INTERVIEW

FEST VAINQUEUR 「ヒガンバナ~花魁道中~」

2016.10.18
10月26日にリリースされるFEST VAINQUEURのニューシングル『ヒガンバナ~花魁道中』は、これまでの彼らとはテイストの異なった“和”要素満載の楽曲になっている。ジャケットやMUSIC VIDEOも初の海外撮影と、6周年を迎え様々な挑戦をしている彼らに話を伺った。
取材・文:藤谷千明
「これだけガッツリ和楽器の音を押し出したりしたのは初めてですね」

――「ヒガンバナ~花魁道中」の表題曲は、人気ボカロPとして活躍中の亜沙さんをアレンジャーとして迎えて、和をテーマにしたとのことですが。 HIRO:今回は、歌詞や曲、衣装やMVにしても、テーマを絞った作品にしようと考えていたんです。そこで「ヒガンバナ」をテーマにして、楽曲にも和楽器をいれたアレンジをしていこうと。過去にも少しは取り入れていたものの、これだけガッツリ和楽器の音を押し出したりしたのは初めてですね。方向性は自分たちの中ですでに決まっていたので、ボカロP・和楽器バンドのベースの亜沙さんにアレンジをお願いしました。
――亜沙さんという人選のきっかけは? HIRO:以前、亜沙さんはヴィジュアル系バンドのサポートベースとして活動されていて、その時に僕らとも対バンをしたことがあったんです。僕はベーシスト同士だし、そこで仲良くなったんです。その出会いが数年前で、その後亜沙さんは和楽器バンドに加入という流れですね。

続きを読む

――知り合ってからは長いのですね。 HIRO:そうですね。ヴィジュアル系バンドのサポート時代はよく会ってたんですけど、そこからご無沙汰だったんですけど、今回“和”をテーマしようってなったときに、ふと亜沙さんのことが思い浮かんだので連絡をとってみたんです。和楽器バンドさんは、和楽器を取り入れるサウンドに関しては、日本を代表するバンドさんだと思いますし、僕たちも生半可に取り入れるよりはプロフェッショナルである亜沙さんのお力をお借りして、自分たちのイメージするものをしっかり曲にできるようにと思い、今回亜沙さんをアレンジャーとしてお招きました。
――アレンジする上で、どういうやりとりをされましたか? HAL:バンドサウンドだったり技術面に関しては僕たちの得意とするところだったり、持ち味だと思うので、そこを活かしつつできればといいなと亜沙さんと相談してました。そういうやり取りができたので、すごくいい塩梅のアレンジになりました。
――今回“和”をテーマにしたきっかけは? HAL:メタル・ハードロックからサンバまで色々出来るというのは僕たちの強みだと思うんです。去年は5周年記念。アニバーサリーの曲も出来て、ベストアルバムも出して、そこにも新曲があったんですけどそれは王道な感じだったので、また再び振り幅を広げるなら、原点回帰というか、「日本の心、和の心を表現するのはどうか?」という話になり、今回のテーマが決まりました。
――ちなみに、タイトルの理由は? HAL:「花魁」と「ヒガンバナ」ってそんなに関係はないんですけど、秋の花ではあるし、ヒガンバナっていう死を連想する花でもあるじゃないですか。そういう意味合いはありますね。
――そして、C/W「SUCCUBUS」はハードなナンバーですね。 HAL:サキュバスって男性にとってはスケベな夢を見せる魔物なので、きっと僕が見てたんでしょうね……。
一同:(笑)。
HAL:本当はそうではなくて(笑)、だいたい僕たちのシングルって激しいナンバーというか、突っ切ったラウドな曲を、シングルの中に1曲は入れるようにしているんです。僕らの持ち味である疾走感と激しさやスカッとする部分を入れていきたいなと思っています。今回はI'LLくんに手伝ってもらって。
I’LL:HALから「ギターはスパニッシュで」って言われたんですけど、スパニッシュといってもスペインに限らず、インド風だったり、異国情緒というか、いろんな民族風の音楽を入れたほうがいいのかなと思って入れてみました。
HAL:ヒガンバナは和風ですけど、違うものが出せたんじゃないかな。
――「Happy Birthday To You」はストレートなバースデーソングですね。 KAZI:デモの段階からこのタイトルでしたよね。がっくんが作ってきた曲ですね。
GAKU:たしかiPodを聴いていたら、なんとなくバースデーソングが流れてきて、今まで僕らの曲にバースデーソングなかったし、「バースデーソングを作ろう」と思いついたんです。でも、普通はバースデーソングってミドルテンポのハッピーな曲を連想するじゃないですか。そこはちょっとひねってかなり速いテンポのパンク、メロコアっぽいテイストのバースデーソングに仕上げました。
――いわゆる「青春パンク」的な印象を受けました GAKU:それは意識しました。ギターを初めたばかりの頃は周りで青春パンクが流行っていて、そのコピーバンドをやっていたので、その時の気持ちをぶちまけましたね。
KAZI:ぶちまけたね!
GAKU:勢いで作るという気持ちを大切にしました。
――技術の高さに定評があるFEST VAINQUEURがあえてラフに。 I’LL:ミステイクも活かしたいなと思った曲ですね。全楽器があわさった状態だとわかんないと思うけど、ギター単品で聴くとちょっとしたミスタッチもあったりするんですけど、そういうのも活かして今回はあまりガチガチに直したりはしてないですね。
KAZI:今回はがっくんがパンクベースの曲を持ってきてくれたので、勢いを大事にしたいなって。パンクっぽい荒々しい部分、ハッピーな部分を表現したくて。この曲はそこを大事にしています。
HAL:デモの段階で「Happy Birthday To You」というコンセプトというのはあったので、僕たちももう6年目ですけど、誕生日って毎年誰にでもくるものなので、素直な気持ちをかいたというか。メロコアパンク要素といいうか、サビは英語なんですけど、中学生くらいの簡単な英語なんで、歌詞カードを呼んで一緒に歌ってくれたらなと思います。
「台湾のファミマに入ったときに流れる音楽のキーが日本よりちょっと高かったんですよ(笑)」
――ジャケットやMVの一部は台湾で撮影されたと伺いました。 HIRO:FCツアーで台湾に行ったので、ファンの子に撮影の風景を見てもらったり、初めての試みもありました。FESTで台湾に行ったのも初めてでしたし。
――初の台湾はどうでした? KAZI:思った以上に食事がおいしくて(笑)。今まで行った中で海外の中では日本語も通じやすいし、台湾に親近感がわきました。ファンの方と一緒にツアーで撮影というのは初めての試みでしたけど楽しくやれました。
GAKU:僕は海外に行くのが初めてだったんですよ。だから食事のことは特に気にしてましたね。空港に行く前の車の中で、海外経験者のKAZIからいろいろと食のことについて合う合わないとか聞いてたんですけど、結果的にはすごく美味しかったですね。肝心の撮影は撮ってるうちに長引いちゃったりしたんですけど、撮影場所のお寺の住職さんが優しくしてくれて仲良くなったり、親日というのを身をもって感じることができました。
I’LL:ご飯が美味しかったのもあるけど、なんだか犬が多かったんですよね。撮影の時も犬がフラッと入ってきたり(笑)。
HIRO:でも海外は触れたらあかんねんな。
I’LL:そうなんだよね。「触らないでください」と言われて……。残念でした(笑)。
HAL:とりあえず湿気がすごかったです。湿気は嫌いじゃなんですけど、向こうの湿度は半端なくて90%くらいあるし、雨も結構降ってたんですけど、撮影のときはいい感じに晴れてくれました。自称「晴れバンド・晴れバンクール」の面子を保てました(笑)。
HIRO:もしも雨降ったら何も言わないだけでしょ(笑)。
HAL:僕コンビニが好きなんですけど、台湾のファミマに入ったときに流れる音楽のキーが日本よりちょっと高かったんですよ(笑)。
HIRO:食にしろ文化にせよ、似てるようで若干違うけれど、ヨーロッパほど大きく違うことはなくて過ごしやすくてすぐに馴染めましたね。ファンの目の前で撮影するのは初めてだったので、いつもとは違う空気感だったんですけどそれはそれで楽しかったです。ファンの皆にもいつも見てる作品ができる過程を伝えられたのも良かったと思います。あとは、ファンの皆と一緒に灯籠を作って、願い事を書いて飛ばしたんです。その映像もMVで使ったりしているので皆と一緒に作った作品になりました。
――皆さん願いことは何を書いたんですか? KAZI:僕は「身長が伸びますように」みたいな(笑)。
HAL:「ワールドツアー」って書きました。今回、台湾行ったのにアコースティックライヴしかしてないので。
I’LL:「ギターをずっと弾けますように」って書きました。
GAKU:「スターになりたい」って書きました。
HIRO:Mステに出たいって書きました。
「関西のカッコいいシーンを自分たちから発信していきたい」
――お願いの方向性が皆さんばらばらで面白いですね。そして、10月27日から、6周年記念ツアー『FEST VAINQUEUR 6th Anniversary TOUR「VI」』が開催されます。 HAL:10月27日がI’LLとHIROの誕生日、名古屋の11月1日がGAKUの誕生日なんですよ。なかなか誕生日ピッタリにライヴをできるのって難しいことなんですけど、今回バッチリタイミングがハマりました。
HIRO:名古屋の会場がE.L.Lというキャパが大きくなったという嬉しいこともあったし、一歩先に進むぞという気持ちも大きいです。東名阪だけじゃ伝えきれない部分もあるかもしれないけど、セットリストを変えたりして、全然違う感じになると思うんで一箇所一箇所楽しんでいきたいですね。
――ツアーファイナルは11月5日の大阪・味園ユニバースですね。 HIRO:毎回「関西を拠点に」と言い張っていますが(笑)、今年はBIGCATをソールドできたので、味園ユニバースという1,000キャパ以上の場所を選びました。
――関西シーンは過去に比べて、現在元気のあるバンドが中々少ないような気がします。その中でもFEST VAINQUEURには頑張って欲しいです。 KAZI:僕らが若い頃は大阪のバンドはめっちゃカッコよかったしすごかったんです。やっぱりそういうシーンを自分たちから発信していきたいなと思って、自分たちが出来ることを考えて「NANIWA」をコンセプトにした曲を出したり、昨年から大阪でフェスをやったりしています。「大阪といえば~」みたいなバンドが減ってきてる気がするので、もっと盛り上げることができたらと思います。
――そして11月からはDaizyStripper vs FEST VAINQUEUR ツーマンライヴ「兄弟喧嘩」ツアー7本も控えていますね。 HIRO:去年大阪と東京だけでやったんですけど、今年はツアーという形で、7本やることが決まりました。ずっとDaizyStripperの背中をみてやってきてるので、いつか越えたい壁ですからね。
――どうして「兄弟喧嘩」というタイトルに? HIRO:実は事務所内の冷蔵庫に入れてあった僕のアイスを、夕霧さんが勝手に食べちゃったことがあって、そこから「兄弟喧嘩」に発展しました(笑)。
KAZI:HIROのアイスを食うなんて最低だ!(笑)。
HIRO:食の恨みは怖いですからね(笑)。それはともかく、昨年の2マンに関しては、ライヴ後に会場にバスケットゴールを用意してフリースロー対決をしたんです。負けた方が勝ったチームのワンマンのO.Aになるとかフライヤーを配るとかそういう罰ゲームを用意したりしていたので、今回も7箇所もあるし、前回以上の罰ゲームを用意して兄貴達といろんな対決をしようと考えています。


ミニトーク

――“秋”といえば何を連想されますか? KAZI:サンマ!
GAKU:似合いそう。
KAZI:せやろ?
HAL:KAZIくんの今の衣装はさんまが似合うよね。食べるよりもウチワでパタパタしてほしい。
HIRO:あとはスポーツかな?
KAZI:ギター2人はスポーツやらないんですけど、他の3人は好きなんですよ。もともと皆運動部で、HIROは中学の時はサッカーやっていたし。
HIRO:サッカー部時代の友達は今もたまにサッカーやってるみたいなんですけど、そういう活動ってだいたい土日だから、バンド活動と被ってなかなかいけないんですよね。
KAZI:今度皆でスポッチャ行こうぜ!GAKUとI’LLは来てくれないかもしれないけど……。
GAKU:風船みたいなのに入ってやるサッカーみたいなやつならやってみたい。
I’LL:あれは面白そうやな。
KAZI:あんなのサッカーじゃ無いわ(笑)。どっちかっていうと己がボールになるみたいな感じだよね。
GAKU:あれって声とか聴こえるの?無音?
HAL:衝撃だけでバーン!みたいな感じだよ。
KAZI:なんやったらバンド対抗でやりたいかな。
HAL:バンド対抗スポーツ大会みたいな。
HIRO:実況を入れながらね。
――I’LLさんは“秋”といえば? I’LL:栗拾いですかね。
一同:はあ?
I’LL:本当に好きなんですよ、栗拾い。
GAKU:初めて聞いた。
I’LL:紅葉だったり山が好きなんですよね。紅葉がだったら京都が多いけど、大阪でも北の方だったらあるし。
KAZI:それ、絶対「栗拾い」って言いたいだけやろ……(笑)。



RELEASE

NEW SINGLE「ヒガンバナ~花魁道中~」
2016.10.26 Release!!
【初回盤A】
CD+DVD
PRWC-26 / ¥1,800(税抜)
[CD]
01. ヒガンバナ~花魁道中~
02. SUCCUBUS
03. Happy Birthday To You

[DVD]
MV[ヒガンバナ~花魁道中~]


【通常盤】
CD
PRWC-27 / ¥1,500(税抜)
[CD]
01. ヒガンバナ~花魁道中~
02. SUCCUBUS
03. Happy Birthday To You


【なにわ盤】
CD+DVD
PRWC-28 / ¥1,800+税
[CD]
01. ヒガンバナ~花魁道中~
02. SUCCUBUS
03. Happy Birthday To You
[DVD]
MUSIC SLIP+台湾オフショット

LIVE INFORMATION

ワンマンライブ FEST VAINQUEUR 6th Anniversary TOUR「VI」

10.27(木) 新宿ReNY
11.01(火) 名古屋E.L.L
11.05(土) 味園ユニバース 大阪

DaizyStripper vs FEST VAINQUEUR ツーマンライブ「兄弟喧嘩」

11.12(土) 福岡DRUM Be-1
11.13(日) 鹿児島SR HALL
11.22(火) 札幌KRAPS HALL
11.23(水・祝日) 札幌KRAPS HALL
12.03(土) 大阪STUDIO PARTITA
12.04(日) 伏見JAMMIN'
12.10(土) 新宿BLAZE

FEST VAINQUEUR ONE MAN LIVE ~戦場のヘビークリスマス2~

12.25 (日) 池袋CYBER
11.1(火)~ FEST VAINQUEURスマホ会員先行受付スタート

NANIWA V系連合軍カウントダウンライブ なにわ魂~関西制圧2016-2017~」

12.31(土)江坂MUSE

FEST VAINQUEUR PROFILE


  • Vocal:
    HAL
    Birth:
    09.07
    Blood:
    O

  • Guitar:
    GAKU
    Birth:
    11.01
    Blood:
    O

  • Guitar:
    I'LL
    Birth:
    10.27
    Blood:
    B

  • Bass:
    HIRO
    Birth:
    10.27
    Blood:
    O

  • Drums:
    KAZI
    Birth:
    09.29
    Blood:
    B



DISCOGRAPHY

アーティストタグ