INTERVIEW

Rayflower「ENDLESS JOURNEY」

2018.12.25
確固たるキャリアを積み上げてきた5人によるRayflowerがViSULOG初登場!
2018年12月12日(水)に最新ミニアルバム『ENDLESS JOURNEY』をリリースし、絶賛ツアー中の多忙な中、リーダーのKey.都啓一とGu.YUKIの2名のインタビューに成功した。
“普遍的”なロックの魅力が詰まった今作の成り立ちと、長く歩んできたアーティストだからこそ語ることの出来る貴重な言葉の数々を感じて欲しい。

取材・文:二階堂晃
『色々な経験をして来なければこうはなれない』
――ViSULOG初登場ということで、まずはこのスーパーバンド結成の経緯から伺ってもよろしいでしょうか?
都啓一(以下、都):とあるアニメの主題歌の制作オファーが僕のところにきまして、それをバンドの形で作ろうと思ってメンバーに声をかけたのが結成のきっかけです。
YUKI:たまたまその時期に僕と都さんは別の仕事の現場で出会っていたんです。
:家も近かったんですよ。YUKIくんのことはもちろんすごいギタリストとして以前から存在は知っていましたけど、現場の打ち上げで意気投合して連絡先を交換していなかったら、ひょっとして誘っていなかったかもしれいですね。ドラムのSakuraさんは僕が声をかけて、SakuraさんからベースのIKUOさんを誘う形でまず楽器隊が集まって。そこからボーカルがなかなか決まらなかったんですが、田澤くん(田澤孝介)はもちろんその存在は知っていた上で、僕とSakuraさんが仙台で彼と対バンをした時に「いいボーカル、ここにいた!」となって声をかけました。最初は「ある種の企画なんだけど、ちょっとやってみない?」っていうノリで集まったバンドなんです。
YUKI:アニメの企画としてのね。
:そうそう。僕も含めて、それぞれのお仕事のひとつ、くらいの感じで。そのアニメの企画としてシングル2枚とミニアルバム1枚リリースするというところまで流れがあったんですが、その先になかなかライヴをやるタイミングがないままに時間が過ぎていって。「ライヴをしない丘バンド」なんて当時は言われていました(笑)。
YUKI:ライヴはないけど、その間WEBラジオや動画を配信することでバンドとしての形を何とか保っていた時期でしたね。
――結成当初はひとつの企画としてスタートしたものの、ここ数年でRayflowerのバンド然とした活発な活動へとシフトしたことは誰の目にも明らかです。
:一番大きかったは、渋谷AX(当時)でイベントだったので短い時間でしたけど初ライヴが実現した時にすごく楽しくて「またやりたいな」と。そこから自分たち主催のイベントをO-EASTでやって、本格的にメンバー主導で活動していこうという風に流れが変わりましたね。
YUKI:お客さんの反応も良かったんですよ。自分たちも「あれ、俺たちってこんなにまとまりのあるバンドだったのか」ってことに、ライヴをすることでどんどん実感していって。
:自然体で一緒にいられるメンバーだったんですよね。「メンバーで絶対集まろう」みたいに強制される訳でもないですし、集まる時は自然に集まる5人だったことも大きいですね。
YUKI:メンバー全員、色々なことを経験してきた上で組んだバンドなので、ちゃんと色んなことが分かっていますからね。
:こういう言い方だと分かりやすいかもしれないですね。仮に今後「1年だけ休みたい」というメンバーがいたとしても「じゃあ、1年休もう」とか「ファンクラブのライヴだけはやろう」とか、そういう話が普通に出来るバンドだと思うんです。変に肩ひじを張ることもなく、本当に自然体でやれていて。
――昨今のシーンを見て、フレキシブルな活動ペースのアーティストが増えてきたとは感じますか?
:YUKIくんもさっき言ったように、色々な経験をして来なければこうはなれないと思います。僕も昔だったら「ここは必ずこうしよう!」みたいな風にバンドに対して言っていたかもしれないですし。今では、それぞれが責任を分担出来ている関係性ではあるものの、反面ライヴに関してはやればやるほど結束力が強くなっているのが感じられていますね。
『“終わらない旅”とはまさにこのこと』
――そんなRayflowerが12月12日(水)に2nd ミニアルバム『ENDLESS JOURNEY』をリリースしました。今作を制作する上でのコンセプトを聞かせて下さい。
:昨年から今年の2月にかけて行った前のツアーの終盤に「まだ終わりたくない」と思って。単純に楽しかった。今でも覚えているんですが、残すはファイナルの新木場コーストのみ、という浜松のライヴの帰り道に「まだやりたいな」と思ったんです。
YUKI:浜松まで2週間近くライヴも移動もずっと一緒にいる、ってスケジュールだったんですけどね。
:変な話、それだけ一緒にいると飽きてもおかしくはないじゃないですか。でもそうなるどころか、すぐに「次のツアーを切ろうよ」って話になって。“終わらない旅”とはまさにこのことだなと思って、まずツアーのタイトルを『ENDLESS JOURNEY』と名付けたんです。
――作品の前にツアーとしてのタイトルが先行していたということなんですね。
:今回に関してはそうですね。ひょっとしたら違うワードになっていたかもしれないですけど、いずれにせよきっと意味は同じだったと思います。ここまでバンドが積み上げてきたものがあったからこそ、この名前が出てきたというか。前ツアーはタイトルを「Brilliant Place」として“ファンにとって輝ける場所でありたい”という願いを込めたのですが、今回もまたファンにとって、Rayflowerにとってもの願いを込めたツアータイトルになりましたね。
――ツアーありきの作品ということで、曲を持ち寄る上で何か共通のテーマを掲げたりはしていましたか?
YUKI:曲に関しては特に縛りを設けず、いつもと変わらず一貫してメロディと音の派手さを意識して持ち寄ったと思います。僕と都さんは一緒にいることが多いので、ファンへの気持ちを歌にしたいという話を聞いていたので、何かしらのエッセンスには入っているかもしれませんね。
――前作であるフルアルバム『Brilliant Anthology』を今年リリースした上で、さらにこの短いスパンで『ENDLESS JOURNEY』を制作するのはスケジュール的にも並外れていますね。
:このスパンだから、『ENDLESS JOURNEY』フルアルバムではなくミニアルバムになったということですね(笑)。種明かしをすると、『Brilliant Anthology』を作り終えて、「さあ、リハーサルをしてツアーだ!」というタイミングで「Fellow Soldier」「螺旋のピース」の2曲のタイアップのお話が来たんです。これからツアーというタイミングで急遽もう2曲作る、ということでメンバー全員で膝を付き合わせて「どうする?」と話した結果「よし、やろう!」ということになって。実はこの2曲も完成までに色々あったんですが、その時期に曲の素材をたくさん作れていたこともあって、このタームでリリースすることが出来たんです。もちろんまだそのタイミングでは『ENDLESS JOURNEY』というタイトルは無かったですけど。
――収録曲のうち都さんが表題曲の「ENDLESS JOURNEY」に加え「Fellow Soldier」「螺旋のピース」、そしてYUKIさんが「Viola」の作曲を手掛けられていますが、あえて『ENDLESS JOURNEY』から推し曲を挙げて頂くとしたらどれになりますか?
:どの曲も色がはっきりしているんで、なかなか1曲に絞るって難しいですね。でもやっぱり「ENDLESS JOURNEY」になるのかな。
YUKI:ここで僕も「ENDLESS JOURNEY」って言っちゃうと同じになっちゃうので(笑)、その他で挙げるとしたら6曲目の「希望の歌」ですね。
――田澤さん作詞曲によるポップなナンバーですね。Rayflowerの楽曲制作はどのような形態で行われているのでしょうか?
: YUKIくんや田澤くんの曲は、僕の家に来てもらって一緒に作業しながら形にしていくことが多いですね。YUKIくんは曲のイメージをはっきり持っていることが多いのでそれを2人で起こしつつ、田澤君の曲に関しては僕からもアレンジに関して色々と意見を投げたりもしていて。IKUOさんの曲はほぼ形になった状態でやってきます。
――原曲者によって制作のスタイルが違うのがRayflower流なのですね。
:そうですね。僕もある程度形にして持っていきますけど、ギターに関してはYUKIくんにお任せの部分も多いですね。ソロやコードに関してもどうぞご自由にっていつも言ってて。
YUKI:ギターはだいたいみんな僕に任せてくれますね。
『だからこそ“やらないといけない”』
――リリースに先駆けてすでにツアーを回られている最中ですが、感触としてはいかがですか?
:早く次のライヴが来ないかな〜!と(笑)。次でもう16本目かな?
YUKI:今回ツアーから初の試みとして、バラード曲で1曲目を始める構成にしているんです。SEで登場してドーン!と始めるのではなく、引き締めて音楽を届けているのが僕たち的には新しいですね。
:ホールサイズでそういう演出からスタートするのはすごく良いんですよ。ただ、ライヴハウスでそういう風に始めるのってなかなか難しいことなのにも関わらず、それをやれちゃうのは凄いことだな、とやっていて思いますね。ライヴ中のファンの子の表情を観ていても惹き込めているのがいるのが伝わってくるし、挑戦してみて良かったなと思います。
YUKI:アルバムのツアーではないので、過去の色々な曲をセットリストに組み込めるのも今回のツアーならではですね。
:前回のツアーではやってない曲もたくさんありますし、過去のライヴでは定番になっていた形もあえて崩してみたりとか。
――バンドとして前に進もうとする姿勢を強く感じます。
:『ENDLESS JOURNEY』ですから。もちろん、ツアーの先のことも今から考えていますし。
――セミファイナルには東京公演としてEXTHEATER ROPPONGI、ファイナルには大阪、なんばHatchという大舞台も控えていますね。
:前回のツアーを回っている途中から「早く次のツアーをやりたい」と動いていた中で出てきたのがこの二箇所で。ファイナルを大阪でやるというもの初のことなので面白いかなと思って。
YUKI:なにせ、メンバー5人中3人が関西人ですからね。都さんが兵庫、僕と田澤くんが大阪の出身です。
:ちなみにIKUOさんは島根で、sakuraさんだけがバリバリの東京人です(笑)。
――Rayflowerというバンドが常に高いクオリティで活動しているのは、やはりメンバーさんそれぞれが長くこのシーンを歩んでこられたからこそだと思います。都さんとYUKIさんの目線から、今の音楽シーンはどのように見えているのでしょうか?
YUKI:僕個人としては今流行っている音楽をそこまで研究しているタイプではなくて。古臭い人間というか、ずっとやっていることの根底は変わらなくて。これまで自分たちがそれぞれやってきて慣れ親しんできた音楽をこの5人で持ち寄ることが、結果として少しずつ新しいものになって、Rayflowerの色になっているんじゃないかなと思いますね。
:普遍的なものって絶対に大事だと思うんです。昨今言われているように、CDというものはいよいよなくなるかもしれないですけど、スマホだったりで音楽というものに慣れ親しんでいること自体は変わらないですよね。音楽を聴く、音楽を作る、というスタイル自体はどんな時代であっても普遍的なものだし、だからこそライヴというものは絶対に無くならない。
――その通りだと思います。
:なんていうのかな、だからこそ“やらないといけない”んですよ。人前に出て音楽を演奏するという本来の姿に最後は立ち戻らないといけないし、結局はライヴが一番楽しくて最高なんですよ。セールストーク的な部分でRayflowerのことを「スーパーバンド」という風に評されることはありますけど、僕たち自身はまったくそうは思っていなくて。本当の意味での「スーパーバンド」になるにはツアーを重ねてライヴを積み上げていくことでしかないんです。そして、メンバーを見ていても、ファンを見ていても、ライヴの空間を見ていてもRayflowerが凄いものに向かって歩いているのは間違いないです。僕たちが本当の意味での「スーパーバンド」と呼ばれるようになるには、それしかないのかなと思いますね。
――是非ともこの先もRayflowerの『ENDLESS JOURNEY』を歩み続けて欲しいです。
:まずは是非ともEXTHEATER ROPPONGIとなんばHatchには足を運んでいただいて、ライヴを体感して欲しいです。

COMMENT MOVIE

RELEASE

Mini Album「ENDLESS JOURNEY」
2018年12月12日 Release!!
QAIR-10144 / ¥2,000 (税抜)
01. ~starting over~
作曲:YUKI・都啓一
02. ENDLESS JOURNEY
作詞・作曲:都啓一
03. 憂いのFUNNY MAN
作詞:田澤孝介 / 作曲:IKUO
04. Fellow Soldier
作詞:田澤孝介 / 作曲:都啓一
Vシネマ『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング』
PartI『仮面ライダーブレイブ&スナイプ』主題歌
05. Viola
作詞:田澤孝介 / 作曲:YUKI
06. 希望の歌
作詞・作曲:田澤孝介
07. 螺旋のピース
作詞:谷口悟朗・田澤孝介 / 作曲:都啓一
コードギアス劇場版第3部『コードギアス反逆のルルーシュIII皇道』挿入歌

LIVE INFORMATION

TOUR2018~Endless Journey~

2018年12年27日(木) 東京・EXTHEATER ROPPONGI
[TOUR FINAL]
2019年01月05日(土) 大阪・なんばHatch

Rayflower PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。
  • Vo:田澤孝介

  • Gu:YUKI

  • Ba:IKUO

  • Drums:Sakura

  • Key:都啓一

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

Rayflower | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

Rayflower | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

Rayflower | 関連MOVIE

関連動画はありません。