INTERVIEW

B'LAIVE「B’LAIVE」

2018.03.14
「団結力」。それがB'LAIVEを一言で語るにふさわしい言葉だ。
2018年よりVo.ジキル、Gu.ダイ、Gu.可憐、Ba.wayu、Dr.愁の5人で「B'LAIVE」としてひとつの思いの元に集まり再始動した彼ら。バンド名を冠する新体制初リリース『B'LAIVE』は、これまでのイメージを覆すrock/loud/emo/electroが全面に押し出された作品に仕上がっている。
この閉塞した時代にジャンルを超越しうるバンドの可能性と、ロックの普遍性が持つ心の熱をきっと感じてもらえるだろう。

インタビュー・文:二階堂晃
『ジャンルとか関係なく純粋に自分のやりたいことをやろうと思っていた中で、B'LAIVEならそれが出来ると思ったんです。』

――新体制第一弾リリース『B'LAIVE』がリリースされます。Ba.wayuさんとDr.愁さんのお二人がバンドを存続させていくという決断があってこその新体制での再出発ですが、B'LAIVEを守っていこうと思った理由から教えてください。 :前メンバー脱退という事実に直面した時に、自分としてはまだ不完全燃焼だと感じたんです。ここで終わりじゃない、まだやれることがあると思って、自分がB'LAIVEというバンドに対して納得するための策が「新メンバーを迎えて再始動する」という道だったんです。 wayu:僕も愁と一緒でまだまだ表現できることがこのバンドであると2人で話していて、今後のB'LAIVEに対しては同じ気持ちでした。今振り返ると、心機一転して続けていくことに対しての不安はなかったですね。 ――新メンバー3人と出会ったきっかけは?

続きを読む

:俺たち二人と事務所の社長と3人でメンバー探しをスタートしました。最初に出会ったのはダイくんでしたね。 ダイ:僕は前のバンドが終わってからずっとメンバーを探していて、結成が決まりかけたバンドもあったんですけど、その話がなくなった時にRameさん(B'LAIVE所属事務所「GLK MUSIC」代表)を紹介してもらったのが2人との出会いでした。実際に2人に会って色々と話していく中で、B'LAIVEのバンド名の由来である“brave=勇敢”、“rave=熱狂”、“live=ライヴ”」というバンドへの思いが自分の考えと同じこともあり、一緒にやりたいと思いました。 ――wayuさんと愁さんはダイさんの第一印象はいかがでしたか? wayu:そこはもちろん、「身長高いなー!」ですよね(笑)。 ダイ:187cmあるんでね。僕って大きいっていうか、長いですよね(笑)。 一同:(爆笑)。 :バンド名は残すけど、中身は今までとは違うまったく新しいことをやりたいという思いに賛同してくれる人とやりたかったんです。そういう意味ではダイくんとは意見がピッタリだったので、加入はすんなりと決まりましたね。 ――そんなダイさんがまず仲間に加わり、次はどなたと出会いましたか? ジキル:僕です。ずっと仙台で活動してまして、ちょうどバンドが解散するタイミングでB'LAIVEに出会いました。その後の活動については何も決まっていなかったんですが、この先も歌を歌い続けたいと思っていました。次のバンドはV系シーンから離れてロックバンドの世界で勝負してみたいとも思っていたんですけど、僕もダイくんと同じで、B'LAIVEのバンドのコンセプトや、これまでのバンドのイメージを全部壊して新しくはじめるという思いに共感し、面識は全くなかったんですけど、最初に声をかけてもらえた時は「なんで俺!?」って思ったんです。でも、だからこそ俺を見つけて選んでくれた時はすごく嬉しかったし、実際に3人と話してB'LAIVEをやろうと決めました。 ――一度はロックバンドをやろうと決めた中で、またV系シーンで活動することを決めるのは大きな決断だったのではないでしょうか? ジキル:ジャンルとか関係なく純粋に自分のやりたいことをやろうと思っていた中で、3人と話していてB'LAIVEならそれが出来ると思ったんです。 ――ジキルさんをバンドに迎え入れる上での決め手のようなものはありましたか? wayu:まず最初にジキルくんの存在を知った時に、好きな声質だなと素直に思って。その上で、僕と愁くんとダイくんで彼のライヴを観に行って、「この人だったらバンドのセンターを預けられる」と素直に確信出来ましたね。 ダイ&愁:(大きく頷く) ――そして最後に、現体制のメインコンポーザーである可憐さんですね。 ダイ:彼はそのへんの道端で出会って、きび団子をあげたら付いてきました(笑)。 一同:(爆笑)。 可憐:僕はずっと名古屋で活動していて、向こうでお世話になっている関係者の方に4人を紹介してもらったのがきっかけです。 :第一印象は、おとなしい子だなあ~と(笑)。でも可憐くんが作っていたデモを聴かせてもらったところ「これは絶対にB'LAIVEでやりたい!」と一発で思って、是非一緒に組みたいと思いましたね。 可憐:僕はメタルやラウドが好きなので、最初にお話をもらった時にジキルさんがラウド・ロック好きな人だと聞いていたんで、「自分の書いた曲を最大限に生かしてくれるボーカリストと組めるかもしれない」と思いました。ずっと東京で活動するのが夢でもあったので、自分の人生が前進するきっかけになるとも感じて、B'LAIVEに加入することを決めました。 『この道しかないし、やるしかない。そしてやるからには、引き返せない』
――そんな皆さんにとっての最初の作品、バンド名と同タイトルのミニアルバム『B'LAIVE』について是非詳しく聞かせて下さい。まず1曲目の「Break It!!」からインパクト絶大のラウド・ロックが切り込んでくるはじまりに驚きました。 可憐:BLaive時代からガラッと変えたいという部分は一番意識しました。 ――可憐さんからのデモを受けて、皆さんどう思いましたか? :最初にデモを聴かせてもらって、今までの自分のドラムのスタイルとは違う曲調だったので新しい刺激をもらえましたし、絶対にモノにしてライヴで演奏したいと思いましたね。 wayu:この手の雰囲気の曲は普通にリスナーとして聴くのが好きだったんで、まずメッチャカッコいいなと思いました。こういう曲を演奏した新体制の今の方が、より自分らしさを出せていると思います。 ダイ:僕はここまでラウドに振り切ったギターをこれまでに弾いてこなかったので、自分にやれるのかなと少し不安もあったんですが、今では自分のものに出来て楽しく演奏出来ています。 ジキル:最初に曲を聴いて、地面を割るような破壊的なイメージが湧いたんです。可憐くんがB'LAIVEとして書いた1曲目ということもあって、今までのイメージを壊すという意味を込めて「Break It!!」というタイトルを付けました。 可憐:そこはもう、シンクロニシティでした。特に「こういう歌詞にして欲しい」という話はしていなかったのに同じことを考えてくれたんだなって。 ジキル:バンドのイメージもそうですし、同時にこのシーンのことも壊したいっていう意味も込めたつもりです。V系シーンってもう飽和してると思うんですよ。カッコいいことも面白いこと、みんなが色んな事をやってきてると思うし、具体的な方法はこれから見つけていきますけど、その中でB'LAIVEという存在が何か1つシーンを壊せるバンドになりたいという意志も「Break It!!」で伝えたいなって。 ――そのギラついた野心のような思いは曲から感じていました。そして2曲目はリード曲でもある「存在証明LIFE」ですね。ストレートにB'LAIVEというバンドでこれから歩んでいくことへの決意と熱い思いが感じ取れます。 ダイ:「Break It!!」でMVを撮ろうかとも話してはいたんですよ。でも、「存在証明LIFE」がB'LAIVEらしさを一番示せるんじゃないかということになって、最後の最後でこの曲に決まりました。 ――この5人で初めてのMV収録ということもあって、思い出深かったのではないでしょうか? ジキル:実はまだ上京していないメンバーもいて、その頃はいつでも5人で会える環境にいなかったので、色々と初々しかったのを覚えていますね。 ――5人が並ぶ姿を初めて作品の画面越しに観ていかがでしたか? ジキル:鉄条網の向こうから5人で歩いて来るシーンがあるんですが、そこは感動しましたね。 :5人での演奏シーンの一発目を撮ってチェックしたら、不覚にも「コレはめっちゃカッコいいな!」と思いました。 ――詞も本当にダイレクトにジキルさんの言葉が突き刺さってきます。 ジキル:その時に自分の一番伝えたいことを書こうと思ったんです。人生にとって一番大切な瞬間って必ず何かあるから、それをみんな大切にして欲しいって。僕らの場合はそれがバンドであり、ライヴなんだよってこともこの曲で伝えたいことですね。“This is my Only way.”って言っているように、この道しかないし、やるしかない。そしてやるからには、引き返せないんだよって。 ――その思いが確かな説得力と共に伝わってきます。そして、3曲目の「小悪魔XXXGIRL」は一転して、ラウドでありつつもV系バンドならではの色が印象的な曲ですね。 可憐:V系のお客さんが好きなライヴのノリを一番に意識して書きましたね。暴れるのが好きでライヴハウスに来る子っていっぱいいると思うし、とにかくライヴを楽しんでもらえることを重視しました。 ――この歌詞で書かれている、男を手玉に取る悪い女の子がお客さんの中にもいっぱいいそうですよね。 ジキル:(笑)。B'LAIVEの熱い部分、突き通していきたい核がある上で、ただそれだけじゃ時代は掴めないと思っていて。ある意味「狙う」ことも大切だと思うので、可憐くんからのデモを聴いて自然と女性目線の詞が浮かびましたね。ライヴハウスに来てる女の子って、少なからず「この中で私が一番可愛いでしょ?」ってどこかで思ってるんですよ。表に出さなくても、自分が好きなバンドマンの一番になりたいって心のどこかで願ってる。そんな女心を書きましたね。 ――ちなみに、メンバーの皆さんにとってバンギャルさんとはどんな存在ですか? ダイ:僕にとってはどちらが上でも下でもなく、対等な関係ですね。「一緒にライブを楽しもうぜ!」っていう友達みたいなものっていうか。 :僕も一緒に頑張っていく仲間っていう意識だなあ。 可憐:僕はちょっと印象の悪い言い方になっちゃいそうだから……。 wayu:とりあえず言ってみたらいいんじゃない? 可憐:あえて言うなら、お客さんは「敵」ですね。メンバーvsバンギャみたいな。僕にとって曲は子供みたいなものとかじゃなくて、軍隊ってイメージなんですよ。曲を武器にして戦うのがライヴ、みたいな……。 一同:(爆笑)。 『今世の中で起きてるありのままのリアルな現実についても書いていきたくて』
――同じく女性目線の曲である「東京Rouge」は作曲者が変わったのかと思うほど、歌謡曲テイストが印象的な一曲ですね。 可憐:僕、歌謡曲も好きなんですよね。ジャジーな曲もB'LAIVEにあったら面白いかなと思って。 ――歌詞に関しても、こちらは「小悪魔XXXGIRL」とは真逆で、可哀そうな女性が主人公ですよね。 ジキル:音楽って決して前向きな気持ちを伝えるだけのものじゃないと思っていて。B'LAIVEというバンドをやっていくにあたって、人間の裏側についても歌っていきたいんです。この曲では男に都合よく扱われてしまっていて、それが分かっているけど離れられないっていう女の子について書きました。まさしく「小悪魔XXXGIRL」と対になるように狙って書きましたね。 ――「M.P.P.D(Midnight Party People Dance)」は特にライヴでの盛り上がりが期待できる1曲だと感じました。これはダイさんによる作曲ですね。 ダイ:ダンスミュージックの要素をB'LAIVEのカラーのひとつとして押し出していきたいという狙いで書いた曲ですね。決められたノリというよりかは、純粋に体を揺らして楽しめる音楽であることを意識しました。 wayu:こういう曲、大好物ですね。ライヴの中でさらなるスパイスになると思います。 ジキル:音楽を純粋に楽しむってことについて書きたくて。僕のイメージだと最近の子たちってバンギャでもクラブとか行ってる感じがするし、「きっとこういう風に遊んでるのかな?」って想像しながらクラブについて色々と調べてイメージだけで書きましたね。今世の中で起きてるありのままのリアルな現実についても書いていきたくて、その時に僕が気なったのが「パリピ」っていう言葉だったんです。 ――てっきりジキルさんがいつもクラブで遊んでいるからこそ書けた内容とばかり思っていました。 ジキル:違いますよ(笑)。クラブにすら行ったことないですもん。パリピの生態を調べて「なるほど、クラブにはレッドブルとテキーラが置いてあるのかー」って。 一同:(爆笑)。 ダイ:でも今後こういう曲が増えていくとしたら、課外授業としてメンバーでクラブには遊びに行ってみないといけないかもですね。 :僕らが5人で行っても隅っこの方で固まってお酒飲んでるだけだろうなあ……。 wayu:「カンパーイ」って(笑)。でも、ファンの子たちと一緒にクラブでライヴやってみたら面白そうだよね。 ダイ:それは楽しそうだね。 ――そして最後の「Umbrella」はヘヴィでありつつもとてもメロウな歌モノに仕上がっていて、意外な作品の締めくくりだなと思いました。 可憐:僕が元々ピアノを弾いていたこともあって、他の曲以上にストリングスやピアノのアレンジが映える曲にしたいと思いながら作りましたね。 ――この曲は特に各パートのアレンジやプレイの表情が印象的ですね。 :ドラムに関しては各セクションごとの強弱や繊細さに注目して欲しいですね。こういうアプローチをV系でやってる人はそこまでいないんじゃないかな。 wayu:フレーズというよりかはマインドの部分なんですが、歌詞が固まった後に本チャンを録ったこともあって歌詞の雰囲気に入り込んだベースプレイが出来たと思うので、注目して欲しいですね。 ダイ:可憐くんのデモから入っているフレーズでCDでは僕が弾いているんですが、Bメロの上手側のアルペジオが本当に良いので個人的に聴かせどころですね。後はギターソロのハモリもギター隊2人とも気に入ってるんで、意識して聴いて欲しいですね。 可憐:バラードではあるんですけど、実はギターが重いところが僕的にはこの曲のポイントです。 ジキル:可憐くんからのデモを聴いて、雨が降っている景色がすぐに浮かんだんです。男女がいて傘を差していてっていう、失恋の物語です。レコーディングは一番苦労しましたね。でもその甲斐あって、とても満足したテイクが録れたと思っています。 ダイ:次回作ではメンバーみんなでボーカルのディレクションもやれたらいいよね。今回の制作で色んな事が見えたから、さらにみんなでいいものを作り上げていけると思う。 ジキル:次の歌録りはみんなにもいて欲しいね! ――次回作も楽しみにしています。そんな『B'LAIVE』を完成させた皆さんが6月1日(金)にB'LAIVE 6th monthly記念&新曲お披露目ワンマン「Scrambled Egg」へと向かっていきます。B'LAIVEとしての再始動ライヴの場所でもあった会場でのワンマンへの意気込みを、最後に聞かせて下さい。 :『B'LAIVE』を完成させてから本当に今忙しくさせてもらっていて、日々のイベントライヴも何1つとして取りこぼしたくないと思っていて。1本1本のライヴから吸収したものを始動から半年後のワンマンですべて発揮できるように、「僕たちは半年でこうなりました」って胸を張って言えるステージになるように全力で頑張ります。 wayu:試行錯誤しながら『B'LAIVE』を完成させたことで、これからの自分たちの先というものが見えてきましたし、「ライヴバンド」を謳っている以上はB'LAIVEのファン以外の人たちも巻き込んでいけるライヴを続けて、その先にあるワンマンに臨みたいと思っています。 ダイ:ワンマンに向かう道としていっぱいライヴが決まってますけど、僕からしたら全部楽しいことが待ってるってことなんです。1本1本どうしたらもっと楽しくなるんだろう、楽しんでもらえるんだろうっていうことを積み上げて、ワンマンには一番いい状態を持っていけるようにしたいですね。 可憐:CDが出ることで色んなことが大きく変わるのかなって思いますね。曲の予習も出来るし、復習も出来ますしね。これからもっともっと精力的に活動出来ることに今からうずうずしていますね。 ジキル:数えたんですけど、『B'LAIVE』リリース後が10本目のライヴになるんです。可憐くんと同じく、音源がみんなの手元にあるということは歌詞やメッセージも受け取ってもらった上でこの先のライヴに来てもらえるということですし、僕らもライヴやインストアイベントを通じてみんなの顔を覚えた上でのライヴって、絶対に今までと違うと思うんですよ。そして半年というバンドの節目で、今までで一番いいライヴが出来たらいいなと思っています。


RELEASE

1st Mini Album『B'LAIVE』
2018年03月14日 2type同時 Release!!
【初回盤】
CD+DVD
GLK-052 / ¥2300(税抜)
CD(5曲入り)+DVD

【通常盤】
CD
GLK-053 / ¥2100(税抜)
CD(6曲入り)

LIVE INFORMATION

GLK TOUR SPRING’18

[名古屋公演]
2018年03月29日(木) HOLIDAY NEXT NAGOYA
[大阪公演]
2018年03月30日(金) 心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL
[東京公演]
2018年04月02日(月) 巣鴨獅子王

B’LAIVE & i.Riasカップリングツアー 『B’LAI.Rias』

[名古屋公演]
2018年04月18日(水) HOLIDAY NEXT
[大阪公演]
2018年04月20日(金) 心斎橋FANJ
[神奈川公演]
2018年04月24日(火) 川崎セルビアンナイト
[東京公演]
2018年04月25日(水) 巣鴨獅子王


2018年03月14日(水) 渋谷REX
2018年03月16日(金) HOLIDAY NEXT NAGOYA
2018年03月19日(月) 大阪RUIDO
2018年03月24日(土) 渋谷 REX
2018年04月12日(木) 渋谷REX
2018年04月28日(土) 大阪RUIDO
2018年04月29日(日) NAGOYA HOLIDAY NEXT
2018年05月13日(日) Music Club JANUS/OSAKA MUSE/SUNHALL/AMERICA-MURA FANJ-twice/CLUB DROP/CLAPPER/hills パン工場 ※全7会場

SHIVA PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vo:
    ジキル
    Birth:
    08.12

  • Gu:
    ダイ
    Birth:
    08.27

  • Gu:
    可憐
    Birth:
    07.01

  • Ba:
    wayu
    Birth:
    02.23

  • Dr:

    Birth:
    02.09



DISCOGRAPHY

アーティストタグ

B'LAIVE | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

B'LAIVE | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

B'LAIVE | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。

B'LAIVE | 関連MOVIE

関連動画はありません。