2020.01
ヴァージュ PERSONAL INTERVIEW
ヴァージュ単独公演「千」に向けて各メンバーへのインタビュー企画が開始された。

記念すべき1人目はDr.或。
リリースの事から自らの事まで詳しく聞いてみた。

2人目のインタビューはBa.憂璃だ。
ミステリアスな印象と赤色のイメージが強い彼だが、一体どんなことを考えているのか製作話も含め聞いてみた。

3人目は、Gt.氷龍が登場。
ヴァージュ加入当時の心境や変化、そしてヴィジュアル系への想いを語ってくれた。
Vo. 遼-ryo- 's INTERVIEW
COMING SOON
Gt. 紫月-sizuki- 's INTERVIEW
COMING SOON
Gt. 氷龍-hiryu-'s INTERVIEW

『何もせずに後悔するぐらいなら、自分が好きなものに正直に生きて、
いつ終わっても悔いがない様に「今」を生きましょう』

——「私ノ悪イ癖/白昼夢」のリリース、改めておめでとうございます!本日は宜しくお願いします!
Gt. 氷龍-hiryu-:宜しくお願いします。
——今作で拘った点やエピソード等はありますか?
Gt. 氷龍-hiryu-:どの曲にも思い入れはありますが、「白昼夢」のギターソロは特に苦労しました。各々のソロを弾いた後に、最後はツインギターで絡ませるというのは決まっていました。その中でいかに自分の色を出せるか、いかにツインギターとしての旋律を残せるかで沢山考え、沢山悩みました。頭の中では作れても、この曲を聴いて身体から湧き出てくるものをと意識すればする程踠きました。最後はエンジニアさんとも話し合いつつ、納得のいくソロが完成しました。
——「白昼夢」「海月」ではアコギも弾かれてますよね?
Gt. 氷龍-hiryu-:「白昼夢」は遼にアコギを弾いて欲しいと言われてたので喜んで弾きました。「海月」に関しては元々あのセクションにはギターが入っていなかったんですが、自分の頭ではアコギの旋律が流れていたので入れました。遼や紫月からもあそこのフレーズは使いたいと言ってくれたのでとても嬉しかったです。
——アコギは元から弾かれていたんですか?
Gt. 氷龍-hiryu-:アコギはずっと好きです。エレキとはまた違う温かみがありますし、弾いていて気持ちが良いです。その分、繊細で奥が深い楽器なので息詰まる時もありますが、自分自身アコギにはとても癒されていますね。ヴァージュに加入する際も、これまでアコギを使った音がなく、是非との事だったので、とてもやりがいがあり、改めて今アコギと向き合っています。
——ギターをはじめたきっかけは何ですか?
Gt. 氷龍-hiryu-:X JAPANのhideさんです。自分はリアルタイムではなかったんですが、たまたま購入した中のROCKET DIVEに衝撃を受けました。そこからXを調べていき、当時hideさんの事が大好きだった叔母から色々映像を見せてもらい、自分も気付いたらイエローハートを買ってました。
——バンドをする為に上京されたのでしょうか?
Gt. 氷龍-hiryu-:地元でちょっとしたLIVEをしたんです。今思えばたいした事なかったと思うんですが、4つ下の男の子から、自分を観てギターを始めましたって言われたのがすごく嬉しくて。当時何もなかった自分がhideさんを観てギターを始めた様に、こんな夢の見せ方があるなら俺もそういう人になりたいと一人で上京してきました。
——ギターの魅力とは何でしょうか?
Gt. 氷龍-hiryu-:自由であり無限の可能性がある所です。
——尊敬する方はおりますでしょうか?
Gt. 氷龍-hiryu-:hideさん、MIYAVIさん
——影響を受けた音楽等ありますか?
Gt. 氷龍-hiryu-:自分は洋楽が好きで、観たり、聴いたりする機会が多いので、少なからず影響を受けてはいますが、根本は生粋のヴィジュアル系育ちです。ヴィジュアル系が好きで、ヴィジュアル系を愛して、このシーンに誇りを持っています。最近ではヴィジュアル系をあまり好きでもないのに、メイクしてたらヴィジュアル系なんでしょ?みたいなノリのバンドがすごく嫌いです。ヴィジュアル系を舐めんなよと思います。
——ヴィジュアル系の魅力とは?
Gt. 氷龍-hiryu-:自分だけど自分じゃない自分になれる所。
——もう少し詳しくお聞きすると?
Gt. 氷龍-hiryu-:昔から自分の事があまり好きではなかったんです。中も外も含めて、コンプレックスの塊みたいな感じでした。だけど、メイクをして、ギターを持ってステージに立っている時だけはめちゃくちゃかっこいいと思っています。
——ステージで意識してる部分等ありますか?
Gt. 氷龍-hiryu-:ルックスが良い、テクニックがある人は沢山いて、自分も日々足りないものを積み重ねてはいますが、髪型やメイクがグチャグチャになってしまっても、格好良い、上手いだけじゃない、「何か」を届けたいとは思っています。後はステージに上がる以上、自分の体型を維持する事。
——加入されて一年が経ちましたが何か変化等はありましたでしょうか?
Gt. 氷龍-hiryu-:ヴァージュに加入した当初は変に自分を押し殺そうとステージに立っていたんですが、そこで色々な事に気付かされました。何故自分はギターを弾いているのか?どうしてステージに立ちたいのか?時期時期で本当に物凄く考え、物凄く悩みました。それにそういう時期は観てる人にも見透かされてるんだなと感じました。結局出てきた答えは自分はこの世で一人しかいないという事、自分を無理に押し殺さずに俺は俺なんだというところで落ち着きました。
——例えばどういう部分を抑えていたのですか?
Gt. 氷龍-hiryu-:表現の仕方、表情や音、動きにおいて全てですね。加入の話しを頂いてから、ヴァージュの世界観は少なからず理解していました。これまでこういうバンドをした事がなかったのもあり、自分の表現したいプレイスタイル的にも「ヴァージュに合うかな?」「本当に大丈夫?」と遼に何度も聞いた覚えがあります。今思えば自分が不器用だっただけの話しですね。
——メンバーに関してはどうでしょうか?
Gt. 氷龍-hiryu-:メンバー一人一人に言えますが、音楽にバンドに真面目だと思います。時には馬鹿をする事もありますが、口には出さないけど、皆熱いものを秘めているはず。これからもブレずに、誰一人と欠ける事なく、ヴァージュで良い景色を観に行きたいと本気で思っています。
——ファンに対して何かありますか?
Gt. 氷龍-hiryu-:ファンの皆は大切な存在。こんな気まぐれな自分をいつも支えてくれて本当にありがたいです。色々な人がいますが、一人一人に感謝しています。
——氷龍さんは自分を説明するとどんな方?
Gt. 氷龍-hiryu-:良い意味でも悪い意味でもとても素直だと思っています。好きなものは好きで嫌いなものは嫌い。興味ない事には本当に興味がない。だからその分勘違いもされやすいです。だけど偽った自分を愛されるより、不器用でも偽りのない自分を愛して欲しいなと思っています。
——SNSを頻繁に更新されておりますが?
Gt. 氷龍-hiryu-:どこでどんな出会いがあるかはわからないので、ヴァージュをまだ知らない人に知ってもらう「きっかけ」になればと更新してます。
——一時期SNSを辞めていましたが何かあったのでしょうか?
Gt. 氷龍-hiryu-:話せば長くなりますが、要はマナーとかの問題ですね。ライブハウスにルールはないけど、最低限のマナーはあるはず。誰も嫌な思いなんてしたくないし、お金と時間を使って辛い気持ちになる必要なんてないんです。自分は今もお金を払ってLIVEを観に行く事もありますが、バンドの格好良さを知った学生の頃も一人でライブハウスに行ってました。それは演者や曲を生で観れる楽しみや感動、そこでしか得られない何かを受け取りに行ってました。ファンの皆もそうだと思ってますが、そうじゃない人も少なからずいるのかなと虚しくなったんです。勿論、LIVEの楽しみ方なんて人それぞれで良いし、強要なんてしたくないです。だけど自分達のLIVEを観に来るのが目的じゃなくて、自分達をBGMかの様に扱い、ライブハウスに何しに来てるんだろ?って思わされたんですよね。ちょっとくさいですけど、皆がライブハウスを出て行く際、今日来て良かった、明日からまた頑張って生きようとかそういう気持ちになって帰って欲しいんです。本当ただそれだけです。個人宛に送れたらそんな誤解もされなかったと思うんですけど、自分の伝え方が下手だったのか、数人からファンメール宛に「SNS辞めたらどうですか?」「何も伝わっていませんよ?」等が届いたのがきっかけでムカついて辞めました。あー、伝わって欲しい人には伝わらないで、そうじゃない人には傷付けてしまうんだなと。じゃあステージだけで良いやって思ったんですけど、純粋に応援してくれている人にまで心配かけているのはいけないなと思い、そこからはちょこちょこ更新しています。こういうマナーとかの話しはメンバーとも話しますが、そんなに難しいんですかね?自分達からすれば、自分がされて嫌な事を他人にしないなんて簡単な事だと思うんですけどね。
——確かによくある問題ではあります、だからこそ難しい問題なのかなとは思います。
Gt. 氷龍-hiryu-:勿論見て見ぬ振りも可能ですし、自分達も同じ時間を使うなら音楽に使いたいです。それに何も発しなければ、変に自分達が傷付く事もないですからね。だけど、少しでもそういう人がいるってなると絶対に良くないですから、その時はその時だとメンバーとは話しています。
——ヴァージュは男性のファンもちらほら見受けられますよね?
Gt. 氷龍-hiryu-:はい。LIVEは勿論、インストアまで来てくれる男の子もいるのでとても嬉しいですね。自分も彼らと同じ気持ちを味わっていた側なので、これからもどんどん来て欲しいですね。
——では、1/31の名古屋、2/1の大阪、そしてファイナルの2/11の赤羽ReNYワンマンに向けて一言
Gt. 氷龍-hiryu-:どこの会場も今日が最後の一本になるかもしれないと思いながら、全力で「今」を表現出来ればと思っています。
——最後に読者の皆様に一言
Gt. 氷龍-hiryu-:人生は一度きりで自分が思っているより短いと思います。何もせずに後悔するぐらいなら、自分が好きなものに正直に生きて、いつ終わっても悔いがない様に「今」を生きましょう。ありがとうございました。
Ba. 憂璃-yu-ri-'s INTERVIEW

『過去最高の単独公演にします』

——本日はよろしくお願いします!
Ba. 憂璃-yu-ri-:はい、宜しくお願い致します。
——今回のリリースされた「私ノ悪イ癖 / 白昼夢」でお気に入りの曲は何ですか?
Ba. 憂璃-yu-ri-:「私ノ悪イ癖」です。
——それは何故ですか?
Ba. 憂璃-yu-ri-:歌詞が好きだからです。
——「私ノ悪イ癖 / 白昼夢」リリースされて約1ヶ月経ちましたがライブでの反応はいかがでしょうか?
Ba. 憂璃-yu-ri-:カップリングの「籠女」「海月」をメインでやっている現状ですが、やる度お客さんの熱量が上がっていっている印象です。
——レコーディングでこだわった点を教えてください!
Ba. 憂璃-yu-ri-:私ノ悪イ癖に関してはプリプロの段階から重心を下に置きつつもトリッキーさと動きの見えるベースラインを意識しました。籠女と海月に関しては歌の表情に合わせて細かいスライドアップやダウンを重たいフレーズでアタッキーさ、ピック感を出したくて今までライブでしか試していなかった奏法、親指の腹と人差し指の腹で逆デコピンする指ピック奏法も取り入れてみました。白昼夢は低音感を意識しながら場面場面に合わせた表情をつけて行った感覚です。
——何故ベースを始めたのですか?
Ba. 憂璃-yu-ri-:中学生の頃、友人に誘われたのがきっかけです。当時はギターとベースの違いもよくわからなくて、パートを決める前に姉の部屋にあった唯一のバンド資料「L'Arc〜en〜Ciel」の「ハートに火をつけろ!」のライブ映像をみてベースを手にする事を決めました。ギターより目立てると思って。笑
——ステージで特に意識している事は何ですか?
Ba. 憂璃-yu-ri-:表情。
——影響を受けたバンドはいますか?
Ba. 憂璃-yu-ri-:L'Arc〜en〜Ciel、蜉蝣、drug store cowboy
——尊敬する、影響を受けたベーシストはいますか?
Ba. 憂璃-yu-ri-:沢山の方がいらっしゃいますが国内の方で特に思うのは、tetsuyaさん、IKUOさん、公大さん、瞬火さん、T$UYO$HIさんです。
——これからどんなベースを弾きたいですか?
Ba. 憂璃-yu-ri-:曲を映えさせるかつ面白い、奇天烈なベースを弾きたいです。
——2/11はどんなライブにしたいですか?
Ba. 憂璃-yu-ri-:過去最高の単独公演にします。
——最後にファンの皆さんにコメントをお願いします!
Ba. 憂璃-yu-ri-:最後まで見て頂きありがとうございました。
Dr. 或-aru-'s INTERVIEW

『進化したヴァージュを見せつけてやりたい』

——本日はよろしくお願いします!リリースから1ヶ月経ちましたが、改めて「私ノ悪イ癖/白昼夢」リリースおめでとうございます!
Dr. 或-aru-:有難うございます。
——こちらの作品は或さんにとってどのような作品になりましたか?
Dr. 或-aru-:雰囲気が正反対の楽曲を両A面シングルという形でリリースできて、自分としてもやりたかった事だったので良かったです。カップリング曲も今までと雰囲気が違く、ストレートなロックが気持ちいいサウンドの楽曲になったと思います。
——その中でもどの曲が好きですか?
Dr. 或-aru-:B typeに収録されている「海月」です。初めて聴いたときや歌詞を見たときに、ストレートに訴えてくる感覚に凄くグッときました。誰だって心の中にあるものに対しての説得力が頭にガツンと来ましたね。
——作品を制作するにあたってどのような事を意識しましたか?
Dr. 或-aru-:ドラムに関しては今までと違うノリが出したくて、試行錯誤しました。結果的には自分の納得いくモノにはならなかったのですが、いい勉強になったのと次に活かせる様、気持ちが高まりました。
——今までと違うノリというのは?
Dr. 或-aru-:ざっくばらんに言えばニューメタルなどのノリですね。簡単に言うと自然と体が動くリズムの出し方で、俺は頭で考えていたら出せなく、感覚で掴まなくてはいけないものだったのでとても苦戦しました。
——リリースをしてから何かバンドに変化はありましたか?
Dr. 或-aru-:「籠女」「海月」は既にライブの定番曲になっています。今までのヴァージュの雰囲気を変えてくれて、尚且つそれを表現するのが難しくて試行錯誤しています。バンドに新しい風を吹かせてくれた楽曲達です。「私ノ悪イ癖」はまだライブでは披露していないのですが、今までと違った空気感をくれる楽曲だと確信しています。MVも凝り固まったモノが作れたので、それに引けを取らない表現をしたいですね。「白昼夢」もここぞというタイミングでしかやらないのですが、壮大なバラードなので楽曲の世界観を少しでも表現するために、ライブでやる前にはスタジオなどでメンバー同士の擦り合わせは入念にしています。
——この間の生誕主催お疲れ様でした!おめでとうございます!どのようなライブになったのでしょうか?
Dr. 或-aru-:誕生日に主催という形でやるのは初めてだったので、純粋に楽しみでした。当日に何かしたいなと思い、練習時間もない中、遼くんがドラムをやってくれて1曲だけボーカルをやらせてもらいました。普段、ドラムから見える景色や音と違い素直に楽しかったです。バンドとしても振り切ったいいライブができたと思います。
——ドラムを始めたきっかけは何ですか?
Dr. 或-aru-:友人に誘われてです。最初はギターとドラムをやっていたのですが、ドラムのがプレイしていて気持ち良かったのでいつのまにかドラム一本になっていました。ギターは未だに全然弾けません。
——1番影響を受けたCDはありますか?
Dr. 或-aru-:Dir en grey「GAUZE」
——尊敬する、影響を受けたアーティストはいらっしゃいますか?
Dr. 或-aru-:Mike Portnoy・華月さん・YOSHIKIさん・淳士さん・Shinyaさん・SORAさん
——どんなドラマーを目指していますか?
Dr. 或-aru-:ヴァージュのドラムは或じゃないとダメだとなる土台と歌心を持ったドラマー。メンバー全員に「いってこい!!」と押し出せるプレイヤーでいたいですね。
——或さんは自分を説明するならどんな方ですか?
Dr. 或-aru-:自信もない、気の弱いダメなやつ。
——メンバーの中では一番メイクが濃い様ですが、何か理由があるのですか?
Dr. 或-aru-:普段の自分が嫌いで、メイクで塗り固めないと或になれないから。
——最近Instagramを始められましたが、何故始めようと思ったのですか?
Dr. 或-aru-:単純に興味があったから。始めてみて思ったのは、思ったことや感じたことを長い文章で書けるしのが有難いですね。
——1月に地方での単独公演、2月に遼さんの生誕単独公演が赤羽ReNY alphaでありますがどんな公演にしたいですか?
Dr. 或-aru-:名古屋・大阪での単独公演は6月ぶりなので、あの頃からまた進化したヴァージュを見せつけてやりたいです。赤羽ReNYは一度ここでライブをしたことがあるのですが、ステージのバックのパネルがとても面白くて。そういうところを活かせた新しいライブをしたいです。
——ファンの皆様に一言お願いします。
Dr. 或-aru-:最後まで目を通してくれて有難う。俺らの良さはライブに来てもらえたらより感じられる筈です。
ヴァージュ
ヴァージュ

Gu. 氷龍-hiryu- / Ba.憂璃-yu-ri- / Vo.遼-ryo- / Dr.或-aru- / Gu.紫月-sizuki-

毒々しくも美しい歌で旋律を奏でるライブバンド。
2019年に行われたツアー<Place of Gracia>ではバンド史上最大規模となるTSUTAYA O-WESTでのワンマン公演を経験。
さらに2020年にはNEW SINGLEを提げ東名阪ワンマンツアーを開催する。

リリース情報
ヴァージュ / 両A面4th Single
「私ノ悪イ癖 / 白昼夢」
NEW SINGLE / 2019年11月20日 RELEASE

【Aタイプ】

[CD]
S.D.R-353-A / ¥1,800- (+Tax)
[CD収録曲]
1.私ノ悪イ癖
2.白昼夢
3.籠女

【Bタイプ】

[CD]
S.D.R-353-B / ¥1,800- (+Tax)
[CD収録曲]
1.私ノ悪イ癖
2.白昼夢
3.海月

ライヴ情報
ヴァージュ単独公演「千」-名古屋編-
2020年1月31日(金) 名古屋ell.SIZE
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 ¥3,500- / 当日 ¥4,000-
ヴァージュ単独公演「千」-大阪編-
2020年2月1日(土) アメリカ村CLAPPER
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥3,500- / 当日 ¥4,000-
ヴァージュ単独公演「千」-遼生誕-
2020年2月11日(火.祝) 赤羽ReNY alpha
OPEN 17:00 / START 17:30
前売 ¥4,000- / 当日 ¥4,500-

アーティストタグ

ヴァージュ | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

ヴァージュ | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

ヴァージュ | 関連MOVIE

関連動画はありません。