INTERVIEW

ジャックケイパー 「脳内潜伏狂想曲集」

2017.12.05
12月5日にミニアルバム『脳内潜伏狂想曲集』をリリースするジャックケイパー。バンドコンセプト“イタズラ”を武器にこの1年駆け抜けてきた彼らの個性が浮かび上がる意欲作になっている。新作に込めた思い、今後の展開について話を聞いた。

取材・文:藤谷千明
『〈脳内お金畑盤〉には、メンバーそれぞれが作曲した曲が入ってます』

――まずはこのタイミングでミニアルバムをリリースする理由を聞かせて下さい。 :今の事務所に入ってから、シングルを3枚リリースして、フルアルバムでも良いかな?とは思ったんですけど、それはもっと「これがジャックケイパーです!」みたいに固まったものの方がいいかな、と。今回『脳内潜伏狂想曲集』というタイトルだけあって、ひとりひとりの個性が強い曲が集まったのでミニアルバムという形にしました。とくに〈脳内お金畑盤〉には、メンバーそれぞれが作曲した曲が入ってます。ちなみにタイトル発案者は飛炉くんですね。 飛炉:表題曲「ダメだ…。」から連想していったタイトルです。 ――『脳内潜伏狂想曲集』には〈脳内お花畑盤〉〈脳内お金畑盤〉というパンチの効いた名前のバージョン違いがあります。こちら、曲順も変わっていますね。その意図は?

続きを読む

:両方聴いた時に違う印象を受けるはず、それが面白いと思うんですよ。〈脳内お花畑盤〉は僕が考えたタイトルで、〈脳内お金畑盤〉は飛炉くんですね。 飛炉:「お花畑」に対して韻を踏んだというか、まあ近しい言葉にしただけです。 :ちなみに歌詞カードには「脳内メーカー」風の画像が入っていて、メンバーそれぞれの脳内メーカーには曲のイメージが入ってます。 U:全部後付けなんですけどね。 ――そこは言わなくていいですよ!さて、〈脳内お金畑盤〉1曲目の「ドキドキダンシングナイト」からお話を伺っていきたいと思います。作曲は李九さん。 李九:曲の解説って難しいですね。これはフィーリングです。楽しい気分の時に作りました。 U:この曲は歌詞がなげえ。 ――初恋の曲ですね、ジャックケイパーのラブソングでハッピーなまま終わる曲は珍しい気もします。 李九:最後に「艶んな涙がポロリ」ってあるけど……。 飛炉:そこはシモネタです。「下の」涙です(笑)。この曲は歌詞が長くて、言葉を詰めこんでいるから、早口で歌うのが大変。滑舌がつらいです。自分で歌えるようなメロで作ってきてほしい!(李九を見ながら) 李九:飛炉さんならいけるかなと思って……。 飛炉:これは前にも同じような事があったんですよ!李九は作ってきた曲に人間の限界を越えたメロを仕込んで来るんですよ!ボーカロイドしか歌えない曲ですよ! 李九:飛炉さんがどんどん人間離れしていきます。ちなみにこのAメロの「ズンタカタッタ」には意味はありません。 飛炉:Aメロのフレーズに繰り返しが異様に多いので、毎回考えて変えてたら僕が倒れてしまうので!実は「ダンシング」もシモネタなんですよ。ベッドの上でダンシングっていうね。李九はパリピだから、クラブっぽさを意識しました。 李九:今初めて聞きました。 飛炉:そういうことにしておいてください! ――そういう話はインタビューの前にしてくださいね?そして英さん作曲の「いち’s」。かなり切なくてさわやかなイメージのある曲です。 :曲作り期間中に何曲か作ってくるんですけど、締切が明日に迫っている時に「もう1曲足りないな」と、1日ずっと家にいて曲を作る日があるんです。僕はそれが採用されることが多いんですよね。おもったよりメロウな曲になりましたね。 飛炉:昭和っぽいんですよね。 :ぽくはない! U:ピ●チュウの鳴き声が入ってるけど、それは英さんです。 :今回、僕の声いたるところに入ってるんですよね。 飛炉:英ファンは耳をすませてください。 ――タイトルの「いち’s」とは? 飛炉:彼氏と彼女はどちらも一途というところを表現しています。 U:ちょっと待って?それだと複数形だよね。「いちs」じゃなくて「いち’s」だと「いちさんのモノ」になっちゃうよ。 飛炉:……ごめん日本語でお願い?まあ慣れない英語は使うなってことですね! ――だからそういう話は先に済ませておいてくださいね?こちらは別れの曲。 飛炉:これは恋人が死んでしまった曲なんです。「手オ(ヲ)くれサン」もだけど僕、歌詞で人殺すの好きなんですよね。あとキーは高くて歌いたくない。高い声だからいいってわけじゃないよ? :このくらいの声が良いんですよ。でもこないだカラオケ行って自分の作った曲を歌った時は「飛炉くんごめんね」って思いました。 飛炉:とくに1番最後の部分が高すぎて気持ち悪いんで、そこに入る前にピッて次の曲に飛ばしてください! 『このミニアルバムには他にイタズラが含まれてるので、CDを隅から隅までちゃんと調べてほしいですね!』
――そした表題曲にあたる「ダメだ…。」の作曲はUさん、飛炉さんになっています。 飛炉:U99割、飛炉3割みたいな。 :計算合わなくない? 飛炉:U97%、飛炉3%? U:もともと飛炉さんが作った曲を、僕が作り直しただけです。 飛炉:歌詞には本当に意味がなくて、人間誰しもお腹痛くなったり、頭痛くなったりすることはあるじゃないですか。そういうときにこの曲を思い出して……。 ――ただストレートに体調不良の曲だと。 飛炉:よくUくんはイントロ歌ってくれるよね。誰かが「ダメじゃない?」って言うと、「デンデンデン~♪」って(笑)。ファンの子にやってほしいですね。だってお腹いたくなった時に目の前で友達が「でデンデンデン~♪」って歌いだしたら笑うもん。そういう感じで痛みをまぎらわしてください!特に女子はお腹痛いことは月に1度はあると思うんで。 ――続いての「泡the show time」はかなり激しいナンバーですね。 U:この曲はノーコメントです。 飛炉:自分の好きな人のことを書いた曲です。 ――好きな人というのは……? 飛炉:「泡」と「ブクブク」という言葉を使いたくて。「泡といえば風俗かなあ」と、そこから連想しました。 ――「好きな人」とは「ブクブク」と「泡」に関係があるということですか? 飛炉:誰とは言わないけど……? ――そこは伏せておこう、と?ジャックケイパーのファンにはおなじみの彼ですね。 飛炉:暴れ曲だったんで、そういえば「彼」は暴れ曲やってるなと。 ――そして「LESSON.1」は一見すると英語の勉強の歌詞に読めますが……? 飛炉:ただそれだけの曲ですね!曲が邦ロックバンドみたいでかっこよかったんですけど、どこまでジャックケイパー色にできるかというところですね。李九の曲だから好き勝手やっていいかなと思って。これがUくんやひな太の曲だと気を遣ってしまうんで。 李九:自分も好きにやってもらったほうがいいんで。 飛炉:カッコいい曲だからこそ、カッコいい歌詞にしたら普通のバンドになってしまうので。 李九:仮タイトルが「マイファーストスヌーピー」だったんです。 ひな太:それ、なにがおもしろいんですか? 李九:「ストーリー」と「スヌーピー」でかけてるんだよ!なんでこんなに攻められるの? ――曲間にある謎のセリフも気になりますね。 李九:あれはインドネシア語なんです。インドネシア語ができるマネージャーがたまたまいたので、僕の文章をその場で翻訳してもらって一発録りです。 飛炉:意味はあるんで、インドネシア語ができる人は解読してください!とくに李九ファンは頑張って! ――「漆黒の海」というタイトルからヴィジュアル系っぽい曲や歌詞かと思いきや……。 飛炉:これはひな太の作った曲なんで、ひな太のことを考えたら中二病っぽいタイトルになりました。歌詞は自分のことというか、友達がいないけど、自分のやりたいことのために、仲間を見つけて一緒に先をめざしていく曲なんです。 ――仲間というのはもちろん……? 飛炉:いいえ?魚釣りの仲間です。僕魚を銛で突くのが好きなんで。海が荒れてると潜れないから「最悪~」ってなるじゃないですか。その経験談です。実話をそのまんま書いただけです。 ひな太:先に1回自分で曲を作って、後から文句言われるのいやだったんで、飛炉さんにメロは自分で考えてもらいました。歌いにくいとずっとグチグチ言うし。 飛炉:俺そんなに文句言う? 李九・英:言う! 飛炉:そう?(笑) :さっきも散々言ってたじゃない。 飛炉:まあ、それでひな太がメロを作らせてくれたんで、すごく歌いやすい曲になりました。すごく好きです。クレジットが共同になってるのは、メロを作らせてもらったからです。 ――ラストの「輝き」は飛炉さん作詞作曲のバラードになります。 飛炉:そうで~す。これは自分の素が出てしまった歌詞ですね。世界平和を望んでいるので……。どんなに悪口言っててもこういう時にでちゃううな~~!って曲です。 :二重人格なんでしょうね。 飛炉:「今回の収録曲の中で1番嫌い」ってUくんが言ってました。 U:嫌いじゃないですよ、7番目に好きですよ。 飛炉:言い方は大事だな? :これを聴いたスタッフが「これ本当に飛炉が作ったの?」と驚いてましたね。そのくらいピースフル。 飛炉:ちなみにこのミニアルバムには他にイタズラが含まれてるので、CDを隅から隅までちゃんと調べてほしいですね!とくにランダムで聴いたらダメ! :と、いうわけで我々、12月に東名阪でワンマンがありま~す!一箇所も同じワンマンはないので是非来てね!年明けには新春治外法権もあります!その前にひなちゃんの生誕主催イベントもありま~す! 『来年は色んな場所をペロペロしたい』
――ご説明ありがとうございます。 ひな太:はじめての生誕主催なのでがんばります。 飛炉:プレゼントがかさばるものばかりだと電車で帰れなくなるから、極力かさばらない楽天カードとかAmazonカードなどでお願いします! ――露骨ですね!っていうかもらえること前提で話してません? 飛炉:これは飛炉からのお願い!ひな太はそんなこと考えてません!あと、ひな太の家マジせまいんでマジでお願いします! ――ライヴ自体の意気込みをお願いします。 ひな太:わくわくしますね、楽しみでしかないですね。あとMCでしゃべるかも。 :ひな太ファンはこないと損だから! ――これから年末年始も予定目白押しですが、今年のまとめと来年の抱負をお願いします。 飛炉:今年も怪我もなく……メンバー無事に過ごせました……。 U:ジジイみたいだな。 飛炉:それが何よりです。来年も皆をワクワクさせるようなことをしていきたいと思います、以上。 李九:今年はギターを新しくしたんですよね。7弦にしたんです。 飛炉:毎年1弦づつ増えていくんだよな? 李九:(弦の話は無視)今年はツアーもいっぱい行ったし、各地で思い出を作ってそれが自分の血となり肉となっていくんです。 飛炉:風俗は行かなかったの? 李九:風俗!?なんですかね?それは?来年はナンパよりも逆ナンされたいですね。 ひな太:来年も楽しみにしていてください。もっといっぱい曲も作りたいです。 U:今年はひなたんとディープキスまでいきました。 ――Uさんはひな太さんを狙っているという設定、生きてたんですね。 U:生きてます、っていうか「設定」じゃないです。来年は色んな場所をペロペロしたいですね。 :今年ははいきなり「新春治外法権」TDCホールという大きな会場から始まって、年末は初のカウントダウンライブにも参加します。12月のワンマンツアーも含めて成長して、2周年に向けてさらにバンドが成長するところを見てほしいですね。個人的にも色んな曲を作りたいので楽しみにしていてほしいですね。 ――まとめてくださってありがとうございます。




RELEASE

NEW MINI ALBUM「脳内潜伏狂想曲集」
2017年12月05日 Release!!
【脳内お花畑盤】
CD+DVD
RIOC-057~058 / ¥2,700(税抜)
[CD]
01. ダメだ…。
02. 泡the show time
03. いち’s
04. ドキドキダンシングナイト
05. 漆黒の海
[DVD]
01. ダメだ…。 -ミュージッククリップ-
02. 禁断の裏側 -オフショット-

発売元:Riostar Records


【脳内お金畑盤】
CD
RIOC-059 / ¥2,700(税抜)
[CD]
01. ドキドキダンシングナイト
02. いち’s
03. ダメだ…。
04. 泡the show time
05. LESSON.1
06. 漆黒の海
07. 輝き
発売元:Riostar Records
※収録曲・曲名・曲順、仕様は変更の可能性がございます。予めご了承ください。

LIVE INFORMATION

ジャックケイパーワンマンツアー ~お前もケイコにしてやろうか~

2017年12月09日(土) 心斎橋FANJ
2017年12月10日(日) 今池3STAR
2017年12月23日(土・祝) 渋谷RUIDO K2 ※完売

ジャックリスマス~やっぱりイブもおれらにちょーだいっ~

2017年12月24日(日) 渋谷RUIDO K2

ジャックケイパー主催『ひな太のおたんじょうび会』

2018年01月07日(日) 高田馬場AREA


2017年12月31日(日) 大塚Deepa
2017年12月31日(日)~2018年01月01日(月・祝) SHIBUYA REX
2018年01月08日(月・祝) 新木場STUDIO COAST
2018年02月08日(木) 心斎橋VARON
2018年02月09日(金) HOLIDAY NEXT NAGOYA
2018年02月12日(月・祝) 新宿RUIDO K4
2018年02月16日(金) 新宿ReNY

ジャックケイパー PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vocal:
    飛炉
    Birth:
    03.22
    Blood:
    AB

  • Guitar:
    ひな太
    Birth:
    01.07
    Blood:
    AB

  • Guitar:
    李九
    Birth:
    09.04
    Blood:
    A

  • Bass:
    U
    Birth:
    07.15
    Blood:
    A

  • Drums:

    Birth:
    03.18
    Blood:
    O



DISCOGRAPHY

アーティストタグ