INTERVIEW
Special
“挑戦”をテーマに制作されたギガマウス初のフルアルバム『Super Strong Magnets』が届けられた。
同期を排除し、レコーディングでも生演奏にこだわったスタイルはロックバンドとしての強いこだわりが感じられる。
5月21日からは、ギガマウス史上最大規模の全国単独公演ツアー「廃品回収~引き寄せられて~」も控え、今夏も怒涛のGIGA PARTY ROCK!!!!で突っ走り続ける!


取材・文:山本貴也
このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック
「このアルバムには全曲に“挑戦”というテーマがある」
ギガマウス
――1st Full Album『Super Strong Magnets』がリリースされます。今作もインパクトのあるタイトルですね。
seiya:いつも先にタイトルを付けてから曲を作り始めるんですけど、単純に“Magnet”の引き付けるって意味から、お客さんを引き付けにいくっていうのと、もう1つの意味は……なんだっけ?
一同:(笑)。
ユッキー:人を惹きつける人を“Magnets”って言うんですけど、そういう人になりたいよねっていう意味も込めてます。
seiya:それの“Super Strong”です。
――“強烈に人惹きつけるバンド”ってことですね。
seiya:そうなりますね。そこから、ワンマンツアーのタイトル「廃品回収~引き寄せられて~」にも通じていくんですけど、すごい強い磁石でお客さんを回収しに行こうって。
ユッキー:衣装も不良品とか捨てられるようなものを集めて作りだすっていうテーマがあって、「ゴミを集めよう」じゃないけど、そういう所からの連想で磁石とか廃品回収に広がっていったんです。
:ケーブルやパソコンの基盤がついていたり、MDとかカセットテープがあったり、もう不必要とされているようなものをかき集めて、そんな衣装を纏ったギガマウスが、磁石のような力を持った音楽で引き付けられた人をすくい上げに行く。
――『Super Strong Magnets』ってバンド名みたいですね(笑)。
:「このバンド名良くない?」ってみんなで話してたんですよ(笑)。「こんばんは、Super Strong Magnetsです」って、すごくありそうじゃないですか。
ユッキー:一瞬本気で改名しようと思ったもんね。
seiya:それぐらいいい響きってことですよ。
――全13曲収録ですがほとんどが新曲ですね。
seiya:そこはバンド内で一致してるところがあって、5曲ぐらい新曲入れて、「フルアルバムです」っていう感覚は最初からなかった。僕らが昔見てたアーティストのアルバムは、ほとんど知らない曲だったから、アルバムっていったらそういう感覚なんですよ。
――最近はシングルのカップリング曲が入ってることも多いですからね。
:カップリング曲はそのシングルでしか聞けないから価値があったと思うんですけどね。
――今作のタイトル曲はどの曲になるんですか?
seiya:特にタイトル曲みたいなものは決めてなくて、MUSIC VIDEOも撮ってないんです。しいてあげれば、1曲目の「SCRAP ROCK」は、ゴミとかガラクタっていうテーマ性として一番分かりやすいかなとは思います。
――入りがカッコいいですね。
:すごくワクワクする導入ですよね。ライヴでは僕がギターをかき鳴らしながら歌い始めて、そこからみんなの声がドーンって入る感じがギガマウスらしいかなって。
seiya:最初からドーンって始まるの元気ハツラツで良かったんですけど、ちょっとうちららしすぎてつまんないかなと思ってこういう入りにしました。
――ああいう導入だと、「これからどんなアルバムが始まるんだろう?」っていうワクワク感がありました。
seiya:即全員で歌ってるからすぐらしさが出ちゃうんですけどね。サビやBメロを全員で歌うっていうのも今までありそうでなかったので、やりたいと思ってたことをやっと実現できました。でも、よくあるみんなで1本のマイクを囲んで大声出して歌うっていう感じは出したくなくて、ちゃんと1人ずつ録ったのを重ねてライヴ感を出しました。
――4人が歌えると幅が広がりますね。
seiya:そうですね。このアルバムには全曲に“挑戦”というテーマがあって、挑戦が感じられない曲は選考の段階でバンバン落としちゃったんです。そこは結構シビアにやって、「SCRAP ROCK」に関してはサビを全員で歌うっていう挑戦もありつつ、今までのギガマウスを一番継承しつつ進化の曲だと思いますね。
:歌詞もテーマ通りというか、「廃品回収~引き寄せられて~」ツアーで、「こういうことを伝えたいんだ」っていうことが一番でてる曲です。
――“廃品回収”って響きがギガマウスらしい。
:ボランティアみたいですよね(笑)。
ユッキー:本当は「廃人回収」だったんですけど、さすがにちょっと黒すぎるかなって。
:意味合いとしては、廃人を救いに行くじゃないですけど、自分の普段の生活に満足してなかったり、不快感を感じて落ち込んでる人を元気づけたり勇気づけたりしたいなって。“ギガマウス”っていう場所があることによって変わればいいなっていう気持ちを込めて、タイトルを「廃品回収」にしたので。
「式くんに鍵盤ハーモニカを吹いてもらいたかった」
ギガマウス
――M4「over&over」みたいな曲も生演奏なんですよね?
seiya:これも生演奏です。ライはラストのサビまでパットを叩きっぱなしだし、ギターもバッキングらしいバッキングがなくて、宙に浮いたような感じで曲が展開して、最後でようやく生ドラムが叩けるっていうかなり挑戦した曲です。音源だとそこまで違いを感じないかもしれないけど、ライヴでは視覚的にも音圧的にも結構差が出るんじゃないかと思っていて、そういう意味で、この曲は同期がないっていうことの強みをフル活用しています。
――生演奏なのに無機質っていうのがいいですね。
seiya:そこは狙っています。生演奏だけど無機質にっていうのは心がけています。
――ベースのスラップもカッコいいです。
seiya:スラップのリフありきとまでは言わないですけど、最初にリフを思いついて、そこにメロディーを乗せました。
:歌詞は苦労しましたね。曲に表情がないので、最初に自分のイメージだけで書いたら何かしっくりこなくて、「もっと踊れる曲にしたい」ってオーダーがあったので、どんどんそういう方向に変えていきました。“Discord”っていう歌詞は“DISCO”とかけてあったりミラーボールが出てきたり、全体的にDISCOのイメージを強調しています。
――M6「6trees lover」からM7「CANDY」の流れもアルバムらしい仕掛けですね。
ユッキー:それも僕のアルバムのイメージというか、僕が聞いてたアルバムは、そういうびっくり感とか、切り替わりが急にくるみたいなのがあったなと思って、そういうのがやりたくてやってみました。物語になってるイメージというか、6曲目で入口に迷い込んだとして、7曲目でその世界に飛び込んだみたいなイメージを表現できたかなと思います。最初は1曲のつもりで作ってたんですけど、ライヴを想像した時に、イントロが長いのも面白いかなと思って、2トラックに分ければ長いのも気にならないかなってことでこうしました。元々のテーマとして、式くんに鍵盤ハーモニカを吹いてもらいたかったんですよね。
――それがこの曲の挑戦?
:そうですね。ライヴでは、歌って、吹いて、また歌ってっていう。メインリフが鍵盤ハーモニカなので、必死で録りました。
――ライヴが楽しみですね。
:相当練習しないとヤバいですけどね(笑)。歌詞は、ユッキーが、「物語がこういう風に展開していくんだ」って提示してくれたので、そういう世界に迷い込んで、話し掛けてくる男がいて、その夜を過ごしていくみたいな物語です。
――英語を日本語っぽく歌うのも面白いですね。
:そういう遊び心も入れてます。この曲のBメロはユッキーがメインを歌って、ライ、seiyaが下を歌って、ファルセットのコーラスが僕です。
seiya:歌う出番が増えてきたので、最近はベースのレコーディング終わっても全然気が抜けないんですよね(笑)。
――M9「絶唱天獄行進曲」は、一番ライヴ曲ですね。
ライ:アルバムの曲目を並べた時に、フックの効いたインパクトの強い曲がほしくて作りました。挑戦したのは、サビのメロディーだったり、主旋律に早口が出てきてもいいんじゃないかなって。ベースがメインテーマを弾いてることも今までなかったし、面白いものが出来たと思います。
:早口オーダーがきたので、言葉が面白い方がいいし、韻をふもうかなって考えていきました。そういうくだらなさが好きだし、テーマとしては、アルバムの中の何かと絡められたら良いなと思って、「頂王」を少し砕けさせて、「皆で一緒に馬鹿になって頂点=天国(獄)に登っていこうぜ!」みたいな歌詞にしたら面白いかなって。「頂王」がちゃんと意思表明した曲だとしたら、この曲は言いたいことは同じなんですけど、その意思をゆがめて伝えるものにしました。
――式くんらしい歌詞ですね。
:歌詞カード読んだら、「あ、そんなこと言ってんだ」っていうのが好きなんですよね。その辺は歌詞を読まないと分からないので読んでくれたら嬉しいです。
――M11「追憶」は熱いロックバラードですね。
seiya:J-POPのようなバラードは絶対にやりたくなくて、バンドサウンドで訴えかけるような、式くんが主役の曲を書きたくて作りました。バラードだから泣きのギターソロがあって、泣きのサビがもう1回来てみたいなものは排除して、ギターソロもないですし、Cメロの後にそのままサビに戻っちゃったりとか、その辺は意外と計算してます。
:ピアノも入れようか悩んだんですけど、やっぱりメンバー4人で完結できる方がいいよねって。
――本当に今回いろんなことにチャレンジしてますね。
:鍵盤ハーモニカやギターに挑戦してるんですけど、ギターを弾くのが「ハルイロ」っていうポップな曲で、ライヴで俺が丸々弾くことを想定してユッキーが曲を作ってきたので、最初は「え!?」ッて感じでした(笑)。ユッキーが歌詞を全部書いていて、それも今までになかったパターンなのですごく新鮮でしたね。あとは、ギターを弾きながら気持よく歌えれば……。
――ちょっと甘酸っぱい感じがしました。
:ユッキーのロマンチックなところが出ましたね(笑)。
ユッキー:作った時は、ギガマウスではやらないかなと思ってたんですけど、式くんが歌ったらギガマウスになるんじゃないかと思って、「ちょっと歌ってみてよ」って歌ってもらったらちゃんとギガマウスになりました。元々は女の子が歌ってるイメージだったので、“君に恋してる”だったんですけど、それがどうしても頭から離れなくて……。男が言うと気持ち悪いかもしれないけど(笑)、ライヴではファンの子が言ってくれたらいいなっていう想像もしつつそのままにしました。
――歌詞はどんなことを?
ユッキー:「甘酸っぱい」って思わせたいのはあるんですけど、僕にとっては言うほど甘酸っぱいことは書いてなくて、どっちかと言うと、僕がROCKと出会った話なので、中学、高校ぐらいの頃の話なんです。
:やっぱり甘酸っぱい(笑)。
seiya:青春だな。
ユッキー:青春だけどちょっと根暗な話なんだよね(笑)。
「地球(GLOBE)自体が大きな磁石になっていて、僕らが住んでる世界で引き付け合っている」
ギガマウス
――そこから最後の曲「GLOBE」に繋がっていきます。
seiya:原曲者がユッキーと僕になってるんですけど、選曲会で、「アルバムだとアコースティック調な曲が1曲くらい入ってるよね?」ってことで、お互いが持ってきて、「お前もそう思ってた?」みたいな(笑)。「ジャパニーズサンダー」もそうなんですけど、意識が同じ方向に向いてる曲はくっつけてみようかっていうのが僕とユッキーの中であるので、やってみたら綺麗にハマりました。意外にもこの曲がアルバム制作の中で最初に出来た曲なんですよ。
:普通は最後に作りそうだけどね。『Super Strong Magnets』は、「SCRAP ROCK」の“引き付けたい”ってところから始まって、「GLOBE」で終わる流れは、地球(GLOBE)自体が大きな磁石になっていて、僕らが住んでる世界で引き付け合っているんです。そこで皆で手を取り合って、皆で生きて行こうっていう壮大な物語になってます。歌詞も全体的に“出会いと別れ”が多くて、最後に“ラララ”を皆で歌う感じとかすごく気持ちいなって。1枚を聞いてこんな気持ち良く終われるんだなって純粋に思いましたね。
――あらためて、『Super Strong Magnets』はギガマウスにとってどんな1枚になりましたか?
seiya:最初に言ったように、とにかく“挑戦”というのがテーマであって、「何でこの曲にしたの?」って言われたら全曲ちゃんと説明ができます。何よりもまず自分たちがドキドキする要素がないと出す意味がないというか、「アルバムだから何となくこの曲を入れてみました」っていうのは一切なしで、もちろん皆さん手抜きしてる訳じゃないとは思うんですけど、やっぱり僕が好きだったアーティストのアルバムは、「これって同じバンド?」とか、前作からの進化が絶対に感じられたんですよ。何が良くて何が悪いかなんて出してみないと分からないし、僕らが出来る事っていったら新しい物を提示する事だと思うんですよね。制作はすごく大変でしたけど、はっきりと自信をもってそれが言える作品ができました。
――昔はアルバムがバンドのターニングポイントになることが多かったですよね。
seiya:本当にそうなんですよ。
:今はシングルまとめて新曲を足しましたみたいなのが多いから。
seiya:そこの意識はすごく強かったですね。
:ほとんど新曲なのも、まずタイトルだけ見てワクワクしてほしいんです。
――そういえば、すごい企画があるんですよね?
seiya:当たり付きCDっていうのがありまして、それを応募して当選するとその人だけの一人ワンマンをやります。好きな曲を1曲リクエストしてもらって君のためだけに演奏します。
:全員で一人を見ながら心を込めてやるので是非応募してください。
――前は家までCDを届けに行ったり色々な企画を考えますね。
seiya:そういうネタが好きなんですよね。
ユッキー:家の中まで届けに行きましたから(笑)。
:お母さんがお菓子出してくれたりね(笑)。
seiya:楽しい企画はこれからもどんどんやっていきたいですね。
「ファイナルでは超強力爆弾発表あります」
ギガマウス
――そして、今作を引っ提げた過去最大の単独公演ツアー「廃品回収~引き寄せられて~」が控えています。
:まずはこのアルバムで音楽の種を撒いて、現状に満足してない人をかき集めていきたいですね。
seiya:ギガマウスの良さを分かってもらうために僕らが会いに行くっていうテーマがあるんです。イベントで分かる良さとワンマンで分かる良さって絶対に違う。高松に関してはイベントでも行ったことがないので初ライヴがいきなりワンマンっていう。
――どうして高松を?
ライ:僕の地元なんですよ。地元離れてからは一度もないので、香川でライヴするのは12、3年ぶりなんです。
:今回は全員の地元が入っているんですよ。
――凱旋ライヴなんですね!
ライ:英雄になりたい(笑)。
:僕は高校生の時に初めてヴィジュアル系でライヴハウスに出たのが浦和ナルシスだったので、そういう意味ではすごく思い入れがありますね。「THE ライヴハウス」っていう感じがすごく好きです。
――ツアーにもたくさん“挑戦”がありますが、どんなツアーにしたいですか?
:対バンツアーだとどうしても時間が短いし、セットリストも今推したい曲とかに限られてくるんですけど、アルバムや今のギガマウスの良さを伝えるのにはやっぱりワンマンが1番だと思うので、まだワンマンを見たことがない人や、最近知ってくれた人にギガマウスを伝える良い機会だし、アルバムの曲達をお客さんと一緒に育てて、ファイナルでどこまで育つかもすごく楽しみですね。セトリもガラッと変わるので、ワンマンを見たことがあるお客さんも新鮮なワンマンになると思います
seiya:ファイナルでは超強力爆弾発表あります。
――バンド名が変わるっていう?
seiya:あー先に言われちゃった。
一同:(笑)。
RELEASE
1st Full Album
「Super Strong Magnets」
2016.05.18 Release!!

ギガマウス
ギガマウス
CD+DVD
CD13曲収録
¥3,240(tax in)
※初回数量限定カラーケース特別仕様
(上段/下段は通常仕様)
※限定生産につき数量に達し次第、通常仕様に切り替えとなります。



[CD]
01. SCRAP ROCK
02. ジャパニーズサンダー
03. BITE MY LIFE
04. over&over
05. 頂王
06. 6trees lover
07. CANDY
08. The undertaker
09. 絶唱天獄行進曲
10.「A」の事象
11. 追憶
12. ハルイロ
13. GLOBE,seiya


SCHEDULE
ギガマウス全国単独公演ツアー「廃品回収~引き寄せられて~」
05.21(土)福岡DRUM SON
05.23(月)高松GET HALL
05.29(日)札幌SPIRITUAL LOUNGE
05.30(月)札幌SPIRITUAL LOUNGE
06.01(水)HooK Sendai
06.05(日)長野CLUB JUNK BOX
06.06(月)新潟GOLDEN PIGS BLACK
06.12(日)浦和Narciss
06.17(金)名古屋ell fits all.
06.19(日)HOLIDAY OSAKA
-TOUR FINAL-
06.26(日)TSUTAYA O-WEST

ギガマウス×the Raid.東名阪ツーマンツアー「ギガレイド」
【東京編】
08.16(火)高田馬場AREA
【名古屋編】
08.29(月)HOLIDAY NEXT NAGOYA
【大阪編】
08.30(火)HOLIDAY OSAKA



06.10(金)巣鴨獅子王※seiyaのみの参加となります。
06.21(火)新宿ReNY
07.09(金)高田馬場AREA
07.11(月)HOLIDAY NEXT NAGOYA
07.16(土)大阪BIGCAT
07.17(日)名古屋E.L.L
07.22(金)仙台darwin
07.24(日)TSUTAYA O-EAST
08.06(土)OSAKA MUSE
08.07(日)名古屋E.L.L

PROFILE
ギガマウス

ギガマウス Vo:式
Birthday: 12.01
Blood type: O
ギガマウス Gu:ユッキー
Birthday: 04.01
Blood type: A
ギガマウス Ba:seiya
Birthday: 10.20
Blood type: A
ギガマウス Dr:ライ
Birthday: 02.28
Blood type: B
オフィシャルサイト

DISCOGRAPHY

アーティストタグ

ギガマウス | 関連PICKUP

関連ピックアップはありません。