INTERVIEW

レイヴ「ハラスメント」

2018.09.03
“生きづらさ”を掲げ、常に物議を醸し続けてきたレイヴがニューシングル「ハラスメント」を9月5日(水)にリリースする。
皮肉と遊び心のたっぷり効いた彼らの新作は、ここ近年のダウナーな作風から一転して心地よくもひねくれた、アッパーな勢いに溢れている快作だ。レイヴ新章の幕開けに相応しいこの一枚について、メンバーに深く話を訊いた。

インタビュー・文:二階堂晃
『「エビチリとエビマヨ、どっちにしよっか?」って』
――前作『メンブレさん通ります。』のインナーかつダウナーな作風からガラリと変わって、今作『ハラスメント』はとてもアッパーかつ外に向けて発信しているイメージを強く受けました。まずは最新のバンドのモードがどんなものか、伺ってもよろしいでしょうか?
:昨年発売したアルバム『不幸福論』から4人でのレイヴというものを模索してきた中で、『メンブレさん通ります。』を作ったことでそれが見えてきた感覚がありました。それを受けて、『ハラスメント』からはそろそろ外に向けて攻めていこうっていう気持ちではありますね。
――具体的にどのような形で攻めようといった会話はありましたか?
レン:「垢抜けよう」って言いましたね。夏だし、勢いに任せてギラギラしてようぜって話をして、こういった曲調でありこういったビジュアルでありっていう風に固めていきました。
――「ハラスメント」作曲の悠さんもその方針を受けて原曲を書かれたのでしょうか?
:最初はもっと明るい曲があったんですよ。でも、満場一致で「これで行こう!」ってならなかったので、勢い重視で新しく書き下ろした曲が「ハラスメント」ですね。
レン:一聴して、「あ、これやね」って。仮タイトルなんやったけ?
:最初の曲の仮タイトルが「エビチリ」で、「ハラスメント」の仮タイトルが「エビマヨ」(笑)。
レン:「エビチリとエビマヨ、どっちにしよっか?」ってなりました。
――作詞のレンさんとしては、何故“ハラスメント(=嫌がらせ)”というテーマを取り上げようと思ったのでしょうか?
レン:最近の曲には聴き手が考えさせられるような歌詞を書くことが多かったんですけど、「ハラス(メント)」に関しては、この勢いのある曲調にそういうのは絶対違うやろなというのがあって。内容としては「何がハラスメントなのか」っていうことを言いたくて書いたんですけど、根本には“生きづらさ”っていうレイヴの変わらないテーマを置いた上で、言葉を単語単語でバーッて並べて書いていったんですよ。要は、「ちびまる子ちゃん」みたいな歌詞になったと思います。
nisa:どういうことかさっぱり分からん(笑)。
――どういうことですか?
レン:どこから見ても話が通じるというか。「サザエさん」とかもそうですよね。そういうのをめっちゃいっぱい書いた歌詞にしたくて。
nisa:ああ! 「こち亀」ってことね!
――一話完結型、ということですね。印象的なワードが随所見られる中でも、“28時12分に干されたハラスメント”という場面がとても意味深に感じました。
レン:アー写の後ろのテレビの放送時間を過ぎた後のカラーバーにかけて書いた部分ですけど、“4時12分”って書きたくなかったんですよ。AMかPMか付け足さんといかんし。普通“28時”とか言わないし、そこんとこの言葉回しに対して、「どや?」っていう(笑)。
――それこそ放送業界では24時以降の深夜についてはこのように表記したるもするらしいですね。
レン:それがこの部分のミソなんですよ。みんなが寝静まった時間に、誰も気付かんうちに、ハラスメントは起きてるんだってことを書きたくて。
――“チャンネル障害の美学”という部分もレンさんからのメッセージ性を感じますよね。
レン:テレビもネットも仮に無くなったとしたら、それってすごく美しい世界なんじゃないかなと思って。
――皆さんも現在の情報化された社会の中で音楽を発信している訳ですよね。
レン:色んな情報で溢れすぎてて、結局そういうものに人間が犯されている世の中じゃないですか。良くも悪くもそういうものが無い時代に仮にタイムスリップしたとしたら、そこにいる人々はもっと美しいんじゃないかなあって思うんですよね。
『まずこの俺への叩き自体がハラスメントなんじゃないか?』
――メンバーの皆さんは日々活動する中で“ハラスメント”を感じたことは最近ありましたか?
:「ハラスメント」を題材にすることは僕からもレンに提案したんですが、実はきっかけになる出来事があって。その時期に政治家の記者へのセクハラ問題についてテレビでずっとやっていて、それについて悪意はないんですけど自分の思ったことをツイートしたんです。それが、ヴィジュアル系のファンではなく、ネットの中で政治について活動してるような人たちの間で大炎上してしまって、「コイツらヤべー」って思って。
――具体的にどのような発言をされたのですか?
:俺のツイートを遡って見てもらえれば分かります。あくまでも「これは言っちゃダメだろ」ってことは最後まで言ってないんですけど、めちゃめちゃ寄ってたかって叩かれて炎上して。「セクハラを批判しているつもりかもしれないけど、その前にまずこの俺への叩き自体がハラスメントなんじゃないか?」って考えさせられるきっかけになって、時代的に「ハラスメント」を題材にするべきなんじゃないかと思いました。
――そんな具体的な経緯があったんですね。nisaさんはいかがですか?
nisa:ハラスメントって受け手次第なところがあるじゃないですか。それを過敏に感じてなんでもかんでもハラスメントと声高に主張する世の中はいかがなものかと思いますね。それこそ、ずっとニュースでハラスメントについてやってるのもそうですし、例えば女性に「髪切った?」って言うだけでセクハラだと騒がれるような世の中が本当に気持ち悪いなと思って。僕たちがリリースするこの「ハラスメント」という作品さえ、「“ハラスメント”という発言自体がハラスメントだ!」みたいな風に言われるかもしれませんし。せめてこういうクリエイティブに関しては、受け入れられる世の中であって欲しいとは思うんですけど。
――凪さんはいかがですか?
:僕ら九州出身なんで、色んな席でお酒を飲めって言われると断れないじゃないですか。僕、あれはパワハラだと思ってます。
――九州のお酒の席はとてつもないとよく聞きますよね。
レン:あっちには酒オタクしかいないですから(笑)。
一同:(爆笑)。
nisa:っていう発言をすることで、ますます九州出身僕ら全員が酒オタクだと思われる訳ですよ(笑)。
――凪さんは実際には飲める方なんですか?
:それが、まったく飲めないんです。だから「九州出身だし飲めるでしょ?」ってお酒を薦められるのがホントにイヤでイヤで……。
――レンさんはいかがですか? 歌詞を手掛ける上でも、この問題には人一倍向き合ったかと思いますが。
レン:最近俺がハラスメントを感じたことか……。どっちかっていうと、俺はハラスメントをするタイプですね。むしろハラスメントする側でありたい。
――どういうことですか?
レン:ボーカルなんで発言することも人一倍多いですし、俺の言ってることをハラスメントに感じる人も中にはいると思うんですけど、それくらいの存在でありたいなと思いますよね。ま、でもバンギャルの子らもライヴではめっちゃ大声を俺らにぶつけてきますけど、あれはあれで傍から見たらハラスメントですよね。そういう意味ではハラスメントはどんどん受けたいです(笑)。
――「ハラスメント」のMusic Videoも拝見しましたが、一見ストレートなバンド演奏をたたみかけることに徹した作品かと思いきや、メンバーと同じ絵の中でハラスメントをする側とされる側の役者さんのシーンが存在しているのが衝撃的です。
nisa:最初はインサートの別ショットにしようかという話も出たんですけど、それではつまらないなと思って。あくまでも自分たちが生きているのと同じ世界の中でハラスメントは存在してるっていうことを表現したくて、このアプローチを取りましたね。
――「夫婦」「教師と生徒」「上司と部下」という3シチュエーションのハラスメントが作品内では繰り広げられますが、こちらはメンバーの皆さんから何か具体的な演技のリクエストなどはありましたか?
レン:事前に軽くイメージだけ伝えて現場に入ってもらったんですが、想像をはるかに超えるリアルな演技をしてもらえて流石やなって思いました。
nisa:俺らガンガン音出しながら演奏シーン撮ってるのに、だんだん怒鳴り声が後ろから聞こえてくるんです(笑)。
レン:なのに、俺らメンバーとは同じ世界にいるのに全然別の表現で一切絡まないっていうのが、このMVのミソなんですよ。
『こういうことを俺はこれからも変わらず歌っていく』
――是非、映像の隅々まで確かめて欲しいですね。そしてカップリングには初期曲の「奇声バ性」のリビルド・バージョンが収録されています。なぜ今このタイミングでのリアレンジとなったのでしょうか?
nisa:めちゃくちゃいっぱい理由があるんですよ。
レン:ひとりずつ言っていこう(笑)。まず俺から言うと、単純にバンドの進化と自分の進化を試してみたいということがあって。当時とは歌い方も歌の癖も間違いなく変わっていると思ったし、今の俺はどこにいるんだろうと思って。聴き比べてみると深みが全然違いますよね。
――一聴して、バンドとしてのクオリティの高さとそれに相反する懐かしさが同居する不思議な感覚がとても魅力です。
nisa:歌詞が一番懐かしさを感じますよね。
――“サディスティック”というレイヴを象徴する言葉が歌詞のキーワードになっているのも初期曲ならではですね。
レン:そうですね、今でもワンマンの最後はファンと一緒に“サディスティック!!”って叫んで終わりますよ。
:それも元々はこの曲から来てるんですよ。じゃあ、次は凪。
:前々作の「ツミトバツ」からギターとベースのチューニングが下がっていて、「奇声バ性」もチューニング下がってる方がいいんじゃないかってメンバーで話したのがリアレンジの理由の1つです。
:僕は元々は再録って否定派で「絶対にやるもんか」って考えだったんですけど、でも凪が言ったようなチューニング問題に加え、今年で結成6年目ということもあって1回くらいはやってみるか、と思って。結果は、満足ですね。僕らの場合はやってみてよかったって思えてます。
――では最後に、一番今回の再録への思い入れの深そうなnisaさんお願いします。
nisa:まず1つに、前作「メンブレさん通ります。」の時はワンマンツアーが絡んでいたこともあり、いっぱい新曲をやれたんですが、今回は夏のリリースということでイベントツアーを回ることが決まってたんですね。となると、イベントの限られた時間の中だとなかなかカップリング曲を育てていくことが出来なかったという過去の反省があって、再録であればレイヴのファンの子たちに馴染みのある曲を新鮮なものとしてイベントで披露できるということがあった。もう1つは、「奇声バ性」の前のバージョンでのリリースの時って、僕はまだレイヴのメンバーじゃなかったんです。
レン:これが一番の理由です。
nisa:俺も再録ってあまりいいと思ってこなかったんですけど、ファンの子に絶対そう思わせないように色々考えてレコーディングしましたね。
――レンさんは当時を振り返って、歌詞でどんなことを伝えようとしていましたか?
レン:当時と今で言いたいことが何にも変わってないんですよ。男女のドロドロした割り切った関係、「バレなきゃいいでしょ?」っていうようなことをエッチな感じで。最近も「わりきりララバイ」とか「君がアバズレ」とかを書いてますし、こういうことを俺はこれからも変わらず歌っていくんやろうなあって。
『今のレイヴ、ヤバイっす』
――そして先程nisaさんの言ったように夏から秋にかけて怒涛のイベント出演が決まっています。そして、その先のレイヴ発信のライヴとして『レイヴ ハロウィン主催 「ハメ外し大変身2018」』と『レイヴ AUTUMN ONEMAN 第1部 「プリンス☆パラダイス」』『レイヴ AUTUMN ONEMAN 第2部「リクエストアワード2018」』が特に見逃せませんね。
レン:ハロウィン主催は毎年やってますし、これからもずっとやっていきたいですね。変な話、1年でこの日が一番楽しいんで(笑)。
――言うまでもないかもしれませんが、普段のレイヴとは何が違うのでしょうか?
:言うなれば、僕たちもお客さんもただ仮装してるだけですよね。でも、なんかこの日だけは誰もが変にハメ外しちゃうじゃないですか(笑)。ライヴハウスのマナーはしっかり守りつつ、ハロウィンの渋谷みたいに普通に考えたらやっちゃダメなことをみんなで楽しめる日ですから。普段から暴れたい子、後ろで観たい子、色々いると思うんですけど、この日だけは絶対に全員が楽しかったって言ってくれる自信があるんで是非遊びに来て欲しいですね。
nisa:なんか急にハロウィン特製ドリンクとか出したくなった。全バンドプロデュースとかで。
レン:いいじゃんね(笑)。
――凪さんはハロウィン主催に関してはいかがですか?
:ファンの子が喜んでくれる仮装をするのか、自分がやりたいことをやるのか、毎年悩みますね。僕、いつか土偶をやりたいんです。
:絶対ドラム叩けねえ(笑)。
:まあ、今じゃないなーとは思ってるんで、この先もハロウィン主催はずっと続けていっていつか土偶になりたいですね。
レン:この日は楽屋がいつも以上にギラギラしてる訳ですよ。「あいつ、なんの仮装するんやろな」って。カッコつけたら負けじゃないですか。好きですね、あの空気感。
nisa:ただレイヴ主催なんで、対バンと被るのが毎年怖いんですよね。僕ら絶対にトリに決まってるじゃないですか。
レン:もし被ってたら速攻で高田馬場のドン・キホーテに走って新しいの用意しますよ。その時はいよいよ段ボールで土偶作ります(笑)。
一同:(爆笑)。
――そして二部制ワンマン『レイヴ AUTUMN ONEMAN 第1部 「プリンス☆パラダイス」』『レイヴ AUTUMN ONEMAN 第2部「リクエストアワード2018」』に関してですが、まず第1部の「プリンス☆パラダイス」はどういったライヴになるのでしょうか?
:キラキラ系バンドみたいなライヴをしようと思っています。どういう訳か、レイヴのことをキラキラ系だと思ってる人がちょいちょいいるみたいで。僕ら的にはそれをずっと否定し続けてきたんで、逆に振り切って1回やってみようかと。ま、いわばこれもひとつの仮装ですよね。「キラキラ系を被ったレイヴ」というか。
――ということは衣装やライヴのスタンスも普段とは変わるのでしょうか?
レン:衣装もキラキラさせますし、メンバー全員で回るとことか合わせたいですよね。
nisa:最初ステージの真ん中に集まって「ジャーン!」とか。
――レンさんはボーカリストですし特に表現が変わりませんか?
レン:今のままの俺じゃダメなんで、ラブ&ピースな雰囲気はどうやったら出るのかキラキラ系のバンドやってる奴に聞きます(笑)。リハから来てもらって、「違う違う!それじゃレンが出ちゃってる!」とか注意してもらうかなと。後は、やってそうでやってないんでキラキラリングとか物販で売ったりしたいですね。
――見逃せませんね。第2部の「リクエストアワード2018」はその名の通りリクエスト制のライヴですよね?
:2016年にも同じ投票制でセットリストを決める企画をやったことがあるんですが、それから20曲ぐらい増えてるんで、そこも含めてどうなるかなって部分が今から楽しみですね。
――もう投票は始まっているのでしょうか?
レン:まだです。9月の上旬からなので、詳しいことは追ってお知らせ出来たらいいなと。
――この先のレイヴは楽しいことが目白押しですね。それでは最後に、改めて『ハラスメント』をリリースしてのメッセージをViSULOG読者に向けてお願いします。
:自分の発言に対して何を言われるか分からない「生きづらい」世の中ですけど、僕たちは僕たちのやりたいようにこれからもレイヴを続けていくんで、これからも楽しみにしていて下さい。
:今年の春に前の事務所を抜けて独立したことも、ひょっとしたら「ハラスメント」が外に向いた作品になったことと関係しているのかもしれません。これからはガンガンライヴもやってさらにバンドっぽい活動をしていきたいです。今いるファンの子にはしっかりついて来て欲しいですし、これから出会う子にはよろしくお願いしますって伝えたいですね。
nisa:日々進化し続けている実感が今すごくあって、それをどんどん多くの人に知ってもらいたいんですね。これからのレイヴのライヴや音楽面そのものの良さを感じ取ってもらえたらいいなと思っています。
レン:今、俺ら脂乗ってるんで。最近は対バンにも多く出られるようになったことで、新しいお客さんに「レイヴってこんなに良かったんだ」って言ってもらえる機会がすごく増えたんで、自分らは間違ってなかったんだっていう手ごたえが今すごくあります。ダメやったら全然他のバンドに行ってもらっていいんで、まずは一度観て欲しいですね。今のレイヴ、ヤバイっす。

RELEASE

レイヴ 13th Single「ハラスメント」
2018年09月05日(水) Release!!
【初回限定盤】
CD+M∞CARD
TFRV-1003 / ¥1,800(税抜)
[CD]
01. ハラスメント
02. 奇声バ性
[M∞CARD]
「ハラスメント」MV+メイキング
※M∞CARDデザインは5種類ランダムのスペシャル仕様!

【通常盤】
CD ONLY
TFRV-1004 / ¥1,200(税抜)
[CD]
01. ハラスメント
02. 奇声バ性

LIVE INFORMATION

レイヴ AUTUMN ONEMAN 第1部 「プリンス☆パラダイス」

2018年10月15日(月) 高田馬場CLUB PHASE

レイヴ AUTUMN ONEMAN 第2部「リクエストアワード2018」

2018年10月15日(月) 高田馬場CLUB PHASE

Neverland vs レイヴ 2MAN GIG TOUR'18「LAST SUMMER FUCKER'S」」

2018年09月08日(土) 今池GROW
2018年09月09日(日) 心斎橋FANJ
2018年09月11日(火) 福岡DRUM SON
2018年09月17日(月) 渋谷REX

レイヴ ハロウィン主催 「ハメ外し大変身2018」

2018年10月31日(水) 高田馬場AREA


2018年09月04日(火) 渋谷 Milky way
2018年09月19日(水) 高田馬場AREA
2018年10月03日(水) 名古屋HOLIDAY NEXT
2018年10月04日(木) 大阪MUSE
2018年10月09日(火) 池袋EDGE
2018年10月17日(水) TSUTAYA O-EAST
2018年10月22日(月) EDGE IKEBUKURO
2018年10月23日(火) 高田馬場AREA
2018年11月24日(土) 仙台HooK
2018年11月26日(月) 札幌KRAPS HALL
2018年11月27日(火) 札幌KRAPS HALL
2018年12月01日(土) 岡山IMAGE
2018年12月03日(月) 福岡DRUM Be-1
2018年12月04日(火) 福岡DRUM Be-1
2018年12月06日(木) OSAKA RUIDO
2018年12月07日(金) 名古屋ell月FITS ALL
2018年12月09日(日) 長野JUNK BOX
2018年12月10日(月) TSUTAYAO-WEST
2018年12月22日(土) 高田馬場AREA


レイヴ PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。
  • Vo:
    レン
    Birth:
    03.02
    Blood:
    O

  • Gu:
    nisa
    Birth:
    08.21
    Blood:
    A

  • Ba:

    Birth:
    12.30
    Blood:
    OよりのA

  • Drums:

    Birth:
    04.06
    Blood:
    B


DISCOGRAPHY

アーティストタグ

レイヴ | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。