INTERVIEW
Special
i.Riasから夏をテーマに制作された「L.L.サマー!!!」が届いた。 7月3日のワンマンライヴでBa.音希が脱退し、今作が新体制後の初リリースとなる。夏感満載の曲はもちろん、MUSIC VIDEOでも青い空の下ではしゃぐメンバーの姿が印象的だ。 10月1日には大阪RUIDOで『Apostrophe』と題したワンマンライヴを控えている。

取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「衣装との兼ね合いもあって純粋な歌詞でいこうと思った」
i.Rias
――新体制となって何か変わったことはありますか?
ねおん:やっぱりライヴでの下手の変化が一番大きいですね。今はサポートベースでライヴをやってるんですけど、やっぱりちょっと不安です(笑)。
もぐもぐ真維-sii-(以下、真維-sii-):初期からいたメンバーだったので、その分、今まで築きあげてきたものがゼロになるというのが不安ではありました。
Hakuyu:でも、いい事もあって、意識が変わったのか、最近のねおんくんのライヴでの表情が変わったんですよ。前は絡んでもムッとしてたんですけど、最近はニコニコしてくれるので嬉しいです(笑)。
――「L.L.サマー!!!」はいつ頃から制作を?
Hakuyu:元々、夏にシングルを出そうっていうのは決めていて、「L.L.サマー!!!」とは別の曲で進行していたんですけど、ある日、家で何となしに曲を作ってたら夏っぽい曲ができて、「こっちの方が夏っぽくない?」ってことですぐに皆に連絡して直前に変えたんです。でも、1コーラスまではすぐに出来たんですけど、いつもと違う構成にしようと思って凝りはじめたら納期ギリギリになっちゃいました。
――直前に変わったとのことですけど、満場一致でこっちでいこうと?
真維-sii-:そうですね。こっちの方があきらかに夏っぽかったので、すぐにこっちでってことになりました。
―――歌詞については作曲者から何か要望が出たりするんですか?
Hakuyu:歌詞については基本的に真維にお任せなんですけど、ざっくりと伝えるとしたら、いつも仮タイトルがあるんですけど、今回は「夏の海」っていう仮タイトルがあって、「海をイメージしてね」ってことだけを伝えました。
真維-sii-:「MARBLE」(2nd SINGLE「Triangle」に収録)という曲があるんですけど、その曲は、主人公がすごくチャラい男の話しなんですね。でも、「L.L.サマー!!!」は、「夏の海」って聞いた時にそれとは真反対の純粋なイメージを持ったのと、衣装との兼ね合いもあって純粋な歌詞でいこうと思って書きました。
i.Rias
――衣装との兼ね合いというと?
真維-sii-:今回の衣装の柄が、パッと見はレモンに見えるかもしれないですけど、実はライム柄なんです。ライムの花言葉が、“一筋”という意味なので、その純粋さの中に「MARBLE」のチャラい主人公が出てきたりっていう内容ですね。
――繋がってるんですね。
真維-sii-:そうですね。こっちは純粋にしてるのに空気汚さんといてくれみたいな(笑)。「MARBLE」も聞いてもらうとより情景が浮かびやすいと思います。
――衣装をライム柄にしようというのは曲よりも先に?
真維-sii-:そうですね。青と黄色で夏っぽいし、あえてレモンじゃなくてライムっていうのがポイントです。
――聴きどころやこだわった部分を教えてください。
Hakuyu:レコーディングの話になっちゃうんですけど、ギターの音色にこだわりまして、シングルコイルのザクザクした音にしました。
癒夢-Yun-:ドラムがすごく手数が多くて細かいんですよ。デモで聞いた時にそういうインスピレーションを受けて、フュージョンとかジャズのアプローチを入れたりしています。
Hakuyu:メロディーとコード進行とかも今までやったことのないアプローチをしていて、理論とかは詳しくないので、もしかしたら理論的にはダメなところもあると思うんですけど、聞こえが良かったらそれでいいかなって思うんですよね。
真維-sii-:ラップの部分があるんですけど、ラップも綺麗なイメージで聞かせたかったので、わりとクリーンボイスで表現しています。
――「L.L.サマー!!!」とは、どういう意味なんですか?
真維-sii-:“Like.Lime.サマー”の略で、“ライムのような夏”という意味合いです。
i.Rias
――MUSIC VIDEOの見所を教えてください。
ねおん:開始3秒ぐらいでタイトルが出てくるんですけど、その後に“ねおんタイム”があるんですよ。
――“ねおんタイム”とは?
ねおん:7月3日の大阪RUIDOのワンマンで先行上映したんですけど、その“ねおんタイム”でなぜか笑いが起きるというね(笑)。
真維-sii-:Hakuyuのソロが見所かなと思いますね。いつも結構クールに決めてる感じがあるんですけど、今回はカメラにしっかりアピールとかしてるし新たな一面が垣間見えたなって。
Hakuyu:曲に合わせた見せ方をしました。微妙な違いかもしれないですけど、自分の中では明るい曲とハードな曲で個性を変えたりしています。
ねおん:Hakuyuは、本当に個性というかクセがすごいんですよ。
真維-sii-:もっと皆に気付いてほしいよね。
ねおん:こんなステージングをする人は今までの人生で1人しか知らないですね。最初もすごいと思ったんですけど、一緒にやっていく内に、「こんなんもあるんや!」みたいな。人とはちょっと違うクセの引き出しがたくさんあるんですよ。
Hakuyu:Hakuyuスタイルですね(笑)。
癒夢-Yun-:シンバルの色がプールに反射して青く見えるのでそこが見所ですね。頑張って磨きました(笑)。
Hakuyu:全員でワチャワチャしてるとことか、プールに入ってるとこですかね。昼間は暑かったんですけど、夕方になったら寒いぐらいになって皆でひしめき合って撮りました(笑)。
「新体制として同じ会場でもう一度しっかりやりたいなと思った」
レイヴ
――C/W「四季未来」も夏感のある歌詞ですね。
真維-sii-:狙ったわけではなく、たまたまなんですけど、デモを聞いた時に“和風”なイメージがあったので、言葉使いも古語っぽい言葉を選んで、“時を越えていく”っていうことをテーマに書きました。
――たしかに和の雰囲気がありますよね。
癒夢-Yun-:ライヴで楽しめる曲を作れたらいいなと思って、お客さんものりやすい曲だと思います。
――もう1曲のC/W「想い流し。」はゆったりとした歌ものですね。
Hakuyu:「L.L.サマー!!!」と同じぐらいオススメなんですけど、「こんなi.Riasもできるんだぜ!」っていう曲です。冬をテーマにしたバラードはあるので、夏をテーマにしたバラードを作ってみたかったんですよね。どうやったらバラードで夏を表現できるなかなって考えたら、ロックバラードよりかなと思って、夕焼けが想像できるような、夏の終わりのようなイメージで作っていきました。
真維-sii-:この歌詞は唯一テーマから外れたというか、Hakuyuから事前に聞いていたイメージが、わりとポジティブな内容だったんですけど何も思い浮かばなくて、少し儚いイメージが浮かんだのでそっちの方向で書こうと思ったんです。海は絡めたかったので、近かった人が離れていくことと、海に物が流されていくことをかけて書いています。
――10月1日には、大阪RUIDOでワンマンライヴ『Apostrophe』が行われます。
真維-sii-:今回はあえて前と同じ会場を選んでいて、新体制として同じ会場でもう一度しっかりやりたいなと思ったんです。『Apostrophe』というタイトルも、上につく点のことなので、上昇するという意味と、1つの区切りとしての意味を込めています。
ねおん:前回のワンマンを超えるというのはもちろんなんですけど、更に上にいけるような内容のライヴにしたいですね。前回よりも一体感のあるいい景色を見たいですね。
真維-sii-:前向きなワンマンにしたいですね。
――ViSULOGを見ている人にメッセージをお願いします。
ねおん:ViSULOGをご覧の皆さん。俺たちがi.Riasです。ViSULOGさんを通して僕たちのことを初めて知る人もいると思いますが、このギラギラした派手派手なサマーが絶対に気になってると思うので、是非、10月1日の大阪RUIDOに遊びに来てくださーい! そして、もっともっと自分たちも成長するので、これからも応援よろしくお願いします。
――ありがとうございます。
ねおん:こんな感じで大丈夫ですか?もうちょっとカッコいい感じに書いてもらえると嬉しいです……。
一同:(笑)。
RELEASE
4th Single
「L.L.サマー!!!」
2016.08.24 Release!!

i.Rias
【A-TYPE】
CD+DVD
PCM-194A
¥2,000+税
[CD]
01. L.L.サマー!!!
02. 四季未来

[DVD]
1.L.L.サマー!!!(MUSIC VIDEO)



i.Rias
【B-TYPE】
CD
PCM-194B
¥1,500+税
[CD]
01. L.L.サマー!!!
02. 四季未来
03. 想い流し。

SCHEDULE
Planet CHILD Music Tour2016
『Meteoric Swarm』

09.07(水)新潟CLUB RIVERST
09.08(木)仙台space Zero
09.10(土)新宿club SCIENCE
09.11(日)新宿FNV
09.19(月)HOLIDAY NEXT
09.20(火)浜松FORCE
09.22(木)神戸ART HOUSE
09.26(月)OSAKA MUSE
09.27(火)心斎橋JUZA

i.Riasワンマンイベント
『Apostrophe』

10.01(土)大阪RUIDO



08.17(水)OSAKA MUSE
08.18(木)HOLIDAY NEXT
08.19(金)HOLIDAY OSAKA
08.23(火)新宿club SCIENCE
08.29(月)OSAKA MUSE
09.16(金)アメリカ村CLUB DROP
PROFILE
i.Rias

i.Rias Vo:もぐもぐ真維-sii-
Birthday: 04.07
Blood type: くわがた
i.Rias Gu:Hakuyu
Birthday: 05.19
Blood type: A
i.Rias Gu:ねおん
Birthday: 12.14
Blood type: A
i.Rias Dr:癒夢-Yun-
Birthday: 12.08
Blood type: A
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

▲トップへ戻る
◆i.Riasのみなさんに聞いてみました! 「とっておきの夏のデートプラン」


◆真維-sii-の場合

真維-sii-:浴衣は間違いなく着てもらうんですけど、あえて僕は着ていかないんですよ。「何で着てこないの?」っていう一悶着をわざと作るんです。
ねおん:なるほど!
真維-sii-:そして、花火大会に一緒に行くんですけど、ゴチャゴチャしたところは避けて、川原の端っこの方で石を投げたりしてどうでもいい事を話してるんです。ちょっと沈黙があって、「俺さ、お前のことが好きなんだ」って言ったら、花火がドーンって上げるみたいなね(笑)。
ねおん:くさ!
真維-sii-:内容は置いといて、あえてガヤガヤを外れて、花火の音をBGMに2人で楽しむっていうのが最高やと思います。


◆Hakuyuの場合

Hakuyu:自分が好きな人がいて、相手も好きなんじゃないかなっていう微妙な関係の時なんですけど、8月3日に花火大会があって2人で約束してすごく楽しみにしているんですね。でも、前日に相手の親から行っちゃダメと言われて行けなくなっちゃうんです。
真維-sii-:厳格な家庭の子なんやな。
Hakuyu:でも、どうしても諦めきれなくて、その子の家まで言って、塀を登ってこっそり連れ出して、自転車に2人乗りで行くんです。そして花火大会も終わってめでたく付き合うというね。
真維-sii-:最後が雑やな(笑)。


◆癒夢-Yun-の場合

癒夢-Yun-:夏とか関係なく、普通にスイーツ食べに行きたいなって(笑)。それが一番幸せです。


◆ねおんの場合

ねおん:まず朝起きます。朝からお祭りがやってます。待ち合わせするんですけど、よくある人混みパターンでなかなか会えないんです。あきらめて帰ろうとしたらたまたま会うんですよ。そして金魚すくって、川原で石を投げるんですね。そうすると花火上がるんですけど、お互いにモゾモゾしてるんですよ……。最初からやり直してもいいですか?
一同:(笑)。
ねおん:本当はバーベキューだったんです。ハーレーみたいな大きいバイクで彼女を迎えに行くんですよ。BGMはもちろん「L.L.サマー!!!」です。普段はだらしない男なんですけど、バーベキューの時は何でもできる男だぜっていうのを見せつけて、普段とのギャップでキュンとなってる彼女と一緒に花火大会に行くっていう……。
真維-sii-:やっぱり雑(笑)。
ねおん:これもちょっとカッコいい感じにしてもらえると嬉しいです……。

▲トップへ戻る

アーティストタグ

i.Rias | 関連INTERVIEW

関連インタビューはありません。