2019.7.2 シェルミィ / 「カルティックオカルティック」
Vocal.豹(ひょう) / Guitar.友我(ゆうが) / Bass.凌央(りょう) / Drum.爻(こう)
独自の表現と謎めいたストーリー展開で着実にその規模を全国へと広めつつあるシェルミィが、過去作品音源集『カルティックオカルティック』をリリースした。“過去と未来”そして“復讐”を掲げた彼らの進む先は“謎の新曲”「大人になったら死にたい」から始まる新たな展開の幕開けだ。 相も変わらず肝心な部分を煙に巻きながら、バンドの今とこれからをじっくりとメンバーが語ってくれた。

インタビュー・文:二階堂晃

『あの時の景色を越えることが出来たのは本当に嬉しかった』

――2019年上半期は全国ツアーに明け暮れていた日々だと思うのですが、いかがでしたか?
:自分たちの需要が何処にあったのか肌で感じることが出来て、とても意義のあるツアーでしたね。静岡とか群馬とか、意外な土地で大きな反応があったのが自分たちでも予想外でした。
――チケット代を「投げ銭方式」で集める全国ツアーであったことも大きな反響を呼びましたね。
:投げ銭は完全に大阪がぶっちぎりで一番でしたね(笑)。
凌央:ファン同士で「誰が一番か!?」って競争になってたみたいで、スゴかったです。
――それだけ熱量のあるツアーだったのですね。ファイナルではシェルミィ史上最大キャパであるTSUTAYA O-WESTのステージにも立ちましたが、このツアーで皆さんは何を得たのでしょうか?
:ツアーを通じてはもちろん、去年の三部作を経て今作『カルティックオカルティック』へと繋がったことで、「シェルミィ」というジャンルが出来たなとメンバー間でよく話すようになりましたね。
――意欲的に新作をリリースしてきた昨年から一転、再録を含む過去作品音源集である『カルティックオカルティック』をリリースしたのには、どういったバンドのモードによるのでしょうか?
:シェルミィは常にその1年の計画を立ててから活動するので、まだ言えないことがたくさんあるんですけど、今年のテーマに「過去」「未来」「復讐」というものがあって。そのキーワードを掲げての第一波として、過去作の総まとめというのはちょうどいいかなという想いがあったんです。
――過去の自分たちを振り返るだけではなく、この先のヴィジョンを見据えた上での過去作品音源集ということなのですね。
:もちろんバンドとしての振り返りの意味もありますけどね。ただ、僕らの場合はそれだけじゃなくて既に見えているものがあるので。この作品を出すにあたって意図的に斬新なことをやってやろうみたいなつもりもなくて、あくまでもこれからのシェルミィらしさを追求した形の現れだと思って欲しいですね。
――「復讐」をキーワードに掲げての2019年とのことですが、5月25日には目黒鹿鳴館にてワンマン「目黒グランギニョル-復讐編-」も開催されました。
:僕たちが結成して最初に東京でやったワンマンが同じ目黒鹿鳴館で「目黒グランギニョル」というタイトルだったんです。今回はその“復讐”としての当時の再演、リバイバル的な意味合いを込めてのワンマンでした。
――2年の時を経て、同じ会場で同じタイトルを掲げてのワンマンの手応えはいかがでしたか?
:2年前は結果として悔しい思いが大きくて、「ここから這い上がっていこう」っていう気持ちをメンバーとそこにいるお客さんと共有した日だったと思っていて。そこから2年経って同じ場所の幕が開いた時に、当時とは比べものにならない人数のお客さんが目の前にいて。ツアーを回っていた成果があったのかなと思いましたし、純粋にお客さんが増えたことが本当に嬉しかったです。
凌央:当時は集客面でも厳しい中でのワンマンだったこともあって、自分たちとしては「崖っぷち感」みたいな思いを抱きながら当日を迎えたんですが、今回はあくまでも通過点というかバンドとしてのキャパが広がっていたことを改めて実感できた日でした。
友我:2年前はとにかく色んなことに悩んでましたね。でも今回はあの時と違って迷いなく覚悟を持ってバンドとしても個人としてもステージに立てたかなと思って。あの頃は自分のスタイルが見つかっていなかったけど、今は自信を持ってありのままの自分でやれてますね。
:2年前はまだメンバーが上京する前だったんです。それもあって僕自身東京での初ワンマンというものに期待が大きかった分、結果には悔しさを感じるワンマンで。でも、もう一度今回「目黒グランギニョル」というタイトルを掲げて同じ場所でやったことで、素直に「自分は東京に来てよかった」と思えたんです。もちろん、結果にはまだまだ満足していないけれど、あの時の景色を越えることが出来たのは本当に嬉しかったですね。良い1日でした。
――2年前の“復讐”が果たせたわけですね。
:そういうことになりますね(笑)。

『内容の無い歌詞を書くのは自分には向いてない』

――それでは肝心の『カルティックオカルティック』について掘り下げていきたいのですが、やはり「過去の自分たちへの復讐」という意味合いが込められているのでしょうか?
:ではなくて、純粋に自分たちの生み出してきた曲たちが古くなっていくのがイヤだなって。今でも公演(ライヴ)でやっている曲もたくさんあるし、今の自分たちの経験とスキルで、昔の曲がどうなるのか挑戦もしてみたかったし。それに「最新作が最高」ってどのバンドも言いますけど、シェルミィはそうではなくて。
――と、言うのは?
:もちろん新しい曲を発表するごとに最高だと思ってやってますけど、それまでに作ってきたものも僕らは聴き続けて欲しいし、どの曲も死なせたくないんで。
――『放課後の凶室』『インスティンクト_リクエスト』『絶交』の3曲は再録バージョンとなっていますが、リレコーディングするにあたってどんなことを心掛けましたか?
:一番は“ライヴ感”を意識しましたね。シェルミィって1stアルバムの『ぼくらの残酷激情』以降、ボーカルにハモリを入れてないんです。
――それはバンドとしてとても潔いスタイルです!
:シェルミィはバンドとしての“生感”を重視したいんです。なので再録の3曲ではハモリは録らなかったし、リマスタリングした他の曲でも当時入れていたハモリはカットしました。当時は僕もまだハモリを重ねないとボーカリストとして不安な気持ちがあったりしたんですけど、結局はライヴでも生歌一本の方がお客さんにも伝わるんですよ。
――シェルミィの歴史の中で積み上げられてきた曲たちということもあり、皆さんそれぞれに思い入れのある楽曲もあるのではないでしょうか?
:僕は普段から自分たちの曲を聴くし、一曲だけ選ぶのは難しいですけど「僕の叫びはこの都会の吐瀉物に塗れてゴミとなった。」を挙げたいですね。音源では歌は全部歪んでいるし、公演でも拡声器で歌っているからきっと歌詞が聞き取れないと思うけど、それも詞の意味の中にあって。どんなに叫んでも自分の声は誰にも届かないんだっていう、僕自身のあの時の卑屈さがいつ聴いても思い出されますね。
友我:僕は人生で一番最初に作曲した「パライゾ」です。それこそ復讐心とか、いつも他人をバカにしてる普段の僕の感情が表れてるなって思う(笑)。
――「パライゾ」の歌詞は、バンドマンならドキっとしてしまう内容に溢れていますよね。
:これも結成1年目に書いた歌詞ですけど、僕は最初からシェルミィをずっとやっていこうと決めていたのと裏腹に、回りは半年とか1年とかで解散するようなバンドばかりだったんです。でも、そんなバンドにも少なくとも応援してくれるファンは絶対いるじゃないですか。それなのに、なんでそんなにオマエらはあっさり解散できるん? ってことを言ってやりたかったんです。
凌央:僕は「依り糸」です。個人的には世界で一番のバラード曲だと思ってて。この曲を最初に聞いた時は本当に「豹くんスゲエ!」って思いましたね。自分がバラードを書く時はいつも「依り糸」を越えないと、っていう気持ちで書くようにしてて。
:嬉しいね。ありきたりな失恋ソングじゃない悲しい曲を書きたかったんです。離れたくても離れられないからこそ苦しいことってあるじゃないですか。そういうひねくれた心情を形にしたくて書いた曲です。
:僕はやっぱり「放課後の凶室」です。ファンのことを“負け犬”と呼んでいるのも、常に“下剋上”を掲げているのもこの曲が最初だし、シェルミィそのものみたいな曲だと思うんですよ。
友我:今思えば前のバージョンは演奏がバラバラだったけど、今回の再録でガッチリ一つの方向にまとまったんじゃないかな。3年間で音楽というものを学びました(笑)。
一同:(爆笑)

『この曲に関しては、まだ何も語れない』

――個人的には『フラッシュバック炉利ポップ』の突き抜け具合がいつ聴いても気持ちいいです。
:この曲はバンドマンや関係者からの人気が抜群です(笑)。当時を振り返ると、何の意味もない言葉遊びの詞を書きたかったんですよ。僕は歌詞には自分の気持ちをいつでも込めたいと思ってますけど、ふいにただただ浅い内容の歌詞を書こうと思って。でも、そうしたらいい感じの内容になっちゃって(笑)。
――『フラッシュバック炉利ポップ』はシェルミィのライヴでのキラーチューンの一つと言っても過言ではありませんよね。
凌央:そうですね。みんなで毎回“飴玉を頂戴!”ってやってます。
友我:実際に飴玉投げてますからね、毎回。
:どんな会場であっても巻き込めちゃいますからね。何の意味もなく「飴玉を頂戴」って部分が最初に合ったんですけど、結果良い歌詞を書いてしまった(苦笑)。内容の無い歌詞を書くのは自分には向いてないんだなって実感しましたね。
――『フラッシュバック炉利ポップ』は新規のファンにこそ特に聴いて欲しい曲だと思います。そして、なんと言っても『カルティックオカルティック』と時を同じくして配信のみで発表された“謎の新曲”である「大人になったら死にたい」についても今日はお話を聞かせて欲しいのですが……。
:この曲に関しては、まだ何も語れないんですよ。“謎の新曲”なんで(笑)。
凌央:一つだけヒントを出せるとしたら、「当時の道を辿っている」っていうことですかね。
――シェルミィらしく意味深です。「大人になったら死にたい」のMusic Videoの最後での爻さんがXXXをしているシーンの意味も、今後明らかになっていくのでしょうか?
友我:それも後から分かりますから。
――シェルミィのMusic Videoは結成から一貫して大阪の映像会社「BAKEMONO」が手掛けていますが、毎回素晴らしいコラボレーションだなと感じています。
:BAKEMONOとは僕らがシェルミィになる前からの付き合いで、ずっと一緒に映像を作っていこうと最初から話していて。
凌央:ぼくらにとっては最初から運命共同体と言っても過言じゃないクリエイターですね。

『「平成」という時代が終わったことが大きかったのかもしれない』

――バンド内部のコンディションがとてもいい状態にあることを感じます。しかし、そんな今のシェルミィが「復讐」という、ある種ネガティヴな部分を掲げているのにはどんな意味があるのでしょうか?
:言うなれば、「平成」という時代が終わったことが大きかったのかもしれないですね。古いものにはなりたくないという気持ちが常にあるので。平成の間に成し遂げられなかったことが本当にたくさんあるので。夏のツアー『全校集壊-全国編-』にしても、初めてのワンマンのタイトルと同じなんです。それを全国でやろうと。ファイナルの高田馬場AREA『スクールカースト』も、去年成し遂げられなかったエリアをソールドさせるという目標を絶対に実現させたい。過去に自分たちがやってきたことひとつひとつに対してもう一度目標を立てて進んでいくことが、シェルミィなりの「復讐」なんじゃないかなって思っていますね。
――『カルティックオカルティック』のリリースと夏ツアーという形で過去に歩んだを今一度踏むことによって、今後のシェルミィがどうなっていくかが楽しみです。
:この作品の一曲目である「放課後の凶室」は、シェルミィの根源的な部分を歌っている曲だと思うんです。結成当初はどうせすぐに解散するだろうって誰からも言われた僕らが、大阪を飛び出して東京の大きな会場で結果を出せるバンドになったことには手ごたえを感じています。もっと言えば、「大人になったら死にたい」は僕が高校生の頃から変わらずに思っていたことだけど、それをこうして作品にして誰かに届けられることは大きな変化じゃないですか。だからこそまだまだこんなもんじゃないし、さらに自分たちを磨いた先に何があるのか、まだまだ目を離さないで欲しいですね。
シェルミィ
シェルミィ

2016年4月に始動、関西を中心に精力的なライヴ活動を行っている4人組ロックバンド。
子供特有の繊細さや残酷さを「ぼくらの残酷激情(グランギニョル)」という言葉に込め、コンセプトとして掲げる。


リリース情報
シェルミィ / 「カルティックオカルティック」
2019年05月15日 RELEASE

【CD】
BnG-011 / ¥3,000
[CD収録曲]
01.放課後の凶室-再録編-
02.インスティンクト_リクエスト-再録編-
03.絶交-再録編-
04.毒キス
05.パライゾ
06.咀嚼
07.フラッシュバック炉利ポップ
08.おやすみ。
09.「僕の叫びはこの都会の吐瀉物に塗れてゴミとなった。」
10.優しい世界
11.依り糸
12.※これは病気です。
(4.〜12. リミックス&リマスタリング)

ライヴ情報
全校集壊-全国編-‬

2019年06月29日(土) 奈良ネバーランド@「全校集壊-奈良編-」
2019年06月30日(日) 静岡UMBER@「全校集壊-静岡編-」
2019年07月05日(金) 浦和ナルシス@「全校集壊-埼玉編-」
2019年07月07日(日) 水戸SONIC@全校集壊-茨城編-」
2019年07月09日(火) 岡山CRAZYMAMA 2ndROOM@「全校集壊-岡山編-」
2019年07月10日(水) 徳島CROWBAR@「全校集壊-徳島編-」
2019年07月13日(土) 京都MOJO@「全校集壊-京都編-」
2019年07月14日(日) 福井CHOP@「全校集壊-福井編-」
2019年07月20日(土) ホリデーネクスト名古屋@「全校集壊-名古屋編-」
2019年07月24日(水) 千葉LOOK@「全校集壊-千葉編-」
2019年07月27日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!!@「全校集壊-横浜編-」
2019年07月28日(日) 仙台enn3rd@「全校集壊-仙台編-」
2019年07月31日(水) 池袋サイバー@「全校集壊-東京編-」
2019年08月03日(土) 前橋DYVER@「全校集壊-群馬編-」
2019年08月04日(日) 長野ライブハウスJ@「全校集壊-長野編-」
2019年08月07日(水) 宇都宮HELLO DOLLY@「全校集壊-栃木編-」
2019年08月10日(土) 心斎橋fanj twice@「全校集壊-大阪編-」
2019年08月17日(土) 姫路Beta@「全校集壊-姫路編-」
2019年08月18日(日) 高松TOONICE@「全校集壊-高松編-」
2019年08月23日(金) 札幌クレイジーモンキー@「全校集壊-札幌編-」
2019年08月24日(土) 札幌クレイジーモンキー@「全校集壊-札幌編2日目-」
2019年08月29日(木) 新潟GOLDEN PIGS BLACKSTAGE@「全校集壊-新潟編-」
2019年08月30日(金) 福島アウトライン@「全校集壊-福島編-」
2019年09月21日(土) 高田馬場AREA@全校集壊ツアーファイナル単独見世物公演「スクールカースト」

アーティストタグ