INTERVIEW

Smileberry「サンタの正体」

2016.11.29
2016年9月に1周年を迎えたSmileberryから3枚目のシングル『サンタの正体』が届けられた。
この季節にピッタリのクリスマスソングとなっており、12月24日のクリスマス・イヴには、Smileberryと一日中楽しめる特別な企画も用意されている。こちらのイベントは無料で参加可能とのことなので是非とも足を運んでみてほしい。
2年目に突入したばかりのSmileberryの5人に話しを訊いた。

取材・文:山本貴也
「今思ってることや今の気持ちをストレートにその人に伝えたい」

――ViSULOG初登場となりますのでバンド結成のいきさつから教えてください。 Motoki:由奈さんが皆を集めました。
一同:(笑)。
パル:まあ嘘ではない。
Motoki:あいつにしよう、じゃああいつで、あいつにしよう、じゃああいつで、あいつにしよう、じゃああいつで、あいつにしよう、じゃああいつで、って気がついたらSmileberryになってたんです(笑)。
一同:(笑)。

続きを読む

――どんなコンセプトのバンドなんでしょうか? Motoki:聴いてくれるファンの皆にしっかり届くようなストレートな歌詞と伝わりやすいメロディー、聴きやすいバンドサウンド、もちろんライヴは笑顔いっぱい元気いっぱいとにかく皆を楽しませようというバンドです。
――それはバンド名にも通じるところ? Motoki:そうですね。コンセプトと同じく笑顔を大事にというところです。
――始動してから約1年になりますが、この1年間で一番印象に残っていることは? Motoki:初ワンマンですね。結成半年の2016年3月にO-WESTで初ワンマンをやったんですけど、そこでようやく1つ大きなことができたというか、スタートラインに立てたんだってことを実感できたライヴでした。新たな課題も見つかったんですけど、それ以上に純粋に楽しめたライヴでしたね。
パル:僕もO-WESTワンマンですね。始動と同時に発表したんですけど、何も分からない状態からスタートして、まずはそこを第一の目標として頑張って活動していたし、ワンマンだからたくさん曲も作らないといけなかったので、とにかく突っ走っていた半年間だったのですごく印象に残ってます。
:僕は9月10日の始動ライヴが一番印象に残っています。世に出るのが初めてだったにも関わらず、すごくお客さんの笑顔が多くて、自分達が思っているよりも「こんなに期待してくれてるんだな」ってことを純粋に感じたライヴでした。
由奈:僕は1周年の新宿ReNYワンマンですね。この1年は言い方が難しいですけど、まずお客さんがどうこうというよりも、自分をどう見せていこうかとか自分自身のことを考える気持ちの方が強くて、それだけでいっぱいいっぱいだったんです。でも1年間活動してきて、ようやく少し周りが見えるようになったので、これからはもっとお客さんにSmileberryの良さを広げていける活動をしていきたいなと思えたライヴでした。
チャーリー:この1年は初体験なことが多かったので、どれが印象に残ってるかって言ったらわりと全部なんですよね。ワンコインシングル「Smiley」を出して、カヴァーシングル「NO MORE CRY」も出したし、初ワンマンでは特効で銀テープを使ったり衣装チャンジをしたり、1周年では新宿ReNYという大きい会場でワンマンをやらせてもらったりと自分自身が驚きの連続で本当にいろんな活動ができた1年でしたね。
――12月7日にリリースされる3枚目のシングル『サンタの正体』は、タイトルからしてこの季節にピッタリのクリスマスソングですね。 Motoki:“ザ・クリスマス”ですよね。2枚目のシングル『小悪魔KISS ME』を出して、次どうしようかなって考えた時に、大きなテーマ性をもたせた作品にしたいと思って、リリース時期も12月だし1曲ぐらいはそういう季節にあったクリスマスソングを作ってもいいかなって。それをカップリングでやっても面白くないので表題曲でやってみました。ただ、いざ作ってみるとメロディーだけでクリスマス感を出すのが本当に難しくて、シンセの音とかベルの音とか鈴の音とかで雰囲気だけはわりとすぐに作れるんだけど、それじゃあ嫌だなと思って何回も作ってたら突然パッと降ってきました(笑)。
――タイトル『サンタの正体』はどんな正体が隠されているんですか? Motoki:元々は仮タイトルだったんですけど、ひょんなことからそのままタイトルになりました。歌詞の中で“サンタの正体”を言及しているかと言ったらそういうことはなくて、子どもの頃って誰がサンタさんなのか分からないじゃないですか。そういうちょっとモヤッとしてるんだけど、会いたいしお喋りしてみたいし、どんな顔してるんだろうとか「サンタさんっていったい誰なんだろう?」っていう子ども心を歌った感じです。今回はテーマがはっきりしていたので、歌詞も書きやすくて、童心に帰りながら「どんなことを考えてたかな?」って考えてたらスラスラと書けました。
――バンドのコンセプトでもいってましたけど本当に歌詞がストレートですね。 Motoki:濁すのが嫌いなんですよね。伏線が多かったり、お客さんが読んで「これってどういう意味なんだろう?」って考えさせるのも歌詞の面白みではあると思うんですけど、僕はそうじゃなくて、今思ってることや今の気持ちをストレートにその人に伝えたいんですよね。
――こだわったポイントなどがあれば教えてください。 由奈:アレンジャーさんと相談しながらベースラインを決めていくんですけど、いかに歌を聴きやすくするかっていうのを意識してシンプルなアプローチにしました。今までで一番シンプルかもしれないですね。
チャーリー:ドラムもすごくシンプルなんですけど、意識としてはゆったりと聴こえるように叩いたのでそこを聴いてもらえたら嬉しいです。
パル:今までやってなかった表現やニュアンスを出さないといけなかったので、すごく難しかったんですけど、新しいアプローチを出せたので良かったです。スマベリ史上で一番難しいと思いますね。
――どういう部分が難しかったですか? パル:そこまでテンポが速くない中での空気感のコントロールというか、よく聴くと意外と細かい音符も入っているので弾いてる側としてはかなりドキドキします(笑)。聴きどころと言えばギターソロも聴いてほしくて、今までは速い曲のギターソロを弾くことが多かったんですけど、こういうビート感のソロは初めてだったし、新しい発見が多く引き出しが増えました。
:今回のギターアレンジは、アレンジャーさんとかなり細かい部分まで打合せしながら進めていったので、今までで一番頭を使ったのですごく音楽的だと思います。パッと聴きはすごくシンプルなんですけど、パルも言ってたようにギター単体で聴くと「なんじゃこりゃ」って思う部分も結構あると思います。でも結果的にシンプルに聴かせられたので良かったですね。
――MUSIC VIDEO撮影の逸話などがあれば教えてください。 Motoki:リアル暖炉を使ったんですけど、薪の数が少なすぎてすぐに火が消えちゃって大変でした。
:撮影したのが夏頃だったのでメチャクチャ暑かったです。立ち位置的に俺が一番暖炉に近かったので汗をかかないようにするのが大変でした。
Motoki:あとはクリスマスシーズンじゃなかったので、小道具とか備品を揃えるのが大変でしたね。サンタの人形とか長靴に入ってるクリスマスのお菓子とかは倉庫から引っ張り出してもらって、クリスマスケーキはケーキ屋さんに特注で作ってもらいました。
:ロケーションが大事な映像だったので、各所に無理を言って揃えた小道具を皆で飾り付けをしたりしたので、撮影に入るまでの準備が結構大変でした。映像ではうまいこと映してもらってますけど、引きで見たら結構グチャグチャでしたね(笑)。
Motoki:そのグチャグチャなおかげで、パーティーをしてる感じがうまく出せたかなと思いますね。
――見所を教えてください。 Motoki:ニコニコすまいる(*^◯^*)
パル:ワイン一気飲みしているところ。渋い顔してます。
:撮影中にピック落としてそのまま指で弾いたカットが何箇所か紛れてるので探してみて下さい。
由奈:すん顔。
チャーリー:演奏中のすました顔とパーティーの時のふざけた顔の違いを見てもらえたら楽しんでもらえるかもしれません。
「メンバーに会いに来てくれたら、スマベリからクリスマスプレゼントを差し上げます」
――C/W「We are Smiley's」はすごく明るい曲ですね。 Motoki:うちの中でも群を抜いて明るくて、ライヴでは皆で声を出して楽しんだりする曲です。歌詞はファンに向けてというよりかは、バンギャの子たちってライヴにくる時にいろいろ悩んでることが多いと思うんですけど、せっかくライヴに来たんだからそんなことは気にしないで、「もっと前向きにライヴを楽しんだらいいんじゃない?」って思うんですよね。僕自身、大きな夢とかはありますけど、未来に対してはそこまで興味がないタイプの人間で、とにかく“今”を大切にしたいんですよね。だから今の僕らを全力で応援してくれてる皆がすごく大切なので、細かいことを気にせず今の俺たちを思いっきり楽しんでくれたら嬉しいなっていう曲ですね。音源には入ってないんですけど、ライヴではメンバーコールできる部分を組み込んだりもしているので、ライヴではまた違った楽しみ方ができる曲ですね。
パル:個人的には今一番お気に入りの曲で、「スマベリってこういうバンドだよ」っていうのが一番分かりやすいと思うんですよね。あとはAメロの歌詞があいうえお作文になっていて、4小節ごとに歌詞の頭が“ス”“マ”“ベ”“リ”になっているんです。ライヴではその部分でお客さんが叫んでくれるのが定番になっています。
――C/W「イロヅキ」(※Type Bに収録)はいかがでしょうか。 パル:分かりやすくて、明るくて、勢いのある曲が好きなんですけど、たまには違ったアプローチをしようかなと思って、普段はあまり使わないようなコード進行で、メロディーもちょっと切ない感じにしてみました。新しい試みだったのでなかなか苦戦しました。
Motoki:歌詞はデモを聴いたイメージでそのまま書いてたんですけどかなり女々しいですね……。「君らがいるから俺たちの世界が色づいているんだよ」ってことで「イロヅキ」というタイトルにして、「いつでもここにいるからね」っていう内容なので、あんまり言うと恥ずかしいから歌詞を読んで感じてほしいですね(笑)。メロディーは強弱をつけるのがすごく難しくて、いつも使わないようなところでファルセットをしてみたり、苦戦はしましたけどいいサビメロになったんじゃないかなと思います。
:最初にデモを聴いた時は、もっとガチャガチャした明るい曲になるんだろうなと思ってたんですけど、出来上がりを聴いたらこんなに切ない感じになっていてビックリしました。
――C/W「ボクらのMelody」(※Type Cに収録)はいかがでしょうか。 Motoki:一言で言うなら俺の魂で、それ以上でもそれ以下でもないですね。ガキやなって思われるかもしれないけど、こういう泥臭い熱い部分はどうしても伝えたいことの1つで、こういう熱量の多い曲はどんなバンドでもお客さんに伝わると思うのでそういう気持ちを全部つめ込んだ曲です。
――12月24日にはスペシャル企画として『スマベリサンタを探せ!?』が行われますが、これはどんな企画になるんですか? チャーリー:夜は渋谷REXで『「サンタの正体」購入者限定特別招待ワンマン』をやるんですけど、昼の方は、渋谷、原宿周辺で5人がバラバラになって、カードをひたすら配るみたいな感じです。
パル:メンバーに会いに来てくれたら、スマベリからクリスマスプレゼントを差し上げますっていう企画です。僕の場合は、真冬の寒い中で肩が出た衣装で何かを配ってるので、知らない人からみたらきっとただの変態です(笑)。
――夜の無料ライヴにはどうすれば参加できますか? チャーリー:『サンタの正体』のType Aを購入していただけるとそこに参加チケットが付いてきます。
由奈:世間はクリスマス・イヴですけど、うちらは渋谷REXでサンタを信じる者の集いを行います。
Motoki:ファン感謝イベントのようなイメージで捉えてもらえればと思います。
――このインタビューが掲載される頃は、2nd ONEMAN TOUR「笑顔を咲かせろ!We are Smiley's!!」真っ只中だと思いますがどんなツアーになりそうですか? Motoki:何よりもまずタイトルがいいですよね(笑)。スマベリらしい素敵なタイトルです。
:分かりやすくていいよね。初めてワンマンをする場所もあるし、バースデーワンマンも2本入ってくるので楽しみしかないですね。
――それでは最後にViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。 チャーリー:初めてViSULOGさんに登場させていただきありがとうございます。今後もコンスタントに出してもらえたら嬉しいです。
Motoki:誰に対するメッセージだよ(笑)。
チャーリー:でも、載せてもらうからにはそれに見合った活動をしっかりしていきますので今後とも応援よろしくお願いします。
由奈:インタビューで言いたいことをしっかりと伝えられるほど器用じゃないので、インタビューだけで満足せず、ライヴに来てくれたらそこで何か僕なりに伝えることができるんじゃないかなと思うので、これを読んでしょうもないヤツだなと思わずにライヴに来てくれたら嬉しいです。
:この1年間でいろんなことがあったんですけど、だんだんとバンドも固まってきたので、今まで1回しか見たことがない人もこれを機にもう1回ライヴを観にきていただけたらなと思います。
パル:Smileberryの売りはなんと言ってもライヴの楽しさなので、ライヴに来なきゃ何も始まらないと思うんですよね。まだライヴを観たことがない人は、ちょうどクリスマス・イヴのライヴが無料招待になっているので、これを機に是非ともライヴに遊びに来ていただけたらなと思います。
Motoki:とにかくこれからも笑顔で、とにかくこれからも君を笑顔にして、一緒に一歩ずつ楽しい思い出を作りながら歩いていきましょう。エイ! エイ! オー!




COMMENT MOVIE

RELEASE

3rdSingle「サンタの正体」
2016年12月07日 Release!!
【Type A】
CD+DVD
VRSB-0008 / ¥1,944(税込)
[CD]
01. サンタの正体
02. We are Smiley's

[DVD]
01. 「サンタの正体」 MV
02. 9月10日 新宿ReNY公演ダイジェスト

【Type B】
CD
VRSB-0009 / ¥1,620(税込)
[CD]
01. サンタの正体
02. We are Smiley's
03. イロヅキ

【Type C】
CD
VRSB-0010 / ¥1,620(税込)
[CD]
01. サンタの正体
02. We are Smiley's
03. ボクらのMelody

LIVE INFORMATION

Smileberry 2nd ONEMAN TOUR 笑顔を咲かせろ!We are Smiley's!!

2016年12月02(金) 仙台HooK

Smileberry 由奈 Birthday presents「CRY BABY」昼

2016年12月04日(日) 渋谷REX

Smileberry 由奈 Birthday presents「CRY BABY」夜

2016年12月04日(日) 渋谷REX

Smile × NO LIMIT

2016年12月11日(日) 渋谷REX

「サンタの正体」購入者限定特別招待ワンマン

2016年12月24日(土) 渋谷REX ※無料ONEMAN

Meteoberry

2017年01月24日(火) 渋谷REX

Smileberry PROFILE


  • Vocal:
    Motoki
    Birth:
    11.21
    Blood:
    A

  • Guitar:
    パル
    Birth:
    04.06
    Blood:
    O

  • Guitar:

    Birth:
    06.17
    Blood:
    B

  • Bass:
    由奈
    Birth:
    12.04
    Blood:
    AB

  • Drums:
    チャーリー
    Birth:
    03.12
    Blood:
    AB



DISCOGRAPHY

アーティストタグ

Smileberry | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。