FEATURE

LapLus「HAKUMEI」

2018.03.07
ex.DIVのDr.satoshiを中心に“創造性ケミストリー”をコンセプトに結成されたLapLusは、様々な経歴を持つ4人によって結成された2018年期待の新人バンドだ。
まだ謎のベールに包まれた彼らの初リリース作品である1st Digital Mini Album『HAKUMEI』の内容を紐解きながら、これからスタートを切る彼らの未知数な可能性を感じて欲しい。
純粋な音楽への思いの元に集結した彼らが時代に新しい風を呼び起こすことは間違いない。

インタビュー・文:二階堂晃
『純粋にこのメンバーならいい音楽が作れると思えた』

――ex.DIVのsatoshiさんを中心に結成された新人バンドLapLusのViSULOG初登場インタビューとなります。始動発表と同時にMVをフルバージョン公開するなど話題性のあるアクションに今から注目しているリスナーも多いかと思いますが、まずはバンド結成の経緯から伺ってもいいでしょうか? satoshi:まず、僕が行来(Vo)と一緒にバンドをやりたかったんです。彼のライヴに何度も通っては「一緒に新しい音楽を創りたい」という思いを伝えているうちにそれが実り、2人でのメンバー探しがスタートしました。 ――最初に決まったのがボーカルの行来さんだったんですね。

続きを読む

satoshi:そこから色んな方と一緒に音を合わせたりしたんですが……。 行来:気付いたらこの4人で曲作ってました。 ――satoshiさんはDIV解散からご自身もセッションバンドとして出演するイベントのオーガナイザーとして活動する1年があった訳ですが、弦楽器隊のお二人とはその中で出会ったのですか? satoshi:Takuya(Gu)はそうですね。最初はイベントの共演者同士だったのですが、純粋にとても良いギタリストだと思ったので「一緒に音を出してみないか?」と誘って。Ryuichi(Ba)は共演の前に共通の知人の紹介で出会っていて、LapLusへの加入が決まった後に僕のイベントに出演してもらいました。 ――satoshiさんはDIVという経歴を公表していますが、謎の新人たちを引き連れて新バンドを結成したという印象が強いと思います。皆さんがどこからやってきた何者なのかが気になるリスナーも多いと思うのですが、お一人ずつこれまでの経歴なども伺ってもいいでしょうか? 行来:僕はV系シーンで活動してきて、ブランクの合った時期もありつつLapLusに辿り着いたという形ですね。 Takuya:僕は他ジャンルでギターを弾いたり歌ったり色々と活動していて、V系シーンでの活動はLapLusが初めてです。 Ryuichi:僕は楽曲提供の仕事などを主としていました。ずっと「自分の創る音楽で勝負をしたい」という思いがあって、共通の知人の紹介を経てLapLusのメンバーに出会いました。 ――それぞれ全く違う経歴のメンバーですね。satoshiさんがこの3人を選んだ理由はなんだったのでしょうか? satoshi:純粋にこのメンバーならいい音楽が作れると思えたからです。 ――まさに、初音源『HAKUMEI』からは純粋に「いい音楽」を追求しようとするバンドとしての姿勢が強く伝わってきました。まず、1曲目の「HAKUMEI」が完成するまでの経緯を教えて頂けないでしょうか。 satoshi:まず僕と行来の二人が集まった時点で、デビュー曲は「スピード感があってメロディアスな曲」でありたいという思いがありました。僕もそのテーマで作曲を進めていたのですが、Ryuichiの加入が決まったタイミングで彼にも同じテーマで書いてもらった曲が「HAKUMEI」だったんです。そこで選ばれたのが彼の曲の方だったんですね。 ――この曲調に「HAKUMEI」という、想像力を掻き立てられる詩的なタイトルがピッタリハマっていると思いました。 行来:この言葉には「薄明」と「薄命」の2つの意味を込めています。どっちの意味にも捉えられるように敢えてアルファベットで表記して。内容は、このバンドがこれから向かう方向について書きました。 ――楽曲の特徴としては、やはりsatoshiさんのドラムのグルーヴや抑揚がサウンド全体を引っ張っていると感じましたが、特に心掛けたことはありますか? satoshi:本来僕はこういう音楽が得意なんです。DIVの時は頭で考えたフレーズを打ち込んで紙に書いてレコーディングするくらいの緻密さがあったんですが、自分が元々持っている素直なプレイがそのまま表現できたのが「HAKUMEI」なんですよね。 ――そんな「HAKUMEI」をリード曲として個性溢れる楽曲たちが続きます。2曲目の「RED QUEEN~禁断の果実~」は曲調も歌もとてもセクシーな世界観ですね。 Takuya:こういうジャジーでメロディアスなタイプのいい雰囲気の曲が欲しいねってなりまして、僕が作曲しました。 ――『HAKUMEI』収録曲の中でも特に緻密なアレンジだと思うのですが、皆さんで集まって制作を重ねていったのでしょうか? satoshi:LapLusは作曲陣それぞれが曲をガッチリ作り込める能力を持ってることもあって、スタジオでジャムって作った曲は今作では1曲も無いです。それぞれが伝えたい想いがすでにかなり固まっているんだと思います。 ――歌詞に関しても女性なら誰しもが思わず頷いてしまう部分がたくさんありますが、行来さんがこの曲で描きたかった物語も気になります。 行来:この詞は曲を聴いて、完全にエッチなイメージしか湧かなかったんで(笑)。意外にこういう女性目線の詞って得意なんですよね。 ――おっ! まだまだ謎多き行来さんの女性観や女性のタイプが気になるところですね。この曲ではどんな女性をイメージして描かれましたか? 行来:まあ、幸せな女性ではないですよね。幸せではない女性について書きました。ちなみに、女性のタイプは……まだ秘密です。 『俺は「儚さ」について書きたいんですよね』
――「夢幻に消えた翼は砂上に歌う」 では一気に幻想的で壮大な世界に引き込まれました。satoshiさんによる作曲によるものとのことですが、デビュー作でここまで深みのある世界観を突き付けるとは、思い切りましたね。 satoshi:純粋に、曲としていいものが出来たなと感じたので収録することにしました。こういう楽曲が入っている時点で、他のバンドと違って面白いよねって。これから4人で作り上げていくものですが、「LapLusらしさとは何か?」というものを考えた時に、色々な可能性がたくさんある作品にしたかったんです。 ――弦楽器のお二人はこの曲についてはいかがでしたか? Takuya:僕は今までにこういうタイプの曲を演奏してこなかったので、まさにギタリストとしての自分の可能性が広がったと思いますね。レコーディングは一番時間がかかりましたけど、その分新しいアプローチに踏み込めたなと思っています。 Ryuichi:特にこの曲を通じてコーラスワークがLapLusの色の1つだと気付くことが出来たと思っています。 satoshi:そうだね。最初に「HAKUMEI」を作った時から、LapLusのコーラスワークは僕らにしかない武器のひとつだなと思いましたね。 ――楽曲の深みを引き出すコーラスも味わいながら曲を楽しんで欲しいです。そして行来さんが詞で描いた世界も、先の2曲とは全く違う引き出しを開けたなという印象を受けました。 行来:乾いた印象の曲だなと思ったんですよね。世界観の中にいい雰囲気のけだるさもあるし。そこからまずこの曲の主人公が広い砂漠のど真ん中に佇んでいるっていう景色が浮かんで、そこから広げていきました。 ――映画のような壮大でオリエンタルな世界観の中に、主人公のもの哀しさや切なさの感情を強く感じる詞ですよね。 行来:これは全曲に言えることなんですが、僕は「儚さ」について書きたいんですよね。儚さの中にあるからこその美しさや繊細さを表現したいというか。ただ明るいだけのことを言ってる曲って実はないんです。 ――『HAKUMEI』の中でも特に味わい深い1曲になりましたね。そして次の「Night Drive」で作品は後半戦に突入しますが、ここからさらに場面転換してモダンなシティ感を打ち出すという、大きなふり幅を見せてくれたことに驚きました。 satoshi:この曲、冒頭の車のエンジンをふかす音から始まりますよね? ――ええ。 satoshi:あの音、僕がLapLusを組むにあたって売った愛車のフェラーリのエンジン音なんです。 ――ええーー!? satoshi:それだけの覚悟をもってLapLusをはじめたんたぞ、と。あの音はそんな僕の愛車を手放す前の最後の夜に録ったんです。 行来:思い出の音だ……。 satoshi:イメージして欲しい曲の世界としては、夜22時以降の六本木通りではならなくて、しかも高樹町ランプから高速に乗る光景なんですね。EX THEATER ROPPONGIの前を通りますよね。あの会場は僕にとっての「敗北の地」なんですよ。 ――と、言うと? satoshi:DIVの時にEX THEATER ROPPONGIでワンマンをしたことがあるんですが、結成以来初めてソールドアウト出来なかった会場だったんです。その頃EX THEATER ROPPONGIの前に住んでたんです。つまり、その日から僕はリハーサルに行くのにも、事務所に行くのにも、自分が負けたEX THEATER ROPPONGIを毎日見る訳ですよ。だから「EX THEATERを倒したい」っていうのがあの日からずっとあって。あのエンジン音はそんなEX THEATERの前に車を止めて録りました。 ――satoshiさんのLapLusへの覚悟と決意が込められた曲だったのですね。まさに、冬の東京の高速を自動車でドライブしている時の疾走感と現実感がそのまま表現された曲だとは思っていたのですが、そんなエピソードがあったとは……。 satoshi:まさしくドライブする感じですよね。 ――このリアル感はきっと車の運転がお好きなsatoshiさんだからこそ生まれた曲だと思います。ちなみに作品の話からは多少逸れますが、普段皆さんはバンド活動以外の日常生活で何をして楽しまれているか気になります。いかがですか? Takuya:僕は家で映画を見たり、体を鍛えたりするのが楽しみですね。 ――取材の資料にTakuyaさんの趣味はボディ・メイクとありましたが、今後は鍛えた体をファンの皆さんに披露することもありそうですか? Takuya:そう書かれてましたか(笑)。でもあんまり見せる方には興味がなくて、あくまでも自分1人でトレーニングを楽しみたいタイプですね。 Ryuichi:僕は基本オタクみたいな感じなんで、家で音楽してるか、映画観てるか、軽く散歩に行くくらいのインドア派ですね。 ――クリエイター気質なんですね。行来さんはいかがですか? 行来:何してんだろ? 堕落してますね。 Ryuichi:僕も知りたい。行来って普段何やってるんですか? 行来:「キ●ーピー3分クッキング」は必ず毎日見るかな。手っ取り早くて美味しそうだなって(笑)。 一同:(爆笑)。 ――行来さんの謎のボーカリスト像はまだまだ解き明かされそうにないですね。satoshiさんはいかがですか? satoshi:僕は野球が好きなんですが、去年は野球の世界大会が日本で開催されてたんで、ライヴのない日は全部観戦に行きましたね。実は「Night Drive」も、曲の部分は試合で奮闘している選手の姿からインスパイアされて生まれたんです。 ――えっ! 曲そのものはドライブとは関係なかったんですか? satoshi:はい。苦悩している選手の心境が、走り抜けたいっていう思いに繋がったのかなとは思いますね。僕って勝負の行方が気になるとかよりも、選手にプレッシャーを与える観客を見て「外野がとやかく言ってるなあ」って感じる方が大きくて。勝敗だの結果だのよりも、そこにスポーツマンがいて勝負に向き合ってるっていう事実が素晴らしいのになっていうか。野球から感じたもので生まれた曲はまだ他にもありますし、今後発売もすると思いますよ。 『お客さんと一番コミュニケーションを取れる曲だと思う』
――satoshiさんのリアルな価値観から生まれたこの先の楽曲にも期待が募ります。そしてライヴ感抜群の「Mr.PRAYER」でアルバムは締めくくりとなりますね。 satoshi:元々この曲は『HAKUMEI』に収録する予定ではなくて、ライヴ用のストック曲のひとつだったんです。そんな中、作品にライヴ感が足りないという意見が行来から出て、急遽ストックの中から採用された曲です。 行来:自分の中でずっと「いい曲だな」って引っかかってたデモだったんで、形にしてみない? って提案しました。 satoshi:当初の制作のプランから変わったので、レコーディングの方式もイレギュラーでしたね。ドラムの本録りと同時にスタジオの別ブースで仮歌を歌ってもらって、それを元にドラムのフレーズを詰めていくという手法でした。 行来:でも結果として上手くいったよね。いい意味での荒さも出たと思うし。 ――行来さんの中で、当初の作品の設計図から変えてでも「Mr.PRAYER」を収録したいと思ったのはどういった心の動きによるものでしたか? 行来:単純に、LapLusでこういう曲やったらどうなるんだろうっていう好奇心が大きくて。それに尽きますね。詞の内容も一見ただの言葉遊びだけど実はちゃんと内容もあってっていう風に書きました。色んな視点から見て欲しいなって。 ――「Mr.PRAYER」はライヴでも特に今後演奏されていくかと思いますが、各パートの聴きどころも多そうですね。 Ryuichi:ベースはシンプル・イズ・ベストを心掛けましたね。何も考えずにライヴで楽しみたいなって。短いですけどベースソロもあるので、そこも聴きどころです。 Takuya:この曲は特にギターのダビングを何本も重ねてるんで、音源としてはそのアンサンブルが聴きどころですね。ライヴでも弾いていて楽しいフレーズになってるので、その違いも楽しんでもらえれば。 satoshi:この曲は完全にライヴモードにシフトして叩きました。これからライヴ活動が始まることへの楽しみな気持ちがお客さんにもきっと伝わるんじゃないかなと。 行来:お客さんと一番コミュニケーションを取れる曲だと思うので、その部分をどんどん浸透させていきたいですね。 『自分たちのことをカッコいいって思えてるバンドだけがカッコいい』
――今satoshiさんもおっしゃったように、『HAKUMEI』をリリースして、いよいよライヴ活動をスタートさせていくことになる訳ですが、今のこの時代、このシーンの中でLapLusというバンドとして始動するということに対して、今皆さんはどうお考えですか? satoshi:僕はあまり時代の流れと言ったことには興味がなくて。純粋に、自分の好きな音楽をやりたい。「メンヘラ」みたいなコンセプトのバンドが今は多いですけど、V系ファンとバンドマンの心が健康を取り戻すのも時代の流れと共に時間の問題だと思うし、ドラムと弦楽器の細かいユニゾンの音圧がどうとか、誰が一番演奏のテクニックがあるか対決みたいなことも、もういいじゃないって思うんです。純粋なものだけが今後は残ると思っているのでLapLusは純粋に美しい音楽を追求したいです。 Ryuichi:僕もsatoshiの言うように今のシーンの流れには興味がなくて。本当はやりたいと思っていることをやれていないバンドも多いのかなと思いますけど、それでは生きてる意味がないとも思いますし。LapLusはお伽話のような綺麗で現実からかけ離れた世界にも入り込めるし、逆に自分との距離がぐっと近くなる曲も、人生とか生き方について考えるきっかけになる曲も表現できますし、幅広く楽しんでいきたいですね。 Takuya:僕はこんなチャンスが自分に訪れるとは思ってもみなかったんです。だから、自分に持てる力のすべてをこのバンドに注ぎ込んで全力でやるだけですし、その気持ちはこれからもずっと変わらないと思います。 行来:今の時代がどうとか関係なく、自分たちのことをカッコいいって思えるバンドだけがカッコいいと思うし、僕たちもそこだけは見失っちゃいけないなって思います。自分たちが納得した上で自信を持ってLapLusというバンドを作り上げていきたいですね。 ――ありがとうございます。最後に、LapLusに注目しているViSULOGの読者の方がたくさんいるかと思います。そんな読者へ向けて、初ライヴへの意気込みを聞かせて下さい。 Ryuichi:音源制作とは打って変わって、僕はライヴに関しては何も考えてないです。素直に楽しみたいし、お客さんにも楽しみに来て欲しいなと思いますね。 Takuya:僕にとってV系シーンでの最初のライヴになります。新しいチャレンジに今から楽しみな気持ちでいっぱいです。 行来:初ライヴで完成されたものを届ける訳じゃないんで、これからどう変わっていくんだろうっていうバンドの原型を見てもらいたいですね。僕ら自身もまだ完全に想像し切れている訳じゃないんで、その可能性を感じてもらえれば。良い意味で期待を裏切っていきたいです。 satoshi:僕らが初ライヴでどんな「マグロを解体」するのか、楽しみにしていてください。……冗談はさておき、ファンの皆さんに新しい音楽を届けられることを嬉しく思います。頑張りますので応援よろしくお願いします。


RELEASE

1st Digital Mini Album「HAKUMEI」
2018年03月07日 主要ストリーミング&ダウンロードサイトにて配信開始!!
DCCNM-504
[CD]
01. HAKUMEI
02. RED QUEEN-禁断の果実-
03.「夢幻に消えた翼は砂上に歌う」
04. Night Drive
05. Mr.PRAYER

LIVE INFORMATION

LapLus Presents「羅針盤の上、変動の兆し」

2018年04月08日(日) 高田馬場AREA

LapLus Presents「ラプラスの間 #1」

2018年04月19日(木) 渋谷REX

LapLus Presents「ラプラスの間 #2」

2018年04月26日(木) 渋谷REX

LapLus PROFILE


  • Vo:
    行来
    Birth:
    09.25
    Blood:
    A

  • Gu:
    Takuya
    Birth:
    09.12
    Blood:
    O

  • Ba:
    Ryuichi
    Birth:
    05.05
    Blood:
    B

  • Dr:
    satoshi
    Birth:
    10.09
    Blood:
    ?



アーティストタグ

LapLus | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。

LapLus | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

LapLus | 関連MOVIE

関連動画はありません。