FEATURE

DEZERT パーソナルインタビュー

2017.06.12
『なるべくこのツアーは会う時間を減らそうと思ったんです』

――このインタビューは『DEZERTというバンドを知ってる人が、よりバンドのことを深く知った上で次のツアーに来て欲しい』という目的だそうですが。 「そうです。たぶんDEZERTって1回ライヴ観ただけじゃわかんないバンドだと思うんですよ。いい意味でも悪い意味でもムラがあるバンドというか、特に今回いっぱいツアーをまわってきて、それはすごく思ったし。だからもっとうちらのことを知ってもらいたい、そのためにライヴに足を運んでもらいたいっていう気持ちですね」
――Zeppでワンマンもやったバンドがあえて狭いハコをたくさん回ったツアーだったじゃないですか、『千秋を救うツアー』は。そこにはこのインタビューと同じように、自分たちのことをもっと知って欲しい、もっと距離を詰めたいっていう気持ちがあったということだったんですか?

続きを読む

「僕はそうつもりでツアーを回ってました。もっと近くで感じて欲しいって。あと、ツアー当初は明確なビジョンがあって。ここ1、2年でDEZERTは大きいステージでライヴがやれるようになったけど、そんな今の俺たちが昔よくやっていたような狭いハコでライヴをやるならグチャグチャなライヴをしようって。パンクのノリっていうか、ワーッ! て感じ。最初はそういう気持ちでドラムを叩いてました」
――今の自分がそれをやってみてどうでしたか? 「昔は今と違ってお客さんがいなかったんで、とにかくグチャグチャで傷跡を残すようなライヴをしないと『俺は死ぬ』って思いながらやってたんですよ。ドラマーのくせに客席に飛び降りたりして。で、今回もツアーの最初の方はグチャグチャやるのがすごい楽しかったんですよ。『原点回帰だ!』みたいな感じで。ありがたいことにどこもお客さんがいっぱい待ってくれてたし。確か2本目の千葉がすげえ盛り上がって。お客さんも一緒に歌ってくれたりするからすげえ嬉しくて、ドラム叩くのやめて途中から前に出てったりするぐらい(笑)」
――昔の自分たちがグチャグチャにやっても果たせなかった思いがようやく昇華できた、みたいな。 「そうです。で、大阪あたりまではずっとそういうテンションで。もともと俺、そういうライヴが得意で、右ストレートばっか撃ち続けるようなバンドが好きだったし。でもツアーの途中からバンドが変わって来たんですよ。『そんなこと誰でもできるじゃん』って」
――どういうことですか? 「最初はみんなもグチャグチャになることに興奮してたんですよ。お客さんもステージの方に突っ込んで来たり、『変態』って曲でめちゃめちゃ唄ったり。それはもちろん嬉しいんだけど、途中からなんか……『別にこれ、俺らじゃなくてもできるよね』っていうテンションになっちゃって」
――何本か繰り返しているうちに、そういうノリすら予定調和に感じられたというか。 「あぁ、予定調和。そうかもしれないです。で、これじゃあ俺たちの伝えたいことが伝わらないんじゃないか? っていうことを考えるようになって」
――自分たちが伝えたいことというのは? 「いろんな曲があるバンドだから、それらひとつひとつをちゃんと伝えるためにはライヴに物語が必要だと思って。セットリストは俺が基盤を考えたりしていたんですが、右ストレートばっかりの時は考えるのも簡単だったんですね。けどちゃんと物語を考えようとすると、セットリストってすげえ難しくて。『この曲にはこういう役割があるからこうで、だったらこっちの曲はこうで』みたいなことをみんなで話し合って、毎晩全員でセットリストを考えてその意図をそれぞれ話したりして作ってましたね」
――ツアー当初はまるで違うモードで。 「はい。しかも俺……今だから話せるんですけど、途中からライヴが苦痛になってきちゃって。ステージには立ちたいんだけど、とにかく普通にライヴやって普通に終わって欲しいとまで思うようになって」
――どうして? 「あの……とある先輩に言われたことなんですけど、『バンドを長く続けたいならオフの日は極力メンバーとは会わない方がいいよ』って。なんでですか? って聞いたら、『たださえ一緒にいる時間が多いんだから、そのぶん揉めごとも増える。だからせめてオフの日ぐらい会わない方が揉めないでしょ』って。確かにそうだなと思って、なるべくこのツアーは会う時間を減らそうと思ったんですよ。やっぱりいいコンディションでツアー回りたかったから」
――それで? 「あとちょっと体も絞りたいと思ってツアー中は晩飯を食わないようにしてたんで、そのぶん夜はメンバーと別でいることも多くて。そしたら結構気が楽だったんですね。で、そのうちセットリストを考えることとかメンバーと話し合うことが辛くなってきて。でもそれにはまた別の理由があって、一生懸命セットリストを考えても、ライヴ中に変えられたりしちゃうわけですよ。それがなんか……苦痛だなって。だからメンバーと会ったり話したりするのも億劫になって」
――そんなモードであのツアーやってたら辛いでしょうね。 「辛かったです。あと、最初はグチャグチャなライヴをやるのが楽しかったけど、だんだんちゃんとしたドラムを叩きたくなってきたというか。でもステージ上で急にセットリスト変えられたり予定外のことが起こったりすると、プレイに集中できないじゃないですか。うわー! ってなっちゃうし、アクシデントがあっても対応できなかったりするし。それで俺、どんどん気持ちが落ち込んで。そんな状態でもメンバーには落ち込んでることを明かさないようにしてたし、ていうか自分で落ち込んでるのを認めようとすらしてなかった。あの時ちゃんとメンバーと話してたらたぶん違ってたのにな……って、今になって思うんですけど」
「俺だけ楽しもうと思っても楽しめない。みんなが自由にライヴを楽しんでこそ自分も心底楽しいって思える」
――先輩が言ってたことも間違いではないけど、その時の自分にとっては単なる逃げだったと。 「他のバンドがどうかはわからないです。あんまりメンバーと話さないほうが平和に活動できるのかもしれない。でも俺の場合、メンバーと向き合うことから逃げたらどんどんダメになることがわかって。向き合ってないから落ち込むし、それに気づくこともできない。しかも自分1人じゃ何もできないくせに自分で問題を解決しようとして、どツボにハマって。セットリストを急に変えられることを怖がってる自分に気づけなかったんだなって」
――メンバーと向き合ってたら、そこは気づくことができたと思う? 「たぶん。やっぱりあれだけ本数あって同じようなセットリストやってれば、飽きてくるのは当然で。だから千秋だってわざと急に変えるんじゃなくて、やっぱり『今やりたい』っていう気持ちで変えてたと思うんです。俺もその気持ちはわかるから」
――そういう辛さを抱えながらのツアーだったと。あとは他にこのツアーで気づけたことは? 「ツアーの後半で、なんかお客さんのノリに違和感を感じるようになったんですよ。せっかくお金払ってライヴを観に来てくれてるのに、しかもいつも以上に狭い空間なのに、それでもお客さんのノリがみんな『右に倣え』というか、自由じゃないっていうか。隣りにいる人が頭振ってるから自分も振る、横の人が右に動いたから自分も動く、みたいな感じになってて」
――もっと自由に楽しんで欲しいのに。 「俺が人のライヴ観に行く時は、マナーは考えるけどすげえ好き勝手に楽しむんですよ。周りが引くぐらいワーッ! ってなる時もあるし。でもそんなの関係ないし。でも周りに気を使ってるのか自由ってものをそもそも知らないのかわかんないけど、なんで同じ振り付けとかすんの? って思い始めて。で、そこから振り付けするような曲はセットリストから外して何回かやったり。で、思ったのは、お客さんが楽しめてないと俺たちも楽しくないってことで。俺がすげぇ楽しいライヴって、俺以外のステージの3人とお客さんが盛り上がってる時で、だから俺だけ楽しもうと思っても楽しめない。みんなが自由にライヴを楽しんでこそ自分も心底楽しいって思えるんだなって。だから長野のライヴで千秋が言ったんですよ。『ライヴの楽しみ方はみんなの自由だから。ただちょっとだけ“自由”ってものについて考えて欲しい』って。『せっかくライヴハウスに来てるのに、ここでも“右に倣え”でいたら、外の世界と同じじゃん』っていう話をして。俺もそうだよなって」
――とにかくいろんなことを感じて、苦しんで、経験したツアーだったんですね。 「はい。いろんな場所でいろんな物語がありました。最初はパンクなノリ最高! で始まって、やっぱりそれじゃダメだろってところから俺が辛くなって来て、そしたらお客さんのノリに違和感を感じて、ライヴにおける楽しさとか自由について考えたり……いろんなことがありすぎました(笑)」
――濃い2か月間だったと。 「はい。でもそのおかげで精神力というか、バンドとの向き合い方はすごい成長できたなって思います」
「常にDEZERTのドラマーとして強い自分であることを目指したい」
――そういう経験を経て、次のツアーはどういう気持ちでやろうと? 「あの……今『成長できた』って言いましたけど、成長っていうより強くなれたツアーだったと思うんですよ。俺、こう見えてすげえ弱いんですよ。弱いからセットリスト変えられるのが怖くなったり、考えすぎたて良くない方向に行ったり……。たぶん、俺ってDEZERTのことが好きすぎるんですよ。好きすぎるゆえにしつこいっていうか、考えすぎたり、嫌われるのが怖くなったり。でも前のツアーでいろんな経験して少しだけ強くなれた気がするんで、そういう自分らしさがちゃんと前に出るドラムを叩きたいと思ってるんですけど」
――そういうドラマーとして次のツアーに出ることで、バンドはどう変わると思いますか? 「俺がカウントとらないと曲って始まらないじゃないですか。そこで俺がヘボかったらみんなヘボくなっちゃうんですよ。だから俺が『よっしゃー!』ってなってれば、みんなも『よっしゃー!』ってなる気がしてて。だからまずDEZERTのドラマーとしての自信を持って、バンドのために上手いドラムを叩けるようになりたいと思ってて。みんなが安心してプレイできるような、伝えたいことをちゃんと伝えられるような、そのためのドラマーとしていたいと。そういう気持ちでツアーを回れば、もっとみんなが楽しいって思えるライヴをやれるだろうし、俺たちDEZERTってバンドの魅力も伝わるんじゃないかな」
――そうなるために今考えていたり実践していることはあります? 「俺、ようやくドラムを上手くなりたいって思える理由が見つけられたというか。それが今言った『バンドのために』とか『みんなが安心して』とか、そういうことなんですけど。そのためにはいつも自信満々でいられるための練習をすべきだし、体調もメンタルも自分で管理しないといけないし、ライヴが無い時に遊びまくるんじゃなくて、ちゃんと常にDEZERTのドラマーとして強い自分であることを目指したいと思ってます。今度のツアーは前回よりハコもデカいんで、そのぶん強くなった自分を観て欲しいです」
――それは楽しみです。 「俺、もともとhideさんに憧れてバンド始めて、ドラマーじゃないけど『あの人みたいなロックスターになりたい』って思ったんですよ。もちろん会ったことないけど、今となってはあの人の身近にいたいろんな先輩が一緒にお酒呑んでくれたり、あの人の話をたくさんしてくれたりする中で、『やっぱり俺もhideさんみたいな人なりたい』って思ってた時期もあったんですよ。でも、最近になってようやく気づいたのは、俺があの人みたいになってもしょうがないんだってことで」
――憧れはあくまでも憧れであって自分とは違う存在だと。 「そうなんですよ。あの人はあの人なんだし、俺がなれるわけがない。そう考えたら、ドラムの叩き方もすごく変わってきて。『このフレーズはTetsuさんぽく』とか『ここはYOSHIKIさんだ』とか、いろんな憧れの人のフレーズを自分の中に取り入れてたんだけど、でもそれって俺じゃねえじゃんって。そういう自分の憧れだったり好きな人のことを意識しないで、もっと自分らしいスタイルでやろうと。でもそのスタイルが最近できつつあって。1月にノクブラ(NOCTURNAL BLOODLUST)と久しぶりにイベントで対バンした時ノクブラのドラムの人に『ドラム変わったね』って言われたんですよ。『お前がより“お前”になった感じ。自分のスタイルを掴み始めたね』って。だから次はもっと自分らしいドラムを叩けるような気がします」


パーソナルインタビューを読む


千秋 パーソナルインタビュー

Miyako パーソナルインタビュー

Sacchan パーソナルインタビュー

SORA パーソナルインタビュー

RELEASE

「完売音源集-暫定的オカルト週刊誌②-」
2016年11月23日 Release!!
【変態盤】
CD+DVD
SFG-004 / ¥8,640(税込)
[CD]
01.「変態」
02.「切断」
03. 遮光事実
04. MONSTER
05.「不透明人間」
06.「絶蘭」
07. 脳みそくん。
08. さくらの詩
09. ストロベリー・シンドローム
10.「死刑宣告」
11. リリィさんの整形美容術
12.「告白」
13. 肋骨少女
14.「遺書。」
15. Ghost

[DVD]
2016年6月5日 【楽しい食卓ツアー】FINAL
at. Zepp Tokyo
01. opening
02.「あー。」
03.「君の子宮を触る」
04. 大塚ヘッドロック
05.「殺意」
06.「宗教」
07.「秘密」
08.「擬死」

【凡人盤】
SFG-005 / ¥3,780(税込)
[CD]
※収録曲は「変態盤」と共通です。

LIVE INFORMATION

"千秋を救うツアー"振替公演

2017年06月21日(水)名古屋 CLUB UP SET
2017年06月22日(木) 浜松FORCE

DEZERT LIVE TOUR 2017"千秋を救うツアー2"

2017年08月19日(土) 恵比寿 LIQUIDROOM
2017年08月26日(土) 長野 CLUB JUNK BOX
2017年08月27日(日) 金沢 EIGHT HALL
2017年08月29日(土) 高松 オリーブホール
2017年09月02日(土) 福岡 DRUM LOGOS
2017年09月03日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2017年09月09日(土) 札幌 ペニーレーン24
2017年09月16日(日) 仙台 Darwin
2017年09月30日(土) 大阪 なんばHatch
2017年10月01日(日) 名古屋 ダイアモンドホール
2017年10月08日(日) 東京 中野サンプラザ
[チケット]
前売り ¥4,000 ※税込み、D代別
※中野サンプラザ公演は全席指定、他公演はオールスタンディング
一般発売:7月15日
※プレイガイド情報は後日オフィシャルホームページにて
・一般発売に先駆けてオフィシャルホームページ先行実施
受付URL http://eplus.jp/dezert17hp/
※枚数制限:お1人様各公演4枚まで
受付期間:5/01(月)12:00~6/19(月)21:00
結果確認:6/22(木)12:00~6/29(木)18:00
入金期間:6/22(木)12:00~6/30(金)21:00
※08月19日恵比寿公演~10月01日名古屋公演まで受付
※10月08日中野サンプラザ公演は後日受付情報を解禁

TOUR FINAL

2017年10月08日(日) 中野サンプラザホール

DEZERT PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vocal:
    千秋
    Birth:
    03.02

  • Guitar:
    Miyako
    Birth:
    03.29

  • Bass:
    Sacchan
    Birth:
    10.28

  • Drums:
    SORA
    Birth:
    06.22



DISCOGRAPHY

アーティストタグ

DEZERT | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。