INTERVIEW

ラミヤ「Prologue」

2019.5.7
“現代風メルヘン劇”をコンセプトに掲げ、関西を中心に活動するラミヤが約1年ぶりにViSULOGへ登場!
今作で3枚目となる「Prologue」は、彼らが想い描くメルヘンへの憧れをより深く描いた1枚となった。
彼らが描いた異国の世界に是非とも触れていただきたい。

インタビュー・文:二階堂晃
――ミニアルバム「Marionette Overture」以来、ほぼ一年ぶりのViSULOG登場となるラミヤの皆さんです。まずはバンドとそれぞれの近況から聞かせて下さい。
シユ:宇宙目指して銀河をいくつか手に入れたところです(絶好調です)。
n:過去よりも作曲活動に磨きをかけてますね。Marionette Overtureを作った時に、このCDは自信作だ!って思ってたんですけど、今はアレンジして再録したいな〜って思う程です。
ゆう:ばんどはいろんなばんどさんにらいぶのおさそいがもらえるようになった。。じぶんのきんきょうはこうちゃをのむりょうがふえました。。
零十:3月に2周年主催を終え、今は7月のシユ生誕主催に向けての準備をしております。わたくし自身はドラムの腕を更に磨くべく日々修行しております。
――前作からヴィジュアル・イメージがよりファンタジックかつゴージャスに進化しましたね。
シユ:トランプ食べたらこうなってしまいました。
n:そう感じて頂けたなら嬉しいですね。今回のCDはメルヘンな楽曲でよくあるんですけど、曲を聴く分には良いけどライヴでのノリがよくない、という点を意識しました。ファンタジーでメルヘンでありながらライヴでも自然と体が動くような曲にしたかったです。
ゆう:めるへんなおはなし、というのがらみやらしさだとおもうので、こんかいのいしょうやでざいんはすごくきにいってます。。
零十:わたくしの頭の中にある、メルヘン劇に登場する空想上のキャラクターを衣装とメイクで表現してみました。
――『Prologue』はどんなコンセプトで制作されたのでしょうか?
n:このCDの共通のテーマが「憧れ」なんです。不思議の国のアリスの世界をモチーフにして誰もが持っている、いろんな物への憧れを共感して頂けたらなと思います。
――表題曲「Prologue」が3曲目に置かれているのは何故なのでしょうか?
n:何故?と言われると難しいのですが(笑)。最初から迷いアリスと行進曲を軸に制作していたのですが、迷いアリス、Specters paredeはファンタジーへの憧れ、そしてPrologueは現実で感じるリアルな憧れにしたくて、夢の世界への入り口という意味で3曲目をPrologueをタイトルにしました。
――「迷いアリスと行進曲」は“不思議の国のアリス”が世界観のコンセプトの楽曲ですが、それぞれの聴きどころを聞かせて下さい。
シユ::CメロからDメロにいく流れが気持ちいいですね。歌詞で言うと「大事な物を落としたみたいね」から「魅惑のMasquerade」の部分です。
n:この曲は全体的に可愛いイメージのある曲なんですけど、歌詞から歪んだ憧れのような物を読み取れると思います。
ゆう:いんとろのぎたーふれーず。にほんがかさなってとびはねてるかんじのところがすき。。
零十:過去の楽曲の中で最もメルヘン要素強めになっているのではないでしょうか。また、「行進曲」をドラムで表現する為に、随所にスネアロールを入れております。
――「不思議の国のアリス」の登場キャラクターは誰が一番好きですか?
シユ:チェシャ猫。
n:チシャ猫です。
ゆう:3がつうさぎ。。あたまおかしいところがすき。。
零十:帽子屋さんですかね。何でもない日をあんなにテンション高く祝えるなんて、ネガティブになりがちなわたくしは見習いたいものです。
――歌詞の世界観では“夢”が重要なモチーフとして登場しますが、皆さんが最近見た夢で印象に残っているものはありますか?
シユ:夢。小鳥さんとくまさんが戦ってるところに出くわして、くまさん圧勝やんって思ってたらくまさんが大きく振りかざした手を小鳥さんがかわしてくまさんはそのまま勢いでぐるぐる回ってどっかに飛んでったって夢が面白かったです。
n:そうですね。ウサギを追っかけてたらいつの間にか変な場所に辿り着いていて、気付いたら周りで猫やトランプが喋ってましたね。
ゆう:うーん、ゆめのなかでじぶんがおはなしのなかのきゃらくたーとしてげきをしたこと。。でもそれがゆめだってわかってるのがちょっとかなしかった。。
零十:夢の中で夢を見ました。わたくしの部屋に見知らぬ人物が立っていて襲われそうになったところで目が覚めるのですが、そこもまた夢の中なのです。
――カップリング曲「Specters parade」にも“アリス”が登場しますが、「迷いアリスと行進曲」とリンクしているのでしょうか?
n:リンクといいますか、迷いアリスは少し歪んだ憧れ、スペクターがファンタジーへの憧れってイメージですね。
――「Specters parade」のそれぞれの聴きどころを聞かせて下さい。
シユ:大サビ前〜ラストサビの流れが気持ちいいです。
n:ギター、ピアノ、バイオリンが絡み合って作られるクラシカルなサウンドと曲の展開ですね。
ゆう:じぶんがやりたいなあっておもったことをもりこめたのでぜんぶ。。おおさびのたっぴんぐとか。。
零十:展開がテンポ良く変化し、聴いていて飽きないですね。迷いアリスと行進曲同様、こちらもスネアロールでパレードを表現しております。
――中間のミステリアスな語り(チシャ猫)はどなたによるものですか?
n:ギターのnが声を入れました。これは不思議の国のアリスの原作のチシャ猫の名言なのですが、先日に大阪の心斎橋にある、水曜日のアリスというアリスの世界をモチーフにしたお店があるのですが、そこの店内BGMで自分が語ったセリフをチシャ猫が喋っててとても嬉しかったです。
――作品タイトルにもなっている「Prologue」のそれぞれの聴きどころを聞かせて下さい。
シユ:サビを結構繰り返すんですが、終わりにつれて感情的になっていくのが聴きどころですかね。
n:不安定で攻撃的なイントロ、必要最低限なメロディと歌詞。
ゆう:らみやにしてはろっくぽいというか、ちからづよいきょくだとおもいます。。ほかにきょくとぎたーのおとがちょっとちがうのです。。
零十:Aメロの静かな部分とサビの盛り上がる部分の緩急差の大きさが聴きどころかなと思います。ゆったりしたテンポですが、ドラムは細かいフレーズが散りばめられていて、演奏していて独特な緊張感があります。
――「Prologue」は“終わり”についての曲ですが、皆さんが終わらせたこと、もしくは終わらせたいことは何かありますか?
シユ:逆に終わることだらけなのでずっとってやつを証明してみせたいですね。
n:今は夢に見ている状態です。この夢を早く終わらせたいですね。
ゆう:おわらせたいことはとくになくて、おわらせたくないことのほうがたくさん。。おわらせるなんてもったいない。。
零十:「寝る前にYOU TUBEを見ること」を終わらせました。気付けば朝になってしまうことがあるので。
――最後に、今後のラミヤへの展望を聞かせて下さい。
シユ:高みへいく!初心を忘れずポッケに入れて。
n:日本中にラミヤの夢を見せたいですね。
ゆう:よりめるへんに、じぶんもまよいごさんもさらにたのしめるらいぶになるようなすてーじのつくりやえんしゅつもどんどんれべるあっぷさせたいです。。
零十:今はまだ小さなメルヘン劇ですが、ラミヤをいつか大きな大きなメルヘン劇にします。その劇のリズムを担っていけるなんて、本当にワクワク致します。

COMMENT MOVIE

RELEASE

ラミヤ「Prologue」
2019年05月01日 Release!!
LAM-005 / ¥1,500 (税抜)
[CD]
01. 迷いアリスと行進曲
02. Specters parade
03. Prologue

LIVE INFORMATION

2019年05月12日(日) BIG CAT / OSAKA MUSE / SUNHALL / CLAPPER / hillsパン工場 / SHOVEL / AMERICA-MURA FANJ-twice / SUNHALL / Ai-華龍アウトストア会場
201年06月14日(金) 渋谷REX

ラミヤ PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。
  • Vo:
    シユ
    Birth:
    07.18
    Blood:
    A

  • Gt:

    Birth:
    02.26
    Blood:
    A

  • Gt:
    ゆう
    Birth:
    01.23
    Blood:
    A

  • Dr:
    零十
    Birth:
    09.29
    Blood:
    A


アーティストタグ

ラミヤ | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

ラミヤ | 関連MOVIE

関連動画はありません。