INTERVIEW

ZON「R.I.P.」

2018.06.19
関西発、ラウド&ミクスチャーを武器にじわじわとその勢力を伸ばしつつあるZONが2018年6月27日(水)に6th Single「R.I.P.」をリリースする。
このジャンルとしては稀有なまでに、音楽人ひいては一人の男としてのメッセージをリアルに切り取った3曲は、必ず聴き手の心に熱いものを残すことだろう。
我が道を突き進む彼らの率直な思いをキャッチすることに成功したインタビューをご覧頂きたい。

インタビュー・文:二階堂晃
――新体制になってViSULOG初登場ということで、改めてそれぞれの自己紹介をお願いいたします。
Azu#:ボーカルのAzu#です。#の意味は1つ先のAzuです。進化しました。
Mii:GtのMiiです。
Sy/u:新しくベースで加入したSy/uです!
834:834です。
――6th Single『R.I.P』を制作するにあたってのコンセプトを聞かせて下さい。
Azu#:最近流行った言葉だと思います。意味は最近知ったんですが「そんな簡単に使うな言葉じゃないだろ!?」と思い、歌いたくなりました。
Mii:楽曲はJ-popです。
――これまで常にラウド色を前面に押し出してきたZONにとっては新機軸とも言えるリード曲「R.I.P」の狙いを聞かせて下さい。
Azu#:ラウドが流行りすぎてつまらなくなってきたんです。これが機軸となるかは分かりませんが、常に新しいモノを欲して挑戦していってます。
Mii:ZONとしての幅を広げた感じです。
Sy/u:ZONが表現出来る良さを思いっきり見せたい。
834:個人的には狙いとかありません。
――「R.I.P」の歌詞とタイトルに込めた思いを聞かせて下さい。
Azu#:世界のどこかで争いは起きてる。毎日どこかで人が亡くなっている。でも僕は何もできないし何も知らないです。ありきたりなコンセプトかもしれませんが、命は常に大切に考えて欲しい。
――「R.I.P」の各パートの聴きどころを聞かせて下さい。
Azu#:大サビラストのメロディーが好きです!聴いてください!
Mii:ニュアンスもりもりにしたんで全部です!
Sy/u:加入して1回目のシングルなので、かっこいいと思われたさが出ているベースラインです!
834:リズムに関してはZONにとって珍しいと思います。手数も少なくあまりやってこなかったパターンも少なくないので、そう言った角度から言えば貴重な曲かもしれません。あえて言えばちょっと物足りなさ、が聞きどころみたいな感じです。
――「R.I.P(安らかに眠れ)」という意味ですが、皆さんはこれまでの人生で大切なものを失ったことはありますか?
Azu#:めちゃくちゃあります。命だったり物だったり、悲しくなりますねー。
Mii:失いすぎてつらいです!
Sy/u:まゆげ。
834:それなりに。
――「R.I.P」Music Video収録時のエピソードを聞かせて下さい。
Azu#:みんなイメージショットの演技が下手だなぁと(笑)。
Mii:移動中、機材車内に髪の毛が引っかかって3本ほどもってかれました。
Sy/u:ロケ地を管理している市役所の方が、撮影を最初から最後まで見届けてくれてた。
834:夜まだ人通りのある道でレザーのジャケットにフードを被り血の付いた金属バットを引きずりながら歩くという貴重な体験をしました。捕まるかと思いました。
――バンドマンのリアルな思いを歌ったミクスチャー・ナンバー「The Live House」はどんな曲になりましたか?
Azu#:ライヴハウスの名前をいっぱい入れた曲を作りたいと思ってました。自分が出た場所は特に! でも全部入れれなかったんで残念です。音楽にするのは難しいなと思いました。
Mii:たいへんな曲です。
Sy/u:リズムが楽しい曲っすね!!出だしのスラップはかっけー!
834:自分が作曲、デモとしてあげた時点で、ギター、ベース、リズムが自分の手癖が盛りだくさんでした。ZONの根本になってる音楽性をぶち込んだ曲です。自分にとってはただただ気持ちいいと感じる音楽ですね。
――メンバー皆さんにとって一番思い入れのあるライヴハウスとそのエピソードを聞かせて下さい。
Azu#:心斎橋somaじゃないですかねぇ? 普段からよく出演させてもらってるし、事務所の周年イベントや大晦日はここで過ごすって感じなんで仲良くしてもらってます。この箱で失敗した経験も多々あります。
Mii:最近はやっぱりsomaですかねー。みんなでBBQやったりもします。
Sy/u:HOLIDAY NEXT NAGOYA!いつも自分の調子がいいから! 箱、スタッフさん共に大好きです!
834:心斎橋somaですね。思い入れというか、人間的な意味でライヴは勿論、音楽を心から楽しいと思わせてくれる最高のライヴハウスだと思ってます。
――バンドを進めていく上で夢や目標にしている会場と、その理由を聞かせて下さい。
Azu#:ZEPPに立ってみたいです。僕の憧れてる人達が踏んだステージに自分達の力で同じ場所に来た!って気持ちを味わいたいです。
Mii:武道館です。バンドマンとしては立ってみたい場所。
Sy/u:夢はほぼ毎日ライヴすることで、会場は広くて大きくて僕らのお客さんがいっぱいいるならどこでも!!
834:大雑把かもしれませんが、もうやった事がない会場はないってくらい周りたいですね。個人的には海外でライヴが出来るようなバンド、ドラマーになるつもりです。
――歌詞の最後の一節の“元々音楽に価値はない アーティストが歌う”とは一体どういうことですか?
Azu#:有名な人の名言です。音楽で不当なお金儲けはダメだよ!違法ダウンロードなどで音楽の価値が下がってる事についての返答だったと思います。
――カオスなハードコア・サウンドとキャッチ―なサビが見事に融合した「eye's」はどんな曲ですか?
Azu#:僕が作りました。こんな曲にしようというより作ってる間にギターと歌が自然と合わさった感じです。
Mii:サビがよいです!
Sy/u:勢いっ!
834:楽曲的に言えば懐かしい感じの曲じゃないですかね。昔のビジュアル系ってこんな感じあった…的な感想です。
――「eye's」で描かれているのはどんな“目”ですか?
Azu#:曇りもするし輝きもする目です。夢や希望を持ってる人の目はキラキラしてます。嫉妬や不満を持ってる人の目は曇ってます。それを星に例えました。
Sy/u:俺と834の目どっちが細いかとかちゃうんすか? 知らんけど(笑)!
――“錆びついた心は お前らの様に輝けないから”というメッセージが突き刺さります。この歌詞はどんな心境を伝えたかったのでしょうか?
Azu#:僕の心は夢を持ってる人のように美しくないってことです。
――昨今のシーンにおいてZONほどミクスチャー、ハードコア路線を突き進むバンドはとても稀だと思いますが、皆さんの“目”に今のV系シーンはどう映っていますか?
Azu#:そういうジャンル増えてきてませんか?それを聞くたびに「またか…」って気持ちになります。かっこよくキメてくれるバンドは気持ちいし勉強になります。すばらしい!
Mii:音楽ジャンルが広がって、やりたいことをやってるイメージです。
Sy/u:今のV系シーンは色んなコンセプトのバンドが増えて楽しいです! 対バンでも色んな見せ方のバンド出ててお客さんも楽しいっすよね!絶対!! まあZONがかっこいいけどね!
834:ビジュアル系として活動する以上、少なからず険しい道と分かりながら、好きなものを信じて進み続けるバンドと沢山出会いました。そういう仲間でありライバルでもある人間がいるだけでも素敵な世界だと思っています。
――『R.I.P』はZONにとってどんな作品になりましたか?
Azu#:3曲で1つの作品です。
Mii:普段やらないことをやると大変だと思い知りました!
Sy/u:すごく色々なことが出来て楽しかったです!
834:珍しいというか初の試みという感じなので、どう受け止められるか気になるところですね。
――バンド、個人としての目標や野望をそれぞれ教えて下さい。
Azu#:関西で1番かっこいいバンドになりたいです!
Mii:少しでもZONを世に広める!
Sy/u:バンドとしてはもっとグルーヴィーに!個人的な野望は昔から世界征服ってきまってます!
834:売れる。
――2018年8月1日(水)心斎橋VARONにて開催される『ZON Anniversary Oneman』への意気込みを聞かせて下さい。
Azu#:周年って自分がどんだけ足踏みしてるか思い知らされる日だと思うんですよ。ワンマンライヴを終えて次のステージに繋がる閃きをワンマンで見つけたいです。
Mii:気合い入ってます!前のVARONでのライヴを超えます。
Sy/u:加入して半年ほどたったので、個人的にもバンドとしてもバチバチに成長したところを見てほしいっす!
834:毎回言っていますが、どういった内容のライヴであれ目の前のライヴは常に全力です。この日だから頑張るじゃなく常に今まで最高を目指してるつもりです。この日も勿論最高に熱い会場を作りたいと思います。
――最後に、ViSULOG読者へメッセージをお願いします。
Azu#:質問がなかなかコアなとこついてくるので少しシリアスになりましたが、こんなインタビューが好きです!隠し事無しで音楽していきましょう!!
Mii:最後まで読んでいただいてありがとうございました。
Sy/u:アサリの酒蒸しっておいしいですよね!!
834:是非、会場に遊びに来てZONの音楽を身体で感じてください。応援よろしくお願いします。

RELEASE

6th Single「R.I.P.」
2018年06月27日(水) Release!!
¥2,300 (税抜)
[CD])
01. R.I.P.
02. eye's
03. The Live House
[DVD])
01. R.I.P.(MUSIC VIDEO)

LIVE INFORMATION

ZON Miiバースデー3MAN『BORN!BORN!BORN!』

2018年07月06日(金) 心斎橋JUZA

Planet CHILD Music 11th Anniversary 『復活祭』

2018年07月14日(土) 心斎橋soma

ZON vs FIXER 2MAN『Z*F』

2018年07月31日(火) 心斎橋JUZA

ZON Anniversary Oneman

2018年08月01日(水) 心斎橋VARON


2018年06月21日(木) 池袋Black Hole
2018年06月22日(金) 渋谷REX
2018年06月25日(月) 心斎橋FANJ
2018年09月05日(水) OSAKA MUSE

ZON PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。
  • Vo:
    Azu#
    Birth:
    7

  • Gu:
    Mii
    Birth:
    07.06

  • Ba:
    Sy/u
    Birth:
    06.03

  • Dr:
    834
    Birth:
    01.06


DISCOGRAPHY

アーティストタグ

ZON | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

ZON | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。