INTERVIEW

ザアザア「不幸な迷路」

2017.03.17
ザアザア初のフルアルバム『不幸な迷路』が3月15日にリリースされる。「現時点での最高傑作」とはよく聞かれるが、この作品はまさに最高傑作と言っても過言ではないだろう。
ビジュアルイメージからグロテスクでダークな印象を持つ人も多いと思うが、音楽性はキャッチーでストレート、そして一葵の描く歌詞の世界は一度ハマったら抜け出せなくなること必至だ。
※注意 ザアザアの世界には中毒性がございます。用法・用量を守り正しくお付き合いください。


取材・文:山本貴也
「ヘヴィな曲でもフォークソングでも一葵が歌うからその色になる」

――初のフルアルバム『不幸な迷路』は、どんなコンセプトやテーマで制作されたのでしょうか? 一葵:人生を『不幸な迷路』に例えて、それぞれの主人公の“不幸な物語”を作っていくことを考えて、そこから出来た曲に対してどういうテーマが合うのかを落とし込んでいきました。
――ザアザアの曲作りはどのように行われるんですか?

続きを読む

零夜:スタジオで4人で音を出しながら作っていきます。
ロ弍:その場その場のみんなの意見で組み立てていく感じです。めちゃくちゃアナログですよ。
――「ぐちゃぐちゃ」をリード曲に選んだ決めてはなんでしたか? 零夜:「ぐちゃぐちゃ」が最初に出来て、イメージ的にもぴったりだと思って。
――この歌詞のテーマを教えてください。 一葵:主人公像としては、男の人が女の人に振られて情緒不安定になった様を“ぐちゃぐちゃ”と表現していて、それによってその男の人がこれまでの人生で経験した言葉が頭の中にぐちゃぐちゃになって出てくる。
――今作に出てくる主人公は全て別人ですか? 一葵:別人です。
――歌詞のテーマは曲が出来てから浮かんでくるのでしょうか? 一葵:バラバラですね。タイトルを決めてから曲をみんなで考える時もあるし、曲調が先に決まってからこういう歌詞が合うんじゃないかなって考える時もあります。「ぐちゃぐちゃ」は前者でした。
零夜:先にタイトルが決まって、そこからみんなで連想して作っていきましたね。
――「ぐちゃぐちゃ」と聞いてどんなイメージが浮かびました? 零夜:激しくて展開も目まぐるしい感じが浮かびました。そこからそれをどう表現するかいろいろやり方を考えていきました。
ロ弍:とりあえず速いイメージはありましたね。ドラムで突発的に始まって畳み掛けていく感じが最初にできて、切ないセクションはあとで増やしました。
:この曲は今回のアルバムの中で一番試行錯誤した曲で、途中で大幅なテンポチェンジをしてみたりとかいろんな案があったんですけど、「どこがザアザアらしいのかな?」と考えた時に、激しい中にも悲しいメロディがあることがらしさだと思ったので、最終的にただ激しいだけじゃないザアザアらしい曲になりました。
――各々が考える“ザアザアらしさ”というと? :どこか悲しい歌詞やメロディだったり、明るいメロディでも歌詞が切なかったりという印象がありますね。
一葵:自分の書いてる歌詞が切なさを帯びていて、尚且つ曲調としてはキャッチーなところと、わりとストレートに歌詞を書いているので、タイトルも感覚というか感情を表現する言葉が多いんです。あとは自分の声が特徴的なのとBGMに向かないところ。
零夜:さわやかさがない。仮にザアザアがさわやかな楽曲をやってみたとしても、絶対に湿度が上げるというかさわやかではなくなると思うんですよね。そこがゆるぎないところなんじゃないかなと思います。
――それは自然とそうなってしまう? 零夜:そうなってしまいますね。
ロ弍:やっぱり一葵の声が一番らしさだと思うんですよね。ヘヴィな曲でもフォークソングでも一葵が歌うからその色になるというか、いろんな楽曲がありますけど、一葵が歌うことによってザアザアらしさが出てると思いますね。
――言葉の選び方も特徴がありますよね。 一葵:そこは意識しながらやってます。
――「ぐちゃぐちゃ」のMUSIC VIDEOの見所を教えてください。 ロ弍:ドローンを使って撮ったんですけど、真上から撮ってる画とかは今までやったことがなかったのですごく気に入ってます。
:僕は今より6kg太ってるとこですね(笑)。タバコをやめて3ヶ月後ぐらいに撮ったんですけど、その間に6kgぐらい太ったので人生で一番太ってる時ですね。
ロ弍:だからオフショットにもあまり出てこない(笑)。
零夜:冒頭に僕の手元とロ弍さんが映ってるところがあるんですけど、「今からいくで!」みたいな感じで僕の指がジリジリ動いてるんですよ。その感じがすごく好きですね。
ロ弍:曲が始まる前のシーンね。
零夜:あのスリリングな感じがすごく好きで、そのシーンを観たときにゾクッとしましたね。
ロ弍:たしかにカッコいい。
一葵:見所というよりも思い出で、ドローンを使うシーンで3階建てみたいなところに登ったんですけど、高所恐怖症なのでメチャクチャ怖かったですね。しかも一番上だし脚をガクガクさせながら撮りました。
「最終的に人間はみんな死んじゃう」
――それではアルバム収録曲の中から1人ずつ推し曲を教えていただいて、一葵さんは歌詞の解説をお願いします。 ロ弍:僕は「入口」からの「不幸の始まり」の流れも曲もすごく好きで、アルバムの中で一番気に入ってます。ドラマー目線なんですけどあのテンポ感がすごく気持ちいんですよね。
――「不幸の始まり」の間奏がすごく好きです。 ロ弍:カッコいいですよね。
一葵:これは人間の誕生。赤ちゃんが生まれるイメージを歌詞にしたんですけど、人間は生まれながらにしていつか死ぬという不幸を背負っているという解釈なんです。結局は生きていても死んでも全員が不幸を背負っている。人間はどこの国に生まれるかも、どんな顔で生まれるかも自分では選べないというところも訴えています。
――春さんはいかがでしょうか? :全部好きなんですけどしいてあげれば「排水口」ですね。これは僕の引き出しには全く無かった音楽なので、自分たちで作りながら自分がものすごくハマったというか、今までの僕だったら飛ばしてた部類の曲だと思うんですけど、なぜか意識が変わってすごく好きになりました。
――まさに「排水口」という印象の曲ですよね。最後の部分がだんだん呪文のようにも聞こえてきます。 一葵:女の人がシャワーを浴びてる時に、排水口に詰まった髪の毛を見ながら“息苦しい”と思う内容です。
――零夜さんはいかがでしょうか? 零夜:僕も本当に全部好きなんですけど、「ラストダンス」のサビでうまくベースでうねりや浮遊感を出せたので、気持ちのいい曲の流れになりました。
一葵:これはお金持ちの人の話しで、日本はお金持ちになることが人生の幸せというような風潮が多いと思うんですけど、実際にそれを手にした時に人は本当に幸せなのかなって。お金持ちになっても結局は不幸じゃないのかなって。
――“左側のハンドル”などの含みを持たせる表現がすごく好きです。 一葵:ありがとうございます。サビのメロディは零夜くんが考えてくれました。曲が出来た時にちょっとダンサブルで楽しいイメージはあったんですけど、旋律自体は切なくて物悲しいというか、楽しいんだけど満たされないみたいな感じがして、それを“不幸な迷路”に落とし込んだ時に、お金は持ってるけど満たされないイメージが浮かんできました。
――一葵さんはいかがでしょうか? 一葵:少し別の観点で言うと「寄り道」というマニアックな曲がありまして、Bメロの“寄り道 寄り道”という僕の声が可愛い。
一同:(笑)。
一葵:何回聴いてもキュートだし、可愛くて不気味なところもうまく出たなって。たまたま可愛いんじゃなくて、メッセージとしても合わさっているというか、客観的に見たらすごく気持ち悪い男の人なんですけど、本人からすると、ちょっとした好奇心や子供っぽさが出てしまって犯罪をおかしてしまったので、そういうところが可愛らしい声とすごくハマるなって。ロ弍さんの声も入ってますしね。
――あの台詞はロ弍さんだったんですね。 ロ弍:今までもそういうギミックとかで叫んでるのは僕と零夜っていうパターンが結構あって、今回は彼氏役で登場してみました。
一葵:僕の中の彼氏像が普段関西弁なので都会のイメージだったので、あえて標準語で話してもらったんですけど、慣れなさすぎてその胡散臭さ面白かったです。
――個人的には「人殺し」が好きです。 :ありがとうございます。ちょっと懐かしい感じがしますよね。
零夜:このベースも気に入っていて、もっとも聴くべきポイントは2回目のAメロですね。激渋で「この人だいぶ男前やな」っていうこの刻み方を聴いてほしい。
ロ弍:すごくいい音で録れてるし、特徴的な弾き方になってるよね。
――「人殺し」だけタイトルと曲調のギャップがありました。 一葵:そうですよね。
零夜:この曲調に「人殺し」ってつけることに対してみんなで議論になりましたからね(笑)。
一葵:反対されましたね。僕の中では全く迷いはなかったんですけどね。
零夜:最初は一葵から意図を聞いてなかったのでよく分かってなかったんですけど、一葵の狙いを聞いてみんな納得しましたね。
――どういう意図があっての「人殺し」だったのでしょうか? 一葵:こういうバラードを『不幸な迷路』に収録する意味を考えた時に、「どこかどう不幸なのか」を全面に出したいと思って、そうなった時にただの失恋ではなく、相手を振ることは相手を殺すぐらいの力があるというところに重点をおきました。
――「最後の歌」はようやく少し希望が見えてきました。 零夜:このポジションは絶対だったんですよ。これありきでここまでの流れが完成されるというか、唯一、希望が見え隠れする曲ですね。あくまでも見え隠れですけど……。
ロ弍:ライヴで銀テープが飛びそうな感じがしますよね。
――でも「出口」では……。 一葵:「最後の歌」で少し希望は見えたけど、最終的に人間はみんな死んじゃう。「出口」という扉を開けたら最後は“死”なんですよね。
「これを聴いてもハマらなかったらザアザアはどうしようもない」
――『不幸な迷路』はザアザアにとってどんな1枚になりましたか? 一葵:すごくザアザアらしいというか、前に出したベストよりもベストらしい作品になりましたね。「これぞザアザア」という世界観が出てると思います。
:4人のアイデアと個性がぶつかりあって1枚の作品にまとまっている「これぞザアザア」という1枚ですね。
零夜:今までのザアザアをひっくるめたベストでありつつ、ザアザアがやりたかったことを徹底的に詰め込んだ1枚なので現時点での最高傑作ですね。名盤と言っていいんじゃないでしょうか。
――本当に名盤だと思います。少し気が早いですけど、次の作品がどうなるのかすごく気になってたりもします。 零夜:本当にそうなんですよね。今はこれが究極の形なんじゃないかと思っているので、今後はこれから考えます(笑)。
ロ弍:毎回その時点での最高傑作を目指して作っているので、それがまた更新されたんじゃないかなと思ってすごくホッとしているのと、結局僕らはやりたいことしかやってないし、それがきちんと形にできたという意味でも今まで一番達成感がありますね。1stフルアルバムって人生で1回しかないので、一生忘れられない1枚になったんじゃないかな。
――4月から始まる、不幸な迷路 発売記念東名阪ワンマン「ソォルドアウト2」はどんなツアーにしたいですか? 一葵:『不幸な迷路』を全面におしだしたライヴにしたいなと思ってます。
――それでは最後にViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。 ロ弍:2017年度の名盤ができたので買って欲しいです。持っといた方が後々乗り遅れないと思います。
零夜:今までザアザアを聴いたことがない人も、まずは『不幸な迷路』を聴いてもらえたら全部わかると思うし、それを聴いた上で東名阪のワンマンに来てもらえるとより楽しめると思います。
:写真だけだと暗い感じの印象があると思うんですけど、意外といろいろやってるバンドですし、ライヴも結構楽しいよってことを言いたいですね。
一葵:2年間とちょっとやってきて、まさに最高傑作と呼べるアルバムができました。今のザアザアが持ってるものを全て出し切って、全ての頭を使い切ったアルバムなので、これを聴いてもハマらなかったらザアザアはどうしようもない。それぐらい“ザ・ザアザア”になってるので聴いてください。
ロ弍:“ザ・ザアザア”っていいね(笑)。




RELEASE

1st full album「不幸な迷路」
2017年03月15日 Release!!
TRCL-0142 / ¥3,780(税込)
[CD]
01. 入口
02. 不幸の始まり
03. ぐちゃぐちゃ
04. 排水口
05. 気付いて
06. 人殺し
07. ラストダンス
08. 落とし穴
09. 交尾をしてよ
10. ユメオチ
11. 最後の歌
12. 出口
[DVD]
01. ぐちゃぐちゃ( MUSIC VIDEO )
02. オフショット集


TRCL-0143 / ¥3,348(税込)
[CD]
01. 入口
02. 不幸の始まり
03. ぐちゃぐちゃ
04. 排水口
05. 気付いて
06. 人殺し
07. ラストダンス
08. 恋人ごっこ
09. 寄り道
10. 落とし穴
11. 交尾をしてよ
12. ユメオチ
13. 最後の歌
14. 出口

LIVE INFORMATION

ザアザア2周年ワンマンツアー「血祭り」振替公演

2017年03月31日(金) 札幌SPIRITUAL LOUNGE
2017年04月01日(土) 札幌SPIRITUAL LOUNGE


不幸な迷路 発売記念東名阪ワンマン「ソォルドアウト2」

2017年04月07日(金) 名古屋ハートランド
2017年04月23日(日) 池袋EDGE
2017年04月30日(日) 大阪MUSE




2017年03月17日(金) アメリカ村Drop
2017年03月25日(土) 池袋BlackHole
2017年04月29日(土) 新木場 STUDIO COAST
2017年05月13日(土) 池袋BlackHole
2017年05月14日(日) 高田馬場AREA
2017年05月21日(日) Music Club JANUS他6会場
2017年05月25日(木) 高田馬場AREA
2017年06月03日(土) 大阪MUSE
2017年06月04日(日) 大阪MUSE
2017年06月17日(土) 仙台darwin
2017年06月18日(日) 仙台darwin
2017年06月22日(木) 心斎橋VARON
2017年07月15日(土) 名古屋E.L.L.
2017年07月17日(月・祝) 大阪BIG CAT
2017年07月23日(日) TSUTAYA O-EAST


ザアザア PROFILE

※画像クリックで大きい画像が表示されます。

  • Vo:
    一葵
    Birth:
    02.05

  • Gt:

    Birth:
    01.11

  • Ba:
    零夜
    Birth:
    06.08

  • Dr:
    ロ弍
    Birth:
    08.11



DISCOGRAPHY

ザアザア | NEWS

ザアザア | INTERVIEW
インタビュー記事はありません。