INTERVIEW

Smileberry「リリカルドライブ」

2018.02.20
Ba.NoA、Dr.理緒を迎え、新体制で再スタートを切ったSmileberryが2018年初リリースとなるシングル『リリカルドライブ』を発売する。
パンキッシュなサウンドに乗せた、リスナーに笑顔を届けるメッセージ全開の今作は「これぞスマベリ!」と呼ぶにふさわしい1曲だ。
まるでずっと前から仲の良い兄弟のような4人のほのぼのとした始終笑いに包まれたインタビューをご覧いただきたい。

インタビュー・文:二階堂晃
『こうして出会ったことが運命だと思います』

――新体制SmileberryとしてはViSULOG初登場となりますね。まずは、このメンバーで新たなスタートを切ることになるまでの経緯を伺ってもいいでしょうか? Motoki:元々5人バンドとして始動したSmileberryから、昨年メンバーのうち3人が脱退しまして、残った僕とGu.律でこの先の未来を話し合った時に、「このバンドを続けたい」という意志が2人にはありました。そこから新メンバーを探して、Ba.NoAとDr.理緒の2人と出会って今に至ります。 ――お二人との出会いと加入まではスムーズだったのですか?

続きを読む

Motoki:まず理緒に関してですが、メンバー探しに当たって色々なドラマーに会ってはみたものの、最初はなかなか僕たちの求めるものとハマる人に出会えなくて。 :そんな中、たまたまSNSで理緒の存在を知ったんです。その後実際にライヴを見に行って、それまでのSmileberryに無かったキャラクターがとても魅力的だなと思って惹かれてその日のうちに話しかけました。 理緒:ちょうどサポート活動をしながらメンバーを探していた時期に律さんに声をかけてもらえたんです。 Motoki:そしてNoAに関しては気が付けばメンバーに決まっていました(笑)。 ――気が付けばと言うのは? :NoAと僕はずっと前からの知り合いだったんです。で、「スマベリやる?」って聞いたら、一瞬で「はい!」って返事が来て。 NoA:もちろんスマベリというバンドの存在や曲は知っていましたし、僕はJ-POPが好きなこともあって、即答でした。 ――運命のような律さんからの連絡だったんですね。そこからMotokiさんと理緒さんにもすぐに会ったのですか? Motoki:それがですね、僕はその律とNoAのやり取りを何も聞かされてなくて。いつかのライヴの終わりにいきなり律がNoAを連れてきて「新しいベースだから」って紹介されて、「え!? 誰!? 決定!?」って(笑)。 NoA:僕はてっきり律さんがあらかじめ全員に話してくれていると思っていたんです(笑)。 ――とてもスマベリらしいポップな出会い方をしたんですね。 Motoki:真面目なこと言うと、何事も住めば都だと思うんですよね。こうして出会ったことが運命だと思いますし、実際に一緒に活動していてもすごく楽しくてこの4人になれてよかったなと思います。 『ウジウジしてないで一歩飛び越えれば、走り出せるよっていうことを伝えたくて』
――そんな巡り合いと共に再スタートを切った皆さんの2018年初リリースとなる『リリカルドライブ』ですが、まずはワクワク感が溢れるこのタイトルに込めた意味から伺えますか? Motoki:どういう意味合いかはとりあえず置いといて、まず「ドライブ」という言葉を使いたかったんです。最近の作品は恋愛についての曲が多かったんですが、改めて原点回帰というか、ファンのみんなの背中を押すような曲にしたくて。そこで「リリカル=叙情的・思うがまま・純粋」という言葉がピッタリ合うなと思って、「リリカルドライブ」というタイトルに決めました。 ――とてもSmileberryらしさが詰まっているタイトルだと思います。 Motoki:生きていたら色んなことがあるじゃないですか。でもウジウジしてないで一歩飛び越えれば、走り出せるよっていうことを伝えたくて。 ――そんな「リリカルドライブ」の歌詞の“過ぎ去った過去がどれだけつらくても 昨日よりもちょっと明日暗く見えても”というフレーズがとても印象的でした。日々のネガティブな部分にもしっかりと向き合っているからこそ、その先にある前向きな明るい気持ちについて歌っていけると思うのですが、皆さんそれぞれが新体制になってから今日に至るまでに乗り越えてきた壁はありましたか? 理緒:新加入という立場上、僕は特に最初のうちは批判の声がありましたね。例えば、「ほっぺや口にピアス開けてるのなんて、スマベリには似合わない!」とか。でも僕はそういうバッシングとかはぶっ倒していく主義なんで、つらいとかは特に無かったですね。今では「この4人がSmileberryだ」って胸を張って言えます。 NoA:僕は本格的なバンド活動はスマベリが初めてなので、最初は右も左も分からない状態でした。ワンマンツアーもインストアイベントも人生初でしたし。最初はそのことに戸惑うばかりでしたけど、メンバーが支えてくれたおかげでやっと自分が出せるようになってきたと思っています。 ――オリジナルメンバーのお二人はいかがですか? :新体制Smileberryでは、僕がリーダーという立場になったんです。自分のやりたいことをやるだけじゃなくて、メンバーのことを守らなきゃって思うようになりました。いい意味で周りを見るようになりましたし、3人が楽しく活動するにはどうしたらいいだろうっていうことを考えるようになりましたね。新体制になってすぐは色んな声が届いて正直つらかったですし、これからの自分たちのことをどう伝えていけばいいのかは今も考えています。でも、今は活動していてすごく楽しいなと感じられていて、それはひとつ変わったことかなと思いますね。 Motoki:作曲をする上で今でも壁は感じてます。いい作品を作りたいと常に思っているし、これまでの曲と比べて良い悪いとかではなく新しいものを提示していきたいじゃないですか。壁は自分で低くすることも出来るけどそれでは乗り越える意味が無いし、光は常に見えているけどまだ届かない。そんな風に思いますね。 ――まだまだ通過点にすぎないということですか? Motoki:曲をリリースしてライヴでファンの子と共有してみて、やっと光が見えてくるのかなって気はしますけどね。 『うーん。それを言葉で表すのは難しいかな?』
――まさに作曲面においても「リリカルドライブ」は疾走感があってパンキッシュなナンバーですが、これはSmileberryとしては珍しいタイプの曲になりますか? Motoki:今までの曲にはあんまり無いですね。僕たちの新しい一面を押し出したいという気持ちがありましたし、なによりライヴでもパンチの効いた曲が欲しいなって思ってて。 ――このパンクな曲調にところどころEDMサウンドが入っているのがとても斬新だなと感じました。 Motoki:僕のアイディアです(笑)。でも全然こういう音が好きって訳じゃなくて。転調とかテンポチェンジも本当は全然好きじゃないですけど、カッコいいなとは思うんです。だから、とにかく好奇心でこういった自分にない要素を今回は取り入れたいなと思って。 ――各パートの制作時のエピソードも聞かせて頂けますか? Motoki:ボーカルに関しては一辺倒にならずに、オケに頼らずに歌そのものでメリハリを付けられるようにこだわりましたね。 :デモの感じにギターを弾いたら自分的にしっくりこなくて、表現方法は模索しました。セクションによってのドライブ感の出し方を特に意識しています。 理緒:ドラムは各セクションの落差が激しいので、ギャップをつけられるように繊細に叩いているので注目して欲しいですね。 NoA:ベースはとにかくドライブ感を出すことに全力で臨みました。 ――サウンド面にも要注目ですね。また、毎回カラフルでポップなビジュアルが印象的な皆さんですが、『リリカルドライブ』の衣装やアートワークのテーマはどんなものになりましたか? :アートワークは基本的に僕とデザイナーで進めていくんですが、まず「リリカルドライブとはなんぞ?」というところからスタートして。タイトルの意味や曲のメッセージを掘り下げた結果、アー写のスプレーアートの壁を背景に撮影しました。スプレーアートもパンクのひとつじゃないですか。それが僕の中の「リリカル」という言葉とリンクして。それもあって、衣装に関してもこれまでで一番カジュアルな印象になると思うので、注目して欲しいです。 ――新しい一面が形になるのが楽しみですね。Music Videoも同じような世界観ですか? Motoki:うーん。それを言葉で表すのは難しいかな? :めっちゃ打ち合わせしたじゃん(笑)。映像の方は逆に白背景に演奏メインでストレートに撮ろうと思っています。歌詞のメッセージがそのまま伝わるものになればいいなと思って。前作「Greed Prince」が内に秘めた思いを表現するためにしっとりした印象の作品だったので、今回は純粋に俺たちのロックサウンドが前面に届けられるものになっています。 ――そちらにも期待が募りますね。インタビュー時にはまだカップリング曲は制作中とのことですが、どんな曲になるのかとても気になります。 Motoki:うちらの新たな扉すぎる曲なんですよ。理緒が加入して初めて作曲したものになります。 理緒:加入してからこれまでも曲は作っていたんですが、今回で「やっとキタ!」って感じです。ざっくり言うと、自分の中での90年代ポップスというか。サビでガッツリ転調もあって、決してピコピコがメインって訳じゃないんですけど、いわゆる小室サウンドっぽさもあるのかな。 Motoki:最初に理緒のデモを聴いた時に「めっちゃええやん」って思って絶対にこの曲は歌いたいと思って。歌詞の内容は重苦しいものになると思います。「出会わなければこんな思いをしなくてもよかったんじゃない?」っていう。とにかく重いですけど、受け止めてもらえたらなと。 『音楽って誰かの人生を変えるものだったりするじゃないですか』
――そんな『リリカルドライブ』リリースにともなうインストアイベントも多数発表されていますね。Smileberryのインストアはいつもバラエティに溢れた企画が用意されていてファンの方もとても楽しみにしているかと思うのですが、皆さんそれぞれのおすすめの日があったら教えて頂けますか? NoA:今回からメンバープロデュースDAYがそれぞれあるんですが、僕の日だけ当日までの秘密なんです。絶対に面白いものになるので、何が起きるかドキドキしながら会いに来て欲しいですね。 理緒:ホワイトデーに一番近い日のイベントに白いタキシードで4人合わせて正装をするので、僕はその日が一番楽しみです。 :Motoki発案の「チャラい制服」「チャラいスーツ」の日ですかねえ。僕たち的にもだいぶ実験的な日になると思うんですが……。 Motoki:なんかいっつもみんなマジメなんですよ。なのでこの日ばかりは「郷ひ●みか俺か!」ってくらいのまだ見せてない内なるチャラさをメンバーには出して欲しいんですよね。 :郷ひ●みがチャラいみたいな言い方はやめろ……(笑)。 Motoki:僕は普段から犬っぽいってメンバーに言われてるんで、律プロデュースの「にゃんにゃんデー(猫コスプレ)」が新境地で楽しみですね。 ――どの箇所も本当に楽しくなりそうですね。そして、皆さんの真骨頂であるライヴも、いよいよ『Smileberry Oneman Tour「Lyrical Smile World」』が始まります。最後にこのツアーに懸ける意気込み、そして今後のSmileberryへの思いをそれぞれお伺いしても良いでしょうか。 理緒:今回が新体制3回目のワンマンツアーということもあって、僕たち新加入組もそろそろ馴染んできた頃だと思うんで、新生Smileberryのさらなる深みが見せられるツアーにしたいと思っています。 NoA:今までのワンマンツアーは目の前にあるものをこなすことで精一杯だったんですけど、今回はどうしたらお客さんに喜んでもらえるかしっかり考えていきたなと思っています。『リリカルドライブ』もリリースされることで、さらに新しいSmileberryを見せていきたいですね。 :さっきMotokiも言っていたように、ファンの子の背中を押してあげられるツアーにしたいなと思います。うちのファンの子って人生に悩んでいる子がすごく多くて。そんな子達に俺たちが勇気をあげられるようなライヴになればいいなって。 Motoki:来てくれたファンの子全員を楽しませるのは大前提です。その上で、音楽って誰かの人生を変えるものだったりするじゃないですか。ただ「楽しかった」でその日が終わるのではなくて、ライヴに来てくれた子のその後の人生をちょっとでも明るくしてあげられるようなツアーにしたいと思っています。


COMMENT MOVIE

RELEASE

6th Single「リリカルドライブ」
2018年03月14日 2type Release!!
VRSB-0015 / ¥¥1,500(税抜)
[CD] ※両タイプ共通収録曲
01. リリカルドライブ
02. Iris
※限定ジャケット仕様
※ミニポスター入り
※4/16(月)渋谷REX招待ワンマンチケット封入

【通常盤】
VRSB-0016 / ¥1,200(税抜)
[CD] ※両タイプ共通収録曲
01. リリカルドライブ
02. Iris

LIVE INFORMATION

Smileberry Oneman Tour「Lyrical Smile World」

2018年03月17日(土) HOLIDAY NAGOYA NEXT
2018年03月21日(水) 大阪RUIDO
2018年03月25日(日) 渋谷REX

Smileberry 6th Single「リリカルドライブ」発売記念無料招待ワンマン

2018年04月16日(月) 渋谷REX


2018年02月21日(水) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
2018年02月23日(金) 大阪RUIDO
2018年02月24日(土) HOLIDAY NAGOYA NEXT
2018年03月06日(火) 福岡graf
2018年03月08日(木) 大阪MUSE
2018年03月09日(金) HOLIDAY NAGOYA NEXT
2018年03月10日(土) 池袋RUIDO K3
2018年03月16日(金) 新宿RUIDO K4
2018年03月30日(金) 新宿RUIDO K4
2018年04月06日(金) 渋谷REX
2018年04月12日(木) 渋谷REX
2018年04月22日(日) 神戸ART HOUSE
2018年04月23日(月) 岡山IMAGE
2018年04月25日(水) 福岡DRUM SON
2018年04月26日(木) 広島セカンドクラッチ
2018年04月28日(土) 大阪RUIDO
2018年04月29日(日) HOLIDAY NAGOYA NEXT
2018年05月13日(日) Music Club JANUS / OSAKA MUSE / SUNHALL / AMERICA-MURA FANJ-twice / CLUB DROP / CLAPPER / hillsパン工場 ※全7会場

Smileberry PROFILE


  • Vo:
    Motoki
    Birth:
    11.21
    Blood:
    A

  • Gu:

    Birth:
    06.17
    Blood:
    B

  • Ba:
    NoA
    Birth:
    12.31
    Blood:
    B

  • Dr:
    理緒
    Birth:
    09.16
    Blood:
    B



DISCOGRAPHY

アーティストタグ

Smileberry | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。