INTERVIEW

LEZARD 新体制インタビュー

2017.05.02
今年1月20日にソラ(Vo)加入により新体制となったLEZARD。そして2月には新体制初ワンマン、3月から4月にかけて全国ワンマンツアーと駆け抜けていった彼ら。
新体制後初インタビューとなる本稿では、加入の経緯からツアーの手応え、今後の展望まで幅広く語ってもらった。

取材・文:藤谷千明
『「自分ならやれる」と思ってくれる人じゃないと、待っていてくれるダッピーの皆に申し訳がたたない』

――今年1月20日に新ヴォーカルのソラさんが加入し、そして新体制初ワンマンツアー『貴女のバンギャ人生、頂きます。昇』を終えたところです。まずはソラさんの加入の経緯を教えてください。 公佑:去年の6月に新宿ReNYで行った「15行こーワンマンツアー」のファイナル公演で、3人でライヴ活動を続けながらボーカルを探すという宣言をして、公式ホームページで募集をかけてみたり、それと平行して思いあたるボーカリストに声をかけたりしていて、そのうちの1人がソラだったんです。彼の前のバンドのライヴを観たこともあって存在は知っていたので、「一回会ってみないか」と一緒にご飯食べて。それが去年の夏の終わりくらいです。僕たちが今どういう状況か、今後LEZARDはこうしていきたい、どういうボーカリストを探しているのか、という話をしました。

続きを読む

ソラ:その日は、お互いに今後どうしていきたいかという話をして終わりましたね。それで「また会おう」という話になり、そのときに「僕たちはソラくんと今後やれたらいいと思ってる」と言われ、僕も同じ気持ちではありました。
公佑:本当は最初に会った時点で「どう考えてもソラくんだよね」という雰囲気だったんだけど、僕らのスタンスがちょっと特殊というか、普通だったら「こういうバンドやろうと思ってて、一緒にやらない?」って口説くと思うんですよ。けどLEZARDの場合は今まで3年以上活動していて、加入してもらうボーカルを探しているわけじゃないですか。本人が本当に強い気持ちでやりたいと思ってくれないとイヤだなと思っていて。
――なぜですか? 公佑:「やろうよやろうよ!」って強引に誘うようなことはイヤだったというか。LEZARDのボーカルになる人には、僕らの考えを伝えて「自分ならやれる」と思ってくれる人じゃないと、待っていてくれるダッピーの皆に申し訳がたたない。だから2回目に会った時も即答は求めていなくて「今ここでやるやらないは決めなくていいから」と別れたんです。
――その時点でソラさんの気持ちは? ソラ:3人の考えや目指してるものが僕とリンクしているというか近いと感じていましたし、バンドに対する真剣な姿勢も伝わってきたので気持ちは固まっていました。けれどもともと個性的なバンドに後から入る、運命共同体になるわけだから僕だけの問題ではない。4人で責任をもっていくものだから、好奇心で「やりたいです」と言えるものではなかったので、一度冷静になって色んなことを考えようと、その日は答えを保留させてもらいました。
――双方とも慎重だったんですね。 TACC:そうならざるを得ないと思います。新しいバンドを作るのと、すでに3年間くらい活動しているバンドに加入するとなると、本人は重く捉えちゃうと思うんです。だから公佑が言うように、無理やりこちらがお願いするんじゃなくて「やりたい」と思ってくれる人でないと、LEZARDではなくなってしまうような気がしていたし。もちろん、メンバーを探すにあたって声や技術も大事なんですけど、それ以上にそういう「姿勢」みたいなものを大事にしたかった。
――皆さんが「LEZARD」を大切にして、慎重なスタンスで進めていたのはわかりました。焦りはありましたか? natsume:正直にいうと、多少なりともそれはありました。でも焦ってもしょうがないし「見つからなかったらこのまま3人でやるか」くらいのスタンスでしたね。3人の時もそれはそれで楽しかったし、他のバンドではなかなかできない貴重な体験として、その状況をなるべく楽しむようにしていました。
――そして今年の元旦に新体制の告知を行い、1月20日に晴れてソラさんの加入が発表されました。 公佑:LEZARDの始動を発表したのが1月20日なので、この日にしたかったんですよね。
――ファンの方の反響はどうでしたか。 TACC:もちろん、いい声がたくさん来ていたと思うんですけど。その一方で不安だったとも思います、複雑だったというか。
公佑:多分、ダッピーの皆は嬉しいはずなのに、どこか怖いみたいな気持ちは多分あったのかな。ライヴを実際にみるまで、曲を聴くまで不安だったとは思います。
ソラ:発表時に僕たち4人のMVも発表されて、リプライを送ってくれる子もたくさんいました。みんな不安を持ちながらも温かい言葉で受け入れてくれたのが嬉しかったです。優しい子も多いなと感じました。それで2月の初ライヴ『とかげはじめました。』でも、いざ出てみたら名前を呼んでくれたりして、ダッピーの皆の温かさを知りました。出る前は少し怖かったけど、自分の全部を出し切って伝えていかないと、取り繕う必要もないし、今できる自分の全力で見せるしかないと思ったんです。
――3月から4月に渡って全国ツアー『貴女のバンギャ人生、頂きます。昇』、初日の福岡DRUM SONからファイナルの池袋EDGEとTSUTAYA O-WESTまでかなり密なスケジュールのツアーが行われました。 TACC:そうですね、2月に新体制初ライヴをしてからは、とりあえずワンマンでソラの入ったLEZARDをとにかく観てほしかったので、なるべくいろんな場所へ会いに行きたいなという気持ちがありました。それに、LEZARDが4周年ということもあって、いろんな場所でお祝いしたいと思っていたんで、2つの意味があるツアーだったんです。
公佑:ツアーをやっていくうちに、ダッピーたちの反応も数を重ねるごとに変わってきて。正直、新体制すぐでワンマンツアーってハードル高いと感じていたのですが、東京で一発ライヴをぽんとやって終わりにはしたくなかったし。ソラのためにも、LEZARDのためにもなったし、やっぱりやって良かった。
natsume:僕たちもダッピーの皆も「ソラってどんな人なんだろう?」ということを知ることのできたツアーだったと思います。このツアーが始まった当初とファイナルが終わったあとでは、ソラとの接し方ってすごく変わっていて。だいぶ仲良くなれたと思います(笑)。
ソラ:やっぱり一緒にいる時間って大事なんだなと。
natsume:そう、LEZARD史上でもかなり長いツアーだったし、ツアー中だと一緒にいる時間も長いし、車内、ライヴ前後、沢山喋ることがある。そうやってソラを知るいい機会になったんです。
公佑:ライヴと並行してインストアイベントも行っていて、ラフな感じでトークをすることもあったから、そこでもソラのいろんな面が出るじゃないですか。僕らとダッピーの皆が同じスピードでソラのことを知っていけたのが良かったです。最初は自分の中で「ライヴを回る理由」が多すぎて悩んでいたこともあったんですが……。
――「多すぎる」とは? 公佑:まずさっきTACCが言ったようにソラの加入と4周年があるじゃないですか。他にもこれまでのLEZARDを信じて待っててくれたダッピーのため、逆にLEZARDを初めて見る子たちのためというのもある。どこに腰を据えていいのか困ったりもしたんですけど、ツアー途中から吹っ切れて、ただがむしゃらに回るツアーになりました。こんなにタイトにツアーを回ったこともなかったので、「俺バンドしてるわー、ツアー行ってんなー」って実感もありましたね(笑)。
――ソラさんはTSUTAYA O-WESTのステージで「LEZARDのボーカルであることに遠慮はしない」という趣旨の発言をされていました。そのMCに至ったのもツアーのおかげでしょうか。 ソラ:そうですね、初日の福岡でその考えがあったかというと、決してそうとは言えなかったと思います。このツアーを通してそういう風に思えて、皆の前で言えたのはツアーのおかげですね。回を重ねるごとに、僕自身がLEZARDやダッピーを知って、僕のことを知ってもらって。本当に距離を縮めるツアーだったな。
「O-WESTが終わって、ある意味始まったんだと思いました」
――そして4月12日には新体制第1弾シングル『TOKAGE!!ライジング』もリリースされました。これからの決意が込められている表題曲ですね。 公佑:これはダッピーには深く捉えてほしくないんですけけど、一度何かがズレてしまって、壊れてしまったという感覚はあるんです。落ちたところから這い上がろうという気持ちが。そういう意味での「ライジング」ではありますが、本来のLEZARDのバンドコンセプト「音楽の絆」だったりは何も変わってないので、新しいことは言ってないんです。ただ、今もう一度ファンの子たちに僕たちの決意表明をしなきゃいけない時だと思ったので、もちろんソラも同じ気持ちですし。
――作詞はソラさんが担当されています。 ソラ:まず4人で相談して、曲のテーマやタイトルを決めました。歌詞を書く上でもメンバーに相談したり、ディスカッションはしましたね。それで今の歌詞に至りました。
――そして早くもニューシングル、新しいアーティスト写真が発表になりました。 公佑:もともとLEZARDというバンドがやってそうでまだやってなかった「夏のお祭り」をテーマにしました。『TOKAGE!!ライジング』が僕らの決意表明だったりして、そこでしか出せないものだったので、次は一変してダッピーの皆とすごく楽しみたいですね。この4年間LEZARDにも色々あったけど、この夏は一緒に騒げることをしたい、という想いがこういう写真になりました。
――この夏は、主祭(主催)イベント『真夏の灼熱プライド』、ワンマンツアー『貴女のバンギャ人生、頂きます。祭』も控えていますね。最後に今後の抱負的なものをいただけたらと思います。 TACC:僕たちはこのツアーを経て、メンバー間もダッピーの皆も、いい感じにソラのことを知ることができた思うので、これからはもっと外に外に「今のLEZARD」を見せつけて行きたい。LEZARDの暑い夏を、ダッピーの皆にも、LEZARDのことを知らない人たちにも全力で届けていけたらと思っています。
natsume:シングルリリース、ワンマンツアーを経て「新体制LEZARDのご挨拶まわり」は終わったので(笑)、これからは募っていた想いや燻らせていた想いを、溜まってたものを吐き出す勢いでガンガン皆に見せていけたらと思います。あとは、「これからはご心配なく」というか。ダッピーたちにはご挨拶できたんで、これからは色んな人にも良いものを見せることの出来るバンドになりたいです。
ソラ:O-WESTが終わって、ある意味始まったんだと思いました。あの時言ったように、LEZARDのボーカルは僕なので、この4人で進化させて、カッコいいと思ってもらいたい。ガンガン攻めていきたいと思っています。
公佑:この第一歩からLEZARDはぶっ飛ばして活動していきたいと思っています。僕たちが伝えたいことや信念は何も変わっていないけど、全てが変わらないということではないので、この今の4人で、みんなの想像と期待を越えていく音楽とライヴをしたいです。ただ、1度でもLEZARDを好きになってくれたダッピーたちを見捨てようとかいう気持ちは一切ない。こちらから手を離すことを僕たち4人は決してしないので、安心してこれからを楽しみにしてほしいと思います。




RELEASE

NEW SINGLE「TOKAGE!!ライジング」
2017年04月12日 Release!!
【じろじろ盤】
CD+DVD
RIOC-041~042 / ¥1,800(税抜)
[CD]
01. TOKAGE!!ライジング
02. Driving[DPY]
[DVD]
01. 「TOKAGE!!ライジング」Music Clip
02. メイキングオフショット

【おめざめ盤】
CD
RIOC-043 / ¥1,500(税抜)
[CD]
01. TOKAGE!!ライジング
02. Driving[DPY]
03. ぼっちごと

【かくめい盤】
CD
RIOC-044 / ¥1,500(税抜)
[CD]
01. TOKAGE!!ライジング
02. Driving[DPY]
03. 大嘘ライアー、殿中でござる。

NEW SINGLE
2017年07月26日 Release!!
※詳細後日発表

LIVE INFORMATION

FWD PRESENTS【beauty;tricker】vol.69

2017年05月20日(土) SHIBUYA REX

FWD Presents 【beauty;tricker】-SS-#12

2017年05月25日(木) SHIBUYA REX

ソラ Birthday Event しゃべリザ~そらのたんじょうびかい☆LEZARDソラ爆誕~

2017年06月18日(日) 新宿ロフトプラスワン

LEZARD主祭『真夏の灼熱プライド』

[~Day.1 夏の幕開け、浴衣祭り!~]
2017年07月17日(月・祝) HOLIDAY SHINJUKU
[~Day.2 2部制ワンマンライブ!トコナッツ~]
2017年07月21日(金) SHIBUYA REX
・1部:灼熱Tシャツ限定ライブ
・2部:熱すぎ!なつめ死す。
[~Day.3 東のLEZARDvs西のFEST!真夏のガチバトル!~]
2017年07月22日(土) SHIBUYA DESEO
[~Day.4 アニマル大集合!?百獣の王は誰だ!~]
2017年07月29日(土) 新宿RUIDO K4
[~Day.5 戦慄!ゴーストバスターズ!~]
2017年07月30日(日) 池袋EDGE

LEZARD Oneman Tour『貴女のバンギャ人生、頂きます。祭』

2017年08月05日(土) 名古屋ell.FITS ALL
2017年08月11日(金) 福岡DRUM SON
2017年08月13日(日) 大阪RUIDO
2017年08月19日(土) 仙台MACANA
2017年08月24日(木) 水戸club SONIC
2017年08月26日(土) 札幌Crazy Monkey
2017年08月27日(日) 札幌Crazy Monkey
2017年09月03日(日) 新宿ReNY

公佑 Birthday Event

2017年08月09日(水) 高田馬場AREA

TACC Birthday Event

2017年10月14日(土) HOLIDAY SHINJUKU

LEZARD ONEMAN SHOW はろうぃんバンギャNight!!4~コスプレ限定LIVE~

2017年10月29日(日) 池袋EDGE

natsume Birthday Event

2017年11月05日(日) HOLIDAY SHINJUKU


2017年05月06日(土) 新宿BLAZE
2017年05月20日(土) SHIBUYA REX
2017年05月25日(木) SHIBUYA REX
2017年06月24日(土) 新宿ReNY

LEZARD PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vocal:
    ソラ
    Birth:
    06.18
    Blood:
    AB

  • Guitar:
    公佑
    Birth:
    08.09
    Blood:
    O

  • Bass:
    TACC
    Birth:
    10.14
    Blood:
    O

  • Drums:
    natsume
    Birth:
    11.05
    Blood:
    O



DISCOGRAPHY

アーティストタグ