INTERVIEW

The Benjamin 「BEGIN」

2017.01.31
The Benjamin待望の1stアルバム『BEGIN』が2017年2月8日にリリースされる。
シングル曲「ベーゼ」「ベイクドチーズ」などを含む全12曲の物語は、“いつでも今日が始まり”というメッセージが込められている。
リリース同日となる2月8日からは、東名阪にて無料ワンマンツアーも控えまだThe Benjaminに触れたことない方にも是非足を運んでいただきたい。

取材・文:山本貴也
「歌へのチャレンジ精神がついたアルバムになった」

――2016年はどんな1年でした? ミネムラ:4人が3人に……。
一同:(笑)。
ミネムラ:気づいたら4人が3人になって、第3期The Benjaminが始動したという感じですね。
ウスイ:僕はレコーディングのイメージしかない。
ミネムラ:それレコーディングが年末だったからでしょ(笑)。でも、正直に2016年が良かったのか悪かったのかと言えば、そんなに良くなかったのかな。4人から3人になったのも決してプラスのイメージではなかったし、(活動)1年目よりも2年目の2016年の方が手探りでしたね。

続きを読む

――手探り? ミネムラ:言うたら今思うと1年目は甘く見てたのかな。2年目は1年目を経て「じゃあどうするか?」っていうところで気合やテンションはグッと上がったので、1年目よりも“新人”というモチベーションで進んでいけたので別に悪いことではなかったんだけど、正解を見つけるまでにいろいろ試行錯誤して学んだり、自分たちを磨いた1年でしたね。
――それが手探りだった? ミネムラ:手探りと言うんでしょうね。迷っていたわけじゃないか逆にちょっと厄介というか、自分たちを信じているからこそそういう部分があったのかもしれない。
――それが今作『BEGIN』が出来たことで答えが見えた? ミネムラ:まさにそうで、『BEGIN』が完成した時に、2016年の最後にこれがあって本当に良かったなって思えた。ようやく1つ答えが出せたのかなって思いますね。
――今作はViSULOG主催のイベントツアー「HYSTERIC CIRCUS」に参加していただいたこともあり、音源より先にライヴで曲を聴いたんですけど、音源を聴いてみてライヴで聴いた印象と違う曲もいくつかありました。 ミネムラ:そうですよね。ある意味、特別なポジションですよね(笑)。逆にどういう印象だったのか聞いてみたい。
――ノリのいい曲だと思ってた曲が、音源だとしっとりした歌ものだったり、歌のバリエーションが増えた印象がありました。 ミネムラ:歌への“自信”と“チャレンジ”というか、歌へのチャレンジ精神がついたアルバムになったんですよね。それはたぶん2年間やってきた中で培ったものだと思うんですけど、1枚目の『Bobbin』の頃は、歌からどう逃げるかみたいな感じでしたから(笑)。ヴォーカル不在で始まったバンドなので、歌に頼らずにどうサウンドでカッコつけるかみたいなところがあったんです。
ツブク:それが歌に比重を寄せられるようになってきたのは大きな成長ですよね。
――ツブクさんが歌う比率も増えてきたし、どんどん全員ヴォーカルのイメージになってきましたね。 ミネムラ:この前の「HYSTERIC CIRCUS」ツアーの初日は、半分以上ツブクがメインヴォーカルの曲だったしね。
ツブク:帰りの車で「今日はなんかすっげー疲れた」って言ってました(笑)。
――今作でも半分ぐらいはツブクさんがメインヴォーカルですよね。 ミネムラ:そうですね。ビートルズ的に考えてもらえたらいいかなって。僕らはそう解釈してます。
――全員歌えるのは強みですよね。 ミネムラ:歌えるというか……チャレンジ精神が身についたんです(笑)。
――自分たちが思ってるほど、初めて観た人たちは何も違和感がないと思うんですけどね。 ミネムラ:「HYSTERIC CIRCUS」もそうですけど、何の予備知識もなくThe Benjaminに臨んだ方からしたら、ちょっと“?マーク”だったりするんですかね?
――それはないと思いますよ。 ツブク:ツアーが始まるまでは、どアウェー覚悟でしたから。
ミネムラ:ChantyとDevelop One's Facultiesとの3マンだから、最初はもっと浮くと思ってたし、乱暴な言い方をすると、ツアーが始まる前日ぐらいまでは、「ちょっと怖いな……」って思ってて、事前に座談会もニコ生もやらせてもらいましたけど、心の中ではずっと「絶対に浮くよ。俺たちは受け入れられないよ」って(笑)。もちろんメンバーは前から知ってるから仲良くしてくれるとは思ってましたけど、会場の皆さんは僕らがトリの時も最後まで残ってくれてたし、1番でも2番であってもちゃんと観てくれたことがすごく嬉しかったし、「大丈夫だ」って思わせてもらえたので、ChantyとDevelop One's Facultiesのファンの方にすごく感謝してます。
「3人ヴォーカルでブリティッシュなサウンドというものが自分達の名刺になると思えた」
――アルバム『BEGIN』に話を戻しますが、制作に入る前から歌をテーマにしようと考えていたんですか? ミネムラ:曲が出揃ってからでしたね。最初は本当の意味での名刺になるような作品を作ろうと思っていて、タイトルが『BEGIN』である通り、この2年間は今思うとプロトタイプだったなっていう感覚でいましたけど、ようやくここで、3人ヴォーカルでブリティッシュなサウンドというものが自分達の名刺になると思えたので、『BEGIN』というタイトルを付けたので、最初は今できることを全て詰め込もうというのがテーマでした。
――ここからが本当のスタートという意識なんですね。 ミネムラ:まさにその通りです。
――1枚目の『Bobbin』ですでに完成されてると思ってましたけど。 ミネムラ:あれはあれでお洒落だしいい作品ですよね。
ツブク:『Bobbin』の時は、「これでいこう」からスタートして、伸びしろも分からず、どこが伸びるかも分からない状態でスタートしたんですけど、それをこの2年の中でライヴを経て、お客さんから「ここが良かった」とか言ってくれることもそうだし、メンバーでもライヴが終わって話をしている中で、「ここは伸ばせるね」って、そうやって方向性がどんどん定まっていったんです。
――当初想定していたことと、違う部分が伸びたなって思うところもありました? ウスイ:たくさんありますよ。
ミネムラ:まず何よりもこんなに歌に積極的になるなんて思ってなかった。
一同:(笑)。
ウスイ:最初はもっとサウンドで攻めていくライヴをしようと思ってたんですよね。
ミネムラ:「ファンキーにいこうぜ!」ってね(笑)。
――それがだんだん歌に比重がよってきたのはどうして? ミネムラ:やっぱり歌が好きなんでしょうね。
ウスイ:根本はそこなんですよ。
ツブク:去年はベースを弾かずに歌だけのイベントに誘われたりもして、共演者の方から「もっと頑張れるよ!」って言われたりしたので、課題も含めてですけど、もっと歌に力を入れなきゃと思って、曲もそういうふうに作ることが増えました。
ミネムラ:俺は基本音痴から始まってるのもあって、何を成長させればというか、音程なのか肺活量なのか、発声なのかニュアンスなのかどこを学んでいけばいいだろうなって悩んでました。その都度、人の話しを聞いたり、ネットで調べたり、人のライヴを観て盗んだりしていく中で、自分の中だけかもしれないけど、「ここ成長したな」って思えることがだんだん増えてきて、今も現在進行系で面白くなってきているんですよね。これはもしかしたら、いつか「上手い」って言われる日がくるんじゃないのかなって夢を見てると純粋に楽しみだなって。
――でも下手とは言われなくないですか? ミネムラ:「味だね」って言われますね(笑)。ツブクは声質もピュアだし上手いって言われるけど、俺は完全にビンテージだから味になるんでしょうね。でも、この前はじめて関係者の人に「歌上手いね」って言われて、まんざらでもないなって思いました。
一同:(笑)。
ウスイ:僕も歌うこと自体は嫌いじゃないですし、ライヴで「バッチグー」とか歌ってても楽しいですからね。
ミネムラ:今こうして、歌をメインに会話してること自体が2年前の俺たちからは想像できないよね。
一同:(笑)。
ミネムラ:いつも歌のくだりは早く進んでほしいと思ってたけど、今ならちゃんと正面から捉えられるようになったから、気持ちの成長もできてますね。
ツブク:前はいかに楽器やサウンドの方に会話を逃がすかしか考えてなかったからね(笑)。
「こういう歌詞の曲をアルバムの最後に置きたいなって想像した時に、『アルバムを作ろうかな』って思えた」
――それではタイトル曲でもある「BEGIN -不幸のドン底から奇跡の大逆転の始まり-」から教えてください。 ミネムラ:「アルバムを作ろうか」という話しになったんですけど、タイトルなかなか決まらなくて、そんな時に「BEGIN -不幸のドン底から奇跡の大逆転の始まり-」ができて、アルバムタイトルも『BEGIN』でいいかなって。
――サブタイトルが付くことですごくメッセージが明確にりますよね。 ミネムラ:「BEGIN」だけだとどうしても大味になっちゃうから、ビーイング方式で最終的なメッセージはタイトルに全部載せちゃおうと思って(笑)。
――曲も歌詞もアルバムを象徴する1曲になっています。 ミネムラ:伝えたいこととアルバムタイトルとの関連性を含めてそうなりましたね。俺たちもさっきからの話しの中で、迷いが全くないわけではないし、伸びしろのことも含めてですけど、「これで終わりなのかな」とか、「これが結果か」って思っちゃったらそれこそもう終わりだから、「これは面白い展開になってきたぞ」って思うぐらいじゃないといけないかなって。
――ド頭から歌の面でもコーラスワークが炸裂してますね。 ミネムラ:“イエイ!”ってテンション高くね(笑)。
――歌詞の表現もストレートで分かりやすいですね。 ミネムラ:表現の仕方がちょっと少年マンガっぽいんですよね。メンヘラの子たちにあえてこのヘラヘラな感じを無理やり押し付けてみたいなって。ヘラヘラできるのも面白いぞって。
ウスイ:こういう世界もあるんだぞってね。
――他にも訊きたい曲がたくさんあるんですけど、M8「BATTLE FEVER」は少しタイプが違う曲だなと思いました。 ミネムラ:ライヴではガンガンやってる曲で、デモCDみたいな形で一度会場限定で出してるんですけど、すごく人気がある曲なのであらためてちゃんとレコーディングし直して収録しました。僕らのレーベルの主催ツアーのタイトルが「BATTLE FEVER」なので、そのテーマソング的な感じでバカ騒ぎできる感じにしたいなって。
ウスイ:音源で一度出してるのもあって、今回は音作りで遊んでみたり、プレイ面でも「バトルのイメージってタッピングじゃん?」ってところから、普段はあまりやらないようなタッピングでソロを弾いてみたり、いろいろやりました。
――M2「ブラシ」は、歌詞を読んで初めてこっちのブラシだったんだって思いました。 ミネムラ:俺もそう。最初は歯ブラシの方だと思ってた。
ツブク:お客さんにも同じこと言われました。タイトルを考えてる中で、Bから始まるものを探してたら、何となく絵筆の方のブラシを思いついたんですよね。
ミネムラ:元々の感覚がお洒落なんですよね。俺たちだったら床のブラシとか便所ブラシとかになっちゃうもん。
ウスイ:緑色のね(笑)。
ツブク:歌詞に色とかを入れるのが好きなので、これを収録することでアルバムがちょっとカラフルに見えたらいいなというところも含めて、サウンド感も曲調もそうですけど、1つの色としてアルバムの中にハマるかなと思ったのと、あとはとにかく明るい曲が欲しくて、歌詞を読まなくても、メロディの流れとかサウンド感だけで「明るい曲だね」って思われたかったんです。歌詞のテーマ性も「BEGIN -不幸のドン底から奇跡の大逆転の始まり-」に近くて、新しいブラシを手にしたことによって昨日までとは違う明日の見え方があったり、自分の意識の仕方しだいで見え方は変えられるっていうことをうまく繋げられたなって後から思いました(笑)。
――M3「バスタオル」はすごく優しい曲です。 ミネムラ:ツブクが歌った方がいいかなって思うような曲だったんですけど、ここもあくまで自分の中のチャレンジというか、こういうのを歌えるアーティストになりたいなって思ってたからこそ挑戦してみました。
ツブク:レコーディングのギリギリまでどっちが歌うか悩んでましたからね。
ミネムラ:でも結果的に自分で歌って良かったなって思いましたね。この前、初めてライヴでやりましたけど、「出来た!」って(笑)。幸福って誰かに感謝できた時に感じられることなのかなって。1人で「幸せはどこだどこだ?」ってやってるうちは、意外と幸せを感じられなかったりするけど、誰かと事を成し遂げたりして、相手に感謝した時に初めて「幸せだな」って感じられるのかなって。そういうことを優しいメロディと優しい歌い方で伝えられたらいいなって思って作った曲ですね。
――「バスタオル」って不思議と優しいイメージがありますよね。 ミネムラ:ありますよね。あとは処分するタイミングが家によって違う。それも面白いなと思って、その家の生活感があると言うか、多少ゴワゴワになっても愛着があるから嫌じゃないんですよね。それこそ生活の中にある優しさを象徴してるんじゃないかなって。
――M4「ブロックショット」ですが、ブロックショットというのは? ツブク:バスケのシュートをブロックすることなんですけど、この曲に関しては、最初は同じギターのリフをずっと繰り返してる感じの曲が作りたくて、「カッコいいブリテッシュサウンドの曲」っていう印象だけが残ってくれたらいいなって。歌詞については、手に入れたかったものを、いざ手にしてしまうともういらないって思っちゃう心情というか、手に入れるまでが大変だし面白いんだけど、手に入れるとちょっと違うなっていうジレンマをやんわりと書いてます。でも無くなったら無くなったらでちょっと寂しい気持ちになったりするんですけどね(笑)。
――M10「バッチグー!」はこの前ライヴでも聴きましたけど、とにかく楽しい曲ですね。 ウスイ:これも以前にデモ音源みたいな形で一度出してるんですけど、これはもう言葉一発ですよね。“バッチグー!”の一言でハッピーになれたらいいなって。言葉一発でこれだけ分かりやすくてちょっとダサい感じにしたかったので“バッチグー”ですね。
ミネムラ:タッキー(タクマ)のことを写真でしか見たことない人が、タッキーがどういう中身の人間なのかを知ってもらうのにすごくいい曲だなって。
ツブク:写真だけ見てこれを聴いたらきっと衝撃ですよね。「本当にこの顔の人がこれを歌ってるの!?」って。
一同:(笑)。
――ライヴでも盛り上がってましたね。 ウスイ:メッチャ楽しんでもらえるか、どん引かれるかどっちかでしょうね。
ミネムラ:どん引きされても、ずっと“バッチグー!”って言い続けなきゃいけないっていうね。
一同:(笑)。
ミネムラ:でもこの曲やって、バッチグーじゃなかった時って今までないから曲のパワーなのかなって思いますね。
――そしてアルバムの最後を飾るM12「バトンタッチ」はすごく感動しました。 ミネムラ:サビの歌詞が生まれた時に、こういう歌詞の曲をアルバムの最後に置きたいなって想像した時に、「アルバムを作ろうかな」って思えたんですね。こういう歌詞のテーマがちゃんと文章として出来たことが、アルバムを出すための勇気になったというか、「伝えたいことはこういうことなんだよね」って思えたんです。普段から、「楽しくいこう」とか「幸せになろう」とか「くよくよするなよ」ってことを、もっとリアルな説得力を持った言葉で探した時に、「今答えを出そうとするんじゃないよ」って。これでちゃんと「BEGIN -不幸のドン底から奇跡の大逆転の始まり-」との流れもしっかり出来て、若い頃から今までたくさん悩んできたし、これからも悩んでいくと思うんです。でも、その度にくよくよするのも面倒臭くなるから、暗い考えしかできない時は、無理やり答えを出そうとしないで、一度寝て、元気な時にもう一度その問題と向かい合った方が健全な導きがあるんじゃないかなって思うんですよね。それを、2年やってきて、40年生きてきて悟りました。疲れてる時に無理やり仕事をしようとするよりも、一度寝て、朝頭が冴えてる時にするのが一番いい答えが出る。無理しても効率が悪いだけだぞと言いたい(笑)。
――合唱してるところがまたグッときますよね。 ミネムラ:皆で歌いたいっていうのが前提としてあって、それはメンバーだけに限らずオーディエンスも一緒に歌ってもらいたい。そのために歌の譜割りも普段だとどんどん詰めていっちゃうけど、これは置いていくように、歌謡っぽい感じにしたんです。
――このアルバムは曲順もすごくいいですよね。 ミネムラ:ギリギリまで悩みましたけどね。歌の順番も曲順を決める1つの面白い要素だし、それぞれの曲の終わり方と次の曲がどう飛び出してくるかとかもすごく考えました。3、4曲目あたりで、「このアルバムは結構いろいろやってるぞ」って思わせるにはいい曲順になったかなと思いますね。
ツブク:3曲目あたりでグッと引き込まれて、4曲目でちょっとハード目な曲くるので、「もしかしたらこのアルバムカッコいいかも?」って(笑)。
ミネムラ:ジャケットにも仕掛けがあって、実は色の部分だけケースに直接印刷してあって、ケースから出したらまた違う発見があると思うのでそこも楽しみにしていてほしいですね。いろいろな印刷技術を知ってる俺たちだからこそやれる手法です。
一同:(笑)。
「俺たちが目標に向かってる姿を見せることがきっとファンの子たちへの勇気になる」
――そして、アルバムのリリースと同日からは、東名阪無料ワンマンツアーが始まります。 ミネムラ:これは、「知ってもらいたい」「興味を持ってもらいたい」ということに尽きますね。自分たちでも、食わず嫌いされちゃうバンドなんだなという自覚があるので、是非一度食べてもらいたい。チケットを持ってなくても、会場が一杯で溢れていない限りはできるだけ入れるようになっているし、「ちょっと食べに行ってみようかな」ぐらいの気持ちで来てもらったら、「あ、意外と美味しいね」って思ってもらえると思う。逆にそれぐらいの気持ちで来てほしいかもしれないですね。
――この無料ツアーは『BEGIN』の曲が中心なんですか? ミネムラ:そういうわけではなくて、初めてThe Benjaminを観る人たちが楽しめるような、The Benjaminベストのような形にしたいなと思ってます。
――6月7日にはTSUTAYA O-WESTにて、The Benjamin ONEMANSHOW TOUR2017春「BOYS WILL BEGIN」FINAL 『Tomorrow know Today』も控えています。 ミネムラ:目標を持ってた方が絶対にいいと思うし、俺たちが目標に向かってる姿を見せることがきっとファンの子たちへの勇気になるし、応援しがいがあると思うんですよね。マイペースとは言っておきながらもいつまでも甘えてられないですから。
ウスイ:それまでにインストアイベントとかもたくさんやろうと思ってますし、その1つ1つの全てがWESTへの道なので。
ミネムラ:内容もできるだけThe Benjaminの音楽ってどういうものかなって興味を持ってもらえるようなことをやろうと思ってます。
――それでは最後にO-WESTに向けた意気込みをお願いします。 ウスイ:O-WESTという目標を掲げましたけど、そこに辿り着くまでにはいろんなハードルや超えなきゃいけないものがたくさんあると思うんです。でも掲げたからにはWESTを素晴らしいライヴしたいと思うし、本当にメンバー全員がWESTに全てをかけて考えているので、その先も活動はしますけど、今はWESTまで楽しいことをいろいろ考えて、皆さんと一緒にそこまでの楽しい道のりを歩んでいけたらなと思ってます。
ツブク:2016年の終わりに最高のアルバムが完成して、その嬉しい気持ちのまま始まった3マンツアーもすごく楽しく回らせてもらって、今はたぶん活動はじめてから一番メンバーのテンションがいいんじゃないかなってぐらいの感触を感じていますので、このままの勢いは絶対に殺したくないし、初めて観る方もそうですし、1、2回観てちょっとワンマン行ってみようかなと思ってる方たちも巻き込んで、WESTという目標に向かっていければそれで満足なんですけど、もう少し欲張ってWESTまで、今まで以上に必死に頑張ってみようかなと思います。
ミネムラ:どうせだから死ぬ物狂いでやってみようかなって。そういうことがカッコ良いかカッコ悪いかっていうのは置いといて、せっかく目標もったんだからマラソン選手みたいに一生懸命走ってみようかなと思います。マラソン選手の人達も言いますけど、そういう時に一番元気やパワーが出るのって皆の応援だと思うので、皆にたくさん応援してもらって、命がけで走り抜ける俺たちを見て、一緒に感動してもらいたいなって思います。ライヴタイトルにもあるし、「バトンタッチ」の歌詞の中にもありますけど、“Tomorrow know Today”。要約すれば「やってみなくちゃわからない」。結果は今じゃなくて、明日一緒に笑えるように今を頑張ろうと思うので応援してほしいです。




RELEASE

1st Album「BEGIN」
2017年02月08日 Release!!
BDBX-0040 / ¥3,000(税抜)
[CD]
01. BEGIN -不幸のドン底から奇跡の大逆転の始まり-
02. ブラシ
03. バスタオル
04. ブロックショット
05. ベイクドチーズ
06. ベーゼ
07. Brick
08. BATTLE FEVER
09. ブーメラン
10. バッチグー!
11. バスストップ
12. バトンタッチ

LIVE INFORMATION

The Benjamin ONEMANSHOW TOUR2017春『BOYS WILL BEGIN』

2017年02月08日(水) 新宿HOLIDAY
2017年03月04日(土) 大阪梅田D'
2017年04月01日(土) HOLIDAY NEXT NAGOYA


The Benjamin ONEMANSHOW TOUR2017春「BOYS WILL BEGIN」FINAL『Tomorrow know today』

2017年6月7日(水) 渋谷TSUTAYA O-WEST




2017年02月05日(日) 赤坂SO-DA ※1部 Tackyのみ出演/2部 Mashoeのみ出演
2017年02月08日(水) 新宿HOLIDAY ※無料ワンマン
2017年02月09日(木) 大阪RUIDO
2017年02月23日(木) 高田馬場AREA ※Tacky,Mashoeのみ出演
2017年03月11日(土) 赤坂SO-DA ※Mineyのみ出演
2017年03月18日(土) 高田馬場CLUBPHASE
2017年04月15日(土) 宇都宮KENT
2017年04月16日(日) 仙台HOOK
2017年04月20日(木) 池袋CYBER
2017年04月29日(土) 名古屋Jammin'
2017年04月30日(日) 大阪Varon
2017年05月02日(火) 福岡SKULLROSE
2017年05月02日(火) 博多Drum Son
2017年05月07日(日) 渋谷DESEO
2017年05月21日(日) KANSAI ROCK SUMMIT’17


The Benjamin PROFILE


  • Vo&Gt:
    ミネムラ“Miney”アキノリ
    Birth:
    11.07
    Blood:
    A

  • Vo&Gt:
    ウスイ“Tacky”タクマ
    Birth:
    10.16
    Blood:
    A

  • Vo&Ba:
    ツブク“Mashoe”マサトシ
    Birth:
    09.10
    Blood:
    AB



DISCOGRAPHY

The Benjamin | NEWS

The Benjamin | INTERVIEW