FEATURE

DEZERT パーソナルインタビュー

2017.06.12
「自分たちが満足のいく、ライヴとして納得のいくものをやれたらいいんじゃないかなって、このツアーを通して思いました」

――約2ヶ月に渡って行われた『千秋を救うツアー』、あとは振替公演を残すばかりですが、Miyakoさんのバンド人生のなかで、これだけの数をまわったのは初めてのことですか? 「初めてですね。経験がないから、楽しみな気持ちもあれば、未知の領域っていうか、『持つのかな』みたいな気持ちもあったし」
――『持つのかな』というのは? 「自分もそうだし、皆の士気が。2ヶ月以上ほぼ帰らないツアーを最後までできるかなという想いはありましたね」
――この2ヶ月は長かったですか? 短かったですか? 「振り返れば短いですけど、1本1本思い出したら長いかな。『濃かったな』っていうか。いろんなことがあったし」
――その『いろんなこと』を具体的に伺いたいです。

続きを読む

「たとえば、ツアー中に千秋くんと俺は誕生日があって年齢をひとつ重ねたり、楽しくライヴをやれたこともあれば、トラブルというか思い通りにいかなかったこともあったり。自分たちの中での葛藤みたいなものもあったんだけど、それもなんか『乗り越えた』まではいかないけど、少なからず壁だと感じるものに対して、メンバーでひとつになって、体当たりしていけたんじゃないかな」
――体当たり。 「言葉にすると薄っぺらく感じるけど『あ~今俺バンドやってるんだ』と思えるツアーでした」
――バンドがバンドらしくあれたと。 「メンバーとは寝る時以外ずっと一緒なわけじゃないですか。必然的に話すことも増えるし、音楽的な話から楽しい話までいろんな話ができたな」
――このツアーで印象に残っていることはありますか? 「ツアー2日目の千葉ルックのライヴなんですけど、この日は俺が加入してから出した曲たち、たとえば曲名をあげると『「変態」』や『「君の子宮を触る」』だったりが、ライヴでやることに対してすごく成長してる、育ってると感じたんです。お客さんの熱も感じるようになって、ライヴ中に『おおっ!』となりましたね。その後もそれを感じることはあったんですけど、最初にいい意味で『こんな感じだったっけ?』となったのはこの日ですね。そこでツアーのモチベーションも上がって、俺らももっとやらないとってなりました」
――それまでのその曲たちの印象は? 「“新曲”っていう感じ? というか俺ら自体も同じシーンにいるバンド達に比べて去年はそこまでライヴやってないんです。だからまだ新曲って感じがあった。だってこのツアーで去年1年分くらいライヴやってるんじゃないかなあ」
――約2ヶ月で1年分となると、それは濃い時間だったでしょうね。 「色々あったんですよ。ライヴがうまくいかなくてフラストレーションが溜まった時期も正直あったし。やっぱり単純に自分たちがこのツアーでさらに高みを目指してるから、そういうことにもなるのかな、一筋縄ではいかなかった。いろんなことを悩んだりしながらやりましたね」
――DEZERTというバンドのライヴは波が激しいというか、いってしまえば平均点をコンスタントに出すバンドではないじゃないですか。 「平均点を毎回出せる、お客さんに毎回『楽しい』と思って帰ってもらえるのがアーティストとしては一番なんだろうけど。でも小箱だったとしても100人以上いたらその中で皆考え方も違うし、その全員を幸せにすると考えだしてしまうと色んな意見や見方がある中で終着点を見失ってしまう。結局お客さんを楽しませるとかの考えよりも、自分たちが満足のいく、ライヴとして納得のいくものをやれたらいいんじゃないかなって、このツアーを通して思いました。当たり前の事なのかもしれないけどね」
――お客さんのことを考えたエンターテイメントによせるよりは。 「それが最終的にDEZERTのエンターテイメントになると思うんですよね」
――なるほど。 「今回のツアーも他にもいろんなことがありましたよね。メンバーの俺も予想できないことがたくさんあったし。物販机を壊したり、PA卓が壊れたり……」
――やたらと何かが壊れますね。 「壊れますねえ。俺も結構元はおとなしい性格だと思うんで。わりと壊れるとか、やりすぎるとかは気にしちゃうタイプだったんですけど、このツアーは自分の殻が壊れたというか、俺も気がついたら(物販)机に乗っていたことがありますね。常に起きることが新しいから。お客さんが押し寄せて柵が壊れたり。そんなこともあるんだなあって。勿論わざとやってるんじゃないんですけど」
――柵まで壊しちゃいましたか。 「柵は僕らじゃなくてお客さんがね(笑)」
――とはいえ原因は貴方たちでしょう(笑)。 「でもそういうハプニングも楽しくていいんじゃないですか」
――それは話しぶりから伝わってきます。 「千秋くんのインタビューを読んでほしいですね。『PHY』Vol.9の『千秋を救うツアー』前の。あれを読むとまた深いんですよ」
「裏を返せば良いものを出したいから、待たせた分良いものは届けることができるんじゃないかなって」
――「今回のツアーのテーマは“全国の千秋を救いに行く”」という内容のインタビューでしたね。結果、本人は救われたんでしょうかね。 「あのインタビューを読めばこのツアータイトルの意味も分かると思うんだけど、僕らアーティストは一時の救いはあったとしても実際に『救われた』って感じることってバンドやってる間はないのかなあって。終わりがないから。『完成』ってものがないじゃないですか」
――ツアーファイナルのような、その時点の『集大成』はあったとしても。 「必死に追い求めていたものが全て完成してしまうときってある種終わりの時なのかもしれないし」
――ところで、ツアーでは新曲というか音源未収録の楽曲もいくつか披露されてますよね。 「『おやすみ』と『Ordinary』という曲を、『ともだちの詩』も岡山かどこかでやったかな。いつかは形に残せたらいいなとは思うんですけど」
――昨年のアルバム『「最高の食卓」』以降、発表されたのはZeppTokyoワンマン公演での無料配布『「おはよう」』と『オカルト週刊誌』収録の『「変態」』のみですね。 「俺らも動いてはいるんです。『リリースしなくてもいいや~』って感じでもなく。俺らも必死にもがいているところもあるので。でもね、裏を返せば良いものを出したいから、待たせた分良いものは届けることができるんじゃないかなって。まだ何も決まってないですけど」
「自分が自分自身のことを受け入れられなかった」
――そして夏には『千秋を救うツアー2』が始まるわけです。 「前回のツアーはあれだけ回るのも初めてだったし、狭い箱でやるのも初めてだった。次は逆に経験したことのないくらい広い会場ばかりで。なんばHatchや名古屋ダイヤモンドホールのワンマンも初ですね。しかもファイナルはホール。でも、だからといってどうすることもなく。前回のあのツアーの小箱の感じをそのまま持っていけたらいいかな。ホールワンマンはバンド人生でも初ですね。イベントではありますけど、25分と1時間は違うし」
――中野サンプラザ自体も初めての会場ですよね。 「ホールって椅子とかあるんですよね。壊れちゃうんじゃないかな(笑)。本当に気合い入れてやりたい。なんばHatchとかも俺行ったことないけどデカいんですよね。でも、なんか不思議と変な自信はあるんですよ」
――それは前のツアーでついた自信かもしれないですね。 「これだけ乗り越えたら。“2”もいろんなこともあるんだろうけど、乗り越えられますよね。バンドって波があるから世間から見て人気がある時も落ちてる時も、それを乗り越えられるメンバーって大事ですよね」
――自分だったら、4人だったら乗り越えられる。 「そんな感じがする。バンドとして不安定な時もあるけど、でも、なんか不安定だったり良い時だったりの差があっても、このメンバーだったら、という安心感もある」
――安心感! 「なんかねえ、メンバーといると落ち着く(笑)。ツアー中とか皆でいることが多くて。俺引きこもりタイプなんで、東京だとひとりでいることが多いんですけど。ツアー中はメンバーと話すことも多いからか、ツアー中のほうが精神状態がよかったかも」
――当たり前の話かもしれないですけど、すっかりDEZERTに馴染みましたね。 「昔に比べたらね。これだけライヴやったらそりゃあ。自分でもびっくりですね。結局なんだろう……、このメンバーとやりたくて入ったわけだから、馴染んで当然ですよ」
――朱に交われば……、これは悪い表現ですね! 「ははは。どこの会場も楽屋が狭くて、楽屋っていうかステージの袖、みたいな。本番までずっとぎゅうぎゅうで、これまでになくメンバーと近かったですね。ほら、俺ら普段はあんまり近くないから(笑)」
――それもバンドの醍醐味というか。 「このツアーって自分の中でも目標、自分探しみたいなのがあって。バンドとしてもだし、自分としてももがいていこうという気持ちで始まったんだけど、色々気持ちも変わりましたね。なんかね、難しいけど、自分自身を受けいれられた。今まではどっかであったんですよ、自分が自分自身のことを受け入れられなかったっていうか」
――それは“ギタリスト・Miyako”としてですか、それとももっと根本的な? 「前者かな。自分の中で振り切れたのかなと。言い方が難しいんですけど」
――自分の中で折り合いがついた? 「なんていったらいいかよくわかんないけど、その自分探しの旅っていうか、ツアー回らないとなかっただろうなあ」
――Miyakoさんも、ある意味救われている。 「俺も救われたツアーですね。あ! あと衣装がなくなったんです!」
――今、勢いよく話が飛びましたね。 「なくしたというか、どこかのライヴで、テンションがあがってジャケットを脱いで投げたんです。そしたら戻ってこなくて(笑)。でもその後Twitterで『ゲットしました!』って報告がきて、『よかったね、大事にしてね』と。俺が投げたものだから持っていっても仕方がないというか、逆に嬉しかったんです。戻ってこなかったときは『なくなった!』って思ったけど(笑)。でもねえ、なんか嬉しかった。そりゃあギターとかだと返してほしいけど、基本的に『持って帰っていいよ』という気持ちになりますね」
――この話を載せたら今後どんどん持って行かれてしまうのでは。 「機材とギターだけはやめてくれたら(笑)。追い剥ぎみたいになったらイヤですね。ダイヴしたら裸で帰ってくるみたいな(苦笑)」
――そういう話も、さっき仰っていた“変化“なんでしょうね。最後に『千秋を救うツアー2』への意気込みをお願いします。 「これまでやったことない大きな会場やホールだし、きっと楽しみにしてくれる人もたくさんいると思うんです。だから俺らも負けないくらい楽しんで、大成功させられたらなと思います」
――成功の基準は? 「そのときにならないとわからないですよ(笑)」


パーソナルインタビューを読む


千秋 パーソナルインタビュー

Miyako パーソナルインタビュー

Sacchan パーソナルインタビュー

SORA パーソナルインタビュー

RELEASE

「完売音源集-暫定的オカルト週刊誌②-」
2016年11月23日 Release!!
【変態盤】
CD+DVD
SFG-004 / ¥8,640(税込)
[CD]
01.「変態」
02.「切断」
03. 遮光事実
04. MONSTER
05.「不透明人間」
06.「絶蘭」
07. 脳みそくん。
08. さくらの詩
09. ストロベリー・シンドローム
10.「死刑宣告」
11. リリィさんの整形美容術
12.「告白」
13. 肋骨少女
14.「遺書。」
15. Ghost

[DVD]
2016年6月5日 【楽しい食卓ツアー】FINAL
at. Zepp Tokyo
01. opening
02.「あー。」
03.「君の子宮を触る」
04. 大塚ヘッドロック
05.「殺意」
06.「宗教」
07.「秘密」
08.「擬死」

【凡人盤】
SFG-005 / ¥3,780(税込)
[CD]
※収録曲は「変態盤」と共通です。

LIVE INFORMATION

"千秋を救うツアー"振替公演

2017年06月21日(水)名古屋 CLUB UP SET
2017年06月22日(木) 浜松FORCE

DEZERT LIVE TOUR 2017"千秋を救うツアー2"

2017年08月19日(土) 恵比寿 LIQUIDROOM
2017年08月26日(土) 長野 CLUB JUNK BOX
2017年08月27日(日) 金沢 EIGHT HALL
2017年08月29日(土) 高松 オリーブホール
2017年09月02日(土) 福岡 DRUM LOGOS
2017年09月03日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2017年09月09日(土) 札幌 ペニーレーン24
2017年09月16日(日) 仙台 Darwin
2017年09月30日(土) 大阪 なんばHatch
2017年10月01日(日) 名古屋 ダイアモンドホール
2017年10月08日(日) 東京 中野サンプラザ
[チケット]
前売り ¥4,000 ※税込み、D代別
※中野サンプラザ公演は全席指定、他公演はオールスタンディング
一般発売:7月15日
※プレイガイド情報は後日オフィシャルホームページにて
・一般発売に先駆けてオフィシャルホームページ先行実施
受付URL http://eplus.jp/dezert17hp/
※枚数制限:お1人様各公演4枚まで
受付期間:5/01(月)12:00~6/19(月)21:00
結果確認:6/22(木)12:00~6/29(木)18:00
入金期間:6/22(木)12:00~6/30(金)21:00
※08月19日恵比寿公演~10月01日名古屋公演まで受付
※10月08日中野サンプラザ公演は後日受付情報を解禁

TOUR FINAL

2017年10月08日(日) 中野サンプラザホール

DEZERT PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vocal:
    千秋
    Birth:
    03.02

  • Guitar:
    Miyako
    Birth:
    03.29

  • Bass:
    Sacchan
    Birth:
    10.28

  • Drums:
    SORA
    Birth:
    06.22



DISCOGRAPHY

アーティストタグ

DEZERT | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。