INTERVIEW

Leetspeak monsters 「Storyteller in the Strange Night」

2017.09.19
『子供が絵本を読んで貰う時の様に、ワクワクしながら我々の楽曲と不思議な物語を楽しんで欲しいなぁ』

――前回のViSULOG初登場から約半年が経過しました。この半年間の状況や近況から教えてください。 D13:人間界に友達が少ない我々だが、V系のバンドの友達が増えて来たなぁ。 Yo’shmeer:俺は7月から加入したばかりだから、まだまだヒヨッコだぜ。ヒヨコちゃんとでも呼んでやってくれ! あ? Euskyss:まず新しいギタリストが加入しました。新しい音源を作ってライヴショーの回数を重ね、新しいMVを公開しました。髪が伸びました。 DieWolf:色んな人に見て貰って、色んなバンドとも仲良くなって、凄くいい感じだオォォォンฅ•ﻌ•ฅ♪

続きを読む

――1st mini Album『Storyteller in the Strange Night』の制作にあたってのコンセプトを教えてください。 D13:MVになっている「Black owl」もそうだが、1曲1曲物語をコンセプトに書いた作品だぞ~。 Yo’shmeer:俺の中では新たなLeetspeak monstersの幕開けかな。ここからまた始まるんだよ物語が! すげぇぇ! Euskyss:Leetspeak monstersは夜をコンセプトにすることが多いのですが、今回も“不思議な夜”の物語を大きなテーマとして制作しています。 ――『Storyteller in the Strange Night』というタイトルに込められた意味を教えてください。 D13:子供が絵本を読んで貰う時の様に、ワクワクしながら我々の楽曲と不思議な物語を楽しんで欲しいなぁ。 Yo’shmeer:読んで字の如くかな。いや、聴いてる人達それぞれに解釈して欲しい。 Euskyss:語り部が人に物語を読み聴かせるように、耳から話を聴いて頭で想像して、それが映像として膨らんでいくような。そんな意味合いも込めてます。 ――『Storyteller in the Strange Night』の全曲解説をお願いします。M1「Black owl」 D13:歌詞は欲深い王の悲しい物語だがSHOWでは楽曲の持つグルーブを感じて欲しい曲だなぁ。 Yo’shmeer:原曲のリメイクと言うことで元の形から自分なりの色を足してみた。更にヘヴィーになってライヴでやるのが楽しい! Euskyss:この楽曲は以前に作っていた曲のリメイクで、今回リードソングとしてMV撮影曲にするにあたり楽曲の構成やアレンジを大幅に変えたりしましたね。ストリングスアレンジも追加してあります。深い森の中を彷徨い歩く王様の激しい後悔と葛藤を描いた楽曲ですね。 DieWolf:昔からやってる曲のリメイクだオォォォン!!!!!  Cメロがカッコよくなったねー♪ ――M2「Hiding in the bandage」 D13:歌詞は泣き虫臆病な主人公なんだが、元気になる様に皆で唄える曲をテーマにユースキスとメロディーを作った曲だぞ~。 Yo’shmeer:自分の中ではダンスパーティーをイメージしてギターを付けた。この曲聴くと赤ワイン飲みたくなる。 Euskyss:これは少しジャジーなアレンジにしてみました。傷付くのを恐れて包帯の中に隠れて、まるでミイラみたいと自身を嘲る女性の歌ですね。でも何かに隠れたくなる時って誰にだってあると思います。耳だけは隠さず出しておいてくださいね。我々の楽曲で元気にします。 DieWolf:ジャジーな感じな部分があるオォォォン! ――M3「Give me sweet your blood」 D13:我々モンスターの刺激的な大人の色気を出したかったんだが……どうであろうかなぁ~? Yo’shmeer:不気味な雰囲気で聴いててゾクゾクするけどサビで一気にテンションあがり、ギターソロ途中からD13が歌いだし、不気味な雰囲気から光が見えて来てぇぇ上がるかなぁあ?? と思ったらズドーンと落ちる辺りがああああもう!! 何言ってるんだ私は。 Euskyss:タイトル通り「君の甘い血が欲しい」と歌ってる曲ですね。血糖値が高いんでしょうかね。甘い物の食べ過ぎには注意です。アレンジとしてはピアノとハープシコードを全体を通して使用してますね。この楽曲は通常盤にのみ収録されています。 DieWolf:少し切ない曲だオォォォン…… ――M4「Scarecrow」 D13:日本語の持つ響きと、そのグルーヴという所を意識してラップにした曲だぞ~。 Yo’shmeer:今までのLeetの中には無かったタイプの曲らしくデモの段階で意見も分かれたりしたけど結果的にめちゃくちゃ良い曲になってまさにバンドマジックの凄さを知った。歌詞が自分の中でもグッとクるんだなぁ。 Euskyss:タイトルのスケアクロウとは案山子のことです。よく畑に立ってるやつ。カボチャ頭の案山子の歌ですね。これからの季節、秋や冬の空気の乾いた感じをイメージしてアレンジしました。ちょっと切ない雰囲気に仕上げています。パンプキンスープ美味しいですよね。 DieWolf:ワンワンが1番好きな曲だオォォォンฅ•ﻌ•ฅ 最高な乾いた感じ。冬の冷たい風が吹いてる感じ。 ――M5「Spice of life」 D13:ミュージカルの要素と疾走感のある楽曲という難しい試みをした曲だぞ~。 Yo’shmeer:言わせてくれ。こういうタイプの早い曲はまさに俺の得意分野だ。もともとパンクロックな音楽してたからかな? アコーディオンの音も入っててそこがまたLeetらしいよね。 Euskyss:Leetspeak monstersとしては珍しく全体的に早い曲ですね。パンクやメロコアの要素を取り入れてます。ギターソロもあったりして。これは新しいギタリストのヨッシュをイメージしたアレンジです。彼はこういう楽曲が得意なんですが、逆にワンワンが苦手なんですよね。得意なもの、苦手なもの、それぞれありますが、お互いを刺激し合えたらいいですね。人生のスパイスとして。 DieWolf:手こずった…手こずったオォォォン!!!!!!!!!! ――M6「Theater of memory」 D13:古い白黒映画の様な曲の世界観がとても気に入っているぞ~。 Yo’shmeer:うん、エンドロールが浮かぶ。レコーディング中に爆音で聴いた時はグっと来たよ。Aメロはスリリングに流れて行くけどサビとのギャップも楽しんで欲しいな。というか……一応俺ギタリストなのにギタープレイ的な、ギタリストらしい話出来てないね(笑)。ま、いっか!☆ Euskyss:「記憶の劇場」の楽曲です。ここに辿り着いた人は、今まで自分がどんな人生を歩んできたのかを観るわけです。あなただけの物語です。人は誰しもがいずれ記憶の劇場に辿り着きます。そこで物語がスクリーンに映し出される時、自分の人生を笑顔で見れるように、良い時間を過ごしてくださいね。アレンジとしては、Aメロのピアノやストリングスが飛び交う部分は人生の紆余曲折を表現しています。ラストのサビは賛美歌に近い雰囲気ですね。人間界から旅立つ時は賛美歌で送り出すのです。 DieWolf:凄く壮大な曲だオォォォンฅ•ﻌ•ฅ スタジアムとかでやりたいなー•ﻌ• 『不思議な夜を不思議な物語を我々のSHOWで共に楽しもうではないかっ!』
――「Black owl」のMVの見どころや撮影の逸話を教えてください。 D13:仲間のザビも来てくれたし楽しかったなぁ~、そして、ずっとふざけていたなぁ。あ、恐ろしく暑かったぞ。 Yo’shmeer:見どころは全部! この日はラメ社長やスタッフ、衣裳の先生にメイクさん、カメラマンの方々、ダンサーの皆さん、リベンジマイロストのザビ氏。みんなと楽しく撮影出来たのが本当に楽しくて撮影終わるのが寂しかったよ。そのあとメンバーと飲んだ酒も旨かったなぁ。 Euskyss:今回は前作MVよりもゴシックな雰囲気を出せたと思うので、Leetspeak monstersの世界観をより表現できたかなとは思います。広いお城で撮影したので、あっちこっちに移動して楽しかったですよ。その模様は是非、初回盤のDVDに収録されているオフショットを見てくださいね。 DieWolf:前回のモンスターズパーチーより、リラックスして楽しく撮影出来たオォォォンฅ•ﻌ•ฅ 3:15辺りのユーさんとヨッシュがクルクルって回るところがカッコイイねーฅ•ﻌ•ฅ ワンワンもクルクルって回りたいなー•ﻌ• ――1st mini Album『Storyteller in the Strange Night』は、Leetspeak monstersにとってどんな1枚になりましたか? D13:新しい魔法を産み出す時の様に、楽曲へ様々なモノを詰めたからなぁ~素晴らしいミニアルバムになったと思うぞ~。 Yo’shmeer:新たな幕開けだ。すげぇぇぇ!! Euskyss:今回もLeetspeak monstersにとっては挑戦の1枚ですよ。D13がラップだけじゃなく歌もちゃんと歌えるので、メロディやコーラスワークをしっかり作ったり、ギターソロ入れてみたり。音楽性の幅を広げられるようにいろんなことを試して、いろんな音楽性を混ぜて楽曲を制作しました。 DieWolf:過去のすべての音源にはなかった、色んな曲が入ってるオォォォンฅ•ﻌ•ฅ ヘビロテしたいね。いや、ヘビロテするね。間違いないね。 ――発売記念主催ツアー『「Storyteller in the Strange Night」発売記念主催 ~不思議な夜の語り部達~』はどんなツアーにしたいですか? D13:不思議な夜を不思議な物語を我々のSHOWで共に楽しもうではないかっ! Yo’shmeer:各地の以前から俺らを知ってる人達、まだ俺らを見たことない人、全員に笑顔を届けられたら最高。 Euskyss:いつも言っているのですが、やはり来てくれた人が笑顔になるツアーにしたいですね。普段の生活で嫌なことや辛いこともたくさんあると思いますが、ライヴハウスにいる間だけはそれらを忘れて楽しい時間を過ごしてもらいたい。そこでリフレッシュして「明日からまた頑張ろう」って思ってもらえるような、そんなツアーになったらいいなと思います。 DieWolf:今までの曲も織り交ぜながら、一味違ったツアーになればいいと思うオォォォンฅ•ﻌ•ฅ♪ ――『Leetspeak monsters主催 Halloween Party2017~不思議な夜の語り部達~』はどんなライヴになりますか? D13:特別な夜だ、皆も仮装などしてSHOWへ来てくれると更に楽しめるんではないかなぁ~。 Yo’shmeer:非現実な空間を提供してやんよ! Euskyss:Leetspeak monstersというバンド自体が年中ハロウィンみたいなものなのでいつも通りと言えばいつも通りなのですが、より「特別なパーティー感」は出したいですね。それにせっかくハロウィンなので、みなさん好き好きに仮装して来てください。もちろん普段着でも全然構わないですが、モンスターばかりのパーティーなので、人間と気付かれて食べられないように気をつけてね。 DieWolf:楽しいだけじゃなく、色んな人の心にとまるライヴになると思うオォォォン ――ViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。 D13:今宵も良い悪夢を。 Yo’shmeer:まだまだ加入したばかりですけど、どうかよろしく頼む!(土下座) Euskyss:ViSULOGをご覧のみなさん、最近Leetspeak monstersを知ってくれたみなさん、我々はこんなバンドですがこれからも応援よろしくね。 DieWolf:お久しぶりだオォォォンฅ•ﻌ•ฅ ワンワンだよー! 今回のミニアルバムは、聴き所たくさんあるから、擦り切れるまで聴いてねーฅ•ﻌ•ฅ♪




COMMENT MOVIE

RELEASE

1st mini Album「Storyteller in the Strange Night」
2017年09月20日 Release!!
【初回盤】
CD+DVD
GLK-048 / ¥2,200(税抜き)
5曲入りCD+DVD

【通常盤】
CD
GLK-049 / ¥2,000(税抜き)
6曲入りCD

LIVE INFORMATION

【Leetspeak monsters「Storyteller in the Strange Night」発売記念主催 ~不思議な夜の語り部達~ 東京公演】

2017年09月25日(月) 池袋BlackHole

【Leetspeak monsters「Storyteller in the Strange Night」発売記念主催TOUR ~不思議な夜の語り部達~】

[大阪公演]
2017年09月26日(火) 心斎橋Bigtwin Diner SHOVEL
[福岡公演]
2017年10月03日(火) 福岡Drum son

【Leetspeak monsters主催 Halloween Party2017~不思議な夜の語り部達~】

2017年10月27日(金) TSUTAYA O-WEST

【★GLK MUSIC★ Leetspeak monsters主催 Halloween Party2017】

2017年10月27日(金) TSUTAYA O-WEST

【Halloween Night】

2017年10月31日(火) 巣鴨獅子王

【After Halloween Party】

2017年11月05日(日) 福岡INSA




2017年09月21日(木) NAGOYA HOLIDAY NEXT
2017年09月22日(金) 名古屋ell.SIZE
2017年10月10日(火) 心斎橋 SOMA
2017年10月28日(土) 新宿BLAZE
2017年11月20日(月) 福岡DRUMSON
2017年11月22日(水) 岡山IMAGE

Leetspeak monsters PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vocal:
    D13
    Birth:
    02.13

  • Guitar:
    Yo’shmeer
    Birth:
    11.24

  • Bass:
    Euskyss
    Birth:
    12.07

  • Drums:
    DieWolf
    Birth:
    08.27



DISCOGRAPHY

アーティストタグ

Leetspeak monsters | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。

Leetspeak monsters | 関連CONTENTS

関連コンテンツはありません。