030001

INSTORE EVENT
2020年06月06日(土) 12:00~
福岡ミュージックプラザインドウ
2020年06月11日(水) 14:00~
仙台little Hearts
2020年06月14日(日) 12:00~
札幌音楽処
2020年06月20日(土) 12:00~
ライカエジソン大阪店
2020年06月21日(日) 12:00~
名古屋five Stars
2020年07月04日(土) 14:00~
ライカエジソン東京店
2020年07月04日(土) 17:00~
自主盤倶楽部
2020年07月11日(土) 12:00~
littele Hearts 大阪店
2020年07月19日(日) 18:00~
littele Hearts 新宿店

アーティストタグ

ベル | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。