INTERVIEW

メトロノーム「Catch me if you can?」

2019.4.24
メトロノームが4月24日(水)にNEWシングル『Catch me if you can?』をリリースする。
ポップでキャッチ―かつデジタリックで時折ラウドな要素も垣間見える独特のサウンドに益々磨きのかかった今作の取材は、まさかのTALBO-1(Gu):フクスケ不在の状態からスタート。自由奔放でありながら着実に我が道を突き進む今のメトロノームの姿を捉えたインタビューをご覧頂きたい。

インタビュー・文:二階堂晃
――「Catch me if you can?」はメトロノームらしい楽曲でありながら、英語のタイトルであることに予想を裏切られました。
シャラク:「Catch me if you can?」は僕がメトロノームのボーカルとして在りたい理想像と現実とのギャップについての曲なんです。理想の自分が“鬼さんこちら=Catch me if you can?”って言ってるんだけど、今の自分だとそこには届かないっていう状況というか。
――シャラクさんの「理想のメトロノームのボーカル像」とはどんなものですか?
シャラク:単純にテクニックもそうだし、書くべき曲とかSNSでするべき発信をしているかどうかとか、色々です。でもなかなか全部思うように出すことが出来なくて。常にもう一人の自分が「本当はこっちだよ」って語りかけてくる感覚があるんですね。なんだか精神異常者みたいですけど(苦笑)
――『Catch me if you can?』は全作『廿奇譚AHEAD(読み:にじゅうきたんあへっど)』と比較して、シャラクさんのボーカルにヴォコーダー処理をかける分量が減って、なおかつ歌の表現そのものも以前より有機的になった印象を受けたのですが、それは今のシャラクさんの中の理想のボーカル像と絡んできますか?
シャラク:それはあるかもしれません。メトロノームやその他の活動、特にアコースティックライヴを経験してきたことで、自分の声に機械を通すのが今はカッコ悪いなって感じるようになってきていて。
――それはシャラクさんというボーカリストにとって大きな心境の変化ですね。
シャラク:だからこそ、生の自分の声での理想の歌とのギャップを日々すごく感じているんです。
――サウンド面に関して言うと、リウさんの高速スラップは大きな聴きどころのひとつですね。
リウ:シャラクくんが持ってきたデモの段階からスラップが入っていたので、そこに自分の色で味付けをしていくことで完成させたんですが、結果としてすごくカッコよく仕上がりましたね。
――シャラクさんの葛藤を描いた心境に対して、軽快でポップな言葉が並ぶ歌詞が印象的でした。特に“ニーチェもサンジェもどうにもブルドック”というセンテンスに目を惹かれました。
シャラク:この部分、元々は違うメロディで“進むしかない”みたいな歌詞を書いていたんですけど、出来上がって聞いてみてなんだか後ろ向きな感じが気にくわなくてギリギリで変えさせてもらったんです。出来るだけ意味のない言葉で、笑い飛ばしたいっていう思いがあって。
――とてもシャラクさんらしいですね。「理想と現実のギャップ」というお話になると、お2人の「理想の自分」とはどんなものなのでしょうか?
シャラク:お酒を適量くらいに止めておけるようになりたいですね。単純に健康のためなんですけど。
リウ:僕は、日々自分については自問自答していますね。プロを目指してた頃の自分が今の自分を見た時にカッコいいと思える姿かどうか考えるようにしています。何かの選択肢に直面した時に、ベースを始めたばかりの頃の自分がカッコいいと思うだろうかってことを常に気を付けるようにはしていますね。
――カップリング曲「さくらん」についてですが、これはメトロノーム史上もっともヘヴィなサウンドに仕上がったと言っても過言ではありません。
リウ:メトロノームにはヘヴィな曲はたくさんありますけど、今風のメタルサウンドを前面に押し出した曲をやりたいと思って書きました。ベースもおもいっきり歪ませて、5弦ベースのロー・チューニングでのスラップに注目して欲しいですね。
――一方、サウンドに反して全編に渡ってメロディアスなメロディラインが貫かれています。
リウ:シャラクくんの曲がサビに向かって盛り上がっていくアプローチなのに対して、最初からグイグイ押し寄せてくるメロディを書きたかったんです。
――歌詞に関してはどんなメッセ―ジが込められているのでしょうか?
リウ:まさしくさっきの話に出たように、自分への問いかけを歌詞にしました。家でリラックスしてお酒を飲んでいる時にどうしても色々と考え事をしてしまうんですけど、それがまるでオバケと話しているみたいだなと思って(笑)。だからタイトルも最初は英語で“Ghost~”って言葉を使おうと思ったんですけど、どうしようかなとすごく悩んだんですよね。
――「さくらん」というタイトルには意外性も感じました。
リウ:“満開の花、夢現”という歌い出しから、“桜”を連想させる言葉がないかなって考えたんです。詞の内容が死を連想させるものだからこそ、菊とか蓮ではなくて桜が良かったんです。「錯乱」と「桜」が上手くマッチしたタイトルに出来たんじゃないかなと思います。
シャラク:この曲、最初リウさんからデモが上がってきた時にすごく難しそうだなって感想だったんですけど、完成してみると今の自分の歌に合っているなって思います。
(ここでフクスケが到着)
フクスケ:すみません、遅くなりました。フクスケです。よろしくお願いします。
――お待ちしていました。ちょうど「楽観ばっか」のお話を伺おうと思っていましたが、こちらは作詞作曲がフクスケさんによるものですね。
フクスケ:はい。自分の曲には毎回の様に言える事なんですが、今回も自分の好きなギターのフレーズを盛り込んで 作り、最終的にはサビ始まりになり凄くポップになりました(笑)。シングルの中でギターソロが続いたので この曲はテルミンソロにしました。
――「楽観ばっか」の歌詞のメッセージは、“楽観”を通り越して“達観”の境地と言っても過言ではないと感じました。
フクスケ:そうですね。楽観しているバカばっかだなと楽観しているバカな自分を表現しているのですが、それを良く達観できていると思います(笑)。
――シャラクさんとリウさんは「楽観ばっか」の最初の印象はどのようなものでしたか?
シャラク:最近までのフクスケってこれまでのメトロノームに無かった曲調を書いてきた印象があったんですけど、ここに来て「真骨頂きた!」と思いましたね。「売れそう」だなって(笑)。
リウ:(笑)。フクスケくんらしい、の一言に尽きるなと僕も思いましたね。実は、選曲会の段階では今回収録した3曲の倍以上の楽曲の中からセレクトしたんです。
――「Catch me if you can?」がリード曲に選ばれた決め手はなんだったのでしょうか?
リウ:選曲会では僕も「Catch me if you can?」に一票入れました。今回も選曲の前に衣装が決まっていたこともあって、このヴィジュアルでこの楽曲を今のメトロノームが打ち出すのが一番面白い形なんじゃないかなって思ったんですよね。
シャラク:実は、僕は自分では「Catch me if you can?」はリード曲のつもりでは一切作ってなくて。和装に合わせて曲を作るのがちょっと難しくて、自分は好きなように作ろうと思いました。でも選曲会でみんなの心を掴めるように一応三味線の音を入れてみたら、これが選ばれちゃったっていう(笑)。
――メトロノームとしてここまで和装を前面に押し出すスタイルは初めてですか?
リウ:シャラクくんとフクスケくんはそれぞれソロでやってるよね。 メトロノームとしてはみんなで和装をしたのはお正月のライヴくらいなんじゃないかな(笑)。
――そして『Catch me if you can?』を引っ提げてのツアー『寂滅ヰラクyAtrA』もスタートしますが、こちらは何と読めば良いのでしょうか。
シャラク:(スマホのメモを見ながら)「じゃくめついらくやーとらー」です。仏教用語で“寂滅為楽”という言葉があって、「寂滅」は煩悩を脱した悟りの脱却した境地、「為楽」は楽しみ、「ヤ―トラー」はサンクスリット語で「旅」という意味の言葉です。
リウ:っていう文章をフクスケくんがタイトルをみんなに提案する時に文章で解説してくれるんです(笑)。
フクスケ:今のシャラクの説明にもありました様に(笑)…20周年を終えて悟りの境地に達したかと思いましたが、21 年目を見据えた時にまだまだ先もあるぞと強く思いまして、悟る事なくこの先も尖って攻めて行く旅に出 ようという感じの意味です。
――メトロノームはすでに悟りの境地に達しているぞ、というメッセージとも取れますね。
シャラク:いえ、まだまだ僕らはその境地に達する道の途中ですけど、とりあえずここからまだまだ行くぞって気持ちが伝わるといいなって思います。
――6月1日にはTSUATAYA O-WESTにて『リウの日』も決定しており、こちらも楽しみですね。
リウ:僕の誕生日当日です。ツアーとはまた違ったセットリストのワンマンにするつもりなので、楽しみにしていて欲しいですね。
――再起動以降、精力的に活動を続けているメトロノームですが、再起動以降のヴィジュアル・シーンは皆さんの目から見てどんな風に映っていますか?
リウ:僕たちもまだまだ自分たちの下の世代のバンドと共演するようになったのはごく最近のことですけど、メトロノーム結成当初から今のシーンまで残っているバンドたちとまた共演するようになって感じるのは、長く続いているバンドって音楽性やルックスではない部分で共通した雰囲気があるなと思うんですよね。シャラクくんもそう思わない?
シャラク:そういうバンドと一緒になっていつも思うのは、「どこか突出した部分があるから残ってきたんだろうな」ってことですね。僕たちが活動を休止していた7年間で、本当にたくさんの当時の仲間がいなくなってしまった中で、どこかしら大きく尖った部分のあるバンドだけが今も続いているように思います。
――先日はR指定とのツーマンの開催もありましたが、今後はメトロノームよりも下の世代のバンドとの共演も観られたりするのでしょうか?
リウ:個人的にはやっていきたいですね。後は、ヴィジュアル系以外のジャンルのバンドとも共演したいねっていう話はメンバーでよくしています。
シャラク:僕、ヴィジュアル系はメイクさえしていればなんでもアリなのがこのジャンルの良さだと思っているんですけど、他のジャンルでもメイクをするバンドって増えてきたし、いい意味で垣根を越えた活動も今後は挑戦してみたいなと思いますね。
フクスケ:そうですね。自分もジャンルを超えたところでもやってみたいですし、まだメトロノームを知らない、聞 いた事のない方々に見せていきたいですね。
――最後に、今後メトロノームとしてどんなことに取り組んでいきたいかそれぞれの展望を聞かせて下さい。
リウ:今回はシャラクくんが「Catch me if you can?」というとても良いを書いてくれたんで、次は僕もリード曲に選ばれるようないい曲を書いてメンバーやファンの方をハッとさせたいですね。
シャラク:これまでは作品を作る時に考えすぎていた部分があったなと振り返って思うんです。次からはもっとシンプルに自分を色んな形で出していきたいです。
フクスケ:もっと今までにやった事ない事にチャレンジしていきたいですね。曲、活動、衣装、機材、色々な部分で チャレンジしていきたいです。

COMMENT MOVIE

RELEASE

メトロノーム NEW SINGLE『Catch me if you can?』
2019年04月24日 RELEASE!!
KICM-1938 / ¥1,400 (税抜)
[CD]
01. Catch me if you can?
02. さくら
03. 楽観ばっか

LIVE INFORMATION

メトロノーム ワンマンツアー2019 寂滅ヰラクyAtrA

2019年05月02日(木・祝) TSUTAYA O-EAST
2019年05月04日(土) 仙台darwin
2019年05月12日(日) 名古屋ReNY limited
2019年05月18日(土) ESAKA MUSE
2019年05月19日(日) ESAKA MUSE
2019年06月01日(土) TSUTAYA O-WEST

メトロノームpresents『 リウの日 』

2019年06月01日(土) TSUTAYA O-WEST


2019年07月26日(金) 新木場STUDIO COAST
2019年07月28日(日) TSUTAYA O-EAST
2019年09月01日(日) CLUB CITTA’川崎
2019年09月14日(土) TSUTAYA O-EAST

メトロノーム PROFILE

  • VOICECODER:
    シャラク

  • TALBO-1:
    フクスケ

  • TALBO-2:
    リウ


アーティストタグ

メトロノーム | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。