FEATURE

DaizyStripper 「AGAIN」

2017.08.09
光射す未来へと向かって、DaizyStripperは今あらたなスタートを切った。インディーズシーンでの10年にわたる充実した活動を経て、このたびいよいよ記念すべきメジャーデビューシングル『AGAIN』を発表した彼らが、この作品を世に出していくにあたり今まさに感じていることを、ここでは思い思いに語ってもらうこととしよう。
ブレない芯はそのままに、DaizyStripperがより高みを目指してここから進み行こうとしているその先には、きっと色鮮やかな希望で満ちあふれているに違いない。

取材・文:杉江由紀
『DaizyStripperっていうバンドにとっての“全部入り”な曲になっている』(なお)

――DaizyStripperにとっての記念すべきメジャーデビューシングルとなっている『AGAIN』の表題曲は、風弥くんの作曲によるものです。メンバーの皆さんは、この楽曲にふれたときにどんな印象を受けられましたか。 なお:最初にイントロが始まった段階ではけっこう静かな感じなんだけど、Bメロ、サビと進んでいくにつれ、だんだんと表情が変わっていって、突き抜けるような力強さを持ってくる曲なんだなぁって俺は凄く感じた。バラードっぽい部分とかもあるし、DaizyStripperっていうバンドにとっての“全部入り”な曲になっているんですよ。ほんと、そこは良い意味で「風弥には敵わねぇーな!」って思います(笑)。

続きを読む

まゆ:確かに、あのイントロのところはすごく印象的だよね。それに対して、あとからサビでパーン! と開ける感じも刺激的だし、自分のバンドの曲なんだけど、僕も初めて聴いた時は「あー、これはやられた! さすがだなぁ……」と、つい感じてしまいました(笑)。 ――メンバーをも唸らせ、驚かせるような楽曲であるというのは実に素敵です。 Rei:たとえるなら、映画のエンドロールで流れてもきっとしっくり来るんじゃないか? っていうくらいのドラマティックさを持った曲なんですよね。闇も光も含まれていて、なおかつDaizyStripperらしさや、それとは逆のこれまでにはなかった新しさまで含んでいるから、曲としてはかなり贅沢なつくりになっているんじゃないでしょうか。 ――そんな「AGAIN」を実際に歌ってレコーディングした夕霧くんからすると、この曲の持つ魅力とはどんなところにあると認識していますか。 夕霧:メジャーデビューのタイミングで出すシングルとしては、思ったより暗いトーンで始まる曲なんだなって、最初はちょっと思ったんですよね。でも、そこからサビにいった時にはトンネルを抜けた瞬間みたいな、明るいという以上の眩しさが感じられたんですよ。敢えてそういうギャップというか、場面の変化を持たせたことで、この曲はより強い光を放つことになったんだと思います。あらためて、「僕はすごい人とバンドを組んだんだな」って感じました。 ――風弥くん、賞賛の声が相次いでおりますよ。ご本人としてはいかがですか? 風弥:直接メンバーが褒めてくれることって、普段はあんまりないからなぁ。嬉しいけど、若干恥ずかしいです(笑)。でも、まさにメンバーの言ってくれていることは自分が「AGAIN」を作っていく中で意識していたことたちだったので、それが伝わったのは嬉しいですね。 ――「AGAIN」には、DaizyStripperの培ってきた10年という月日が、凝縮されて詰め込まれている印象があります。 風弥:聴くとわかりやすいんだけど、実は複雑で緻密っていうかたちになっているせいかもしれませんね。あと、シングルのタイトル曲ではAメロ始まりって意外とDaizyStripperにはなかったんですけど、これは10年前に「ダンデライオン」を作った時と同じ理由で、まずは聴き手に一番に夕霧の“声”を聴かせたかったんですよ。それでああなりました。 『「AGAIN」の歌詞は一生消えないタトゥーを掘るような気持ちで書いた』(夕霧)
――と同時に、その夕霧くんの声が紡ぐ歌詞の内容も「AGAIN」は非常に濃いものとなっています。このタイミングで世に出すものであるからこそ、という意味深い言葉たちが並んでいるこの歌詞について、メンバーの皆さんはどんなことを感じていらっしゃいますか。 風弥:毎回どの曲もそうなんですけど、「AGAIN」も曲に対する詞のマッチング具合が素晴らしいんですよね。曲を作りながら、なんとなく「こんな雰囲気の言葉が来たら良いなぁ」と思っていたことが、思っていた以上のかたちで詞として出来てくれた感じというか(笑)。作曲者としても、そこは嬉しかったです。 Rei:メジャーデビューシングルなだけに、この曲はDaizyStripperからの名刺がわりの1曲になったと思うんですけど、そこは歌詞が担っている部分もすごく大きいでしょうね。タイトルも、ここから始めるという意味でのリスタートを意味する「AGAIN」ですし。歌詞の途中には、これまで出してきたアルバムのタイトルを全て織り込んであるような部分もあって、いろいろな過去を経てきたうえで今のDaizyStripperがあるっていうことが、ちゃんと表現されているところが素晴らしいと思います。それだけに、この曲は今後のうちらにとっての道標みたいな存在にもなっていくような予感がしていますよ。 なお:DaizyStripperとして皆で歩いてきた、この10年の歴史がこの1曲の中に刻まれているっていう点に関しては、やっぱり自分もいろいろ感じたな。5人それぞれ、別に言葉には出したりしない部分で自分自身と闘ってきたところがあるんだろうし、“悔しくて悔しくて 眠れなかった”なんていう歌詞をみたときも、「あぁ、そう感じてたのは俺だけじゃなかったんだ」って思いましたからね。ちなみに、このあいだイベントライヴで初めて皆の前でこの曲を演奏したときには、この歌詞を噛み締めながら弾いているうちに、なんだかいろんなことを思い出してきちゃって、そのうち俺がステージ上で泣き出すっていう独特な事態が起きました。6月にやったツアーファイナルのときでも、泣かなかったのに(苦笑)。 ――そのくらい「AGAIN」は大切な楽曲であるということなのでしょう。 まゆ:俺はこの歌詞の中の“君の為なら 死ねるでは無く 君の為に生きてく~”っていうフレーズが、特に印象的だなとまず最初に思いましたね。例えばこれが『TRAGUS』の頃とかだったら……当時俺はいなかったんだけど、夕霧がもしこういう歌詞を書く機会があったとすると、きっと“君の為なら 死ねる”って書いていた気がするんですけど、今の夕霧は“~君の為に生きてく~”なんだなっていうことを感じた時に、昔とは違う新しい強さというものをこの歌詞からは感じました。そして、その強さは今の俺ら自体にも備わっているものなのかもしれないなとも思ったんですよね。未来に対して前向きな今の俺たちというものを、この曲は音でも詞でも表現することが出来たので嬉しいです。出来ればこのシングルを聴いてくれる人たちはもちろん、DaizyStripperの周りを取り巻いている人たちにもその感覚が伝わって欲しいですね。 夕霧:自分からすると「AGAIN」の歌詞は一生消えないタトゥーを掘るような気持ちで書いたところがあったんですよ。といっても俺はタトゥー入ってないんですけどね(笑)。でもきっと、それって強い気持ちとか覚悟がないと出来ないことだと思うから。「この想いを俺は一生背負っていくんだ!」と意識しながら書いたし、6月5日にやったツアーファイナルで「今日はファンの皆との結婚式だ」って言ったことも、この詞の内容につながっているんです。 ――“永遠を誓い合う 紙切れじゃ量れない”というくだりが、まさにそれにあたるのでしょうね。 夕霧:そうなんですよ。今のこの気持ちをそのまま残しておくためにこの部分を歌詞に入れました。 ――とても素敵なことですね。それに、10年の日々を経たうえで、新しい未来へと踏み出すこのタイミングでの「AGAIN」というのが乙過ぎます。 夕霧:ただね。まだ現状だと、インターネットでDaizyStripper・AGAINで検索すると、「HELLO,again」の方が件数は多く出ちゃうんですよ。そをここからは「AGAIN」の方が上回るようにしていきたいです。 Rei:そうだ。「HELLO,again」といえば、あのときのMVに出てくれたおばあちゃんが、実は今回の「AGAIN」MVにも出てくれているんですよ。 夕霧:といっても、たまたまなんですけどね。ほんとに偶然“AGAIN”してくれました。 ――ある種の御縁を感じますね。 夕霧:もともと、DaizyStripperってデイジーが少女のことを意味していて、その女の子が大人になって自分の内面をさらけ出していく、みたいなイメージでストリッパーという言葉を組み合わせたバンド名なんですよ。要するに、子供が大人になっていくにつれて忘れていっちゃうような気持ちを、俺らは何時までも忘れずに表現していきたいよね、という姿勢で始めたバンドなんですよ。 ――そのことは、初期によく使われていたバンドロゴのデザインにも如実に表されていましたね。 夕霧:だから、そういう意味なんかもあって今回の「AGAIN」では、最初に女の子が出て来て最後はおばあちゃんが出てくるんですよね。成長して、時間が経っても、何時までも色褪せないで、ずっと輝きが変わらないようにしていくんだ、俺たちは! という姿勢をMVでも伝えたかったんです。 『10年やってきた軌跡を、音だけじゃなくここまでの想い出たちも含めて、全てここに詰め込むことが出来た』(風弥)
――何時までも色褪せず、ずっと輝きが変わらない。その点は、今回のシングルでもカップリングの「decade~10年後の僕らver.~」にて体現されている部分だと言えるでしょう。こちらは、ずっとライヴで演奏してきた「decade」のリメイクver.になるのですよね。 夕霧:おそらく、この10年間で一番多く演奏してきたのが「decade」ですからね。仮にこのデビューの話がなかったとしても、きっと10周年のタイミングではリメイクしていたと思いますけど、結果としてそれをデビューシングルに入れることが出来たっていうのが嬉しいです。やっぱりこういうことが起こるのがDaizyStripperなんですよ。 Rei:今回のデビューシングル『AGAIN』は、この曲が入ることでより記念すべきものになりました。 夕霧:ちなみに、去年の野音でライヴをやったときに録ったファンの皆の声もガッツリ入ってるし、ギターソロがバージョンアップしているところは、特に今回の聴きどころですよ。 なお:一時的に僕らはDaizyStripperを4人でやっていた頃がありましたけど、そのあとまたまゆちゃんが帰ってきてからはソロでふたりでハモるようになったので、この「decade~」ではそこをそのまま活かしてます。 まゆ:バンドの歴史を感じるよねぇ。 風弥:新曲をレコーディングするのとは、全く違う感覚でしたね。10年やってきた軌跡を、音だけじゃなくここまでの想い出たちも含めて、全てここに詰め込むことが出来たと思います。録り終わってみて、我ながら「これは深いなぁ……」って感じました(笑)。 夕霧:次は、20周年のタイミングでまた録りたいよね(笑)。 まゆ:30周年あたりまでいくと、BPM(テンポ)が落ちてアコースティックとかになってたりしてね(笑)。 ――あはは(笑)。そちらも今から楽しみではありますが、一方でこのシングルにおけるもう1曲のカップリング「WHO KILLED THE FIGHTER?」からは、現在進行形のやんちゃでカッコ良いロックバンドとしてのDaizyStripperが放つ、勢いと活きのよさを強く感じました。ただ綺麗にまとめるだけではなく、ハジけるところはハジけるあたりに、これまたDaizyStripperらしさを感じます。 風弥:去年出した『アマカラ』というシングルでギターバトルをやったのが面白かったので、今回は“Rayかざバトル”をしてみようというところから、この曲は始まりました(笑)。 まゆ:あのドラムとベースの掛け合いいいよね! 風弥:でもまぁ、単にそこだけで完結しちゃうかたちにはしたくなかったんですよ。聴いている皆のテンションも上がるような曲にしたかったし、会社や学校でいろんなことがあったりしたときに、この曲を聴くことで「っしゃ! やってやろう!!」って、気合いが入るような曲にしていくことを心がけました。 ――いずれにしても、やはりあの間奏は痺れますね。 Rei:風弥からも「自由にやっていいよ」と言われていたし、この曲はやりたいようにやっちゃいました(笑)。せっかくだから派手にやった方が皆も楽しいんじゃないかと思って、ライトハンド(タッピング)もやりましたし。これを音源に入れたのは初めてです。 夕霧:いいよね、あの派手さは凄い中二感があって好き(笑)。 風弥:僕も、この曲はドラマーとしてどれだけやっちゃえるか? というのを優先していましたね。普段、ほとんどの曲はメロディやアレンジを優先したドラムフレーズにしてあるんですけど、この曲に関してはそこは二の次でした(笑)。 夕霧:なんかこれ、ここからライヴで進化していきそうじゃない? Rei:あぁ、そうだね。多分、この音源通りには弾かないと思う(笑)。 風弥:その方が面白いよね。この曲は、アドリブでのかけあいを皆で楽しむ感じにしていきたいです。 ――結果、DaizyStripperにとってのメジャーデビューシングル『AGAIN』は最強の布陣となりました。よいスタートが切れただけに、ここからの未来は間違いなく明るそうですね。 夕霧:メジャーの世界でやっていくということに関して言えば、ここまで10年の経験もあったりするから、別にヘンに肩の力を入れてやっていくことにはならないだろうなと思うんですよ。とはいえ、自分たちのことをあらためて見直したり、もっと新しいことに挑戦していくという意味では、これがきっと良い機会になっていくと思うし、出来るだけそうなるようにしていきたいですね。ここまでやってきたことを全て踏まえながら、それを素材にしてより完成度の高い料理を作って行きたいというか。何時もいろんなところで言っているように、僕らにとっては常に最新が最高なんですよ。だから、ここからはDaizyStripperの11年目を皆ともっと楽しんでいきたいです。




COMMENT MOVIE

RELEASE

Major Debut Single「AGAIN」
2017年07月26日 Release!!
【初回限定盤A】
VBZJ-52 / ¥1,900(税抜)
[CD]
01. AGAIN
02. decade~10年後の僕らver.~
[DVD]
「AGAIN」MUSIC CLIP
「AGAIN」MUSIC SLIP MAKING
※トレーディングカードA(全10種からランダムで1枚)封入

【初回限定盤B】
VBZJ-53 / ¥1,900(税抜)
[CD]
01. AGAIN
02. decade~10年後の僕らver.~
※豪華フォトブックレット(初回限定盤B ver)
※トレーディングカードB(全10種からランダムで1枚)封入

【初回限定盤C】
VBZJ-54 / ¥1,900(税抜)
[CD]
01. AGAIN
02. decade~10年後の僕らver.~
※豪華フォトブックレット(初回限定盤C ver)
※トレーディングカードC(全10種からランダムで1枚)封入

【通常盤】
VBCJ-30022 / ¥1,500(税抜)
[CD]
01. AGAIN
02. decade~10年後の僕らver.~
03. WHO KILLED THE FIGHTER?
※トレーディングカードD(全10種からランダムで1枚)封入

LIVE INFORMATION

DaizyStripper アルバムコンセプトツアー2017 「11 CHRONICLES」

[Day1【THE BEAUTY Day】]
2017年07月27日(木) 新宿BLAZE
[Day2【BIRTH Day】]
2017年08月01日(火) 札幌COLONY
[Day3【LOVE Day】]
2017年08月02日(水) 札幌COLONY
[Day4【BLESS Day】]
2017年08月11日(金) 大阪MUSE
[Day5【SIREN Day】]
2017年08月12日(土) 名古屋CLUB UPSET
[Day6【AIR Day】]
2017年08月19日(土) 新潟GOLDEN PIGS BLACKSTAGE
[Day7【HUMALOID Day】]
2017年08月20日(日) 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
[Day8【TRAGUS Day】]
2017年08月24日(木) 福岡DRUM Be-1
[Day9【SIRIUS Day】]
2017年08月26日(土) 岡山IMAGE
[Day10【HOME Day】]
2017年08月27日(日) 高松DIME
[FINAL Day【SINGLE&COUPLING Day】]
2017年08月31日(木)新宿ReNY

10th Anniversary Special Tour ~from 2007~

[Day1【THE BEAUTY Day】]
2017年09月02日(土) Zepp Osaka bayside
2017年09月03日(日) Zepp Nagoya
2017年09月17日(日) Zepp Tokyo

DaizyStripper「CERBERUS NIGHTS」~

[Day1【THE BEAUTY Day】]
「CERBERUS NIGHTS」男魂NIGHT※男性限定
2017年10月24日(火)東高円寺二万電圧
「CERBERUS NIGHTS」女魂NIGHT※女性限定
2017年10月25日(水)Shibuya O-WEST
「CERBERUS NIGHTS」ハロウィンNIGHT
2017年10月26日(木)Shibuya O-WEST


2017年10月07日(土) 大阪・服部緑地野外音楽堂
2017年10月28日(土) 名古屋ReNY limited

DaizyStripper PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vocal:
    夕霧
    Birth:05.13
    Blood:A

  • Guitar:
    なお
    Birth:01.30
    Blood:O

  • Guitar:
    まゆ
    Birth:11.24
    Blood:O

  • Bass:
    Rei
    Birth:12.29
    Blood:A

  • Drums:
    風弥
    Birth:09.15
    Blood:A



DISCOGRAPHY

アーティストタグ

DaizyStripper | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。