INTERVIEW

SHIVA「BLOODY SKIN」

2018.02.02
「メンバー脱退」というバンドの選択に対し、大半のファンはネガティブな感情を持つだろう。それでもなお未来に向かって自分たちを信じ、新体制初シングル『BLOODY SKIN』を完成させたSHIVA。彼らはこの1年着実に新たな土台を積み上げ、バンドとして次の一歩を踏み出そうとしている。今大きく変わりつつある彼らの思いをどうか感じて欲しい。

インタビュー・文:二階堂晃
正直メンバーが抜けるということを世間はプラスには見てくれない』

――新体制初となるシングル『BLOODY SKIN』はインパクト絶大の1曲ですね。こちらはどんな狙いの元で制作されたのでしょうか? 鴾弥:3人体制になったということで前作『JOKER』からほぼ1年ぶりのリリースなのですが、SHIVAの原点回帰というか、激しくてカッコよくて歌も映えるV系の王道をこれからも貫き通していこうというコンセプトの元で制作しました。 ――新体制になるというのはバンドにとってとても大きなことだったと思うのですが、メンバーの皆さんに心境の変化はありましたか?

続きを読む

鴾弥:旧体制の時はパーティーチューンやシャッフルビートの曲など、幅広い音楽性を取り入れながらやっていたのですが、正直メンバーが抜けるということを世間はプラスには見てくれない今の状況に対して、「自分たちはこれからも変わらない」という思いをファンの子に曲そのもので伝えていこうという意識が高まりました。3人になったからこそ、「これからもSHIVAを続けていくしかない」というバンドへの覚悟がより強くなったと思っています。 NATSUKI:例えメンバーが抜けてもSHIVAを続けていくことを決めた3人の気持ちは何も変わらないので、もっともっと上を目指していこうという気持ちでSHIVAを続けていこうと思っています。 RUKA:3人になっての不安というのは正直ありました。でもこの体制になってからのライヴを様々なギタリストにサポートしてもらったことでの新しい発見がたくさんあり、今となっては結果として自分たちの幅が広がったと思っています。 ――そんな皆さんの決意の元に制作された『BLOODY SKIN』のお話を是非詳しく聞かせてください。 鴾弥:僕はこれまでに作曲をしたことなかったんですけど、「激しくてカッコよくてサビの映えるSHIVAらしい曲」をテーマに置いて夏から取り掛かりました。何曲か候補があった中でメンバーと今回のレコーディングに携わってくれたエンジニアさんも交えながら選ばれたのがこの曲です。 ――詞の内容がとてもショッキングな表現に溢れていると感じたのですが、これはどういった出来事について歌っているのですか? 鴾弥:日本で実際に起きた事件のことです。家族の中で殺し合う事件を、その中の子供からの目線で書きました。僕は普段からグロテスクなものに興味があって、色々なそういった分野のものを読んでいた中で この事件のことを知って、これは歌詞にするしかないと思って。 ――“To the MOTHER who took six lives”という部分にも「6」という具体的な数字がありますが、それも実際の事件に関するのでしょうか? 鴾弥:××××を6人殺すんです。さらに言うと、そのすべての元凶は××××で。父親が母親を××××コントロールしたことが事件を引き起こしてしまったという。 ――目を背けたくなるような事件ですが、こうして作品になることでどうしても興味が湧いてしまいますね……。この曲が鴾弥さんから上がってきた時にNATSUKIさんとRUKAさんのお二人はどんな印象を持たれましたか? NATSUKI:今までのSHIVAにはない新しい印象を受けました。SHIVAはいわゆる暴れ系のバンドではありますが、それがさらに突き詰められた楽曲だなと。未来が見えましたね。レコーディングに関しては今回はエンジニアの方の協力がとても大きく、話し合いながら進めていくことでギターとベースのコンビネーション面でも新しいアプローチが見えたと思います。 ――今回の制作では外部のギタリストを迎えてのレコーディングだと伺っていますが、やはり刺激的でしたか? NATSUKI:それはもう本当に。外部の方と一緒にレコーディングすることをきっかけに自分のベースプレイをゼロから見直すきっかけにもなりました。 RUKA:最初鴾弥からデモが上がってきた時の感想としては、「いい意味で普通やな」と思いました。最近はマニアックな路線を打ち出すバンドが多い中、新体制初の表題曲でここまで王道な曲を打ち出してくるのがすごくいいなと。王道だからこそ歌や詞の内容が全面に押し出せると思ったので、その部分を思いっきり出してもらうためにも、ドラムはノリやすさを意識することに徹しましたね。 ――「王道」というテーマはカップリング曲からも伺えますね。どの曲もバラエティに溢れつつも一本筋が通っているという印象ですが、これらも是非1曲ずつお話を聞かせて下さい。まずは全タイプ共通収録の「KILL BIRTHDAYS」は「BLOODY SKIN」に負けず劣らず、何ならそれ以上のパワーを持った曲だと思いました。 NATSUKI:「ロック」をテーマに作りました。J-POPや歌謡曲では出せない、ロックならではの魅力を意識しましたね。 ――ご自身で作曲した曲となると、ベースのアプローチについても何か変化はありましたか? NATSUKI:自分の曲だからこそやりたいことを詰め込みましたね。だからこそ、シンプルが一番ということで逆に全体的にはストレートなベースプレイになったのかなと思っています。その上で、短い中でも細かく動いている部分には注目して欲しいですね。 ――RUKAさんはいかがですか? RUKA:「BLOODY SKIN」と同じくらい王道で、ダブルA面でもいいんじゃないかって思うくらい良い曲ですよね。NATSUKIの曲の持ち味はこの3年の活動で分かっているつもりですし、意図も汲み取りやすかったこともあってドラムのアレンジもスムーズでした。ライヴもめっちゃ盛り上がると思います。 NATSUKI:ライヴ曲になることは意識しましたね。 ――ライヴでの披露が楽しみですね。「KILL BIRTHDAYS」というタイトルもとても印象的だと思ったのですが、これはどういった狙いで付けたのでしょうか? 鴾弥:ボーカルのレコーディングの段階ではまだタイトルが決まってなくて、サビのメロも歌詞も違うものだったんです。歌を録った段階で「まだまだいける」とNATSUKIと2人で話し合って、作業を中断してその場で新しいメロディを考えて。歌詞の内容も「悪の子が生まれる」というテーマだったので、NATSUKIのバースデーソングじゃないですけど、“KILL BIRTHDAYS”という言葉を当て込んでそのままタイトルにしました。 NATSUKI:たまたま俺の誕生日がレコーディングの日と近かったんです(笑)。生誕ライヴが近くにあったこともあって、誕生日ってやっぱり大切だなと思って。 RUKA:じゃあこの曲1年に1回しかライヴでやらんとく? NATSUKI:いやいや! めっちゃやりますよ(笑)。50回くらい。ライヴ会場に誕生日の人がいたらその人に向けて届けたい曲っていうイメージです。SHIVAはライヴバンドですからね。 『ただ激しいだけじゃなく、ドラマティックで人の心の琴線に触れるバンドでありたい』
――それはとても面白いお話です。結果としてSHIVAなりのバースデーソングが生まれましたね。そしてB-TYPE収録の「「虚無感」と雨上がりに消えた彼女」についてですが、「BLOODY SKIN」と「KILL BIRTHDAYS」から一転してとても幻想的なバラードです。 鴾弥:SHIVAはただ激しいだけじゃなく、ドラマティックで人の心の琴線に触れるバンドでありたいんです。なので、今回バラード曲は絶対に収録したいと思っていました。僕らには「6月の雨降る夜。」という曲があるんですが、「「虚無感」と雨上がりに消えた彼女」はそのアンサーソングとして、雨の後に大切な人が消えてしまったという物語を書きました。 ――とても悲しい失恋の歌ですね。 鴾弥:ただひたすら後悔に打ちひしがれている男の歌です。「6月の雨降る夜。」は頻繁にライヴでも披露しているんですが、そこからの流れで「「虚無感」と雨上がりに消えた彼女」に繋げられたら、今後のライヴの世界観もさらに広がりを見せられると思っています。 ――この曲はAメロのベースのうねりがとても素晴らしいですよね。 NATSUKI:鴾弥からその部分のベースは動いて欲しいとのことだったので、僕は歌謡曲も好きなこともあって、これまで自分の培ってきた知識と経験を注ぎ込みました。その甲斐あってガッチリハマったと思いますね。 鴾弥:実は10個ぐらいフレーズの候補を出してもらって。僕的にも頭のベースがキモを握る曲だとデモの段階から思っていたので。普通のバラードならCDに収録する意味がないとすら思っていたし、この曲はNATSUKIにかかっていたと言っても過言ではないです。 NATSUKI:歌詞がすごく良かったので、出すぎても引っ込みすぎても駄目だと思って。弾き方も工夫して、昭和歌謡風な滑らかなプレイを意識しました。 ――本当に味わい深いベースだと思います。RUKAさんのドラムはいかがでしたか? RUKA:鴾弥も言っていたように、ただ激しいだけじゃない唯一無二の鴾弥にしか出せない歌と世界観がある曲だと思ってて。どっちかと言えばこういうタイプの歌の方が鴾弥らしいのかなって個人的には思いますね。ドラム的にも歌ものを叩くのは大好きなので楽しかったです。こういうV系ならではのバラード曲で、なおかつ鴾弥の世界観が出てくれば出てくるほどドラムのアプローチも難しくなってくるので、とてもやり甲斐のある曲でした。 ――先程からこのインタビューを通じてRUKAさんの鴾弥さんへの愛情が伝わってきて、とても素敵です。 RUKA:そうですね。彼のことを信頼していないとドラムのアレンジをする気にもなれないし、まずそもそもメンバーじゃないですから。 ――SHIVAというバンドの深い絆が伝わってきます。ちなみに、冒頭のメロディの後ろで聞こえる語りは歌詞カードには表記されていませんよね? 鴾弥:ここに関しては答えを教えたくなくて聴こえるか聴こえないかの瀬戸際のバランスでミックスしました。なので、お客さんそれぞれの解釈に委ねたいなと。 ――そうだったのですね。もしよかったらViSULOG読者だけにヒントを教えて頂けませんか? 鴾弥:そうですね、じゃあ少しだけ。「「虚無感」と雨上がりに消えた彼女」は6月の出来事についての曲ですが、語りの部分は5月のことを言ってるんです。6月の別れの直前に二人に何があったか、男の口調で語っています。 『バンドはピンチもありますけど、それをバネにこうして新しいものを生み出せたことが嬉しい』
――なるほど! それは耳をそばだてて聴いて欲しいですね。そしてC-TYPEに収録されている「SCAR-LET」ですが、個人的にはこの曲が一番好きだと思いました。タイトルの由来は英語のscarlet(深紅、緋色の意)からですか? 鴾弥:そう解釈されると思っていましたけど、実は違います。元々は「scar(傷跡)」っていう意味にしたくて。でもそれだけだとタイトルとしてちょっと弱いなと感じていたので、まさしくそういう勘違いを引き起こすために、僕の考えた造語ですけど「SCAR-LET」というタイトルを付けました。 ――そのあたりの言葉遊びも楽しんで欲しいですね。これは「束縛」がテーマになっているという印象を受けました。女性目線の歌詞ですよね? 鴾弥:「BLOODY SKIN」は家族間の悲劇を描いたものですが、「SCAR-LET」は男女間の傷や痛みについて書きたくて。男と女が愛し合う時に、絶対愛撫ってしますよね?それが、男の側は愛撫だと思っていても女の側は痛みとしか思っていない。そしてその感情が憎しみに変わって、最終的には“忘れたいの?忘れさせない”という結末を迎えるんです。 ――一曲の中で女性の感情の変化を表現しているのですね。楽曲も他の3曲とは違った切り口の印象です。良い意味でカップリングなのに一番メジャー感すら感じました。 鴾弥:こういう曲は男性ファンからの受けが良いですよね。僕らもバンドをやって長いので経験で分かるんですが、こういう曲って音源だと人気でもライヴでは盛り上がりづらいタイプの曲なので、今後はレアな立ち位置の曲になっていくかなと思います。 ――NATSUKIさんとRUKAさんは「SCAR-LET」に対してはいかがですか? NATSUKI:いい曲やなと思いますね。愛撫っていう言葉選びもいいと思うし。 RUKA:(愛撫は)NATSUKIがいつもやってることです(笑)。 NATSUKI:してねーよ(笑)。したい願望は常にありますけど。 一同:(笑)。 NATSUKI:楽器隊のサウンドだけ聴くと、今までのSHIVAとは全然違うと思うんです。この曲も外部のギタリストと一緒に制作したことで、小手先だけじゃない洗練されたサウンドを作るという新しい挑戦を形にすることが出来ました。そういう意味でも、ある意味この3人になれたことはよかったのかなと思います。バンドはピンチもありますけど、それをバネにこうして新しいものを生み出せたことが嬉しいですし、改めてSHIVAは本当に良いバンドだなって。 RUKA:「SCAR-LET」が一番好きって人は多いんちゃうかな。メロディはもちろん全曲素晴らしいんですけど、バンドサウンド的にはこの曲だけクオリティが格段に高いんですよ。ドラムも自分の出来ることを全部詰め込んだというか。それはカップリング曲だから新しいことに挑戦出来たからというのも大きいですし、好きなことがやれただけ納得の仕上がりになりました。 NATSUKI:僕も「SCAR-LET」が一番好きです。ライヴでもいっぱいやりましょうよこの曲。 ――ぜひリスナーを洗脳してライヴでも定番化して欲しいです。そして、これは是非伺いたかったのですが、SHIVAというバンドは激しくてメロディアスというV系の王道を貫きつつも、どの曲も決して既存のシーンのお約束とは違う雰囲気を持っていると言いますか、もっと広い意味での「ロックへのリスペクト」と呼ぶべきものを感じます。皆さんの音楽的なルーツはどのあたりなのでしょうか? 鴾弥:バラバラですよ。僕はかつて一時代を築いたPIERROTさんとDIR EN GREYさんを一番リスペクトしていて、今でも僕の音楽制作の上でも、パフォーマンスの面でも全ての根源になっていますね。 NATSUKI:僕はSOPHIAとGLAYに影響を受けて今があります。ベーシストとしてもGLAYのJIROさんへの憧れが自分の原点ですね。 RUKA:僕はJanne Da Arcがルーツで、ハードな世界観もポップな世界観もどちらも出来るドラマーでありたいなと思うんです。ボーカルが歌えばどんな楽曲でも自分たちの色になるのがバンドというものだと思いますし、何が来ても対応できる自分でいたいですね。 『最初で最後の3人で回るツアーになるかもしれない』
――なるほどですね。三者三様の色を持ち寄ることでSHIVAにしかない独特の世界と楽曲が生まれることに納得です。そんな皆さんが『BLOODY SKIN』と共に新体制初となるワンマンツアー『BLOOD Re:Birth Days』を迎える訳ですが、ツアーに込めた思いを聞かせて下さい。 鴾弥:正直3人になったことでお客さんから色々な意見があって、僕たちは「これからも信じて付いてこい」という思いは何も変わらないんですが、「メンバー脱退してるのに何を言ってるんですか?」という声も実際に届くんです。さっきもRUKAが言ったようにこれからSHIVAがどうなっていくのか不安な気持ちの子も少なからずいると思うんですね。そんなファンへのメッセージを込めて「血の蘇り」という意味でこのツアータイトルを付けました。SHIVAから少し心が遠ざかってしまった子たちにもう一度振り向いてもらうためにも、ここからもう一度蘇るぞという自分たちの決意を伝えたいんです。 NATSUKI:鴾弥の思いを受けて僕が言いたいのは、3人になってもSHIVAは何も変わらないということです。それに実際、3人になってからの活動の中でお客さんも少しずつまた増えつつあって。メンバー脱退というのは決してプラスなニュースではなかったかもしれませんが、今のSHIVAはライヴのクオリティそのものは確実に上がっているし、このツアーでそれをさらに熱いものしようと思っています。後、今回はファイナルがいつもように大阪ではなく東京なんですが、これを機にこれからどんどん全国区で活動できるバンドになっていこうと思っています。 RUKA:『BLOODY SKIN』が久々のリリースということもあって、同じく久々なワンマンツアーを回れることが純粋に楽しみです。まずはメンバーが楽しめるということが一番だと思うので、とにかく楽しみたいです。 ――V系シーンのファンは形にこだわりがちと言うか、脱退などのネガティブなニュースをそれぞれの勝手な解釈で受け止めて、バンドの意志とは裏腹にその後に注目することを辞めてしまう方も多いと思います。一方、SHIVAは『BLOODY SKIN』という素晴らしい作品を完成させ、今バンド内のテンションもとてもいい状態にあることが伺えます。そんなシーン全体や、SHIVAを信じているファンの方々、そしてこの記事をきっかけにSHIVAを知ったViSULOG読者へ、最後に鴾弥さんからメッセージをお願いします。 鴾弥:今回のワンマンツアーは最初で最後の3人で回るツアーになるかもしれないと思っています。もちろんメンバーとしての新しいギタリストとの出会いを僕らは求めていますし。それもあって、一度しかないかもしれないこの3人でのライヴを是非見てもらって、「あ、やっぱりSHIVAってカッコいい」「また行こう」というふうに必ず振り向かせたいと思っています。去年はメンバー脱退もあって思うようにライヴ活動がやれなかったので、今年は倍以上のライヴを重ねていきたいし、僕らは大阪のバンドですけど、どんどん東京や逆に地方にも進出していこうとも思っていて。今はバンドの方からファンの元へ会いに行く時代だと思いますし、まずは俺たちの方から会いに行くからファイナルには是非全国から会いに来てくれたら嬉しいですね。今年は大幅に変わったSHIVAを見せて行きますんで、期待していてください。


RELEASE

シングル「BLOODY SKIN」
2018年01月31日 Release!!
【A-TYPE】
SVCD-5 / ¥2,376(税込)
[CD]
01. BLOODY SKIN (作詩・作曲:漣 鴾弥)
02. KILL BIRTHDAYS(作詩:漣 鴾弥 / 作曲:NATSUKI)
[DVD]
01. BLOODY SKIN (MUSIC CLIP)
02. BLOODY SKIN (MVメイキング+オフショット)
販売元:タイムリーレコード

【B-TYPE】
SVCD-6 / ¥1,620(税込)
[CD]
01. BLOODY SKIN (作詩・作曲:漣 鴾弥)
02. KILL BIRTHDAYS(作詩:漣 鴾弥 / 作曲:NATSUKI)
03.「虚無感」と雨上がりに消えた彼女(作詩・作曲:漣 鴾弥)
販売元:タイムリーレコード

【C-TYPE】
SVCD-7 / ¥1,620(税込)
[CD]
01. BLOODY SKIN (作詩・作曲:漣 鴾弥)
02. KILL BIRTHDAYS(作詩:漣 鴾弥 / 作曲:NATSUKI)
03. SCAR-LET(作詩・作曲:漣 鴾弥)
販売元:タイムリーレコード

LIVE INFORMATION

SHIVA Winter TOUR 2018 「BLOOD Re:Birth Days」

[大阪]
2018年02月02日(金) 心斎橋DROP
[名古屋]
2018年02月08日(木) 名古屋HEART LAND
[東京]
2018年02月10日(土) 池袋Cyber


2018年02月25日(日) 新宿club SCIENCE
2018年03月19日(月) 大阪RUIDO
2018年03月21日(水) 高田馬場CLUB PHASE
2018年04月06日(金) 新宿club SCIENCE
2018年05月13日(日) Music Club JANUS/OSAKA MUSE/SUNHALL/AMERICA-MURA FANJ-twice/CLUB DROP/CLAPPER/hills パン工場 ※全7会場

SHIVA PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vocal:
    鴾弥

  • Bass:
    NATSUKI

  • Drums:
    RUKA



DISCOGRAPHY

アーティストタグ